So-net無料ブログ作成

○○妻 第7話 ネタバレ 感想~人魚姫の柴咲コウ、セリフは一言だけ。 [気になるドラマ-2015冬]

○○妻 第7話 [私の存在があなたを苦しめてるなら最後にこの言葉を捧げます]
ひかり(柴咲コウ)は正純(東山紀之)を守るため姿を消した。言葉を失ったかのように一言も喋らなくなったひかりは、最後に渾身の叫びと共に…。
自分の無力さに絶望し、最後に魂の一言を叫び、自らの命を…。
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

広告




[あらすじ]
正純(東山紀之)に別れを告げ、彼の前から姿を消したひかり(柴咲コウ)。正純からの着信を拒否し、きっぱり縁を切ろうと決めたはずなのに、彼女は夜10時になると条件反射でテレビを点けて「ニュースライフ」を見てしまうのだった。 正純は、ひかりと連絡がとれなくなり、気がかりで仕方なかった。正純から、ひかりが家を出ていったことを聞かされた板垣(城田優)は、マスコミに向けて離婚を発表してほしいと頼む。正純は板垣の申し出に反発を覚えるが、拒絶することもできない。ひかりの想いとは裏腹に仕事でも精彩を欠く。

まるで、言葉を失くした人魚姫のように、街をさまようひかり。行き場を失ったひかりは、どうしていいか分からなくなっていた。そんな中、実結(奥貫薫)がひかりに電話をかけてくる。ひかりは実結に「連れて行きたい所がある」と言われて着いていく。実結は、ひかりを苦しみから救うつもりだった。しかし、ひかりは実結と行動をともにして彼女の苦悩を知ることになる。

一方、正純は、ひかりが出ていってから仕事に身が入らない。番組での彼のコメントはキレを失っていた。視聴率を気にする板垣は、打開策が欲しいと言い出す。正純は、生放送で東京の街中に出向いていろんな人に質問し、話を聞くという企画を提案。しかし、想定外のことが起こるのを恐れる板垣は、誰とどんな話をするかをあらかじめ決めた台本に従って取材してほしいと正純に言う。正純は納得できなかったが、板垣に従うことに。正純は自分の仕事に自信をなくし、ヤケになっていた。 実結の部屋に泊めてもらうことになったひかりは、テレビで正純の様子を見て心配になる。実結に背中を押され、正純と向き合おうとするひかり。しかし、またしても、ひかりを絶望させる出来事が起こり…。
[HPから引用]

まるで、言葉を失くした人魚姫のように、街をさまようひかり。

人魚姫!?

ネグレクトで我が子を殺した母親が人魚姫!?

驚き~ですが、今日、柴咲コウ、ラストまで喋らないらしい。

んで、人魚姫

++++

毎回、似たような感じで終わってるから、先週がどんな感じで終わったか思い出せない・・・。

あ、出て行ったんだっけ、柴咲コウ・

東山一家に自分の過去を全てバラして。


東山一家は全員最低やかな、出てこなくていいのに。

ヒステリック長女のウザさがハンパない。
こんな非常識で自分本位な小姑が居たらと思うと背筋が凍るw

お母さんの万引きして、さんざん面倒かけたくせに手のひら返し。

デパートで助けてもらった黒木瞳にも酷い言い草。

バラしてやれよ、この間の万引き!!

つか、人気キャスターの母親が万引き犯とわかったら、もう終わりやんか。

黒木瞳がまともに思える

万引きして金出してもらって、黒木瞳にあの態度!!

文句言う前に万引きした金返!!
東山一家に万引きのこと言ったれよ。

ただ・・・お母さん・・・。

認知症かも?

にしても東山一家と女子アナと・・・デカ城田と・・・イライラするする奴ばっかり!!


+++++

そして次女の奥貫薫、今度は胡散臭い宗教に柴咲コウを誘う。

気づけば、姉ちゃん、変な新興宗教の教祖様に押し倒されてるし!!

教祖様に金的して、みゆねーちゃんを助け、みゆねーちゃんの家に行く柴咲コウ。
部屋に怪しい商品の段ボールとスーパーハードのペンギンぬいぐるみが多すぎ・・・。

大学行かせてもらって中退とか
子供を中絶とか
不幸せ自慢してるけど、自業自得のような気もする。
みゆ姉ちゃんクズの定番全部こなしてる。

で、みゆ姉ちゃんの家のテレビがまさかのアナログ放送。

その後、みゆ姉ちゃんは東山の家を訪れ、今自分の家に柴咲コウがいることを教える。

先週まで、あんなに柴咲コウに冷たかったのに。

そして自宅のキーを東山に渡すが、間一髪柴咲コウがぬいぐるみにうもれ隠れる。

みゆ姉ちゃん、柴咲コウに電話をするんだけど、スマホが上下反対だったような・・・。

++++

結局柴咲コウに会えず。

東山、仕事に個人的な感情持ち込みすぎだと思う。
好きな仕事をしている人だって、やりたくないような、気が乗らない仕事ってあると思う。
なのに、なんつーか、大人気なさすぎ。

その上、女子アナに

『ストーカーか!?お前は?』

とかいったくせにラストでは、女子アナを受け入れた!!

だいたい、異性の後輩や部下に対して「おまえ」などというやつはモラハラだ。


+++++
20150202114421697_000.jpg
柴咲コウが東山のマンションを訪れ、

「私にはあなたが必要です」

とメモを残したところに、東山が帰宅。

間髪いれず、酔っ払った女子アナもやって来る。

一回写真週刊誌に撮られてるのにさ、もうちょっと危機感を持てよ。

このキャスター二人アホやで。

隠れる柴咲コウ。


女子アナが徹底的にウザいストーカー。

しかも人んちでゲロ吐く。

『私を突き放さないでください』

私がそばで東山を支える。

なんでもコメントできるようにする。

っておまえ何様じゃ~い!!

そして後ろから東山に抱かれ・・・。


「私こんなつもりじゃ・・・・」

じゃ、どういうつもりだ?

なんのために来た?

「私こんなつもりじゃなかったんですぅ」

って言う女大っ嫌い !!!

そういうつもりだろうがよ!!


でもさ、柴咲コウにもイライラする。

口で言えよ。
柴咲コウがずっと逃げてたからこうなってん。
勝手に出てって音信不通になるからやし、ほかの女に走ってもしゃーない。

だって、東山だよ!

人に依存して、もち下げてもらって、俺様でいられるような状態じゃないと、仕事もできない男なんだよ!!


女子アナがゲロ吐いている間に、靴も履かずに逃げ出す柴咲コウ。

正純ー!!!!

やっと喋ったと思ったら、意味不明。

そして、赤信号と知り交差点を渡る柴咲コウ。

飛びこんだら、トラックにに迷惑!!!

自殺はダメだが、人に迷惑をかける自殺は一番最低。

子供も殺し、トラック運転手に人生もめちゃくちゃにする気か!?



++++

今回は無言妻ということですね。

果たして、来週は幽霊妻なんですかね?


女子アナうざいが、女子アナのおかげでストーリーが進行している。

「家政婦のミタ」で味をしめた遊川さんは、かなりの発言力を持ったんですかね?

視聴率40%ですもの。

しかし、やりたい放題をし過ぎてないかな?
そろそろ、最終回にして欲しい。

今日も、この歌だけ印象に残りました。

▲椎名林檎/至上の人生 (ドラマ「○○妻」主題歌)

広告




第1話の感想はコチラ
○○妻 第1話 ネタバレ 感想 ~ 東山紀之のモラハラ夫にちょっとうんざり。 
第2話の感想はコチラ
「○○妻」 第2話 ネタバレ 感想 ~ 東山のコメディ演技が一周回ってどうでも良くなってきた件 
第3話の感想はコチラ
「○○妻」 第3話 ネタバレ感想~こっちの夫の方が”残念な夫”な件 
第4話の感想はコチラ
○○妻 第4話 ネタばれ 感想~殺人は契約違反ではないのか?
第5話の感想はコチラ
○○妻 第5話 ネタバレ 感想~少年院帰りの看護師。浅い平泉成の過去と重すぎる柴咲コウの過去
第6話の感想はコチラ
○○妻 第6話 ネタバレ 感想~誰にも共感できない 
最終回の感想はコチラ
○○妻 最終話 ネタバレ 感想 ~亡き妻に思う。1話が一番マシだった件 

キャスト
○○妻 / ひかり - 柴咲コウ
久保田 正純 - 東山紀之
久保田 作太郎 〉- 平泉成
久保田 仁美 - 岩本多代
河西 美登利 - 渡辺真起子
久保田 実結 - 奥貫薫
河西 大輝 - 浦上晟周
河西 成美 - 平澤宏々路
板垣 雅己 - 城田優
風谷 愛 - 蓮佛美沙子
岸 伸一 - 中林大樹
竹下 橙子 - Sharo
三木 武 - 木戸邑弥
井納 千春 - 黒木瞳

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村


コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:テレビ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ハンドルネームがないコメントは受け付けません。

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました