So-net無料ブログ作成

「ドクターX~外科医・大門未知子~」第2話 ネタバレ 感想~ゆとりですがなにか? [気になるドラマ-2017秋]

「ドクターX~外科医・大門未知子~」第2話
若手医師・伊東(野村周平)の母(中田喜子)が倒れ入院。大門未知子(米倉涼子)が執刀を名乗り出るも、蛭間(西田敏行)は世の注目を集めようと伊東を執刀医に指名し…!?
広告




[あらすじ]
 失脚の憂き目に遭っていた蛭間重勝(西田敏行)が「東帝大学病院」の院長に返り咲き、“白い巨塔”はふたたび金と欲にまみれた組織へと逆戻りし始める。だが、西山直之(永山絢斗)や伊東亮治(野村周平)ら、ゆとり世代の若手医師たちは組織のことなど我関せず…。堂々と院長回診をすっぽかすなど、我が道を貫く。

 そんな折、大門未知子(米倉涼子)は院内で、みぞおちを押さえて意識を失いかけている女性と遭遇。その女性はなんと伊東の母・不二子(中田喜子)だった! 未知子は瞬時に検査が必要だと判断するが、伊東はどういうわけか、まるで無関心。母親をその場に残し、さっさと病院を後にしてしまう。

 だが翌日、ある理由で蛭間を訪ねてきた不二子が倒れてしまう! なんと、不二子は極めて稀な進行胆のうがん肉腫を患っていた…。不二子は蛭間の“計らい”で「東帝大学病院」で手術を受けることに。だが、その術前カンファレンスで医局がどよめく事態が発生する。伊東が、あの未知子をもってしても納得する高難度の術式を提案したのだ!

 蛭間はこれぞ世の注目を集めるチャンスとばかりに、伊東を執刀医に指名。だが、不二子は手術を拒否し、相変わらずドライな伊東も母親を説得しようとはしない。それでも命を救いたいと強く願う未知子は、何とか不二子の同意を得ようとするが…!? そんな中、「東帝大学病院」の中で気味の悪い事件が起こる
[HPから引用]


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

doctorx-5.jpg


中田喜子、盗撮。

院長に金を渡そうとするし、盗撮はするし・・・。
ただの過保護なん?
もしかして探偵なのかw

で、珍しくエンケンが正論。
こんな事バレたら息子に大学病院を辞めてもらうと脅して、サクッと手術同意書にサインをしてもらった。


で、中田喜子の手術。
執刀医は息子野村周平。

出血点が見つからずあたふた。
結局、大門が執刀。

手術はもちろん成功。

一応、途中まで野村周平にやらせようとはしてたんだけどねぇ・・・。

+++++

術後、居酒屋で野村周平と飲むエンケン。

野村周平は三流私立医大に裏口入学をしていた。
1年のとき、母の日記をのぞき見して、そのことを知った。
悔しくて、1年間猛勉強して、「東帝大学病院」に入学した。

一緒に頑張ろう!

慰めるエンケン・・・優しいねぇ。
ってか、エンケンは朝ドラよりこっちよねぇ。←先週もこんなこと書いたなぁ~。



++++

世界初の術式で、母親の命を助けた野村周平とともに記者会見をする院長。
東帝大病院のスターとして野村周平を紹介する。

「今回の件で、医者はつくづくすごいなと思いました。
自分がどの程度の者かもわかりました。

だから医者を辞めます。

”私はあきらめない。
意地を貼るのと覚悟を決めるのは別だ。
私失敗しないので。”

尊敬する大門未知子先生の言葉です。
今回のオペはほとんど大門先生が執刀しました
医者を目指すなら、大門先生の領域を目指すべきです。
医者をするなら
”私失敗しないので”
と言えるべきです。
自分というものがなんなのかよーくわかりました。
これも大門先生のおかげです。」

野村周平はベーシストになったそうな!

ベーシストってつぶしきかないというからさ。
岸部一徳さんがすねたよw




野村周平も退場!?

それなら、ちょっと嬉しい~。
野村周平、苦手なんだよねぇ。
今日も滑舌が悪かったですわw

中田喜子、ただの過保護ママだったのねぇ。
山を売って、裏口入学
で、ママの日記を読んで事実を知る・・・ってさ。
日記に
「今日、息子が裏口入学しました!」
って書いてあったのかしらw
悔しくて、東京帝大に入ったのなら、山を売ったお金も無駄ではなかったと言えるのに・・・・医者を辞めるってさ。
かあちゃん、泣くに泣けんぜ?
ミュージシャンになるって、三十路の役なのに。

野村周平が医者に見えねーよ!

30歳にも見えないw
白衣に着られてている。

野村周平の母は中田喜子。
55歳の役でした・・・。
中田さん、若いけどさ。
野村周平が30歳なら、もうちょっと上でもよかった気がするわw


ゆとり医師たちは、これからゲスト扱いされてどんどん減っていくのかしら?
若手全員生意気だったしねぇ。


若いって・・・いいですね。
やっぱりエンケン海老名先生、いいわ。

草刈正雄は気になるけど、「相棒」みたいにややこしくしないで欲しいわ。
あくまでもゆる~く、最期にはギャフンと言わせて欲しいもんです。
草刈正雄が末期ガンかなんかで・・・大門が手術して助けて、終わり!ってくらいがちょうどいいんじゃないかと思いますw


広告



主題歌はコチラ

『Force Orchestra Ver.-』『ユニゾン』/ Superfly


感想はコチラ
「ドクターX~外科医・大門未知子~」第1話 ネタバレ 感想~大地真央は初回で退場?
「ドクターX~外科医・大門未知子~」第3話 ネタバレ 感想~大門も特命係も潰す気などないくせに。
「ドクターX~外科医・大門未知子~」第4話 ネタバレ 感想~仲里依紗の正しい使い方
「ドクターX~外科医・大門未知子~」第5話 ネタバレ 感想~レアな豚肉はダメ!絶対!
「ドクターX~外科医・大門未知子~」第6話 ネタバレ 感想~麻酔もできる大門さん
「ドクターX~外科医・大門未知子~」第7話 ネタバレ 感想~「マッサン」ではないの「きんちゃん」なの。
「ドクターX~外科医・大門未知子~」第8話 ネタバレ 感想~こぶ平は役作りで痩せましたw
「ドクターX~外科医・大門未知子~」第9話 ネタバレ 感想~国民的美少女だからって棒読みすぎるぜ。
「ドクターX~外科医・大門未知子~」最終回 ネタバレ 感想~映画化になりそうな予感。
シリーズ




キャスト
大門 未知子(だいもん・みちこ)(41)………米倉 涼子
大学病院の医局に属さず、怪しい医師紹介所「神原名医紹介所」に所属しながら、様々な病院を渡り歩いているフリーランスの外科医。勤務時間は絶対厳守。医師免許不要の雑用は一切引き受けず、院内にありがちな権力闘争にも無関心。報酬は桁違いに高いが、外科医としての腕は超一流。自身も自分の腕に絶対の自信を持っている。誰に対しても物怖じせず、言いたいことを口にするため、医局の面々とは折り合いが悪い。趣味・特技が手術だが、手術以外のことにはもっぱら弱い。病院勤務のみならず「船医」「軍医」まで経験したという噂もあり、意外なところに人脈を持っている。

西山 直之(にしやま・なおゆき)(29)………永山 絢斗
「東帝大学病院」の新米医師。いわゆる“ゆとり世代”の医師。シングルマザーに育てられ、苦労して医者になった。先輩医師たちの「御意」体質に対しては、ドライな態度を貫く。医者として…というよりは、患者とのコミュニケーションや先輩医師らとの関係で躓きを感じており、いつもテンションが低め。大門未知子のような摩擦の多い生き方は御免だと思いつつも、その職人技に内心憧れる部分もある。

城之内 博美(じょうのうち・ひろみ)(38)………内田 有紀
フリーランスの麻酔科医。シングルマザー。「帝都医科大学付属第三病院」に勤務していた頃に大門未知子と出会ったことで、フリーに転身した。現在は「神原名医紹介所」に所属。未知子とは軽口をたたき合いつつ、公私ともに信頼関係を築いている。第4シリーズで完全切除が不可能な局所進行膵がんを患い、一度は死を覚悟したが、未知子により命を救われた。

海老名 敬(えびな・たかし)(54)………遠藤 憲一
「東帝大学病院」の外科副部長。蛭間をはじめ権力者たちにひたすら尽くす、卓越した「御意」力を持つ。本当は未知子が執刀した手術で“名ばかりの執刀医”となったり、ありえない論文を書けば未知子が実現してしまったり…と、未知子のおかげで評価を受けてきた。出世欲が原動力のすべてのようだが、実は「一人でも多くの患者を救いたい」という青年のような志も忘れていない。真摯に病気と向き合う未知子に土壇場で共感してしまい、策略を台無しにすることが多々ある、憎めない存在。

原 守(はら・まもる)(43)………鈴木 浩介
「東帝大学病院」の外科医。「帝都医科大学付属第三病院」時代、未知子の手術に協力したせいで地方の分院へ転勤。ロシアで一時働いた後、「国立高度医療センター」、「同・金沢分院」などに勤務。前副院長・久保東子の指名で「東帝大学病院」に呼び戻された。上の人間に頭が上がらない半面、患者の心に寄り添う医療を目指す温かい男でもある。ゆとり世代の医師たちの教育係を命じられ、日々ストレスを溜めていく。

森本 光(もりもと・ひかる)(35)………田中 圭
女性院長の計らいにより、「東帝大学病院」で働くことになった外科医。新米医師だった「帝都医科大学付属第三病院」時代に、未知子と出会う。本来は地方の総合病院院長の息子として、エリートコースを歩むはずだったが、未知子に憧れ、外科修業をすべく海外へ留学。だが、帰国後は地方に飛ばされ、最低限の医療を提供するのもままならない地方医療の現状を目の当たりにしてきた。そのため、医師としてバリバリ活躍できる年齢にもかかわらず、どこか鬱屈としたものを抱えている。

伊東 亮治(いとう・りょうじ)(30)………野村 周平
「東帝大学病院」に勤務する、いわゆる“ゆとり世代”の医師。私立の三流医大に入学するも、ある事情から1年で退学。猛勉強して「東帝大学医学部」に入学した。いつも研究書を読み漁り、外科の知識も豊富。決して実践力が伴っているわけではないが、オペの腕も若手医師の中では高い。それゆえに、ほかの若手医師を見下し、先輩医師にも尊大な態度を取る傲慢さも! 自分は大門未知子と同レベルの医師だと考えている節があり、未知子にも「気が合いそうだ」と言って歩み寄るが…!?

有馬 亘(ありま・わたる)(31)………中林 大樹
「東帝大学病院」の新米医師。2年浪人しているため、年齢は上だが“ゆとり世代”の医師・西山直之らとは同期。親が開業医で、金持ちのお坊ちゃん。関西弁を話す。

黒川 慎司(くろかわ・しんじ)(29)………上杉 柊平
「東帝大学病院」の新米医師。西山直之らと同じく、いわゆる“ゆとり世代”の医師。ステータスを求め、花形である医学部を目指した。

志村 まどか(しむら・まどか)………大地 真央
「東帝大学病院」初の女性院長。「東帝大」医学部を首席で卒業後、ボストン・ハーバード医科大学に外科医として10年間留学。オペの腕は一流で、コネにも人脈にも頼らず、実力一本で現在の地位まで上り詰めた。その完璧な清廉性ゆえに、周囲からは“マダム・クリーン”と呼ばれている。院長就任後はクリーンな医療改革を推し進め、悪しき権力態勢を一掃。実力のある医者なら肩書は関係ないと明言し、大門未知子を「東帝大学病院」で雇うが…!?

猪又 孝(いのまた・たかし)(54)………陣内 孝則
「東帝大学病院」の外科副部長。声が大きく、態度も大きい。「医者至上主義」が染み付いた男。全員が「東帝大学医学部」卒という一族に生まれたため、メンツやプライドを人一倍気にする。3人の副部長の中ではもっとも狡猾。必要があれば媚を売ることも辞さないが、基本的には大の男尊女卑。看護師が大好きで、女医が大嫌い。フリーランスで女医の大門未知子を目の敵にする。

神原 晶(かんばら・あきら)(70)………岸部 一徳
「神原名医紹介所」の所長。未知子が「師匠」と慕う存在。元外科医だが、過去に医師免許をはく奪されているなど、謎の多い男。大学病院の内情にも詳しく、営業に余念がない。趣味は麻雀。第3シリーズでは手術適応外の重病に冒されたが、未知子のオペによって命を救われた。

鳥井 高(とりい・たかし)(53)………段田 安則
「東帝大学病院」の外科副部長。論文と研究を愛するが、口ばかりで手術はド下手。「帝都医科大学付属第三病院」時代は次期院長の座を狙う野心家だった。だが、ラスカー賞受賞で研究者としては一度ピークを経験したためか、毒気はすっかり消失。現在は“職業人生における余生”であると考え、出世やポスト争いにも関心がない。だが、海老名らの強烈な上昇志向に触れると同時に、未知子との再会で自尊心を大いに傷つけられることに…。一度は戦線離脱した「御意」合戦に再び参戦する。

内神田 景信(うちかんだ・かげのぶ)(70)………草刈 正雄
日本医療界のトップに君臨する「日本医師倶楽部」会長。「東帝大学病院」の医局を昔のような「権力一極集中」の医局に戻したい、と考える“怪人物”。「日本の医療制度を守るため」と公言してはばからないが、本心がどこにあるのか誰にも明かさない“不気味な存在”として周囲を圧倒する。あの蛭間重勝ですら、内神田には怖れを抱いている。

蛭間 重勝(ひるま・しげかつ)(66)………西田 敏行
「東帝大学病院・知床分院」の院長。表向きは温和だが、逆らう者はバッサリと切り捨てる冷血漢。大門未知子に対して、積年の恨みを抱いている。医療界のトップに君臨するのが夢。第4シリーズのラストで、優秀な医師たちを中国の病院に大量に引き抜かれた責任を問われ、「東帝大学病院」病院長の座から転落した。知床分院に左遷されたことで、一度は隠居を決意。しかし、筋金入りの権力欲は捨て切れず、またしても謀を巡らせ…!?


ゲスト
伊東 不二子………中田 喜子

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

2016年の感想はコチラ
「ドクターX~外科医・大門未知子~」 第1話 ネタバレ 感想~ピン子の首振りが止まらない。
「ドクターX~外科医・大門未知子~」第2話 ネタバレ 感想~今日は失敗したので。
「ドクターX~外科医・大門未知子~」第3話 ネタバレ感想~ただの医療ミスじゃ終わらせない。
「ドクターX~外科医・大門未知子~」第4話 ネタバレ 感想~脳腫瘍で肥満。原ちゃん復帰。 
「ドクターX~外科医・大門未知子~」第5話 ネタバレ 感想~本能寺の変勃発!秀吉は誰だ!? 
「ドクターX~外科医・大門未知子~」 第6話 ネタバレ 感想~「お前失敗しないので!」と言いながら退場するエンケン(淋)
「ドクターX~外科医・大門未知子~」第7話 ネタバレ 感想~もしもピアノが聴こえたなら
「ドクターX~外科医・大門未知子~」 第8話 ネタバレ 感想~おいメガネ!ウィルスばらまくなよ
「ドクターX~外科医・大門未知子~」 第9話 ネタバレ 感想~Shall we ダンスバトル?
「ドクターX~外科医・大門未知子~」 第10話 ネタバレ 感想~PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)手術!?
「ドクターX~外科医・大門未知子~」 最終話 ネタバレ感想~西田”蛭間”敏行、卒業!?

広告







コメント(4) 
共通テーマ:テレビ

コメント 4

naraku

岸部一徳さんの回でしたね。
いつものメロン、軽やかなスキップに加えて
エスカレータで大騒ぎ。好きだなー

ベーシストはつぶしがきかない、、、

岸部一徳さんの怒った顔も可愛らしい。
若い方にはわかりにくいシーンだったのかもしれませんが。
by naraku (2017-10-20 10:51) 

tarotaro

narakuさん、書き込みありがとうございます。

岸部一徳さんがいると楽しいですねぇ。
もっとシーンが増えたらいいのに!って思います。
草刈正雄が大門をつぶしにかかりそうですけど・・・岸部さんも戦ってほしいですね!
カッコ良いところを見たいw

ワタシは「色つきの女でいてくれよ~♪」くらいしか知らないのですが、なぜかベーシストなことは知っていました。
「色つきの女」はベースを弾いてなかった気がするんですが、何で見たんだろう?

by tarotaro (2017-10-20 22:33) 

いけない子供

お決まりの請求書シーンなのに、今クールはしっくりこないの。
なんなんだろう?まだ2回目だから?
うまく言えないんだけど、基本の骨組みのようなものがガッシリ組まれてない感じで。
上っ面で人の出入りが速くて激しすぎるからそう感じるのか?
なーんか落ち着かないのよね。
シリーズの安定感を欲します。
お決まりのパターンはマンネリ上等!で待ってるのにあんまりいじくりまわした変化つけないで欲しいっす。

ジュリーよりトッポ、サリーよりタローでした。って言ってもわからんか(笑)
でもみんなやっぱり若い頃が綺麗で(特にジュリーはね)いい思い出だけど、
一徳さんだけは "今" が断然良いです。個人的感想ですが。


by いけない子供 (2017-10-21 19:40) 

tarotaro

いけない子供さん、書き込みありがとうございます。

登場人物が増えましたよねぇ。
一人ずつ減って言ってくれるなら、おさまるとこに収まるのかもしれないですが。
岸部一徳さんはとくに変わってはいないとは思うのですが、なんとな~くメロンのシーンがおざなりのような気がします。
ワタシも、ベタな大門が見たいです。
「相棒」もですが、組織と戦うとか別に興味がないんですよねぇ。
「はぐれ刑事」みたいに同じことを同じようにやってくれればいいんですけど、当たると製作費も増えるのか、余計なことばかりしているようなkギアします。

ジュリーと岸部兄弟しかわからないw
でもワタシも岸部一徳は昔より、今のほうが好きかも。
昔はシローのお兄さんとしか思っていなかったw
まさか、シローがあんなことになると思っていなかったんですが・・・・。
ジュリーはテレビに出なくなってああなったんでしょうか・・・。
うちの母はショーケンよりジュリー!だったのですが、数年前の藤山直美とのお芝居も見に行きませんでした。
観劇が好きで、直美も好きなのに。
今のジュリーを見るのが苦しいらしい(爆)
by tarotaro (2017-10-22 17:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ハンドルネームがないコメントは受け付けません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。