So-net無料ブログ作成

「ブラックリベンジ」第4話 ネタバレ 感想~DAIGO、大誤算。 [気になるドラマ-2017秋]

「ブラックリベンジ」第4話
復讐のターゲットが美少年愛人倶楽部を運営していることを突き止めた沙織。しかしその証拠が見つからない。一方、情報屋の城田からは執拗に正体をばらすと追いつめられる。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
広告



[あらすじ]
将来有望な政治家だった寺田圭吾(高橋光臣)は「週刊星流」にスキャンダル記事をスクープされ、それを苦に自殺。妻の今宮沙織(木村多江)は最愛の人、そして生まれてくるはずだった新しい命を奪われる。5年後、そのスキャンダルがねつ造された事を知った沙織は「週刊星流」の契約ライターになり、スキャンダルをねつ造した塚本修二郎(神尾佑)、愛原サユミ(芹那)、南條夕子(横山めぐみ)への復讐を誓う。そして、沙織は塚本、サユミのスキャンダルを暴き、2人を社会から葬り去り、地獄の底に叩き落す。
沙織はネット通販会社の女社長、南條が芸能の仕事をエサにモデルの川崎隼也(大和孔太)を食い物にしている事実を突き止める。沙織は南條との関係を独占告白させるために隼也を説得。隼也は協力を約束し、証拠写真の撮影を沙織に頼む。だが、これは隼也の罠だった。沙織が隼也の部屋に入ると、逆に隼也に写真を撮られる。隼也は南條を裏切るつもりはなく、不法侵入した「週刊星流」の記者として、写真を他誌に売ると沙織を脅す。沙織は「南條は私が必ず地獄へ叩き落す。そして、お前も必ず炎上させる」と怒りを露にする。
 隼也は沙織の不法侵入の瞬間を撮影した事を南條に報告して写真を見せる。だが、写真は真っ黒で、沙織のスカーフしか写っていなかった。隼也を警戒し、光を跳ね返すナノクリスタルを散りばめたスカーフを巻いていた沙織。これを身に着けていれば写真を撮られてもフラッシュがレンズに反射して何も映らないのだ。高槻裕也(堀井新太)は沙織から話を聞き、狙いがバレた以上、復讐は諦めた方が良いと助言する。沙織を心配する高槻だったが、沙織は「ここで終わりにするつもりはない。後は私1人でやる」と言って去っていく。
 沙織は「週刊星流」編集部で芦原咲良(岡野真也)が撮影した南條のマンションに出入りした人間の写真を改めて確認。沙織は隼也が「俺たちが夕子さんを裏切る訳ないだろ」と言っていた事を思い出し、芦原に頼み事をする。デスクの天満龍二(平山浩行)はそんな沙織たちの会話に聞き耳を立てる。南條は秘書の柏原弘樹(菅原卓磨)と運営する美少年愛人倶楽部「ラヴパラディーゾ」について話していた。柏原は倶楽部の存在を「週刊星流」にバレる事を恐れ、一度運営を止めて様子を見る事を勧める。だが、南條は「お金や権力だけでは満足できない女たちが男を求めて私の元に集まってくる。その様を見るのが快感なの。星流に嗅ぎつけられた程度で、私の楽園は揺るがない」と継続の意思が固かった。  沙織の前に便利屋の城田純一(DAIGO)が現れる。城田は「もし逃げたら、1000万円は石山綾子から徴収する」と脅し、妹の綾子(中村映里子)とその息子の悠斗に会った事を伝える。城田は沙織が逃げた場合、悠斗を誘拐して綾子を脅そうと企んでいた。 高槻は糸賀朱里(鈴木砂羽)のクリニックを訪れ、「あなたが沙織さんに行っている行為はカウンセリングなんかじゃない。マインドコントロールだ」と言い放つ。高槻は沙織の復讐心を助長しているのは朱里と考えていた。朱里は「彼女の復讐に手を貸しているのは寺田圭吾への罪滅ぼしのつもり?あなたも秘密を隠して今宮沙織と接している」と言い返し、言い当てられた高槻は動揺する。朱里は高槻が沙織に特別な感情を抱いている事も見抜いていた。復讐を止めさせたい高槻だったが、朱里は「無理よ。もう一度生きようと思った理由が復讐なんだから」と話し、「ねぇ、あなたに頼みがあるんだけど・・・」と微笑む。
 南條は隼也に連絡し、今夜、新規の指名が入っている事を伝える。その客は南條が昔からお世話になっている人だった。隼也は同じ倶楽部に在籍する幸成、雅紀、透とカフェにいた。隼也たちは客の女性をババア呼ばわりし、悪口を言って盛り上がる。芦原は少し離れたテーブルから、その様子をスマホで撮影していた。夜、隼也はマンションの部屋にやってきた客を迎え入れる。その客は朱里だった。朱里は鞄にポケットWi-Fiを忍ばせていた。
芦原はカフェで撮影した隼也たちの動画を沙織に見せ、「間違いありません。南條はネットでイケメンをマダムに紹介しています」と報告。だが、記事にするにはサイトの存在と南條が運営している証拠が必要だった。帰宅後、沙織は芦原と連絡を取り合う。沙織から指示され、南條の愛人倶楽部のホームページを探した芦原は「いろいろ検索をかけているんですけど、やっぱり普通に辿り着けるサイトじゃないですね」と見つからない事を伝える。その時、パソコンにメールが届く。差出人は寺田圭吾になっていた。沙織は疑心を抱きつつメッセージを開く。メールにはサイトのURLが貼られ、フォルダも添付されていた。
 数日後、南條のネット通販会社の設立10周年&オリジナルブランド発表会が開催され、テレビ、雑誌のカメラや記者たちが集まる。南條は隼也らモデルたちが立つステージに登壇し、あいさつのスピーチを始めるが、そこに柏原が「社長、すみません!大変です!すぐに見て頂きたいものが・・・」と大慌てでやってくる。「な、何よ。柏原、今、大事なスピーチの・・・」「そんな事言ってる場合じゃないんです!こちらへ!」「え?ちょっと・・・」この後、南條は柏原が持っていたものを見て愕然となる・・・。
[HPから引用]

広告




sDkCfH6Yilz47fG.jpg

※「あらすじ」にネタバレまで含まれています。

窮地に追い込まれた木村多江。

しかし木村多江の知らないところで、バーテンダーと精神科医・鈴木砂羽と接触。
バーテンダーは鈴木砂羽のやっていることは「マインドコントロール」だと言う。
鈴木砂羽はバーテンダーのことを調べていた。

鈴木砂羽は美少年を食べちゃったかどうかは知らないが、美少年愛人倶楽部に乗り込む。
バーテンダーは鈴木砂羽にWi-Fiを持たせ、美少年のLINEや画像を入手。

木村多江の夫の名前でその写真をメールに添付。

このハゲーーー!!!

ハゲの秘書と仲間割れの横山めぐみ。
横山さんが「ハゲー!」と言っても、なんかそんなプレイみたい(苦笑)
下僕の隼也も横山めぐみを裏切る。

「俺はまだ未成年だし、全部責任をかぶってくれたらいいじゃない!」

見苦しい命乞い。

「大丈夫よ、目に黒線を入れてあげるから。」

「そんなことしたって、ネット民に特定される!」

そりゃそうだ。
5分もあれば素性がバレちゃうよん。
だから、先週、横山めぐみを裏切っておけば良かったのに。
目先の金に目がくらんで、犯罪に手を染めるからこうなるの。
未成年でも、これはアウトーーー!!!


さて、復讐が終わり、メイクもナチュラルメイクに。
黒いワンピースも脱ぎ捨て、墓参りに向かう木村多江。

そこに現れたのは、しつこい横山めぐみ。
確かに自分たちは記事を捏造した。
だけど、自分たちだけでそんなことが出来るわけがない。

週刊星流に黒幕がいる!

もう失うモノなどない横山めぐみがぶっちゃける。

黒幕は編集長・佐藤二朗

なんなん、めっちゃいろいろ教えてくれるやん、横山めぐみ。
次週につなげてくれる横山めぐみ、グッジョブなお人好しw

だけど、横山めぐみの言うことをそのまま信用しちゃっていいの?
木村多江もお人好しねぇ。

結局また復讐が始まる木村多江。
わざわざ佐藤二朗の写真をプリントアウト。
紙いっぱいの佐藤二朗・・・顔がデカイ。

その前に・・・DAIGOに一千万円を払わないといけないの。
でも、もう今更払わなくても良い気がするけどねぇ。

現金をカバンに詰め込み、待ち合わせ場所の屋上に向かう木村多江。←「屋上」よ~w

DAIGO、死亡。

屋上だも~~~~ん。
突き落とされるよね~~~。
やった~~~!!!金払わなくて済んだ(爆)
あんなに偉そうにしてたのに、殺されるなんて間抜け~。
ってか・・・


死体になっても、下手クソなDAIGO

目開けて寝ているだけなのに・・・。
しゃべっているDAIGOも滑舌が悪いんだけど、死体役でもなんかしっくりこない。
DAIGOよ、あなたはバラエティが一番輝いているわ!
家柄もいいし、奥さんも綺麗だし、稼いでくれるんだし、こんな分野に手を出さなくても良いと思うのよ。←老婆心





4話にして、ラスボスがわかるわけないよねぇ。

佐藤二朗か~~~

冒頭のカミナリとのコントに毎週癒されてたのに。
でも、な~~んか、軽くて、薄っぺらくて、佐藤二朗だし、信用できないとは思っていたんだよねぇ。
けどなぁ。
鈴木砂羽も怪しい。
いろんな人と繋がっていそうだしさ。

バーテンダーは味方と思っていいかしら?
しっかしバーテーんだーは有能。
あんな有能な秘書がついていたのに、夫はなんでハメられたんだろう?
そしてやっぱり・・・。

「君もあとからおいで」

にひっかかる。
毎週、飛び降りで死に顔を見せられるんだから、何かあるんだと思うんだよねぇ。

横山めぐみの会社の「新作発表」がしょぼくて、水着もダサくて、モデルも三流感があって予算もないんだろうなぁって思うけど、好きだわ。
このチープなB級な復讐劇。
誰が黒幕でも許せる気もするw
なんなら次から次に復讐すべきする人が出てきたらそれはそれで楽しいわ~ん♪

こんなに素直な復讐女はいないよねぇ。
DAIGOに金払えって言われたら、金を持って屋上に行くしさ~。
バラされても困るようなことじゃないと思うんだけどねぇ。
逆にバラされたほうが、奴らの悪行がわかるので、世間の同情を得られると思うんですけどね。

今日は、鈴木砂羽が美少年を食べたのかどうかって謎も気になったわ(爆)
食べたほうに、10000ペソ!


主題歌はコチラ

「闇に咲く花~The Catastrophe~」SING LIKE TALKING feat.サラ・オレイン(UNIVERSAL J)
感想はコチラ
「ブラックリベンジ」第1話 ネタバレ 感想~アニサキス女VS空気女
「ブラックリベンジ」第2話 ネタバレ 感想~芹那、低い声出るんだね~。
「ブラックリベンジ」第3話 ネタバレ 感想~カミナリのお芝居は悪くない。 
「ブラックリベンジ」第5話 ネタバレ 感想~佐藤二朗が炎上して泣く顔を早く見たい。
「ブラックリベンジ」第6話 ネタバレ 感想~勝負下着で誘惑
「ブラックリベンジ」第7話 ネタバレ 感想~鈴木砂羽の復讐相手は誰だ?
「ブラックリベンジ」第8話 感想~獅子舞に見えた佐藤二朗
「ブラックリベンジ」第9話 ネタバレ 感想~復讐が終わったと思ったら次の復讐相手を紹介される主人公、生きろ!
「ブラックリベンジ」最終回 ネタバレ 感想~工藤静香のファーストキスが女性だったことを思い出した件
キャスト
今宮沙織…木村多江
福島勲…佐藤二朗
天満龍二…平山浩行
高槻裕也…堀井新太
芦原咲良…岡野真也
田村雄大…竹内まなぶ(カミナリ)
岡島まこと…石田たくみ(カミナリ)
城田純一…DAIGO(特別出演)
糸賀朱里…鈴木砂羽

ゲスト
南條夕子…横山めぐみ 川崎隼也…大和孔太




広告




にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



コメント(4) 
共通テーマ:テレビ

『わろてんか』第23回 感想~鈴木対決にタオルを投げ込む桃李 [気になる「わろてんか」朝の連続テレビ小説]

連続テレビ小説 『わろてんか』第23回 (第4週)「始末屋のごりょんさん」
てん(葵わかな)との結婚を啄子(鈴木京香)に認めさせたい藤吉(松坂桃李)は一生懸命商売に励んだ。突然しず(鈴木保奈美)が北村屋に現れ、啄子に面会を申し出る。

広告



にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

[あらすじ]
てん(葵わかな)との結婚を啄子(鈴木京香)に認めてもらうため、藤吉(松坂桃李)は産地から米を直接買い付け売り出そうと考える。だが仕入れた米は、味は良いが値段が高いと番頭に一蹴されてしまう。そんな中、しず(鈴木保奈美)が北村屋に現れ、啄子に面会を申し出る。てんを迎えにきたと思いきや、しずは娘を商人として一人前に仕込んで欲しいと啄子に頼み込んだ。そして、藤吉と添い遂げる覚悟を持てとてんに告げる。
[HPから引用]

原作はコチラ

「わろてんか」/吉田智子 青木邦子
b13bb9b8b842812dedcd914f75f66177-700x700.jpg


さて、今日は「鈴木対決」。


京都から討ち入り

イヤミな京香に微笑みの保奈美。

二人共ここが見せ場やとわかっている。
しかし・・・・しつこいようだけど長ゼリフになると変なイントネーションが邪魔をする(苦笑)

保奈美曰く
大切にした娘が、いつも笑って家族を照らしてくれた娘が藤吉と一緒にいるともっと笑えると言う。
自分にも跡取り息子がいた。
体が弱く大切に育ててきて、亡くした。
でも子供はとても強い。
自分らが子供に支えられていると気がついた。


京香、応戦
笑うだけでお腹はいっぱいにならない。
食うことに困ったことがない人がそんなことを言う。
自分は行商人の家に生まれ、物乞い同然の扱いを受けてきた。
才覚を認められ、やっとこの家の暖簾をくぐり船場のごりょんさんになれた時は嬉しかった。

成り上がりって、不幸自慢するよね。

そんなもん、いびる理由にはならんけどね。

しかし勘当した娘は連れて帰らない。
使い物にならなかった時には、煮るなり焼くなり河原に捨てるなり好きにしてもろて結構です。

そこにタオルを投げ込む藤吉。
また余計なことを!!
せっかくの鈴木対決を終わらせやがったぜ。

+++++


惚れた腫れたの結婚はあかん

藤吉の父は、京香と結婚する前に、入れあげていた芸妓がいた。
しかしいやいや京香と結婚した。
それでも芸妓を忘れられず、店の金も貢いだ。

「わてがこんなふうになったのは、あんたのお父さんのせいや。」

いやいやいや。
そんなん息子には関係ないし。
物乞いの生活から船場のごりょんさんになれて、自分も嬉しかったくせに。
それに、おてんちゃんは、「エエとこのお嬢さん」で、芸妓とは違うし、店の金をつぎ込むこともないしな。
逆に無理やり結婚させたら、妻をないがしろにするで~~~。

恋愛を嫌う理由がこんなしょうもないことやったなんてな。
京香も薄っぺらいわ~。
ホンマに商才があるんやろか。

そして藤吉がボンクラなのは父親似なのか?
優柔不断で中途半端な優しさを振りまいて、平気で人を傷つける。
土下座をして楓にこの家を出て行って欲しい。
なんて納得するわけがないやん。
金を渡すとか、それ相応の対応をして諦めて欲しいと言うしかないよね。

で、結局、保奈美も藤吉もおてんちゃんを追い詰める。

ボロ雑巾になるまでいびる

ってさ。

京香も楓もてんをいびり倒す気でおりますがな。

贅沢な格好して、贅沢な木箱を持ってきたら・・・・。
ドケチの船場のごりょんさんのハートに火が付いちゃうわよね~(苦笑)

で、おばあはんがひと針ひと針縫った喪服が盗まれてしまう。
喪服って・・・盗んで嬉しいもんなのか?

てか・・・多分・・・喪服盗んだのは・・・手癖の悪い藤吉の姉ちゃんやな!
自分だけブ○イクやからって、コンプレックスの塊やな。

「わろてんか」第1回~第23回の感想はコチラ→
「わろてんか」第1回~第23回の感想はコチラ→

主題歌はコチラ

松たか子 「明日はどこから」


広告




キャスト
ヒロイン 藤岡てん …葵わかな(幼少期…新井美羽)

【京都の人々】
「北村屋」の若旦那 北村藤吉 …松坂桃李
てんの従兄  武井風太    …濱田岳(幼少期…鈴木福)
伊能薬品社長の息子 伊能栞  …高橋一生


【京の薬問屋「藤岡屋」の人々】
てんの父 藤岡儀兵衛 …遠藤憲一
てんの母 藤岡しず  …鈴木保奈美
てんの祖母 藤岡ハツ …竹下景子
てんの兄 藤岡新一  …千葉雄大
てんの妹 藤岡りん  …堀田真由(幼少期…中川江奈)
てんの付き女中 トキ …徳永えり
番頭 平助      …国木田かっぱ
女中頭 サエ     …徳田尚美

【船場の米問屋「北村屋」の人々】
藤吉の母 北村啄子…鈴木京香
藤吉の許婚 杉田楓…岡本玲

【てんをとりまく人々】
てんの恋敵 秦野リリコ   …広瀬アリス(幼少期…莉帝)
インテリ芸人 キース    …大野拓朗(幼少期…前田旺志郎)
組むドケチな芸人 アサリ  …前野朋哉
面白くない芸人 万丈目吉蔵 …藤井隆
吉蔵の妻    万丈目歌子…枝元萌
太夫元(たゆうもと)寺ギン…兵動大樹
寄席の元席主 亀井庄助   …内場勝則

【語り】…小野文惠(NHKアナウンサー)


広告



にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

コメント(4) 
共通テーマ:テレビ

「刑事ゆがみ」 第3話 ネタバレ 感想~18年間の嘘と罪 [気になるドラマ-2017秋]

<木曜劇場>「刑事ゆがみ」 第3話 「寺脇康文が熱血警官役!彼を襲ったのは誰だ?」
ベテラン熱血警官が殴打され重傷を負った。恩師の悲劇に燃える羽生は犯人を逮捕するが、彼は警官の方から襲ってきたと主張する。そんな中弓神はある絵に着目し…
広告





[あらすじ]
弓神(浅野忠信)や羽生(神木隆之介)らうきよ署の面々は、今月末で定年を迎え、退官する真下誠(寺脇康文)巡査部長の退職辞令交付式に出席する。真下はその誠実で熱心な仕事ぶりから地元住民に慕われていた。交番勤務のころに世話になった羽生も、真下ことを警察官の鏡だと尊敬していた。

. それから数日後、山菜採りで裏山を訪れた老夫婦が、頭から血を流して倒れている男性を発見する。それは、真下だった。真下は、何者かに頭部を殴打され、意識不明のまま病院に搬送されていた。

事件現場では、無数の足跡と、2トントラックがUターンしたと思われるタイヤ痕、そして耐寒用手袋が片方だけ落ちていた。「こんな誰からも慕われる人に酷いことをしたやつは誰だ…」。弓神とともに真下が入院している病院を訪れた羽生は、必ず自分の手で犯人を捕まえると誓う。その際、弓神は、真下のリュックの中から大きな木が描かれたスケッチブックを見つけていた。

するとそこに、真下の娘・唯香(佐藤玲)が訪ねてくる。真下は4人家族だった。が、真下の妻は、唯香が小学生のときに病気で他界しており、唯香の7つ上の姉・静香(小野花梨)は、高校を中退して家を飛び出したきり音信不通状態で、現在家族は唯香一人だった。

. そんな折、病院に真下の容体をしつこく尋ねる不審な男が現れる。病院の防犯カメラには作業着の男の姿が映っていた。菅能(稲森いずみ)らは、防犯カメラの映像をもとに犯行時刻に山に出入りしていたトラック10台を絞り込んでいた。その中の1台に目を付けた羽生は、病院に現れた作業着の男・堀田剛(柳俊太郎)にたどり着き、彼の身柄を拘束するが…。
[HPから引用]

原作はコチラ

井浦秀夫「刑事ゆがみ」
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
914661e98a72a3759ff4e503b3141a3d_9178.jpg


裏山でハゼの木の絵を描いた帰り、堀田に遭遇。

堀田は会社の命令で不法投棄をしようとしていた。
この先不法投棄を出来る場所は、あの木の周辺しかない。
それは避けたい。
そして堀田を襲った。

寺脇康文には娘がふたりいた。
家出した長女・静香の行方を調べた浅野忠信。

手がかりはつかめない。
18年も前からハゼの木の下で眠っていた。

寺脇康文があの木を描いたのはあの日が初めてではない。
18年間、長女の命日にあの木を描いていた。


18年前、長女を殺していた寺脇康文。

母が亡くなり、家のことや妹の世話を全てやっていた静香は切れる。

「もう嫌だよ!
 このままだとワタシもお母さんみたいに殺されちゃう!」

カッとなって、長女を殴った。
殴った勢いで柱に頭をぶつける長女。
その時はなんともなかったが、数時間後部屋を見ると、もう娘は亡くなっていた。

+++++

下の娘・唯香(佐藤玲)と向き合う神木キュン。

「あなたを犯罪者の子供にしたくない。
だから真相を一生隠し通そうとした。
守りたかった。
僕はあなたを守ろうとしたましたさんのことを今でも尊敬しています。」


工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工

気持ちが伝わったの?
今更家族写真をいつも持ち歩いていたと聞かされても、感動はしないと思うけどなぁ。




肝心な手柄はきちんと神木キュンに残すなんて、素敵な上司ねぇw
健康ドリンクに睡眠薬まで入れて、白骨遺体を掘り出すように仕向けちゃうんだから。
にくいねぇ。

しっかし・・・。
初恋の杉咲花ちゃんに続き、尊敬していた上司まで殺人犯。
神木キュンの運命に泣くw

杉咲花ちゃんはちょっと置いといて、寺脇康文、身勝手だよねぇ。
子供を殴るなとは言わない。
手が出てしまうこともあるでしょう。
でも、犯罪者ではないんだから、手加減しろよ!

「外では聖人君子でも、裏では悪い人」ってか、殺人犯か~~。
えっらい大きな秘密を抱えてたのねぇ。
警察官なんだから、これが殺人になるとは思えない。
ちゃんと救急車を読めば良かったのにさ。


それを妹のためって言われたら、妹も生きづらくなるわ!
なんで妹のためなんて、言うの?
「自分の保身のため」
くらい言ってやれよ!

しっかし、結婚式に父親が出席できないってとこの話じゃないわ。
婚約者やその身内の人たちが、良い人であることを祈る。

++++++

こんなに老け役演じるようになったのねぇ薫ちゃん。寺脇康文
元相棒は、昨日トイレを借りようとして被疑者の家を探っていたけど、同じことを「ゆがみ」もやっていて笑っちゃったw
寺脇康文ではなかったら、もっとクズに見えたんだろうか。
無理やり美談にしなくても良かったのに・・。

でも、ま、あんだけ小汚い浅野忠信が綺麗に見えるし、神木キュンも可愛いので、来週も楽しみ~。

広告



主題歌はコチラ


WANIMA「ヒューマン」

感想はコチラ
「刑事ゆがみ」 第1話 ネタバレ 感想~そして童貞は守られた!
「刑事ゆがみ」 第2話 ネタバレ 感想~斎藤工は下着ドロ役でレギュラーになって欲しいw 
「刑事ゆがみ」 第4話 ネタバレ 感想~ パイパイ神木と救われない事件
「刑事ゆがみ」 第5話 ネタバレ 感想~美人秘書ってたいてい美人じゃない。
「刑事ゆがみ」 第6話 ネタバレ 感想~持ち直した新井美羽ちゃん
「刑事ゆがみ」 第7話 ネタバレ 感想~死にたくなったときのお守り
「刑事ゆがみ」 第8話 ネタバレ 感想~刑務所でも良いから働きたい。
「刑事ゆがみ」 第9話 ネタバレ 感想~キャプテンがゆがみを追い詰める?
「刑事ゆがみ」 最終回 ネタバレ 感想~泣いたり笑ったり童貞だったりゆがみロスだったり。
キャスト
弓神適当 浅野忠信
羽生虎夫 神木隆之介
氷川和美 山本美月
多々木挙男 仁科貴
町尾 守 橋本淳
菅能理香 稲森いずみ


ゲスト
寺脇康文 佐藤玲 柳俊太郎



広告




にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

「ドクターX~外科医・大門未知子~」第3話 ネタバレ 感想~大門も特命係も潰す気などないくせに。 [気になるドラマ-2017秋]

「ドクターX~外科医・大門未知子~」第3話
東帝大付属幼稚園園長・三鴨(平田満)をめぐり、外科副部長・猪又(陣内孝則)と未知子(米倉涼子)が激突!そんな中、蛭間院長(西田敏行)はある企みを猪又に囁き…!?.
広告




[あらすじ]
 「東帝大学付属幼稚園」の園長・三鴨寿(平田満)が倒れた。偶然にもその場に居合わせたフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)は、三鴨を「東帝大学病院」へ搬送。肺の腫瘍を発見した未知子は即座にオペすべきだと進言するが、三鴨の反応はどうも鈍い。というのも、三鴨はもともと外科副部長・猪又孝(陣内孝則)の患者。しかも猪又からは、薬で腫瘍を小さくしてからでないとオペはできない、と言われていたからだ。だが、未知子はオペに猛反対する猪又の目の前で、「私ならできる」と言い放ち…!

 そんな中、三鴨が突如、他院のセカンドオピニオンを希望。その三鴨が数日後、なぜか未知子の所属する「名医紹介所」へやって来る。“事情”を聞いた「名医紹介所」の所長・神原晶(岸部一徳)は、「東帝大学病院」の院長・蛭間重勝(西田敏行)のもとへ。セカンドオピニオンを求めた患者の受け入れに難色を示す蛭間を説き伏せ、三鴨を持ち込み入院させる。ところが、その執刀医の座をめぐり、未知子と猪又が激突することに! 結局、蛭間は猪又を執刀医に、未知子を第一助手に指名するが、メンツとプライドに人一倍こだわる猪又は「私がなぜ、あのようなバイトと一緒にオペを!?」と憤慨。そんな彼の耳元で、蛭間はある企みを囁き…!?

 一方、未知子は三鴨を慕う園児たちと遭遇。彼らから聞いた“何気ない話”が、どうも心に引っかかる――。
[HPから引用]


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

doctorx-5.jpg


大門未知子を潰せ。

昨日は誰かが

「特命係を潰せ!」

って言っていたなぁ~。

なんか今シーズンは「相棒」と「ドクターX」がかぶる。
テレ朝は、この2シリーズを潰す気などさらさらない癖に~!!
す~~~ぐこういうこと言うやろw


黙れバイトバイト黙れ

って、陣内の演技がシリアスにはならないので、こっちのドラマはかる~~~~いけどね。


執刀医・陣内は、なんとかガンを取りきった。←ほぼ大門の活躍
意気揚々とする陣内だが、まだ手術は終わっていないと大門。



平田満の原発巣は・・・・。

甲状腺オカルト癌

転移したほうの癌が大きくなって先に見つかり、原発ガンが見落とすことがある。


ワタシ、セカンドオピニオンも失敗しないので。

呆然とする陣内。

初・大門だからねぇ。

と同情する海老名と鳥居。


術後、症例報告を書くように言われた陣内だが、「自分にもプライドがある」とはねのける。
そこに鳥居と海老名が
「私が書きます!」
と言いだしたもんだから、結局陣内が書く事に・・・・ってダチョウ倶楽部かよ。


メロンおじさん園児を連れてやってきて、2000万円請求。

園児に泣かされる蛭間院長は、どうみてもナイトスクープの局長じゃねーか。

んでもって、園児を引き連れたアキラさんは、ルンルン。

♪ 踊りに行こうよ 青い海のもとへ二~~~♪

ゴー・バウンド!!←園児たちの合いの手

スキップスキップメロンおじさん&園児たち





タイガースの再結成でもあるんでしょうか(爆)
こんなにタイガースオシしてたっけw

そして、ちょっと値切ったものの気持ちよく支払いしてくれたわねぇ。
アキラさん、策士よねぇ。
あの週刊誌のゲラを使った脅しも効いていたわね。


陣内、退場しなかった。

大地真央、野村周平が退場したので、陣内も退場するかと思ったのに・・・。
憎まれ役はもうちょっと違う人が良かったなぁ~。
良くも悪くも、陣内って「我が!我が!」だからさ、脇役としてはうるさすぎるんだよねぇ。


にしても園児の口が悪かったわ!
可愛いけれど、あんな口の聞き方する幼稚園児はごめんだ。


それと・・・オカルト癌って怖いわ~。
もうすぐ人間ドッグだから、ビクビクするぜ!

広告






主題歌はコチラ

『Force Orchestra Ver.-』『ユニゾン』/ Superfly


感想はコチラ
「ドクターX~外科医・大門未知子~」第1話 ネタバレ 感想~大地真央は初回で退場?
「ドクターX~外科医・大門未知子~」第2話 ネタバレ 感想~ゆとりですがなにか?
「ドクターX~外科医・大門未知子~」第4話 ネタバレ 感想~仲里依紗の正しい使い方
「ドクターX~外科医・大門未知子~」第5話 ネタバレ 感想~レアな豚肉はダメ!絶対!
「ドクターX~外科医・大門未知子~」第6話 ネタバレ 感想~麻酔もできる大門さん
「ドクターX~外科医・大門未知子~」第8話 ネタバレ 感想~こぶ平は役作りで痩せましたw
シリーズ




キャスト
大門 未知子(だいもん・みちこ)(41)………米倉 涼子
大学病院の医局に属さず、怪しい医師紹介所「神原名医紹介所」に所属しながら、様々な病院を渡り歩いているフリーランスの外科医。勤務時間は絶対厳守。医師免許不要の雑用は一切引き受けず、院内にありがちな権力闘争にも無関心。報酬は桁違いに高いが、外科医としての腕は超一流。自身も自分の腕に絶対の自信を持っている。誰に対しても物怖じせず、言いたいことを口にするため、医局の面々とは折り合いが悪い。趣味・特技が手術だが、手術以外のことにはもっぱら弱い。病院勤務のみならず「船医」「軍医」まで経験したという噂もあり、意外なところに人脈を持っている。

西山 直之(にしやま・なおゆき)(29)………永山 絢斗
「東帝大学病院」の新米医師。いわゆる“ゆとり世代”の医師。シングルマザーに育てられ、苦労して医者になった。先輩医師たちの「御意」体質に対しては、ドライな態度を貫く。医者として…というよりは、患者とのコミュニケーションや先輩医師らとの関係で躓きを感じており、いつもテンションが低め。大門未知子のような摩擦の多い生き方は御免だと思いつつも、その職人技に内心憧れる部分もある。

城之内 博美(じょうのうち・ひろみ)(38)………内田 有紀
フリーランスの麻酔科医。シングルマザー。「帝都医科大学付属第三病院」に勤務していた頃に大門未知子と出会ったことで、フリーに転身した。現在は「神原名医紹介所」に所属。未知子とは軽口をたたき合いつつ、公私ともに信頼関係を築いている。第4シリーズで完全切除が不可能な局所進行膵がんを患い、一度は死を覚悟したが、未知子により命を救われた。

海老名 敬(えびな・たかし)(54)………遠藤 憲一
「東帝大学病院」の外科副部長。蛭間をはじめ権力者たちにひたすら尽くす、卓越した「御意」力を持つ。本当は未知子が執刀した手術で“名ばかりの執刀医”となったり、ありえない論文を書けば未知子が実現してしまったり…と、未知子のおかげで評価を受けてきた。出世欲が原動力のすべてのようだが、実は「一人でも多くの患者を救いたい」という青年のような志も忘れていない。真摯に病気と向き合う未知子に土壇場で共感してしまい、策略を台無しにすることが多々ある、憎めない存在。

原 守(はら・まもる)(43)………鈴木 浩介
「東帝大学病院」の外科医。「帝都医科大学付属第三病院」時代、未知子の手術に協力したせいで地方の分院へ転勤。ロシアで一時働いた後、「国立高度医療センター」、「同・金沢分院」などに勤務。前副院長・久保東子の指名で「東帝大学病院」に呼び戻された。上の人間に頭が上がらない半面、患者の心に寄り添う医療を目指す温かい男でもある。ゆとり世代の医師たちの教育係を命じられ、日々ストレスを溜めていく。

森本 光(もりもと・ひかる)(35)………田中 圭
女性院長の計らいにより、「東帝大学病院」で働くことになった外科医。新米医師だった「帝都医科大学付属第三病院」時代に、未知子と出会う。本来は地方の総合病院院長の息子として、エリートコースを歩むはずだったが、未知子に憧れ、外科修業をすべく海外へ留学。だが、帰国後は地方に飛ばされ、最低限の医療を提供するのもままならない地方医療の現状を目の当たりにしてきた。そのため、医師としてバリバリ活躍できる年齢にもかかわらず、どこか鬱屈としたものを抱えている。

伊東 亮治(いとう・りょうじ)(30)………野村 周平
「東帝大学病院」に勤務する、いわゆる“ゆとり世代”の医師。私立の三流医大に入学するも、ある事情から1年で退学。猛勉強して「東帝大学医学部」に入学した。いつも研究書を読み漁り、外科の知識も豊富。決して実践力が伴っているわけではないが、オペの腕も若手医師の中では高い。それゆえに、ほかの若手医師を見下し、先輩医師にも尊大な態度を取る傲慢さも! 自分は大門未知子と同レベルの医師だと考えている節があり、未知子にも「気が合いそうだ」と言って歩み寄るが…!?

有馬 亘(ありま・わたる)(31)………中林 大樹
「東帝大学病院」の新米医師。2年浪人しているため、年齢は上だが“ゆとり世代”の医師・西山直之らとは同期。親が開業医で、金持ちのお坊ちゃん。関西弁を話す。

黒川 慎司(くろかわ・しんじ)(29)………上杉 柊平
「東帝大学病院」の新米医師。西山直之らと同じく、いわゆる“ゆとり世代”の医師。ステータスを求め、花形である医学部を目指した。

志村 まどか(しむら・まどか)………大地 真央
「東帝大学病院」初の女性院長。「東帝大」医学部を首席で卒業後、ボストン・ハーバード医科大学に外科医として10年間留学。オペの腕は一流で、コネにも人脈にも頼らず、実力一本で現在の地位まで上り詰めた。その完璧な清廉性ゆえに、周囲からは“マダム・クリーン”と呼ばれている。院長就任後はクリーンな医療改革を推し進め、悪しき権力態勢を一掃。実力のある医者なら肩書は関係ないと明言し、大門未知子を「東帝大学病院」で雇うが…!?

猪又 孝(いのまた・たかし)(54)………陣内 孝則
「東帝大学病院」の外科副部長。声が大きく、態度も大きい。「医者至上主義」が染み付いた男。全員が「東帝大学医学部」卒という一族に生まれたため、メンツやプライドを人一倍気にする。3人の副部長の中ではもっとも狡猾。必要があれば媚を売ることも辞さないが、基本的には大の男尊女卑。看護師が大好きで、女医が大嫌い。フリーランスで女医の大門未知子を目の敵にする。

神原 晶(かんばら・あきら)(70)………岸部 一徳
「神原名医紹介所」の所長。未知子が「師匠」と慕う存在。元外科医だが、過去に医師免許をはく奪されているなど、謎の多い男。大学病院の内情にも詳しく、営業に余念がない。趣味は麻雀。第3シリーズでは手術適応外の重病に冒されたが、未知子のオペによって命を救われた。

鳥井 高(とりい・たかし)(53)………段田 安則
「東帝大学病院」の外科副部長。論文と研究を愛するが、口ばかりで手術はド下手。「帝都医科大学付属第三病院」時代は次期院長の座を狙う野心家だった。だが、ラスカー賞受賞で研究者としては一度ピークを経験したためか、毒気はすっかり消失。現在は“職業人生における余生”であると考え、出世やポスト争いにも関心がない。だが、海老名らの強烈な上昇志向に触れると同時に、未知子との再会で自尊心を大いに傷つけられることに…。一度は戦線離脱した「御意」合戦に再び参戦する。

内神田 景信(うちかんだ・かげのぶ)(70)………草刈 正雄
日本医療界のトップに君臨する「日本医師倶楽部」会長。「東帝大学病院」の医局を昔のような「権力一極集中」の医局に戻したい、と考える“怪人物”。「日本の医療制度を守るため」と公言してはばからないが、本心がどこにあるのか誰にも明かさない“不気味な存在”として周囲を圧倒する。あの蛭間重勝ですら、内神田には怖れを抱いている。

蛭間 重勝(ひるま・しげかつ)(66)………西田 敏行
「東帝大学病院・知床分院」の院長。表向きは温和だが、逆らう者はバッサリと切り捨てる冷血漢。大門未知子に対して、積年の恨みを抱いている。医療界のトップに君臨するのが夢。第4シリーズのラストで、優秀な医師たちを中国の病院に大量に引き抜かれた責任を問われ、「東帝大学病院」病院長の座から転落した。知床分院に左遷されたことで、一度は隠居を決意。しかし、筋金入りの権力欲は捨て切れず、またしても謀を巡らせ…!?


ゲスト
三鴨 寿………平田 満

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

2016年の感想はコチラ
「ドクターX~外科医・大門未知子~」 第1話 ネタバレ 感想~ピン子の首振りが止まらない。
「ドクターX~外科医・大門未知子~」第2話 ネタバレ 感想~今日は失敗したので。
「ドクターX~外科医・大門未知子~」第3話 ネタバレ感想~ただの医療ミスじゃ終わらせない。
「ドクターX~外科医・大門未知子~」第4話 ネタバレ 感想~脳腫瘍で肥満。原ちゃん復帰。 
「ドクターX~外科医・大門未知子~」第5話 ネタバレ 感想~本能寺の変勃発!秀吉は誰だ!? 
「ドクターX~外科医・大門未知子~」 第6話 ネタバレ 感想~「お前失敗しないので!」と言いながら退場するエンケン(淋)
「ドクターX~外科医・大門未知子~」第7話 ネタバレ 感想~もしもピアノが聴こえたなら
「ドクターX~外科医・大門未知子~」 第8話 ネタバレ 感想~おいメガネ!ウィルスばらまくなよ
「ドクターX~外科医・大門未知子~」 第9話 ネタバレ 感想~Shall we ダンスバトル?
「ドクターX~外科医・大門未知子~」 第10話 ネタバレ 感想~PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)手術!?
「ドクターX~外科医・大門未知子~」 最終話 ネタバレ感想~西田”蛭間”敏行、卒業!?
「ドクターX~外科医・大門未知子~」第7話 ネタバレ 感想~「マッサン」ではないの「きんちゃん」なの。
「ドクターX~外科医・大門未知子~」第8話 ネタバレ 感想~こぶ平は役作りで痩せましたw
「ドクターX~外科医・大門未知子~」第9話 ネタバレ 感想~国民的美少女だからって棒読みすぎるぜ。
「ドクターX~外科医・大門未知子~」最終回 ネタバレ 感想~映画化になりそうな予感。
広告







コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

「科捜研の女」 第2話 ネタバレ 感想~ネームバリューがないと刺繍は売れないけど犯人にはなれる! [気になる「科捜研の女」]

「科捜研の女」 第2話
愛犬だけが目撃していた殺人事件!現場から日本刺繍に使われる「龍の目」と愛犬から糸が発見され…。日本刺繍をめぐり明らかになる三角関係…マリコが暴く衝撃の真相とは!?

広告






[あらすじ]
 インテリアコーディネイターの茂手木浪子(月船さらら)の他殺体が自室で発見された。現場には浪子が部屋で飼っていた愛犬が残されており、犯行の一部始終を見ていたと思われた…。マリコ(沢口靖子)は、現場に落ちていた小さなガラス片が何なのか気にかかる…。鑑定の結果、凶器は現場にあった置時計で、8時45分で止まっていた。またガラス片は漆を使った人形の目のようなものだと分かり、犬の毛からは繊維片も発見された。

 置時計は、来栖屋ホテルがリニューアルオープンの記念品として制作したものと判明。ホテルの社長・湊川龍登(窪塚俊介)によると、リニューアルで世話になった浪子にいち早く贈呈したという。マリコはホテルに飾ってあるタペストリーの二匹の龍の刺繍絵に目を奪われる。龍の目がマリコが拾ったガラス片に似ている…。龍登の妻・美加(吉井怜)によると、平松喜久恵(山口美也子)という日本刺繍の先生に特別に作ってもらった刺繍絵だという。

 刺繍を習っている美加に喜久恵を紹介してもらったマリコは、ガラス片を見せて確認すると、喜久恵は「龍の目」であることを認める。さらに目を作ったガラス工房の職人は、喜久恵の注文で4つの「目」を作ったとか。刺繍には二匹の龍があしらわれていたが、一匹は横を向いており「目」は3つしか使われていなかった…。

 さらに宇佐見(風間トオル)の調べで犬の毛から見つかった糸が、日本刺繍に使われる釜糸であることがわかり…!? 刺繍絵と犬が導き出す意外な犯人とは!?
[HPから引用]
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
b48384418d24f36160422eb754b93805-1-700x301.jpg


被害者の女・浪子(月船さらら)と不倫関係にあった窪塚俊介。

事件の日、窪塚俊介のアリバイ証言をした山口美也子は、なんと窪塚俊介の本当の母親だった。
貧しかった山口美也子は育てられず養子に出していた。

窪塚俊介は、火遊びのつもりだった不倫だが、被害者は本気になり、脅してきた。
不倫の証拠をネットにばらまくと言われて、証拠を隠滅しようとしたら気がつかれて・・・もみ合って頭を打ち付けた被害者。

怖くなった窪塚俊介は山口美也子の家に逃げ帰る。
しかし致命傷はそれではなかった。致命傷は時計で殴打されたキズ。

犯人は和田花梨(菊地美香)

山口美也子先生のお弟子さんね。
ニャンちゅうのお姉さんね。←蛇足

花梨ちゃんは、山口美也子先生を目指して刺繍に励んでおり、認められたかった。
被害者にお客さんを紹介して欲しくて、自分の刺繍作品を被害者に渡していた。
しかし被害者は、犬のクッションとして使っていた。

「アンタにはネームバリューがない。」
 
クッションを投げつけられ

「も持って帰れば?」

と言われ、逆ギレ。

殺人鬼じゃん。

普通の会社員でも意地悪な人に意地悪なことを言われることもある。
クリエイティブな仕事だと余計にそんなことが多いんじゃないの?
刺繍なんて好みの問題でもあるし、そりゃネームバリューも必要でしょうよ。

「初めて先生に褒められた作品」だったからって、被害者の血がついたクッションも持ち帰って、マリコさんに見つけられて、御用。

被害者・・・そんなに悪人じゃなかったけどなぁ。

死んだふりをしたのは意地悪だけどね。




窪塚俊介と山口美也子親子は分かり合えたね。
多分ね。
ご都合主義だけどねw
どんなに感動させようとしても、窪塚俊介は不倫してたんだからな!

科捜研だからネームバリューが低い人間が犯人だと思っていたんだ~w
あたって嬉しいわ。

今日の山口美也子さんは、関西弁になったり、標準語になったりして、統一感がなかったわね。
なんでだろう?
関西弁をちょいだしにするくらいなら、標準語で通したら良かったのね。

そうそう、ロタは遺体見ても大丈夫になったのねぇ。
犬のポンタはどこにもらわれるんだろうかw

気になる「科捜研の女」の感想はコチラ→
気になる「科捜研の女」season17~の感想はコチラ→

広告







キャスト
榊 マリコ(さかき・まりこ)……沢口靖子
土門 薫(どもん・かおる)……内藤剛志
風丘早月(かざおか・さつき)……若村麻由美
宇佐見裕也(うさみ・ゆうや)……風間トオル
藤倉甚一(ふじくら・じんいち)……金田明夫
日野和正(ひの・かずまさ)……斉藤 暁
橋口呂太(はしぐち・ろた)……渡部 秀
涌田亜美(わくた・あみ)……山本ひかる
佐伯志信(さえき・しのぶ)……西田 健
蒲原勇樹(かんばら・ゆうき)………石井一彰

ゲスト
山口美也子、窪塚俊介、吉井 怜、菊地美香、月船さらら ほか




広告





にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。