So-net無料ブログ作成

日曜劇場「流星ワゴン」 第1話 ネタバレ 感想 ~ 香川照之が立ちションしすぎwハイウエストすぎw [気になるドラマ-2015冬]

日曜劇場「流星ワゴン」 第1話
「110万部のベストセラー小説初の映像化親と子の感動サクセスストーリー誕生!!父が自分の年齢の時この苦境をどう乗り越えただろうか!?涙のドタバタ展開!!」
ogp.png
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

広告



[あらすじ]
「人生は分かれ道の連続だ…でも、そのときには何も気づかない。気づかないまま、あるとき不意に、結果だけが突き付けられる…」
永田一雄(西島秀俊)はこの半年間のうちに、会社をリストラされ、妻・美代子(井川遥)から離婚を切り出された。家には家庭内暴力が止まらない息子・広樹(横山幸汰)がいる。
そんな一雄の心には、さらに末期癌の父・忠雄(香川照之)との確執が存在した。強かった忠雄とは、最後の最後まで向き合えないままだった。 「なんで、こうなったんだ…なんで…」

家を出て行ってしまった妻を、
壊れた一人息子を、
そして憎むべき父親の死を目前にして、一雄は一人、自問自答を繰り返す。

そんな思いで駅前のベンチに座っていた一雄の前に、ワインカラーのワゴンが突如現れる。運転するのは、5年前に亡くなっているはずの橋本義明(吉岡秀隆)。同乗している息子・橋本健太(高木星来)も、同じく亡くなっているはずだ。吸い寄せられるように車に乗り込んだ一雄は、過去の大切な場所を巡るうちに、妻や息子とうまくいかなくなったきっかけを知ることになる。生々しい現実を前に、動揺し苛立つ一雄。

そして“1年前の”上野駅前に戻った一雄の目に、鮮明に記憶に残る光景が再び映った。若い男と歩く妻の美代子だ。狼狽する一雄の前に、今度は自分と同じ歳の父・忠雄が現れ、促されるままに行動を共にすることになる。
忌み嫌っていたはずの父親が、現実の親子でも、友人でもなく、家族同然の大事な親友、「朋輩(ほうばい)」として隣にいる。それがきっかけで、一雄は気付かなかった多くのことが見え始める… .

[HPから引用]


原作はコチラ

流星ワゴン / 重松清


演劇集団キャラメルボックス版



▼黒ひげ危機一髪


「黒ひげ危機一髪」って30年前に流行ったのか??
本編にも出てきましたけど・・・。

+++


「素敵な選TAXI」みたい!!

って重松さんの原作は2002年だから、こちらのほうが先なんだけどね。

吉岡秀隆に「タイムスリップしてる感が無いんですよ~」って言ってほしいw

132525.jpg

しかし・・・西島秀俊、芝居が下手に。
なんで、こんなに力が入っているんだ?
それとも驚いている芝居が苦手なんだろうか・・・・。
取り乱すと、目も当てられない。
アングラな役じゃないとダメなのかなぁ。
体だけの男なの?
ま、好きだけど(苦笑)

+++


香川照之が・・・声がでかすぎて、ウザイ(苦笑)
立ちションばっかりする。
ハイウエストすぎ。
強すぎ。

しかし、飛び蹴りだけは笑った!!
きれ~~~に、町田啓太に入ったなぁ(爆)

+++

不仲な父子(香川照之と西島秀俊)。

香川照之は、土建業だが、西島秀俊のクラスメイトの親にも高利でお金を貸している。
返せなくなった親たちの会社は立ち行かなくなり、倒産したり、首吊りをしようとしたり・・・・。

そして西島秀俊はいじめられている。

こういう場合、高利貸しの子供がいじめっ子になることが多い気がするんだけど。
気の弱い男の子だ。

ある日、強すぎる父に反抗して家出を試みるが、警察に保護される。
みんなが心配していたのに、父はパチンコをしていた。
この頃からすれ違う二人。


+++


現在、西島秀俊はリストラ、息子は中学受験失敗で家庭内暴力で引きこもり、嫁は家出中。
こんだけ揃えば、家族は崩壊。
いや、その前に崩壊していたから、こうなったのか・・・。

00000782101.jpg
最初のタイムスリップ先は、1年前。
リストラの原因となった企画を変更してみた西島さん。
さて、これでリストラされないのか?
このタイムスリップ先で、自分と同じ年の父親に会う。


ryusei_14189252774987.jpg
二度目のタイムスリップ先は、息子のテストが悪かった日。
受験をやめさせようと必死の西島だが、息子はやめるとは言わない。
ただ、家出仕掛けた息子を抱きしめ、夜遅く帰ってくるはずだった妻が予定を変更して早くかえってきた。


これで、リストラも受験失敗も離婚もなくなったと思った西島秀俊だが、企画が通らないと部下から電話が入る。
そして破り捨てたはずの離婚届がまたポケットに入っている。
香川照之が言う
「お前の息子はナイフを持ち歩いていた。妻の浮気相手はヤクザっぽい。お前は家族のこと何も知らない。
 そして、お前の知らない何かがまだあるのではないのか。」
そこへ吉岡秀隆がやってきて
「さあ、行きましょう」

次のタイムスリップ先にGO!!


そうそう。
西島秀俊が小学生のときの家出。
香川照之がパチンコをしていて、不仲になったが、これには別のストーリーが。
「黒ひげ危機一髪」というゲームが流行していて、西島秀俊に買ってやろうと「おもちゃ屋」に行くが、生産が追いついてなく、予約も30件以上入っていたのだ。
しかしパチンコの景品で「黒ひげ危機一髪」があった!
なので、パチンコを打っていたら、若い衆が西島秀俊の家出を知らせる。

一生懸命に探す父は息子を見つけるが、どうやって声をかけたら良いのかわからない。
そこで「可愛い小学生の男の子がひとりでいる」と警察に連絡したのだ。


不器用だけれど、息子ラブの父。

しかし、この不器用な父親を小学生の子供に理解しろってのは無理な話。
母親も30年近く経って、こんな話を息子に言うのであれば、内緒で小学生の時に言えばよかったのに。

++++

かなり端折りましたけど(笑)

初回二時間スペシャルってやめてほしいなぁ。
長すぎてさぁ、しんどい(苦笑)

二時間で終わるなら見るけどw
そして、「科捜研の女」を録画していないことに気付けなかった(爆)


「黒ひげ危機一髪」っていつ流行したっけ?
「ドレミファドン」かなんかでしてた?
あれ?あれって、イントロを当てるクイズ番組だから、「黒ひげ」は関係なかったっけ?

おもちゃ屋さんから、「黒ひげ危機一髪」がなくなるほど流行った記憶がない。
多分、30年前に流行ったおもちゃではないと思うんだけど、公衆電話はカード式。


最近の子役は芝居がうまいねぇ。
西島秀俊の息子は横山幸汰 くん。
14歳にしては、小さいかなぁ。
でも声変わりの最中なのか完了したのかわからないけれど、叫んだりするときの声が辛い。
それが余計に、息子「広樹」の辛さと相まって、切ない・。


吉岡秀隆の息子役は、高木星来くん、10歳。
ただただ可愛い。
ずっとニコニコしていて可愛い。
そして、吉岡秀隆とちょっと似てるかも。



西島秀俊も、妻が同窓会で遅くなると言っているのに、急に
「今夜は一緒に、メシ食いたい」とか言い出してしかも「お前が作った特製鍋が良い」ってちょっと勝手。

同窓会が本当かどうかは知らないけれど、そんなときは、何か買って帰るとか、外食に誘うとかしなされ。
理由は「今日、仕事がうまくいったんだ!!」でもいいんだよ。
そういうとこがダメなんだよ、ばかちんが。

しかし、いくらそんな勝手なところがある夫だとしても、息子が大事な中学受験の時に、不倫する嫁って最悪。
夫のせいではないだろそれ。
そもそも本当に不倫しているかはわからないけれど、どうみてもカタギの男ではなかったからなぁ。
不倫をしていなくても、普通に生きていれば、あんなヤクザっぽい男と付き合うなんて、おかしい。



+++++


さて、来週も観ます。

それにしても、西島秀俊はずっと目が充血していたけれど、寝不足か???

そして、このドラマはサザンが主題歌なので、視聴率が悪かったら、サザンのせいにできるかもね(爆)



「ダブルフェイス」からずっと共演している西島秀俊と香川照之


「MOZU」


「MOZU 幻の翼」


「ダブルフェイス」感想はコチラ(
「MOZU」の感想はコチラ(
「MOZU 幻の翼」の感想はコチラ(

敵対する役、同士の役、父子の役。

あとはもう恋人役だけやな!!

広告




第2話の感想はコチラ
日曜劇場「流星ワゴン」」第2話 ネタバレ 感想 ~ 西島秀俊の充血が気になる 
第3話の感想はコチラ
「流星ワゴン 」第3話 ネタバレ 感想~子役が体を張ってます!!!
第4話の感想はコチラ
「流星ワゴン」 第4話 ネタバレ 感想~妻の心も体もお金も闇金に持って行かれそう。
第5話の感想はコチラ
「流星ワゴン」第5話 ネタバレ 感想~井川遥の出番なし。 
第6話の感想はコチラ
「流星ワゴン」 第7話 ネタバレ 感想 ~ 香川照之のヨダレ芸
第7話の感想はコチラ
「流星ワゴン」第7話 ネタバレ 感想~三丁目の夕日より泣ける!!
第8話の感想はコチラ
「流星ワゴン」 第8話 ネタバレ 感想~ハッピーエンドにはならないの?ギャンブルとイジメシーンは苦手
第9話の感想はコチラ
「流星ワゴン」 第9話 ネタバレ 感想 ~全然共感できない妻の言い分
最終話の感想はコチラ
「流星ワゴン」 第10話 最終回 ネタバレ 感想~自分が変われるワゴン。なんまんだぶなんまんだぶ ~ 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
キャスト
永田一雄  西島秀俊
永田忠雄  香川照之
永田美代子 井川 遥
永田智子  市川実和子
永田伸之  髙橋 洋
千賀和哉  入江甚儀
古閑    町田啓太
橋本健太  高木星来
永田広樹  横山幸汰
幼少の一雄 佐藤詩音
幼少の智子 梅垣日向子
若き澄江  渡辺真起子
永田澄江  倍賞美津子
橋本義明  吉岡秀隆



コメント(0)  トラックバック(9) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ハンドルネームがないコメントは受け付けません。

トラックバック 9

トラックバックの受付は締め切りました