So-net無料ブログ作成

「コウノドリ」 第5話 ネタバレ 感想~山口まゆちゃんの熱演に号泣 [気になるドラマ-2015秋]

金曜ドラマ「コウノドリ」 第5話 「14歳の母この子のため少女の決心」
赤ちゃんは「CGアニメ」…少女が母になるとき
綾野剛が産科医と天才ピアニストに!赤ちゃんエコーに「CGアニメみたい」14歳の妊娠 少女が母になるとき「親になることの喜び 怖さ 意味」とは…
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
広告



[あらすじ]
産科と新生児科をまとめる周産期母子医療センターのセンター長を務める今橋貴之(大森南朋)のもとへ、“NPO法人ツグミの会”の代表者が訪れた。
ツグミの会は、親の養育が受けられない子供と、子供が欲しくても授からない夫婦をつなぐ、特別養子縁組をサポートする会。中絶や虐待、産み捨てから、より多くの赤ちゃんを守るため、ペルソナ総合医療センターの協力を得たいという。
そんな折、院長・大澤政信(浅野和之)の紹介で、中学2年生の少女・吉沢玲奈(山口まゆ)が、母親の昌美(中島ひろ子)に連れられて鴻鳥サクラ(綾野剛)の診察を受けにきた。

玲奈は妊娠8ヶ月。すでに堕胎できない状況の玲奈にサクラは、若い年齢での出産について丁寧に説明しようとするが、本人はまるで他人事。自分が母親になるという覚悟もなければ、新しい命が宿っている自覚すらない様子。 お腹の子の父親・元倉亮(望月歩)も同級生で、当事者二人がまだ中学生のため、今後のことを両家の親が話し合ったというが、亮の父親の一方的な発言で話は平行線。赤ちゃんを誰が育てるのか決まらないままだ。 一方、サクラは懐かしい人と偶然の再会を果たす。蘇った幼い頃の記憶の中には大切な人たちとの優しい時間があった。
──日に日に大きくなっていく玲奈のお腹。幼い2人の赤ちゃんは、どんな運命をたどるのか…。
[HPから引用]
原作はコチラ

▲コウノドリ (1~9巻 最新巻) /鈴ノ木ユウ


m_00000925001.jpg

ワタシはローティーンが妊娠してしまうっていうテーマ、好きではないです。
ただ、出産がテーマのストーリーだと、こういうテーマが取り上げられるのは理解します。
美談にするのはやめて欲しい。
やっぱり中学生が妊娠したらダメでしょう。

なぜ母親が娘の妊娠に8ヶ月も気付かないのか?
母子家庭で生活が苦しいなら、同じお手洗い使ってたんなら、娘に半年以上月経が来ないなんて気づくと思うんだけど・・・。
この中学生だって、お腹の出方がおかしいとか思わないのか?
制服だってきついだろうに。

妊娠してもこんなに動揺しない子いる?
エコー映像見せられて「CGアニメみたい!!」って反応。

子供やん!!
身体は妊娠可能でも、精神が幼すぎる。
ぞっとする。


子供は親を選んで生まれてくるなんて言う人もいるけれど、あんなのウソだよな。
でも子供は親を選べないってのも切ないよね。
前者は子供に生涯があるとき、後者は親が毒親のときに使われることが多いよね。
なんかさ・・・気休めっていうか、どちらも誰かを否定しているようでツライわ。


++++

30分経ったところで、やっと赤ちゃんの父親が登場。

しかし螢雪次朗さんが中学生の父親ってのはないよね?
祖父なん??
でも県会議員とか言ってたしなぁ。
父親の設定なんかなぁ。

で、かなりの無責任。
わかってたけど。
父親は自分の孫が生まれるというのに、こんなに無責任でいいのか・・・。
で、男の子も親に押さえつけられているんだろうけど、無責任。
やっぱり・・・一言しかない。
避妊しろや!!
男も女もバカだけど、心身ともに傷つき、を苦しむのは女だよねぇ。


やっと現実を受け入れた中学生ママ。
結局赤ちゃんは養子に出すことになる。
そうだよね。
育てられないよね・・・。

出産を経て、子供を手放したくなくなる中学生ママ。
中学生ママの陣痛シーンが上手すぎる!
出産シーンは泣けてしまうなぁ。


中学生パパは病院に駆けつけた。
「何もできないんですね」
と言う僕ちゃん。
当たり前じゃ!!
「中学生ママにも赤ちゃんにも君は何もできない。
 だからこれから考えていかなくちゃね。」
ちゃんと言ってくれる先生がいて良かったね。


生まれてすぐ赤ちゃんは養子縁組をする夫婦のもとに連れて行かれる。
こんなにすぐに連れて行かれるのか・・・。

おっぱい、はるだろうな。
それにきっとどこからか妊娠出産のことはバレて、学校にもいられなくなるかもしれない。
ツライのはこれからだわ。





ドラマのケースは周囲の人たちの連携と好意と努力があって、赤ちゃんが一番幸せになれそうな道に進みそう。
でもさ、やっぱり現実はこうは行かない。
部活に打ち込んでいる普通の女の子が妊娠出産しちゃうんだもんなぁ。
実際、ドラマになるのは、ギャルな子より、こういう普通の女の子が多いね。
金八の杉田かおるも優等生だった(杉田かおるの役ね)。
観ていなかったけど、志田未来ちゃんのも多分普通の女の子よね。←未見です。



中学生ママ役の山口まゆちゃんって、「アイムホーム」で水野美紀の娘役の子よね?
あの時はなんとも思わなかったけれど、こんなに上手にお芝居するのね~。
子供からだんだんお母さんになっていったなぁ。
出産後、赤ちゃんと引き離されてしまうシーンは、今思い出しても泣ける。

山口まゆちゃん、2000年生まれなのね。
こんな子が妊娠出産か・・・。
ついこの間やんか、2000年(苦笑)

子供を産む幸せも中絶する不安も全部女が引き受けるのね。
妊娠を知って逃げる男なんか、パ○プカットしかないな。


子供が子供を生んではいけない。
年齢だけのことを言ってる訳ではなくて、20代でも子供なら産むな。


ワタシは、特別養子縁組のことは知らないけれど、

養子は子供が欲しい親のための制度ではなく、子供の福祉のためのものだ。

というセリフに激しく同意。
本当にそうあって欲しいと思う。
そして不幸な赤ちゃんが生まれてしまった場合(レイプとか望まれない場合もあるよね・・・)、養子縁組制度が広がればいいな。

+++++

綾野剛の母親は妊娠中に乳がんになり、出産のあと死亡。
乳児院で3年間浅茅陽子の世話になり、その後綾戸智恵の養護施設で育てられる。
こんな生い立ちで、医者でピアニストなんてコどんだけ優秀なんだ。。
ボクがどれほど愛されて育ったか。
綾野剛も良い先生に恵まれて、幸せだったんだから、今日生まれた赤ちゃんもきっと幸せになると思う。
とても良い夫婦に引き取られたな。
このドラマにあ極悪人は出てこない。

浅野和之院長も筋が通って、良い人みたい。
綾野剛の母親の主治医だったらしいし。

めっちゃ泣いたけれど、こんなケースの出産はないほうがいい。
そして避妊でなくせるのであれば、避妊しろ!
男だけ快楽を得られるなんて、許されないことだからな!!

広告



主題歌はコチラ

▲miwa/あなたがここにいて抱きしめることができるなら
第1話の感想はコチラ
「コウノドリ」 第1話 ネタバレ 感想~綾野剛はDr.コトーのような話し方で、スピードワゴンのオザワのようなビジュアルだった。
第2話の感想はコチラ
「コウノドリ」 第2話 ネタバレ 感想~小栗旬のイクメン姿に萌え!!!
第3話の感想はコチラ
「コウノドリ」 第3話 ネタバレ 感想~風疹予防のPRと禁煙のPRドラマだった。 
第4話の感想はコチラ
「コウノドリ」 第4話 ネタバレ 感想~赤ちゃんが両親の指を握る生命力を信じたい
第7話の感想はコチラ
「コウノドリ」 第7話 ネタバレ 感想~痛みを感じないと母親になれないなんて迷信です。
第8話の感想はコチラ
「コウノドリ」 第8話 ネタバレ 感想~産声のないお産
第9話の感想はコチラ
「コウノドリ」 第9話 ネタバレ 感想~それぞれの父親の在り方 
最終話の感想はコチラ
「コウノドリ」 最終話 ネタバレ 感想~赤ちゃんは可愛い。可愛いという気持ちだけで育てられるはず。
キャスト
鴻鳥サクラ … 綾野 剛
下屋加江 … 松岡茉優
小松留美子 … 吉田 羊
白川 領 … 坂口健太郎
角田真弓 … 清野菜名
加瀬 宏 … 平山祐介
船越拓也 … 豊本明長/東京03
大澤政信 … 浅野和之
小野田景子 … 綾戸智恵
向井祥子 … 江口のりこ
新井恵美 … 山口紗弥加
四宮春樹 … 星野 源
今橋貴之 … 大森南朋

~ 第5話ゲスト ~
吉沢玲奈 … 山口まゆ
元倉 亮 … 望月 歩
吉沢昌美 … 中島ひろ子
元倉和雄 … 螢 雪次朗
笠原節子 … 烏丸せつこ
加賀美 美智子… 浅茅陽子

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ハンドルネームがないコメントは受け付けません。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。