So-net無料ブログ作成

ゴーストライター 第2話 ネタバレ 感想 ~PMSと「ロード」のモラハラ夫と。 [気になるドラマ-2015冬]

あぁ、PMSが酷い。
昨日、今日と辛かった。
今日は予定があったのに、午前中は寝て過ごすと言う体たらく。
明日からは、なんとか踏ん張れそう。
「命の母」って効くんだろうか?
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

広告



小説家への夢か、結婚か。天才作家に導かれ、人生の岐路にゆれる若き才能。彼女の決断の先に待つのは幸福か、それとも後悔か…。
[あらすじ]
 遠野リサ(中谷美紀)は、川原由樹(水川あさみ)を正式にアシスタントとして採用する。由樹は、婚約者の尾崎浩康(小柳友)にそれを報告し、すぐに辞めることを約束する。

 あくる日、リサは、やってきた由樹にいきなり連載中の小説のプロットを書くように言い渡す。有無を言わさぬリサの口調に、由樹は辞めることを切り出せないまま引き受ける。

 神崎雄司(田中哲司)は、プレゼンしていたリサの小説の映画化が決まり、出世に手応えを感じる。そんな矢先、これまで一度も締切りを落としたことのないリサが、別会社の連載を落としたと報告が入った。

 映画化する新作の取材のためウエディングサロンへ向かったリサは、助手席に座る由樹に対し、提出したプロットのダメ出しをして書き直しを命じる。サロンで合流した神崎に、差し替え前の追悼文を書いた人だと由樹を紹介するリサ。さして気にした様子のない神崎は、リサに原稿を落とさないように念を押した。

 由樹は、書き直したプロットをリサに渡し、アシスタントを続けられないことを告げる。リサは一瞬の沈黙の後了承するのだったが、再びプロットの書き直しを命じる。その上、代わりのアシスタントを探す手配をしようとする秘書の田浦美鈴(キムラ緑子)を制した。

 その夜、執筆中のリサのもとに、母親の元子(江波杏子)が入所している施設から元子がいなくなったと連絡が入り…。
[HPから引用]

00000789102.jpg
中谷美紀の髪の毛の色は黒いんだけど、眉毛は金色に見える。
それがちょっと不気味。
眉毛の形は良いのになぁ。

そして、「ごちそうさん」直後よりは、マシになったけれど、キムラ緑子さんの眉毛、もうちょっと自然にできないものか。


中谷美紀は、才能の褐色に加え、母親の介護に、息子の反抗期などの問題を抱えている。
息子とは同じ家に住んでいないのか?

秘書の緑子さんは、中谷美紀を心から支えようとしているのか、それとも・・・・。
まだ立ち位置はわからないなぁ。

水川あさみは結婚をとりやめ、東京で中谷美紀のアシスタントを続けることに。



img-gost_20150120.jpg
中谷美紀、水川あさみと婚約者(ブラザートムの息子)を3人で食事をしたときに

「水川あさみは書くことが楽しくてたまらないはず」

の一言で、ケツの穴の小さい婚約者は不安を感じ、その場で

「今日でこいつは先生のアシスタントを辞めます」
と勝手に宣言。

婚約者は、一年間東京で小説を書かせたのも、俺の心が広いと思っていたのだろうし、どうせ受賞なんて無理だと、見下してたんだな。

実際「小説家なんかになれるわけない」って口に出したし(苦笑)

小説家になれなくても、ゴーストライターになれなくても、こんな男はやめたほうが良い。

+++++

水川あさみがおおまかなプロットを書いて、それを元に中谷美紀が肉付けをした。

ここから水川あさみはどんどん利用されていく。
しかし、だんだんと水川あさみが力をつけてきて、立場が逆転するのかなぁ。

来週は中谷美紀のライバル役に、「山本未來」が!!



ところで、水川あさみの婚約者がモラハラ気味だったので、高橋ジョージを思い出してしまった。

っつーか、ここ数日で何回「ロード」を聴いたよ。
このドラマの主題歌は三浦大知で、かなり上手くてカッコ良いんだけど、今日は頭のなかでずっと「ロード」が流れていた。

▲ロード10th anniver [ THE虎舞竜 ]

めっちゃ、苦手な歌なのに、ずっとグルグル頭の中を回るってPMSに加え不快感が・・・。

▼「ラッキー ロードストーン」ダサいタイトル・・・

こんな映画まで撮ってたんか。


夫婦の問題は夫婦にしかわからないんで、どっちにも問題があるんだろうけど・・・。

同じ宗教を信仰していてもこうなっちゃうのねぇ。

ワタシは二人共好きではないけれど、モラハラっぽくはあるわなぁ。

高橋ジョージのcommentってイチイチ上からで、苦手。
そして何かあったら「ロックやってっから」っていう理由。
「ロックやってる」のに、24歳年下の女房に逃げられたら、カッコつかないねぇ~。
せっかく14歳の娘さんと知り合えて、育ててきたのにねぇ。

広告




第1話の感想はコチラ
「ゴーストライター」 第1話 「罪への秒読み~偽りの日々の始まり」 ネタバレ 感想~ 中谷美紀が怖いくらいに芝居が上
第3話の感想はコチラ
ゴーストライター #03 ネタバレ 感想 ~ 田中哲司が悪すぎる!
第4話の感想はコチラ
ゴーストライター 第4話 ネタバレ 感想~日本ドラマは土下座が流行中?
最終話の感想はコチラ
ゴーストライター 第10話 最終回 ネタバレ 感想~逆襲なんてしないよ!ハッピーエンド。

キャスト
遠野リサ(女流小説家):中谷美紀
川原由樹(リサのアシスタント):水川あさみ
小田颯人(文芸雑誌編集者):三浦翔平
塚田真奈美(文芸雑誌編集者):菜々緒
岡野慎也(単行本編集長):羽場裕一
坪田智行(文芸誌副編集長):水橋研二
尾崎浩康(由樹の婚約者):小柳友
遠野大樹(リサの息子):高杉真宙

田浦美鈴(リサの秘書):キムラ緑子

遠野元子(リサの母親):江波杏子

鳥飼正義(常務取締役):石橋凌
神崎雄司(文芸雑誌編集長):田中哲司
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

コメント(0)  トラックバック(3) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ハンドルネームがないコメントは受け付けません。

トラックバック 3

トラックバックの受付は締め切りました