So-net無料ブログ作成

「ウロボロス~この愛こそ、正義。」第10話 涙の最終回 ネタバレ 感想~二匹の龍は離れられない!! [気になるドラマ-2015冬]

金曜ドラマ「ウロボロス~この愛こそ、正義。」第10話 涙の最終回
今夜、遂に衝撃の最終回!!涙なしには見られない、20年をかけたイクオと竜哉の仇討ちの行方は?
二匹の龍の選ぶ道は…!?!副音声の裏話付き! 

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


広告





[あらすじ]
いよいよ最終回! 20年をかけたイクオと竜哉の仇討ちの行方は?
[HPから引用]

あらすじがこれだけってどういうこと?

水曜日のドラマの最終回が2本とも、ガックリきたので、「ウロボロス」には期待していている。
今更ながら、「相棒」の禁じ手のような最終回には、ガックリきたまんま。
関係者全員、炎上することはわかっていただろうになぁ。

「○○妻」も・・・。

脚本家のアイデアが褐色しているんだろうか。


原作コチラ

神崎裕也「ウロボロス 警察ヲ裁クハ我ニアリ」

++++++

公式HPのあらすじ情報のなさよ(苦笑)

前回のウラボロスでは、「これ昨日とったばかり」なんてシーンが結構あったから、撮って出しみたい。

脚本が遅かったのかしらねぇ。

今週、最終回のドラマは全部消化不良で楽しめなかったので、ウロボロスには期待しております。

奇を衒わなくて良い。

納得できる内容であれば良いのだ。

で今回の副音声は。

散々悩みましたが、最終話もウラバラスやることにしました!
ゲストのリクエストをたくさん頂きましたが、初心に戻って三人のウラバラスになります。
また、物語の展開を鑑み、OAの副音声は途中までにする予定です。
最後までのスペシャル版は、DVDの特典にするつもり…です。


と公式tweetされていたので、途中まで副音声付き。

それ以降はDVD特典って商魂たくましいわ(爆)

この”副音声”DVD特典として流行るんじゃないかと思う。
気軽に副音声に応じてくれる主役の演者もいると思うが、そうではない場合も、ムロツヨシのような脇がいれば、どんなドラマでも副音声ができそう・・・。

+++++

生田斗真は、中村橋之助総監が自分の父親だと知り、ショックを受ける。

放心状態の生田斗真の前に、上野樹里が現れて抱きしめる。

生田斗真はたっちゃんのかわりに、頼れる人が、より書かれる人がいるんだよなぁ。
上野樹里は、生田斗真を守ると言う。

____今日の生田斗真は子犬のようだったなぁ。


++++

中村橋之助総監は子供の頃、家族を殺された。
総監だけ学校の宿泊行事に出かけていて、殺されずにすんだ。

犯人には、妻と娘がいた。
その娘が、生田斗真の母。
自分の家族を殺された犯人の娘と総監は恋に落ちたのだ。

++++

20年前の責任をとり、総監は辞表を提出する。

___辞表じゃなくて懲戒解雇になるべきだろう。

警視総監が20年さかのぼって、つい最近まで殺人教唆していたなんて、前代未聞じゃ!!


+++

護衛のつかない総監の家に、滝藤刑事が現れる。
小栗旬から守ると言う。

しかし、すでに総監宅には小栗旬が妻子を人質に取っていた。


f470999365094c1ca487d935e933e57c.jpg

そこへ生田斗真がやって来る。

総監と滝藤刑事に銃口を向ける生田斗真。

驚く小栗旬。

生田斗真は小栗旬と一緒に結子先生の復讐をすることに決めたのだ。

滝藤刑事を気絶させ、総監に20年前の話を聴く二人。

イクオ〜破滅の道まっしぐらだな。

しかし二匹の龍だもんなぁ。


++++++

7人の子供が臓器売買の犠牲になった”まほろば”

あの雨の夜。

”まほろば”を撤収しようとしていた。

子供たちを別の場所にうつし、広末も公安の仕事にもどそうとしていた。

しかし広末は総監に銃を向けた。

物陰で立ち聞きをしていたチビ生田斗真を殺すように命じたのは、総監だった。

自分の息子に銃を向けさせた

結子に殺されても構わないってことか。

しかし結子先生は振り返り、総監に銃を向けた!瞬間、総監に撃ち殺される結子先生。

こんなトラウマになるようなことを、自分の息子にさせるなんて!!!

++++

20年前の精算をするために、”まほろば”に関わった人間たちを消していった。

まずはじめに、自分を襲撃させて・・・。

総監の話を聞いているとわざと「悪人」を演じているのかと思ったら・・・・本当にただの悪人だった。

犠牲者が多すぎる


なぜか、総監の家には拳銃があった。

縛られていた”ボンボン息子”が縄を解き、銃持ち出す。

なんで?滝藤さんでも解けないのに!!素人のくせに。


自分の父親を殺そうとする生田斗真。

殺されようとする父親。

ここもひどくない?

自分の息子を犯罪者にするわけ?

親殺しの・・・・殺人者にするわけ???

自分の家族がかわいそうだから?

イクオはどうなるんだよ!!

てめぇで、ケリつけろよ!おっさん!!


そこにやってくるボンボン息子。


イクオは捨てられたのに、母親のように思っている人に、銃口を向けられたのに!

このボンボンはぬくぬくと生きてきたくせに!!

素人が拳銃もつな!!

とめようと思った、たっちゃん・・・・。

撃たれる

たっちゃん殺すな!

ボンボンを撃つ生田斗真。

しかし、ボンボンを庇う総監!!

我が子のの命に、上下をつけんのか!!!


「お父さんを許してください」

人殺しのボンボン息子。

許せるわけないだろが!!
人でなしだぞ、お前の父ちゃん!!!
何人の人を犠牲にしたと思ってんだ。
幼い7人の子供の命を奪い、関わった人間の命を奪う。
なぜ、のうのうと20年間も生きてきたのだ。
自分だけ、総監の地位に上り詰めて。

たっちゃんが許しても、世間がゆるさねーわ!!

たっちゃんは優しい。

最後の最後で、暴走しようとしたイクオを止めた。

「おまえの弟だろ」

そう、ボンボン息子はイクオの腹違いの弟なんだよなぁ。

+++++

上野樹里とディープタウン深町がやって来る。

たっちゃんを連れ出すイクオ。

まほろばに帰る気だ。

止める上野樹里を止める深町w

「日比野さんに会えてよかった」

切ない・・・。


今まで驚異的に回復してきたたっちゃんなのに、ここで死なないで!!!


”まほろば”じゃなくて闇医者のところ連れてってあげてよ~!!

今日のたっちゃん不死身じゃなさそうなんだよぅ!!!


回想シーンで、結子先生のビデオを観ているたっちゃん。

結子先生に

「たっちゃんが一番優しい」

と言われて、泣くたっちゃん。

小栗の泣き演技すごすぎる!


+++++


”まほろば”に着く前に息絶えるたっちゃん。

そしてイクオも、自分のこめかみに銃をあてる。

イクオ、絶命


結子先生と大人のイクオとたっちゃんがオムライスを食べている。


翌朝、遺体が発見されたようだ。

号泣する上野樹里、中年トリオ・・・。

(コレ打ちながら泣いている中年tarotaro・・・・恥)


みんな演技うまいから泣けるじゃないか!!


総監は救急車で運ばれて、腹立つ!

そして「警察OB」逮捕!ってニュース。

いつものカフェでオムライスを食べる中年トリオ。

深町、1人でオムライス食べてる。悲しい。

息子が殺人で逮捕されたかは、不明。

まほろばに佇む上野樹里・・・辛い。


++++

ウロボロスってのは、死なないと輪っかが外れないだろうなぁ。
ウロボロスだから二人は運命共同体。
もうイクオが竜哉を選んだ時点でこうなるしかなかった。
結子と一緒にいた少年のままの二人だったのね。

二人に絆は強かったな~~。

「○○妻」は死んで”イライラ”したけれど、こちらは泣けた。

この差はなんだろうなぁ。

まず、イクオとたっちゃんは、殺しもやってるからな・・。
あ、それは柴咲コウも一緒か・・・。

最初から破滅に向かっていた二人だから。

あの二人が今までしてきたことを考えたらこの結果しかないのか。

”仕方ない”って思えるのは。

今までたくさん苦しんで来たからハッピーエンドがよかったという気持ちもある。

だがしかし・・・ハッピーエンドなら薄っぺらかったかもしれないなぁ。

救いがなさすぎるけどさ。

感動というより、悲しくて涙が出てきてしまった。

主役二人が死んだことで、続編も映画化もないのがスッキリしました。

漫画の連載は続いているようですが、ドラマに引っ張られずに、漫画家さんの思うように描いてほしい。
って私がそんなこと言わなくても、そうされると思いますが。




週によっても浮き沈みないドラマでした。

なんで視聴率悪かったんでしょうね。

面白かったし、役者も上手いし、いつもハラハラしながら観ていました。


ただ、広末涼子は・・・何やっても広末なんだなと認識してしまった(苦笑)
上手いとか下手とかは保留し続けようw

そして、イクオとたっちゃんの子役くんたち。
mpTetWrmVZXSMni_ypsrb_29.jpg

可愛かったですねぇ。
とくに、たっちゃん役の子は、小栗旬によく似ている。
これから、小栗旬が演じる役で、子役や子供役が必要な場合、彼以外は考えられないw



+++++


で、北川総監の玄関は「ごめんね青春」の村井くんの家と同じだったな?
北川総監の家の門は2サスでもよく見るわ~。


来シーズンのドラマは、山ピー。

「アルジャーノン」やるんや~~。

へぇ。




広告




第1話の感想はコチラ
金曜ドラマ「ウロボロス~この愛こそ、正義。」 第1話 ネタバレ 感想 ~ 嶋田久作のセリフが聞き取りにくかった(苦笑)
第2話の感想はコチラ
金曜ドラマ「ウロボロス~この愛こそ、正義。」第2話ネタバレ感想~整形前も整形後もブサイクな尾上松也
第3話の感想はコチラ
「ウロボロス~この愛こそ、正義。」 第3話 ~W吉田がカッコ良い!急展開の第三話!! 
第4話の感想はコチラ
「ウロボロス~この愛こそ、正義。」 第4話 ネタバレ 感想~来週の副音声が聞き逃せない。
第5話の感想はコチラ
「ウロボロス~この愛こそ、正義。」第5話 ネタバレ 感想~全員敵に見える!
第6話の感想はコチラ
「ウロボロス~この愛こそ、正義。」 第6話 ネタバレ感想~相変わらず自分のシーンは黙って見ようとする旬三郎
第7話の感想コチラ
「ウロボロス~この愛こそ、正義。」 第7話 ネタバレ 感想~綾野剛は本当に幼馴染??
第9話の感想はコチラ
ウロボロス~この愛こそ、正義。」第9話 ネタバレ 感想~イクオの父親に愕然とした件

キャスト
龍崎 イクオ - 生田斗真
段野 竜哉  - 小栗旬
日比野 美月 - 上野樹里
橘 都美子  - 吉田羊
深町 武   - ムロツヨシ
田村 小夏  - 清野菜名
我孫子 桐乃 - 武田久美子
日比野 圀彦 - 光石研
蝶野 真一  - 滝藤賢一
三島 薫   - 吉田鋼太郎
北川 貴一郎 - 中村橋之助
柏葉 結子  - 広末涼子


にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村




コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

コメント 2

イーダ

終わってしまいましたねー(号泣。

やっぱオグリンうまいなぁ。
瀕死の状態でしゃべる演技ってつっこみたくなることが多いんですが、たっちゃんのあの動き、あの絶え絶え声は本物(違
イクオなんか長官に「愛してない」なんて言われちゃって弟まで出てきちゃって、たっちゃんが止めたって撃ってしまえば良かったのに。
結果、まほろばで結子先生に会えたんですが、その結子先生だって、2人が命がけで犯人を見つけだし仕返しをするほど魅力的には見えなかった、おばちゃんには、最後まで。
もっと甘えた声を出さずに母性と女を表現できる役者っていると思うんだけどな。

映画化の噂も聞いたような気がしましたが、それも無さそうですね。
嗚咽を伴う号泣ですっかり疲れてしまったのでこのまま終わって欲しいです。

デート見てますよ♪
#1のアヒル口にやられましたw
by イーダ (2015-03-23 14:39) 

tarotaro

イーダさん、こんばんは!!
書き込みありがとうございます!!

小栗旬、本当に上手でしたねぇ。
あの最期は本当に。
泣きながら結子先生のビデオを見るシーンもキューンでした。
そしてイクオは最後までかわいそうでした。
弟はのうのうと生きて、父は表玄関から救急車で運ばれて。
息子を結子に殺させようとしたり、息子に撃たれようとしたり、毒親もいいとこですよね。
そいつが警察のトップなんて。
それでもイクオとたっちゃんがくっついて(?)良かった。
でも泣いた!

そうなんですよ。
広末はどこまで行っても広末。
そして妊娠しているからか、顔がパンパンでむくんでいて、公安にも見えないし・・・。
良くも悪くも変わらない女優だなこの人。

単純に面白かったですこのドラマ。
主役が亡くなって「面白かった」って言うのもなんですけど。
泣きましたが楽しんで見られました!
「ウロボロスロス」ですw

私も杏ちゃんのアヒル口、どストライクです(笑)
by tarotaro (2015-03-24 00:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ハンドルネームがないコメントは受け付けません。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました