So-net無料ブログ作成

「流星ワゴン」第7話 ネタバレ 感想~三丁目の夕日より泣ける!! [気になるドラマ-2015冬]

日曜劇場「流星ワゴン」第7話 「健太との別れは好かん!吹雪の肩車で奇跡を!」
健太のママとの再会!それは、父親の橋本(吉岡秀隆)との別れを意味する。
そのことを知ったチュウさん(香川)は、何か方法がないか画策するが。
一方、一雄(西島)は…。
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

広告



[あらすじ]
 現実世界の忠雄(香川照之)は容態が急変したものの、蘇生措置によって奇跡的に持ちこたえた。だが依然として危険な状態に変わりはなく、その時は刻一刻と近づいている。「一雄のこと、待ってるんだよ」…ベッドに横たわる忠雄を見つめながら、澄江(倍賞美津子)は智子(市川実和子)に呟く。
 同じ頃、生霊の忠雄を襲っていた苦しみもパタリと止み、橋本(吉岡秀隆)が次の分岐点へとワゴンを走らせようとした時、健太(高木星来)が嫌だと叫ぶ。澄江の言葉に勇気をもらった健太は、母親が自分のことを覚えているかどうか確かめる決心をしていた。「今度は逃げないから」そう覚悟を示す健太に橋本は言う。母親に会うということは、未練を断ち切って成仏することだと。うなずく健太を、橋本は微笑んで送り出す。しかしその笑顔の裏に何かが隠されていると、忠雄だけが感じ取っていた。
 その夜、忠雄は橋本を居酒屋に連れ出す。たまには親父同士も良いだろう、と豪快にビールを煽った忠雄は、橋本に問いかける。 「お前、ほんまに健太をジョーブツさせたいんか?」

 翌朝、橋本をだけをワゴンに残し、一雄(西島秀俊)たちは健太の母親の家へ向かう。成仏するには、夜が明ける前に蓼科峠の事故現場へ戻らなければならない。意を決して母親に会おうとする健太。だがその前になぜか忠雄が立ちはだかり…。 .

[HPから引用]


原作はコチラ

流星ワゴン / 重松清


健太かわいい。

そして今日歯

号泣!!!!!

三丁目の夕日より泣いた!!



てか、三丁目の夕日は泣けなかったんだ。
なんでだろうか。
期待値が高すぎたんだろうか。
今回のような別れのシーンもあったと言うのに・・・。



忠さんは、吉岡秀隆の些細な表情から、いろんなことを見抜くね。
さすが、一代で地位を築いただけのことはあるんだなぁ。

二時間ドラマでお馴染みの中島ひろ子。
西島秀俊とは夫婦役で宗教にハマるドラマ「悪魔のKISS」に出てたなぁ。
深津絵里と常盤貴子と奥山佳恵が出てたね。
常盤さんが立派なものを見せてくだすった。

中島ひろ子としては

櫻の園が印象的。

忠さんは、健太が母親に会えば成仏できるが、吉岡秀隆は成仏できないと知り、健太を母親に会わせたくない。
5306528a03894b1583d0d28b7660815c.jpg

しかし、意外にあっさり母親と対面。

母親は、ボールを取ろうとして、どっかから落ちていたようで気を失っていた。

救急車で運ばれる中島ひろ子。

枕元にママの似顔絵を置く健太。
気がつくママ。

いろんな話をして、ボールで遊んで。

健太のところに行きたいと言うまま。

「ダメだよ。僕の弟でしょ?
 お兄ちゃんだから我慢する。 名前は?」

「健一。健太といつも一緒にいられるように、健太からもらったの」

「じゃ僕 あの子と一緒にママの側に居られるんだね」


なんと物わかりの良い子供だ

と同時に、本当に弟だったのかというちょっとしたショック。

健太が亡くなってから5年。

ちょっと速いな。もう3歳くらいの子だったしなぁ。

健太の

「ずーとずーと大好き」

涙腺崩壊。 

日が暮れて、帰る健太。

中島ひろ子がベッドの上で目を覚ます

「夢を見てたの・・・」

しかし枕元には健太の書いたママの絵が・・・。


+++++

成仏するには、夜明けまでに事故現場に戻らなくてはいけない。

行くのを嫌がる健太。

成仏したら、ママの記憶が消えてしまう。
それなら成仏できない方がいい。

ボールをもって走り出す健太。

そこにトラックが!!!!!

吉岡秀隆が間一髪助けるが。


「なんだよ。僕は幽霊だからトラックにはねられても、痛くないのに、なんで助けたんだよ!!」

吉岡秀隆激怒!!

やっと父親らしくなった瞬間(;_;)

しかし、吉岡秀隆の健太へのビンタ、キョーレツ!!り!

本気で叩いたんじゃないかな、おおきく振りかぶって、吹っ飛んでたけど、健太!

「幽霊なのに痛い・・・・」

健太役の子はよく殴られるな。
しかも強烈に寒い天気のなか、頑張ってるなぁ・・・・・。

激怒した吉岡秀隆は、本当に怖かった。
やっぱ、上手だなぁ。


▲遙かなる山の呼び声
映画「シェーン」の主題曲名が「遥かなる山の呼び声」だそうです。
着想も「シェーン」から得たそうです。

これは高倉健主演の映画で、吉岡秀隆の本格的な映画初出演かな?
この後、寅さんなどに出演するので。
北海道の四季が美しい映画なんですが、この時吉岡は6~7才くらい。
高倉健さんの追悼映画で「幸せの黄色いハンカチ」が放送されてましたが、おなじ倍賞美津子との共演なら、こちらの映画のほうが好き。
武田鉄矢もうざくないし。

健太役の子役の子を見ていると、この映画を思い出した。
この時の吉岡秀隆は、子供らしくて本当に可愛いんだ。


++++++

横にそれましたが、健太、意外にさらっと消えてしまった…。

号泣のおっさん3人。

しかし本当の雪が降って寒そう。

出演者全員、号泣のため鼻が赤いが、耳まで赤いので、よほど寒かったと思われます。
次第に道路も雪が積もって、凍っているよう・・・。

納得できない忠さん。

「こんなのは好かん!!!」

立ちすくむ忠さん。

すると健太が帰ってきた!!

成仏できなかったのか?健太・・・。

「思い残したことがある。肩車して!!」

8才ってこんなに無邪気なのかなぁ~!!

肩車する吉岡秀隆。

大丈夫かいな!40オーバーで筋肉なさそうなのに!!

喜ぶ健太。


「本当の肩車を見せてやる!」

と忠さん。

はしゃぎ回る3人。

忠さんに肩車される幼い日を思い出す西島秀俊


----

しかし、夜中に借金取立ての電話が鳴る現在の西島秀俊宅。

そして、息子のスマホにはいじめっ子からのLINEが。

今の時期、この携帯のイジメのシーンは本当に胸が痛い 。

昨日のドラマでみたリンチシーンも辛かったが、今回の息子に対するいじめシーンを見るのも辛い。

川崎市の事件を思い出してしまう。
事件の全容は知りたいのだけれど、最近テレビで詳細が報道される度に、正直しんどい。
悲しい・・・。来週いじめのシーンがあったらどうしよう・・・。

++++


今回の忠さんは台詞こそ少なかったが健太を見守る表情が良すぎた。

忠さんも、健太と別れたくなかったんだろうな。

そして、みんなレベル高い演技を見せていただけて、満足。

おかげで、今夜は鼻が詰まって眠れそうにないわい!!

私としてもケンタが引き続きでるのは嬉しい!

おっさん3人のドライブは画面がくすむ

健太のすべすべ白いお肌と可愛さがなくなったら、辛いぞw
c850723b198a4e6b9f62ce4c0994eea8.jpg
西島秀俊、香川照之、吉岡秀隆、高木星来(健太)の4人のシーンが良かった・・・。

来週は西島秀俊に忠さんが乗り移っているように見えたが。

最後の目的地だそうです。

チャンネルを変えたら、そこにはまた橋本が!!

いや、吉岡秀隆が!

松たか子の若い愛人役です。
まさかの若い愛人です。

こちらには倍賞美津子さんも。

「遥かなる山の呼び声」同様、山田作品。

ついつい見ていますw

広告




第1話の感想はコチラ
日曜劇場「流星ワゴン」 第1話 ネタバレ 感想 ~ 香川照之が立ちションしすぎwハイウエストすぎw
第2話の感想はコチラ
日曜劇場「流星ワゴン」」第2話 ネタバレ 感想 ~ 西島秀俊の充血が気になる 
第3話の感想はコチラ
「流星ワゴン 」第3話 ネタバレ 感想~子役が体を張ってます!!!
第4話の感想はコチラ
「流星ワゴン」 第4話 ネタバレ 感想~妻の心も体もお金も闇金に持って行かれそう。
第5話の感想はコチラ
「流星ワゴン」第5話 ネタバレ 感想~井川遥の出番なし。 
第6話の感想はコチラ
「流星ワゴン」 第6話 ネタバレ 感想 ~ 香川照之のヨダレ芸
第8話の感想はコチラ
「流星ワゴン」 第8話 ネタバレ 感想~ハッピーエンドにはならないの?ギャンブルとイジメシーンは苦手
第9話の感想はコチラ
「流星ワゴン」 第9話 ネタバレ 感想 ~全然共感できない妻の言い分
最終話の感想はコチラ
「流星ワゴン」 第10話 最終回 ネタバレ 感想~自分が変われるワゴン。なんまんだぶなんまんだぶ ~ 

キャスト
永田一雄  西島秀俊
永田忠雄  香川照之
永田美代子 井川 遥
永田智子  市川実和子
永田伸之  髙橋 洋
千賀和哉  入江甚儀
古閑    町田啓太
橋本健太  高木星来
永田広樹  横山幸汰
幼少の一雄 佐藤詩音
幼少の智子 梅垣日向子
若き澄江  渡辺真起子
永田澄江  倍賞美津子
橋本義明  吉岡秀隆

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ハンドルネームがないコメントは受け付けません。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました