So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」 第9話 ネタバレ 感想~やはり菅田将暉なのか!? [気になるドラマ-2016秋]

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」 第9話
ファッション誌の校閲をすることになり張り切る悦子だったが、仕事では苦戦し、恋愛もうまくいかず元気をなくしてしまう。翌日、驚くほど地味な服装で出社する悦子…。
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


[あらすじ]
憧れのファッション誌『Lassy』の校閲を手伝うことになり、張り切る悦子(石原さとみ)。しかし、雑誌の校閲は普段やっている書籍の校閲とは勝手が違うため、苦戦する。

かたや森尾(本田翼)は『Lassy』の編集部員として大きな仕事を任されていた。そんな森尾の様子を目の当たりにして、悦子は校閲の仕事に劣等感を感じるようになる。

一方、悦子と幸人(菅田将暉)の関係は相変わらず、あいまいなままだった。そんな中、悦子は貝塚(青木崇高)から、森尾が幸人のことを密かに想っていると聞かされ、ショックを受ける。

恋愛もうまくいかない上に、仕事にもやりがいを持てなくなる悦子。彼女は、校閲部員たちを驚かせるほど地味な服装で出社したりと、すっかり元気を失くしてしまう…。


広告





原作はコチラ




「校閲ガール」シリーズ 宮木あや子


FgPO9irQu4I9Nmm.jpg


ファッション雑誌の編集者、感じ悪ッ!!!


着回しコーデのおかしな設定。


コレ、ワタシも気になっておりました(苦笑)

コーエツの気持ちはわかるけど、口出しするのは良くない。
今まで、それでうまくいっていたけど、とうとうコーエツのやり方が通用しない相手がきたな。

口出したわりに、コーエツがミス。

そういえば、藤岩(江口のりこ)さんが「好きな小説家の校閲をしてはいけない。」と言っていたね。

しかし、この副編集長、嫌な叱り方するよね。
自分の存在アピールする前に仕事しろ。

なんつー言い方なんだ!



+++++

地味コーデのコーエツ

こんな服も買うのね。
でも、地味な服の方が石原さとみらしいんだけど(苦笑)

仕事の失敗や、恋愛の心配で地味コーデで、お弁当は白ご飯だけでおかずがないという失態。
コーエツがコーエツらしくない。


ユキト(菅田将暉)は、コーエツと会いたいのに、予定があると何回かキャンセル。

しかし。

悪いけどその約束キャンセルしてくんない?


ちょっと待て。
ちょっと待て待て。
そんな不意打ちの男らしさ、おばちゃん・・・・キュンとしてしもたやないか~~~~~~い

ずっとのほほんユキトだったのに、急に男らしくするの、反則やわ~~~~!!!


ってキュンキュンしていたら、コーエツの隣にいた藤岩さんが自分のおかずを分けであげ、キャラ弁風にしていた。

藤原さんにもキュン!!
かわいいしやさしいお弁当。
コーエツ、みんなに愛されてるよなぁ。

藤岩さんをはじめ校閲のみんなはえっちゃんのことをめっちゃ気遣って心配している。
ファッション誌の編集部より、校閲のほうが穏やかで働きやすそう。


++++++


仕事のあと、ユキトくんと会うコーエツ。

ユキトはいろんな職業を取材していた。
例えば公園の遊具の安全性を調べている人。
電車の整備・・・。

「当たり前のことを当たり前に出来るのはそれを影で支えている人がいるから。

 当たり前んのことに周りが気づかないのは、それが当たり前を作っている人達の目指していることだと思うから。

 これをまとめて本にしようと思っているんだ。

言っとくけどえっちゃんのおかげだからね。

 俺の小説を校閲してくれて。
 えっちゃんと知り合えて、校閲って仕事を知った。
 どれもすごい仕事だって思わない?
 日の当たらない場所で輝いている人がいるんじゃないかって。

 えっちゃん。
 俺、えっちゃんに出会えて本当に良かった。
 生まれて来てくれてありがとうって気分。

 えっちゃん。
 今更、改まって言うことじゃないかもしれないけど、こういうことはちゃんと言っておきたい・・・」


待って!待って!!ほんのちょっとだけ時間が欲しいの!


ええええ!!!!
森尾に確認に行くえっちゃん@コーエツ。


「森尾、ワタシ、ユキトくんと付き合ってもいい?
 森尾がユキトくんのことが好きなら・・・」


「ユキトより、先輩の方が好き!」


校閲号泣。


からの地味な服に気づき、森尾にスカーフを巻いてもらう。


スカーフ一枚で元気になるコーエツ。

どうしてもコーエツにスカーフを巻きたいんだな。
どんだけスカーフ好きやねん。



+++++


翌日・・・。


「もう、待たなくていいの?」


「ユキトくん。」


「はい。」


「あたし・・・初めて会ったときから、あなたのことが好きです。
 超絶イケメンのユキトくんも、モデルのユキトも、作家の是永
 どんな時でもゆっくりマイペースに生きているあなたのことが大好きです。
 私でよかったら、おつきあい・・・」

で、電話が鳴る@着メロハイジ!


ラッシーに移動!?


てか、


来週、もう最終回!?







ああもう!!!!

付き合わせてあげてよっ!


ユキトといるコーエツは可愛い。
タコといるコーエツは楽そう。


どっちとくっつくのかなぁ。

今日はゆきとくんに。。。ってか、菅田将暉のナチュラルさに(爆)キュンキュンしたけど、タコの青木崇高がタコヤキを差し入れしたのもキュンときたwww

いいなぁ、コーエツ~~~。

めっちゃ人たらしやん。

周りの人から愛されていて羨ましいわ。
落ち込んだら、飲みに誘ってもらえたり、心配されたり、ユキトからのデートの誘いや、タコからの差し入れ。


その上・・・。

口紅塗っただけで可愛くなるという!!!

口紅塗っただけで可愛くなる顔欲しいわ、ホンマに(苦笑)
なんでも持っているやんw


ユキトがいろんな取材を始めたのは、今日のフラグだったのね。
えっちゃんが「地味でスゴイ」校閲の仕事の意味と役目を見つけるために。

世の中知られていない仕事のほうが多いと思うんだ。
それに気づいたコーエツ。


「あたり前を守らせてください!!
最終ゲラチェックお願いします!!」

と編集部に挨拶したシーンはスカッとしました。


あのイヤミな編集は最後まで校閲を下に見ていたし、コーエツを見て
「実家のコメ農家の手伝いをする!」
まで改心するなんて、驚き。


森尾ええやつ
「幸人より先輩が好き」
って言ったときはホロッとした。
なのに、中の人の演技力のせいか、あまり魅力的に感じない。
もちろん、エエシーンなんだけど、なんでだろ。
好みの問題かもしれない。
そしてみっちょんが人を殺さないファッション誌の編集長なのにも違和感(苦笑)
2時間ドラマでは殺人を犯すか殺されるか意地悪な役が多いみっちょん。←薄幸系犯人ではない。
どっちかってーと主婦のイメージなのにねぇ。


ユキトはパパと同居ってのもびっくりだったけど、パパのあの電話誰からかなぁ~。
女癖悪そうだからなぁ(笑)


先週はめっちゃモヤモヤしたんだけど、今週は楽しかった!!


最終回は残念だなぁ。
もうちょっと見ていたい。



広告




主題歌はコチラ


「Heaven's Door~陽のあたる場所~」栞菜智世

オープニングテーマ

「12月の雨」chay

感想はコチラ
「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」 第1話 ネタバレ 感想~和田正人がオネェになりそう?
「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」 第2話 ネタバレ 感想~やっぱり江口のりこが好き!
「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」 第3話 ネタバレ 感想~鉄パンとおしゃかわの距離が近づいた?
「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」 第4話 ネタバレ 感想~バッサー、不倫していると思ったよん。
「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」 第5話 ネタバレ 感想~両思いからの鉢合わせ
「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」 第6話 ネタバレ 感想~タコと校閲にくっついて欲しいが、ユキトとモリオがくっつくのは嫌だ~。
「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」 第7話 ネタバレ 感想~逆壁ドンからの「ゆるふわサラリーマン」 
「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」 第8話 ~地味すぎて盛り上がりに欠けた第8話。 
「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」 最終話(第10話) ネタバレ 感想~もっとラブラブを見たかった!!

キャスト
河野悦子 :石原さとみ
折原幸人 :菅田将暉
森尾登代子 :本田翼
米岡光男 :和田正人
藤岩りおん :江口のりこ
尾田大将 :田口浩正
今井セシル :足立梨花
波多野 望 :伊勢佳世
佐藤百合 :曽田茉莉江
青木祥平 :松川尚瑠輝
正宗信喜 :杉野遥亮
東山 :ミスターちん
西田 :長江英和
北川 :店長松本
坂下梢 :麻生かほ
里目黒真一郎:高橋修
本郷大作 :鹿賀丈史(特別出演)
亀井さやか :芳本美代子
貝塚八郎 :青木崇高
茸原渚音 :岸谷五朗



にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「相棒 season 15 」第8話 ネタバレ 感想~鶴田真由に厳しすぎる。 [気になる「相棒」]

「相棒 season 15 」第8話 『100%の女』
有罪率100%の女検事に向けられた疑惑!!さらに法務省事務次官の圧力により、右京と亘が対立!?

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

[あらすじ]
2か月前、外務省欧州第一局長の棚橋(窪園純一)が、都内の公園で刺殺される事件が発生。事件の背景に国際問題が絡んでいる可能性があることから、警察は慎重に捜査を開始していた。そんな中、公園近くの中学校で教師をする田村紗季(志保)が、犯人らしき人物を目撃したと名乗り出る。証言によると、目撃したのは棚橋と同じ外務省に勤める中嶋(松下哲)という男で、同僚らによると棚橋と中嶋は事あるごとに職務上で衝突していたらしい。検察は、これらの状況を加味して、被疑者否認のまま中嶋を起訴。裁判員裁判が行われることになった。中嶋を厳しく追及するのは、負け知らずの有罪率で、周囲から「100%の女」と評される検事の倉田映子(鶴田真由)。亘(反町隆史)が法務省時代に研修で一緒になり、現在は「勝てない事件は不起訴にして有罪率を高めている」との批判もある検察のあり方を変えようと取り組んでいる女性だった。しかし、裁判を傍聴していた亘は、紗季が目撃証言を微妙に変えていることに引っ掛かる。亘から話を聞いた右京(水谷豊)が捜査に乗り出すと、次席検事のポストが目前といわれる映子が、有罪率100%を維持するために紗季に証言の修正を依頼したのではないかという疑惑が浮上。右京と亘が映子に直接その疑惑をぶつけると、彼女は亘の元上司である法務省事務次官の日下部(榎木孝明)を通じて圧力をかけてきた。日下部は亘に、もし棚橋の殺害に国際情勢が絡んできた場合、これ以上事件にかかわると、特命係の存続自体が危ぶまれるというが…!?

“100%の女”に向けられた疑惑の真相は…!?
そして法務省時代の上司である日下部の指示で亘がとった意外な行動とは!?
警察vs検察となった殺人事件に、特命係存続を懸けた右京の推理が冴える!!
[HPから引用]

広告





01.jpg


被害者の妻と被告・中嶋は不倫関係だった。

二人は共犯だったのだ。
妻は・・・不倫ではなく純愛だった・・・ってさ。
苦しい言い訳だな。

裁判は一時休廷となる。

犯人は被害者の妻と中嶋

+++++

偽証した女教師は教え子の男子生徒と会っていた。
仕事を終え、学校を出たあと、男子生徒から「来てくれないと死ぬ」メールが入る。

「先生、僕、誕生日なんだ。
 お母さんは帰って来ないし、一緒にケーキを食べるだけでいいんだ。」

後ろめたさを感じながらもカラオケBOXでケーキを食べた帰り、公園の中で犯人を目撃。

証人が犯人を見た直前にどこにいたか聞かれるかもしれないと鶴田真由に言われた女教師。
男子生徒と一緒にいたことが世間にバレるのは困る。

どうしても証言が取れないなら、不起訴という選択もあったが、中嶋が犯人だと確信している鶴田真由は、女教師に証言を変更させた。


++++

12年前、有罪にした男に襲われた鶴田真由。
その際、首に巻いていたスカーフで、絞殺されかけた。
それ以来、スカーフと同じ形状をした風呂敷を使えなくなった。

女教師が利用したカラオケBOXがあるビルで心理カウンセリングを受けていた鶴田真由。
この偶然から、弁護士が目撃者の行動を調べたらカウンセリングのことがバレるかもしれない。

カウンセリングのことが検察署内で知られたら、同期からの突き上げの格好の的になる。
実際、証人がどこでなにをしていたなんて、弁護側が調べるかどうかなんてわからない。
ましてやカウンセリングルームから鶴田真由が出てくることがバレるかどうかなんてわからない。
カウンセリングは心のバランスを保つもの。
有罪率100%の女・鶴田真由は、同期からのやっかみがすごい。
もし、検察書内でカウンセリングのことがバレたら・・・。

バレる確率は低いが、100%バレないとは思えない。

だからと言って、今回の事件を不起訴にするなんてできなかった。

だとすれば偏見を恐れず、正々堂々と証人に・・・・って、ああもうぅぅぅっ。


もうええわ、右京さんの正義感。

この融通の効かない感じ。

鶴田真由、退職。


実際、退職まですべきことかね。
証人の不利益は隠して上げればいいんじゃないかねぇ。

組織とか、ロシアがどうとか、壮大な事件っぽかったのに、どうってことない事件だった・・・。
すべて浅利陽介くんの防犯カメラで解決・・・。
警視庁のサイバー犯罪対策課って暇なのか。
浅利陽介の下心がわかるのかと思ったらそうでもないし、特命と日下部(榎木孝明)の対立ありきの脚本だったのか。


鶴田真由をあそこまで追い込む必要があったのかなぁ。

右京さんだって違法捜査ばかりしているクセに。
人には厳しい。

広告





感想はコチラ
「相棒 season 15 」第1話 ネタバレ 感想~呪いと暗示の復讐殺人
「相棒 season 15」第2話 ネタバレ 感想~人探しからタバコの配合まで。
「相棒 season 15」第3話 ネタバレ 感想~好きなことやったら余命が伸びる? 
「相棒 season 15」第4話 ネタバレ 感想~風間杜夫と内田慈で一時間持つんだねぇ。
「相棒 season 15」第5話 ネタバレ 感想~森尾由美と堀内正美が不倫!? 
「相棒 season 15」第6話 ネタバレ 感想~老人より足の襲い反町隆史
「相棒 season 15」第7話 ネタバレ 感想~安達祐実は今日も不幸です。
「相棒 season 15」第8話 ネタバレ 感想~鶴田真由に厳しすぎる。
「相棒 season 15」第9話 ネタバレ 感想~あとぴんの印象は強いが眠っているだけだった。
「相棒 season 15」第10話元日スペシャル~ネタバレ 感想~警視総監まで殺さなくても・・・。
「相棒 season 15」第11話 ネタバレ 感想~タスポがなくても中学生がタバコを買えるのかい。
「相棒 season 15」第12話 ネタバレ 感想~来週はお休みですが、再来週は神戸&米沢が帰ってくる!
「相棒 season 15」第13話 ネタバレ 感想~鑑識が米沢さんの安定感
「相棒 season 15」第14話 ネタバレ 感想~神戸くんの出演シーンが少ない! 
「相棒 season 15」第15話 ネタバレ 感想~CIEL BLEWの香水を水に変える必要性
「相棒 season 15」第16話 ネタバレ 感想~陣川ロンドンで何を学ぶ? 
「相棒 season 15」第17話 ネタバレ 感想~とうとう「花の里」までやってきた青木。
「相棒 season 15」最終回2時間スペシャル 第18話 ネタバレ 感想~自作自演に2時間・・・。
出演者
杉下右京(水谷豊)
冠城亘 (反町隆史)
月本幸子(鈴木杏樹)
伊丹憲一(川原和久)
芹沢慶二(山中崇史)
角田六郎(山西惇)
青木年男(浅利陽介)
大河内春樹(神保悟志)
内村完爾(片桐竜次)
中園照生(小野了)
衣笠藤治(大杉漣)
甲斐峯秋(石坂浩二)

【ゲスト】鶴田真由







にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

コメント(0)  トラックバック(7) 
共通テーマ:テレビ

『べっぴんさん』 第51回 感想~男会結成!! [気になる朝の連続テレビ小説(「べっぴんさん」ほか]

NHK連続テレビ小説 『べっぴんさん』 第51回 【第9週】「チャンス到来!」
紀夫(永山絢斗)の説得で、すみれ(芳根京子)は百貨店への出品を決める。しかし大量の商品をこれからどう作るのか、子どもたちをどうするのか、問題は山積みだった…

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


広告





[あらすじ]
すみれ(芳根京子)を説得できなかったことで、紀夫(永山絢斗)は坂東営業部の同僚に責められる。百貨店に恩を売ることが、会社の利益につながるからだ。その晩、すみれは紀夫の素直な思いを聞き、すみれは新聞記事がきちんと4人の店ということを知ってほしい、だから百貨店に出品をしたいと良子(百田夏菜子)や君枝(土村芳)に打ち明ける。しかし大量の商品をどうするのか、製作場所はどうするのか、問題は山積みだった…
[HPから引用]

724dab1b2cca36025358fef2aad96d00_9841.jpg


男会結成。
夫3人は危なっかしくて見ていられないと言うけれど、ワタシからしたら男3人も頼りないけど(苦笑)

紀夫は次期社長として周りの目も厳しくなっている。
次期社長だと理解していながら、紀夫に苦言を呈す社員。
よっぽど頼りないと思っているのか、潔の方が上だと思っているのか・・・。
ま、どっちもかな?



すみれは、「4人の店」だと新聞に書かれていなかったので、百貨店に店を出すと。
消費者からしたら、「4人の店」とかお母さんが作った服とかそういうの、関係はないんだけどさ。
「認められたい」
ってことかな。
ちょっと本末転倒な気もしないではないけど、明美も嬉しそうだったし・・・。
新聞の写真からも記事からも明美のことが省かれていたのは、やっぱり良くない。

4人でアイディアを出しながら、ここまでコツコツとやってきた。
百貨店に出すとなると、経理も商品の確保も大変だよねぇ。
縫い子さんを近所の奥さんに頼むってのは、凶と出るか吉と出るか。


明美に忍び寄る怪しげな男。
闇市関係者か?
このままで済むと思うなよ!
って言ってたもんね~。

百貨店出店は今週中には終わらないような気がしてきたぞ。
もう水曜日やもんねw


朝ドラ感想はコチラ→

主題歌はコチラ

「ヒカリノアトリエ」/Mr.Children


広告













キャスト
坂東すみれ - 芳根京子   (幼少期:渡邉このみ)本作の主人公。
坂東五十八 - 生瀬勝久   すみれの父。
坂東はな / 語り - 菅野美穂   すみれの母。
野上ゆり - 蓮佛美沙子  (幼少期:内田彩花)すみれの姉。
井口忠一郎 - 曽我廼家文童 坂東家の執事。
佐藤喜代 - 宮田圭子   坂東家の女中頭。
野上潔 - 高良健吾   (幼少期:大八木凱斗) すみれの幼馴染。
野上正蔵 - 名倉潤    潔の父。
麻田茂男 - 市村正親   神戸の靴店「あさや」の店主。
小野明美 - 谷村美月   (幼少期:坪内花菜)坂東家女中・マツの娘。
多田良子 - 百田夏菜子  すみれの女学校時代の同級生。
田坂君枝 - 土村芳    すみれの女学校時代の同級生。
坂東トク子 - 中村玉緒   すみれ・ゆりの祖母(五十八の母)。
坂東長太郎 - 本田博太郎  すみれの伯父(五十八の兄)。
坂東節子 - 山村紅葉   長太郎の妻。
坂東静子 - 三倉茉奈   長太郎の息子・肇の妻。
田中紀夫 - 永山絢斗   (幼少期:玉山詩)すみれの幼馴染。
小澤勝二 - 田中要次   良子の夫。
村田昭一 - 平岡祐太   君枝の夫。
村田琴子 - いしのようこ 昭一の母。
岩佐栄輔 - 松下優也   潔の友人。
田中五郎 - 堀内正美   紀夫の父。
高西悦子 - 滝裕可里   すみれの女学校時代の同級生。
大島保     - 伊武雅刀
いつ子     - 前田美波里
足立武     - 中島広稀

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:テレビ

「レディ・ダ・ヴィンチの診断」 第8話 ネタバレ 感想~主役・吉田羊不在 [気になるドラマ-2016秋]

「レディ・ダ・ヴィンチの診断」 第8話 「人食いバクテリアに感染!?」
タイムリミットは24時間!
泣く子も黙るアクションスターが人食いバクテリアで命の危機!?休暇中の志帆(吉田 羊)に代わり、綾香(吉岡里帆)に調査の手伝いを依頼したのは意外な人物だった――!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

広告






[あらすじ]
「幻覚を見ているんですよね?」――
雪野(相武紗季)が志帆(吉田 羊)に尋ねると、志帆は「誰かに迷惑をかけているわけではない」と答え、娘の姿がたとえ幻覚であろうと意に介さない様子。

一方、葉子(伊藤 蘭)が出演する番組の収録中に、こわもてで売っている大御所俳優・堂島謙三(大和田伸也)が突然倒れる。右腕の痛みを訴えて苦しむ堂島を診察すると、右腕に発赤がみられ、それは時間の経過とともに広がっていく。

葉子は、堂島が前日に廃虚でロケをしていたと聞き、そこで人食いバクテリアに感染したのではないかと考える。もしそうだとしたら、発症後24時間以内に患部を切除しなければ命を落とす。

しかし、撮影中の映画に支障が出るからと、堂島は治療を拒否。原因も特定できないまま、さらに一部の薬剤にアレルギー反応を起こすという不測の事態も重なり、治療は難航する。

命のタイムリミットが近づくなか、休暇中の志帆に連絡がつかず、途方に暮れる綾香(吉岡里帆)。すると、葉子が意外な行動に出る。まるでいつもの志帆のように、綾香に病気の原因追究のための調査を依頼したのだ。

早速、綾香は宮部(庄野崎謙)とともに、堂島がロケをしていたという廃虚へ。そして、そこで出会ったケンジ(藤野大輝)という少年から、堂島が敷地内にある井戸を使っていたことを教えられる。綾香がくみ上げて触ってみると、なぜかその水はぬるくて…。
[HPから引用]

7bcffb44cc77506b1eddf747e2683c1                         2-640x492.jpg

公開収録に子連れでおしゃべり
事前にリハーサルしているだろうし、こんなバカな客いないだろ・・・。
生放送の公開収録に子供がいるのも不自然。

呪いじゃなくて感染症
あんなに大真面目に「呪い」って言う大人がいるだろうか・・・。

倒れた大和田伸也は久しぶりの大作映画出演のため、治療は受けたくないと言う。
24時間以内に処置しないと死ぬ可能性もあるらしい。

こんな状態でこれ以上撮影を続けていくほうが迷惑なのに。
途中で死んじゃったらもっと迷惑なのに。
いつもプリプリ起こっているから、更年期障害かアルツハイマーかと思っちゃったよ・・・・。
しかし大和田伸也はこんな役が似合う。
本人は正義感の強い良い人なんだろうけど、わがままで暴君だったり、悪徳政治家だったり、ハマるね。


子供嫌いかと思ったら子供好きなのね。
ロケーションに行った先で、いじめられっ子少年がアケビをとるのを手伝ってやる。
汚れた少年の頭に井戸水をかけてやる。
その井戸水はぬるくしょっぱい。

ビブリオ・バルニフィカス

大和田伸也はC型慢性肝炎。
右腕の小さな傷に井戸水がかかり、ビブリオ・バルニフィカスに感染していた。

薬を投与して完治。
壊死もなく切除もせず済んだ。




主役不在

ちょうど入院していたときなんでしょうが、こんなことなら一話削っても良かったのではないかと思う。

とにかく地味~~な話でした。
吉田羊が出演でいないので、蘭ちゃんが全部解決しちゃったけど、これでいいのかしら?
傍若無人な吉田先生がいないのはイラッとしなくて良かった面もありつつ、サラッと終わって何を見ていたんだか?って気もしないでもない。

患者エピソードが長かったねぇ。
やたら少年と知り合うしねぇ。

井戸水をかけられるのも、飲まされるのも嫌だ。

やっぱり連続ドラマで主演がいないのはねぇ。

墓参りをしているし、娘が幻覚だと自覚はあるんだろうが、誰にも迷惑をかけていないいいじゃないって・・・切ないわねぇ。

娘の名前が「真央」ちゃんなんだけど、フジテレビがこの名前をドラマで使うとロクなことがねーのよね。
死んだ娘の名前ですか。
そうですか。
なんか勘ぐってしまうわ~。

広告







主題歌はコチラ

AI「ミラクル」

感想はコチラ
「レディ・ダ・ヴィンチの診断」 第1話 ネタバレ 感想~吉田羊の娘も幻覚!? 
「レディ・ダ・ヴィンチの診断」 第2話 ネタバレ 感想~ドーピングからの再起はないと思う。 
「レディ・ダ・ヴィンチの診断」 第3話 ネタバレ 感想~ラテックスアレルギーは定番すぎる。
「レディ・ダ・ヴィンチの診断」 第4話 ネタバレ 感想~医者ってそんなにおエライの? 
「レディ・ダ・ヴィンチの診断」 第5話 ネタバレ 感想~娘はやっぱり亡くなっていた。 
「レディ・ダ・ヴィンチの診断」 第6話 ネタバレ 感想~患者より顔色の悪い吉田羊。
「レディ・ダ・ヴィンチの診断」 第7話 ネタバレ 感想~白鳥先生に診察されたくない。
「レディ・ダ・ヴィンチの診断」 第9話 ネタバレ 感想~真央ちゃんが良い子すぎる(泣)
「レディ・ダ・ヴィンチの診断」 最終話 ネタバレ 感想~医療ドラマとしては爪が甘すぎる。
キャスト
橘 志帆   - 吉田羊
新田 雪野  - 相武紗季
田丸 綾香  - 吉岡里帆
里見 藍   - 白鳥久美子(たんぽぽ)
植松 結衣  - 滝沢沙織
村上 夏海  - 笛木優子
岩倉 葉子  - 伊藤蘭
佐々木 進也 - 戸次重幸
宮部 航平  - 庄野崎謙
高杉 祐樹  - 小林且弥
北畠 昌幸  - 高橋克典



にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村



コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

『べっぴんさん』 第50回 ネタバレ 感想~明美が不憫 [気になる朝の連続テレビ小説(「べっぴんさん」ほか]

NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』 第50回 【第9週】「チャンス到来!」
百貨店がキアリスの商品に興味があると知り、浮足立つ紀夫(永山絢斗)ら夫たち。しかしすみれ(芳根京子)たちはピンとこない。そんなときキアリスを扱った新聞が出て…

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


広告




[あらすじ]
紀夫(永山絢斗)から、大急百貨店がキアリスの商品に興味を持っていることがすみれ(芳根京子)たちに知らされる。勝二(田中要次)ら夫たちは舞いあがり、店に集まって経営のあれこれに口を出す。しかしマイペースなすみれたちは断る、と言いだし夫たちをあきれさせる。ところが翌日、キアリスを取材した新聞が出る。「お母さんがお母さんのために」と書かれた記事には、独身の明美(谷村美月)の名前だけが載っていなかった。
[HPから引用]

724dab1b2cca36025358fef2aad96d00_9841.jpg


写真まで切るかね!

お母さんたちがお母さんの経験を活かし子供服を作る。
記事の本文にそれを書くのはいいけれど、フォーショットを撮ったのに、わざわざ明美ちゃんだけ切ってしまうってどんだけひどいねん。
マスコミってやつは、昔からご都合主義なんだねぇ。
ベビー相談室で客寄せしていたんだから・・・。
すみれも辛いときには明美に声をかけてもらっていたんだから、新聞社に正式な抗議をして欲しい。
代表なんだから。


大急百貨店に出店。
3人の夫としては、興奮するほど栄誉なことなんだろうけど、好きな裁縫で好きなお店で可愛い子供たちに着て欲しい服を作ることだけで満足な奥様たちには興味はないことなのね。
商売っ気がなさすぎる気もするが、男女差かねぇ。
特にお嬢様の3人にとってはね。

もともと外商さんが家に来てくれるようなおうちで育った子には興味がないのかも。
そのステータスに気づかない?
てか、どうでもいいのかなw
ただ、明美ちゃんは現実主義でしっかりもののイメージがあるのに、「どんぶり勘定」。
そこはちょっと驚き。


3人の夫たちも結構仲良くなってたのね。
ただ自分たちの嫁を見ていたらわかると思うんだけど・・・・。
百貨店に卸すほどの在庫がないことに!


朝ドラ感想はコチラ→

主題歌はコチラ

「ヒカリノアトリエ」/Mr.Children

広告













キャスト
坂東すみれ - 芳根京子(幼少期:渡邉このみ)本作の主人公。
坂東五十八 - 生瀬勝久 すみれの父。
坂東はな / 語り - 菅野美穂 すみれの母。
野上ゆり - 蓮佛美沙子(幼少期:内田彩花)すみれの姉。
井口忠一郎 - 曽我廼家文童 坂東家の執事。
佐藤喜代 - 宮田圭子 坂東家の女中頭。
野上潔 - 高良健吾(幼少期:大八木凱斗) すみれの幼馴染。
野上正蔵 - 名倉潤 潔の父。
麻田茂男 - 市村正親 神戸の靴店「あさや」の店主。
小野明美 - 谷村美月(幼少期:坪内花菜)坂東家女中・マツの娘。
小澤良子 - 百田夏菜子 すみれの女学校時代の同級生。
村田君枝 - 土村芳 すみれの女学校時代の同級生。
坂東トク子 - 中村玉緒 すみれ・ゆりの祖母(五十八の母)。
坂東長太郎 - 本田博太郎 すみれの伯父(五十八の兄)。
坂東節子 - 山村紅葉 長太郎の妻。
坂東静子 - 三倉茉奈 長太郎の息子・肇の妻。
田中紀夫 - 永山絢斗 (幼少期:玉山詩)すみれの幼馴染。
小澤勝二 - 田中要次 良子の夫。
村田昭一 - 平岡祐太 君枝の夫。
村田琴子 - いしのようこ 昭一の母。
岩佐栄輔 - 松下優也 潔の友人。
田中五郎 - 堀内正美紀 夫の父。
高西悦子 - 滝裕可里 すみれの女学校時代の同級生。
大島保     - 伊武雅刀
いつ子     - 前田美波里
足立武     - 中島広稀

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ