So-net無料ブログ作成

「流星ワゴン 」第3話 ネタバレ 感想~子役が体を張ってます!!! [気になるドラマ-2015冬]

日曜劇場 「流星ワゴン 」第3話 「10分拡大スペシャル 成功への道~鉄棒感動物語!奇跡を起こせ」
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

68134b0578a1490581f9f543f14c23b3.jpg

広告



[あらすじ]
   結局、一雄(西島秀俊)のリストラは回避出来なかった。浮かない表情でワゴンに揺られる一雄。一方、すっかりワゴンでのドライブにも慣れた忠雄(香川照之)が暇をもてあまして騒ぐため、橋本義明(吉岡秀隆)はある場所にワゴンを停める。そこは健太(高木星来)が生前に通っていた小学校だった。時折ここで健太を遊ばせているのだという。
健太は忠雄に逆上がりを教えて欲しいと練習を始めるが、一向にうまくいかない。死んだ時点で出来なかった事は、死んだ後に出来るようになることはないのだ。そうとは知らずに奮闘する健太を眺めながら、橋本は一雄に、健太を成仏させてやってほしいと頼む。未練を断ち切り、自らの死を受け入れなければ、成仏はできない。しかしそれは父親の役目では…一雄は問うが、橋本は呟く。「私には無理なんです」

 小学校を離れ、一雄と忠雄が次に降り立った過去は、とある工場の前だった。そして今回は、なぜか健太までもが一緒に過去の世界へ降り立っていた。ワゴンへ帰そうにも、帰し方がわからない。あせる一雄をよそに、健太ははしゃいで駆け出していってしまう。慌てて追いかける一雄と忠雄だが、その先で、ある人物の全く知らない一面を目の当たりにする。

[HPから引用]
原作はコチラ

流星ワゴン / 重松清

ドラマ「流星ワゴン」の犬虐待シーンに批判の声……
公式Twitterは「震えているのは最高に寒かったから」と釈明
1月26日(月)14時31分配信
ドラマ「流星ワゴン」(TBS系)の第2話が1月25日、放送された。内容の一部に仔(こ)犬を棒でたたいて虐待するシーンがあったとして、批判の声が上がっている。
「流星ワゴン」は、重松清による同名のベストセラー小説を原作としたドラマ。家庭が破綻している会社員の永田一雄(西島秀俊)が人生の分岐点に戻り、自分と同い年の姿となった父親・忠雄(香川照之)とともに過去をやり直すというストーリー。
1月25日放送の第2話は、犬にまつわる一雄と忠雄の確執が明かされたが、震える仔(こ)犬を棒でたたくシーンがあった。
手元だけを映すなどして直接犬をたたくカットはなかったものの、鳴き声などから、一部の視聴者の間には、「本当に犬は怯(おび)えていたのではないか?」という憶測が広がった。
ネット上には、「演技であんな声出せる?もし本当に虐待していたら抗議しよう!」「あの仔(こ)犬、本気で怯(おび)えた目をしていた。このドラマは二度と見ない」「犬を飼っている身としては、あんな怯(おび)えている顔はたとえ演技でも許せない」といった怒りの声が上がっている。なかには、同ドラマの公式Twitterアカウントに「見たくなかった」とリプライで批判する視聴者もいた。

犬の虐待か~。
私はあんまり気にならなかったけれど、ペットを愛している人は気になるのかもしれない。
ただなぁ、なんでもかんでもクレーム付けるのはどうなんだろう?
演出だし、本気で殴っているわけではないし、短いシーンだったしなぁ。
ソフトバンクの犬のCMを面白がって見ている人がいるけれど、あれだって観ようによっては虐待じゃないかと思うけどねぇ。
ドラマ作るのが本当に難しい時代になっちゃったね。

++++

最初の5分、橋本親子(吉岡秀隆親子)のナレーションで、前回のあらすじ全てがわかるって言う(苦笑)

にしても、健太くんカワユス。
健太くん、大きくなったら田中圭みたいになりそうだ。

健太は、亡くなった時に、逆上がりができなかったから、練習しても逆上がりができないらしい。
そして、健太の同級生が卒業したが、健太は忘れられていた。
死んだ人間にとって忘れられるのが一番辛いか~。
そうだなぁ

西島&香川がタイムスリップしたら、健太は吉岡秀隆と一緒にワゴン車にいたが、今回は一緒に現世に戻ってきてしまった。

逆上がりの練習に、パフェを食べること、そして上着が欲しいらしい(笑)

健太とともに、忠さんやっと上着ゲット!!

忠さんがユニクロ着てるのなんか面白いw

+++++

公園で塾をサボった広樹がいた。
ナイフにパチンコ。
jFZzBWpoZfknJhM_cfnGH_59.jpg

自分より弱いものに対しては強気の広樹。
健太くんが生きていたら、トラウマになったろうよ!!

健太をいじめ、忠さんにパチンコを向けた時に、西島登場。

親が出てくるっと謝る広樹・・・。

中学受験だけで、こんなに闇を抱える子は、もともとメンタルになんか問題があるんでは???

と思っていたら、広樹はいじめられていた。
それに気づかない西島は、広樹をいじめっ子たちとサッカーに行かせる。

体育館倉庫で裸の広樹。
壮絶ないじめを話す。

いじめっ子たちから逃れるために中学受験をしたかったのか~。

しかしいじめっ子たちにサッカーに誘われる広樹を見て、友達と遊びたくないって気づかない西島、鈍感すぎ。

お父さん(忠さん)で苦労してきたって、グチグチ言うわりには、子供の心を読めない。
結局、お父さんと一緒じゃないか。


「私立受験のせいでいじめられた」

違うだろ……アホなのか、この親子。
広樹の人を見下す余計な一言で虐め勃勃発したんやないか。
もちろん、いじめる方が悪いですよ。
しかし、何でクラス全員が無視する訳??

それでも、小学校のイジメより中学のイジメの方がツライやろうな~。
かわいそうに。
広樹にも非があったにせよ子供がいじめられているシーンを観るのは辛い。
愛犬家の方には申し訳ないが、先週の犬のシーンより、辛い。


都心の中学校なら、越境入学出来るんじゃないの?
もしくは、同じ中学に行きたくないだけなら受ける学校のレベルを落とす訳にはいかんのか?
横浜の設定やっけ?
なら、田舎と違って、いろんなレベルの中学があるだろうに。
もう出願後かもしれないが、出願前にタイムスリップしたいな!!
選タクシーと違って、自分で選べないのが辛いところやな。


広樹をいじめから救おうと、いきなり引っ越しを決める西島。

いやいや、西島。
気持ちはわかるけど、まず夫婦で相談しましょう。
広樹にもも奥さんにも、こうだと思ったら誰にも相談しないで勝手に進めてしまう。
そういうところも、忠さんと同じやないか。

いや、忠さん以下かな。


8b5a29cece4b44beb421b76e52d5fb69.jpg
忠さんはやり方はどうであれ、息子の運動会のためにここまで一生懸命に付き合ってくれるお父さんなんていない。
でも、西島父さんは、息子とも妻とも向き合っていないような気がする。

B8gwenuCUAE5rwm.jpg
忠さん、本当に凄い人だ。

口も悪いしすぐ手をだすけれど、他人の子供で、しかも幽霊。
現世でできなかったことは、幽霊になってからできることはないってきいているのに、あんな夜中まで鉄棒の練習付き合えない。

我が子の練習でも毎回毎回付き合ってられないのに、面倒見のいい忠さんだから若い衆がついてくるんやな。
3c624a03ae254d14ad51ed97200b1ed4.jpg


いくらしごいても死んでるから死にゃ~せん

本当の奇跡を起こすには、まず心の中に奇跡を起こせ!!

出きるか!?

おっちゃんも命がけで応援する!!


そして、健太が逆上がり出来た!!!



この撮影時本当に寒かったんだね。忠さんも健太も耳真っ赤。

健太にいたっては、手もほっぺたも鼻も真っ赤か!!

健太の中の子役もほんまに頑張って挑んでたんやなぁ~~~。


そして、夜景キレイだった~!!

あれはロケ地は横浜やったんかなぁ~?

++++++

西島さんの心情の声がわざとらしく聞こえるのは、演出なのかなぁ。
他の部分が良いだけに、ちょっと残念。

そして、井川遥


まさかのパチンカスー!!


原作では、セックス依存症だったけれど、さすがにそれは無理か。

ギャンブル依存症で、ヤミキンに借金か~。

ってことは、町田啓太はやくざか~。

なんか残念(苦笑)

広告




第1話の感想はコチラ
日曜劇場「流星ワゴン」 第1話 ネタバレ 感想 ~ 香川照之が立ちションしすぎwハイウエストすぎw
第2話の感想はコチラ
日曜劇場「流星ワゴン」」第2話 ネタバレ 感想 ~ 西島秀俊の充血が気になる 
第4話の感想はコチラ
「流星ワゴン」 第4話 ネタバレ 感想~妻の心も体もお金も闇金に持って行かれそう。
第5話の感想はコチラ
「流星ワゴン」第5話 ネタバレ 感想~井川遥の出番なし。 
第6話の感想はコチラ
「流星ワゴン」 第6話 ネタバレ 感想 ~ 香川照之のヨダレ芸
第7話の感想はコチラ
「流星ワゴン」第7話 ネタバレ 感想~三丁目の夕日より泣ける!!
第8話の感想はコチラ
「流星ワゴン」 第8話 ネタバレ 感想~ハッピーエンドにはならないの?ギャンブルとイジメシーンは苦手
第9話の感想はコチラ
「流星ワゴン」 第9話 ネタバレ 感想 ~全然共感できない妻の言い分
最終話の感想はコチラ
「流星ワゴン」 第10話 最終回 ネタバレ 感想~自分が変われるワゴン。なんまんだぶなんまんだぶ ~ 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
キャスト
永田一雄  西島秀俊
永田忠雄  香川照之
永田美代子 井川 遥
永田智子  市川実和子
永田伸之  髙橋 洋
千賀和哉  入江甚儀
古閑    町田啓太
橋本健太  高木星来
永田広樹  横山幸汰
幼少の一雄 佐藤詩音
幼少の智子 梅垣日向子
若き澄江  渡辺真起子
永田澄江  倍賞美津子
橋本義明  吉岡秀隆

コメント(2)  トラックバック(5) 
共通テーマ:テレビ

コメント 2

NO NAME

脚本が酷過ぎて、興醒めした

広樹への「イジメ」は、同級生を見下した言動が招いたのに、私立中学に逃げるんですか...

自分の言動を棚に上げて、被害者ぶるのは、性質が悪い。(イジメを肯定しているわけではない)


by NO NAME (2015-02-02 16:51) 

tarotaro

NO NAMEさん、こんばんは。

種を蒔いたのは広樹くんですが、いじめっ子たちのやり方は酷い。
広樹が逃げたくなるのはわかります。
小学6年生なんだし。
ただ、父親が広樹くんを正すことをしないと、私立中学に入学できも同じことの繰り返しだと思いますが。
by tarotaro (2015-02-02 23:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ハンドルネームがないコメントは受け付けません。

トラックバック 5

トラックバックの受付は締め切りました