So-net無料ブログ作成

月曜ゴールデン [新・法廷荒らし 猪狩文助 ~終の棲家~] ネタバレ感想~米倉斉加年さんの演技がキラリ☆ [気になる2時間ドラマ/SPドラマ]

月曜ゴールデン [新・法廷荒らし 猪狩文助 ~終の棲家~]
あの弁護士・猪狩文助が帰って来た!“法廷荒らし”と呼ばれるその老獪な弁術で、老人ホーム経営者一族に隠された、愛と憎しみを暴きだす!二転三転する裁判の行方は?.
老人ホーム経営者・香原周一郎が自宅で焼死した。逮捕されたのは、ホームの嘱託医・笹山克典。そして、猪狩に克典の弁護を依頼したのは、周一郎の妻・真紀枝とその娘・真咲だった。猪狩に師事する若手弁護士・夏目理恵子は、以前より克典にほのかな恋心を抱いており、猪狩と共に弁護する事を決意。法廷に挑むが、猪狩の巧みな弁舌により、克典を巡る愛憎が暴かれて行く。ショックを受ける理恵子だが、更なる犠牲者が出現し…。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村



広告





[あらすじ]
猪狩文助(柄本明)は、一見するとうだつの上がらない偏屈な老人だが、実は“法廷荒らし”の異名をとる凄腕弁護士だ。
ある日、猪狩と新人弁護士の夏目理恵子(舞羽美海)は、医師・笹山克典(金子昇)の弁護を引き受けることになった。笹山が嘱託医を務める老人ホームの理事長・香原周一郎(大河内浩)が、ガソリンの混入された石油ストーブを使用した末に焼死。その現場に居合わせた笹山に殺人の容疑がかけられたのだ。笹山は当初犯行を自白したが、その後容疑を否認した。
殺された周一郎と妻の真紀枝(中島ひろ子)は夫婦関係がうまくいっておらず、周一郎は真紀枝や血のつながっていない娘の真咲(柴田杏花)に度々暴力を振るっていた。担当検事の池波遼子(草刈民代)は、真咲の家庭教師も務めていた笹山がそのことに同情し、犯行に及んだと主張する。
池波は同ホームの事務長である野口正治(越村友一)を証人として召喚。野口は笹山の犯行を裏付ける証言をするが、猪狩は“廷荒らし”という名にふさわしく、徐々に裁判での主導権を握っていく。
[HPから引用]

原作はコチラ

葡萄色の血の女 / 和久峻三

猪狩文助と言えばいかりや長介が長くシリーズを演じていた、
今でも日曜の昼下がり、BSで再放送されている。


実は私”いかりや長介”が苦手で・・・。

「踊る大捜査線」は見ていたけど。



「8時だョ!全員集合」はほぼ記憶にない。

番組誕生40周年記念盤 8時だョ!全員集合2008

うちの母親がドリフターズが嫌いだったので、我が家では観ていなかったのだと思う。
それでも親戚の家に泊まりに行くと、10ほど年上のいとこ達が観ていたので、一緒になって見た記憶はあるが。
母は欽ちゃん派!

そのうち「ひょうきん族」の放送が開始。

これは幼稚園でも小学校でも流行ったのか、私は観たい。

しかし母が

「ひょうきん族見るくらいやったら、全員集合のほうがマシ!!」

と言い放たれ、悶々とした土曜日を過ごしていた(苦笑)
しかし、我が家のテレビが2台になったことで問題は解決。
「ひょうきん族」を観られることになったのです。

そんなことは柄本明には関係ないな(苦笑)
しかし柄本明もコメディアンだと思っていたんだよなぁ。
その昔、東京乾電池。
劇団ですが、コントグループだとかってに思っていたので。

柄本明と聞けばもう・・・「プロミス」しか思い出さない。


ああ、次男!!

あそこまで、両親の個性的なところばかりを引き継ぐ子供っていないよなぁ(爆)

柄本明個人で言えば、「カンゾー先生」かな?

古すぎるか?
麻生久美子が可愛くて大胆でした。
あのシーンはいるのかとも思ったけれど・・・。
ただ出世作ではある。

検事役の草刈民代 。

▲Shall we ダンス?

Shall we ダンス? の時より、マシ?
あれでアカデミー賞主演最優秀女優賞を取ってしまって・・・気の毒。

夫のおかげで、役者の仕事もあるんだけど、やっぱりまだまだな感じが否めません。

もちろん「Shall we ダンス? 」よりはマシなんだけど(あれより下はない)。

綺麗だし、姿勢も良いし、「検事」っぽい顔立ちだし、変人検事のキャラはたっていたんだけど、ちょっと物足りない。

最後に「きちんと検事としての任務を全うしただけ」と言ったが、最初から検事としての任務を全うしていたら、誤認逮捕しなくて済んだのに!!

++++

おしんが怪しい

いや、いつでも”おしん”こと小林綾子がドラマに出ていると犯人に見えてしまう私。

そして「流星ワゴン」に続き、「中島ひろ子」モテ期!!

どうしたんだ不幸なはずなのに!!って思っていたけど、DV夫がいて、しかもそのDV夫は、自分の連れ子である娘にまで手を出そうとしている人でなし。

やっぱり幸うすいな。

でもこんなDV夫が殺される。

自業自得なようにしか思えない。

すぐに捕まる金子昇。

もちろん、犯人ではない。

限りなく、犯人顔だけどな。


+++++

犯人は小林綾子と二人目に殺された野口

と蛍雪次郎・・・?。

キャストに名前が無かった蛍雪次郎が大活躍で驚いた。


小林綾子は先代理事長の愛人の子供だが、認知もされていなかった。

それでも老人ホームで働いていたが、ある日蛍雪次郎に

「あの老人ホームを乗っ取ろう」

と持ちかけられる。

蛍雪次郎は軽口で言ったのかもしれない、そんな大それた犯罪を犯すようには見えなかった。

しかし、なぜか断然闘志を燃やし始める小林綾子。

母親は違うが、中島ひろ子は何不自由なく幸せそうだ。
なのに私は同じ父親から生まれたのに、不幸!!とでも思ったのか。
すごいやる気と、すごい闘志。

小林綾子は、演技が上手いから、最初から「犯人である雰囲気」がこぼれ落ちる芝居をしてしまうのか?
それとも、顔つきがきつく「犯人」にしか見えないのか???


好きでもない事務長・野口をまさかの色仕掛けで仲間に引き入れ、理事長を殺し、その罪を金子昇にかぶせる。

証人尋問で、嘘を証言した野口が、だんだん弱気になってきた。

このままでは真実を話してしまうかもしれない。

別荘に連れて行き、お酒をしこたま飲ませる。

びっくりするくらい”笑い上戸”の事務長野口

おしんと二人でなぜか大爆笑!

大爆笑しながら、崖まで誘導するおしん。

ずっと高笑いしている事務長の背後にまわり、おしんが事務長の背中を押して崖下に突き落とす。



崖から突き落とすの久しぶりに見た


てか・・・なんで崖のそばで大笑いしていたの??????

ある意味笑いながら死ねるなんて、幸せねぇ(感嘆)

笑気ガスでも吸ったのか?

ってくらい、大笑いしてたけど、こんな殺し方・・・斬新。


崖で背後を取られてはいけないのはもちろんだが、崖で笑ってはいけない!!

そして酔っ払って崖に行くのは自殺行為だ(爆)





男をたらしこみ、人殺しをさせ、口封じ殺人 。

世話している老人がボケてるだろうと見下し

「このホームはいずれ私のものになる」

というゴーマン発言。


おしん、情状酌量なし


こんなドロドロの人間関係知らされて娘は大丈夫なのか。
母の再婚相手に犯されそうになり、母の愛人に恋していたって、かなりヘビーな気がするが、最後娘は元気に笑っていたから、結果オーライか?


+++++

このシリーズの犯人は屑だから安心して見れるw
先週の土曜ワイド劇場のような、”かわいそうな犯人”だと、ちょっとねぇ。

軽く見れて面白かったけど真相が唐突だったなぁ。

しかし、まわりのキャラクターもよかった、松金よね子の口の悪いババァは最高!!

宅間孝行の探偵役も、中々よい。

舞羽美海は宝塚出身?

ウザイくらい一生懸命の女弁護士を好演したんじゃないかと思う。

5bb99a6cd96a4e97b278e625bea91a8e.jpg
このドラマの撮影は2013年末みたいです。

米倉斉加年さんの遺作なんでしょうか。

制服姿の米倉さんの風貌が立派だった。

最後の号泣と頭を下げる米倉さんの演技に、本当に泣けた。

ありがとう米倉斉加年さん

このドラマでの、米倉さんのお芝居は本当に良かった。

これだけでも、このドラマを見る価値はあります。

そして、柄本明の大げさに見えるほどの演技も中々。

シリーズ化に期待。

広告





【キャスト】
猪狩文助:柄本 明
  ○
池波遼子:草刈民代
  ○
東野春樹 :宅間孝行
夏目理恵子:舞羽美海
久世栄美子:小林綾子
香原真紀枝:中島ひろ子
香原真咲 :柴田杏花
笹山克典 :金子 昇
山谷春男 :仲本工事
香原周一郎:大河内 浩
野口正治 :越村友一
原田節子 :長内美那子
宮部佐和子:瀬奈じゅん
  ○
有川光代:松金よね子
  ○
今西平三:米倉斉加年

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ハンドルネームがないコメントは受け付けません。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。