So-net無料ブログ作成
気になるドラマ-2017夏 ブログトップ
前の5件 | 次の5件

「悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語」第8回(最終回) ネタバレ 感想~もちのろんのハラハラハッピーエンド!! [気になるドラマ-2017夏]

土曜時代ドラマ「悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語」第8回(最終回) 「パパに贈るラブソング」
碌太郎とカオルは舞踏会で再び出会う。そこに結婚を白紙にした鏡子と悦子がとびこんでくる。大騒ぎになる舞踏会。果たして、登場人物たちの運命やいかに!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


[あらすじ]
碌太郎(ユースケ・サンタマリア)とカオル(石田ニコル)は舞踏会で再び出会う。鏡子の結婚で傷ついていた碌太郎は今までのことを水に流し、カオルと心を開きあう。その場に、結婚を白紙にした鏡子(門脇麦)と悦子(平尾菜々花)が乱入してくる。舞踏会は大騒ぎになり、鏡子を追った碌太郎は階段から転げ落ち、大けがを負ってしまう。かくまわれたのは日下部家。鏡子たちは碌太郎の行方を捜すが、鶴代によって阻まれてしまう。
[HPから引用]

広告





原作はコチラ

獅子文六「悦ちゃん」

P201600144500000_x.jpg

最終回なのに話が面倒くさい。

碌さん、怪我してカオルさんちで匿われる。

しかしそれを知っている碌さんの姉・大林鶴代(峯村リエ)は鏡子さんにも悦ちゃんにも事実を話さない。
その上、鏡子や悦ちゃんを心配している碌さんにも本当のことを話さない。

碌さんが行方不明中だけど、碌さん家で悦と暮らす鏡子さん。
そこへ、夢月がやってくる。

ややこしいので、「碌さんと結婚した」と嘘をつく鏡子さん。
そこへ悦ちゃんが学校から帰宅。

「日本のテンプルちゃんにならないか!」

と楽譜を見せて悦ちゃんを誘う夢月。

「1週間後にラジオ局で歌おう!」

悦ちゃんは楽譜を見て、「パパママソングだ!」

と喜ぶ。

ラジオで歌ったら、碌さんが見つかるかもしれない。

そしてラジオで歌う悦ちゃん。

パパママソングの間奏には

「碌さん、おねえちゃんと一緒にいる。
 おねえちゃんとラジオ局で待っている!」

と碌さんへのメッセージ付き。

ラジオを聴いた碌さんは、カオルさんに

「行かなきゃなんない。
 僕には好きな人がいる。
 その人に伝えなくてはいけない。
 悦ちゃんと約束したんだ。」

カオルさんも「愛を貫いて」と快く送り出す。
 

ラジオ局に駆けつけた碌さん。


「俺はあなたのことが好きだ。
 少しばかり待たせてしまった。
 それにこれから先も 俺はずっとしみったれたまんまだと思う。
 でも、あなたを思う気持ちはずっとかわりません。
 俺と・・・俺と結婚してください。


「はい。」


「やったぜ、碌さん!!」



碌さんと悦ちゃんのママ探しはハッピーエンド

あ・・・最後の難関。
それは鏡子の父。



「俺は娘に食うに困らない相手を選んだつもりだった。
 だが娘にはそんなことよりも大切なものがあった。
 愛だ恋だの物語よ。
頼む!お鏡を頼む。
 ただ幸せにしてやってくれ。」


「パパママソング」は大ヒットというわけにはいかず、スマッシュヒット。
碌さんは専属契約にはいたらなかった。

カオルさんは夢月と運命的な出会い?


とにもかくにもハッピーハッピーエンド!!


序盤はどうなるかと思ったわよ~~。
でも収まることこに収まって良かったね。

今回のこのドラマの収穫・・・それは・・・石田ニコルちゃん!!
碌さんの看病をするカオルさんの健気なこと!!
お嬢さんがあそこまでしてくれるなんて、碌さんも幸せよねぇ。
石田ニコルちゃんが美しくて、お芝居もよくて、ワタシにとっては大収穫よねぇ(爆)

そして峯村リエさんの正しい使い方w
良い仕事しましたよねぇ。
さすがです。

で、このドラマ。
楽しませてもらったし、よく出来たドラマだとは思ったんだけど、前作の「みをつくし料理帖」が良すぎたかなぁ。
でもこの枠のドラマは良作が多いので、もっともっと見てもらいたい。
だから、やっぱり・・・この時間帯に放送するのは勿体無いと思うの。
どっちかってーと、金曜ドラマより、この時間帯のドラマの方が面白いと思うんだけどなぁ。



広告







感想はコチラ
「悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語」 第1回 ネタバレ 感想~岡本健一が記憶の中の岡本健一と違っていた・・・
「悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語」 第2回 ネタバレ 感想~役勃たずロクサン
「悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語」 第4回 ネタバレ 感想~モテモテ碌さん
「悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語」 第5回 ネタバレ 感想~日本のテンプルちゃんを探せ!!
「悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語」 第6回 ネタバレ 感想~石田ニコルは見た目も声も美しい
「悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語」 第7回 ネタバレ 感想~みんなが幸せなハッピーエンドを求む!

キャスト
柳家の人々
柳碌太郎 - ユースケ・サンタマリア
柳悦子 - 平尾菜々花
婆や(ウメ) - 大島蓉子
大林鶴代 - 峯村リエ
大林信吾 - 相島一之

池辺家の人々
池辺鏡子 - 門脇麦
池辺久蔵 - 西村まさ彦
池辺藤子 - 堀内敬子

日下部家の人々
日下部カオル - 石田ニコル
日下部絹 - 紺野美沙子
日下部一郎 - 矢野聖人

スイートレコードの人々
細野夢月 - 岡本健一
春奴 - 安藤玉恵
佐藤 - 大野泰広

その他の人々
村岡政子 - 村川絵梨
次作 - 橋本淳

広告








にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

「ハロー張りネズミ」 第10話(最終話) ネタバレ 感想~とにかくカッコ良かったw [気になるドラマ-2017夏]

金曜ドラマ「ハロー張りネズミ」 第10話(最終話) FILE No.8 「眠る埋蔵金」
人情探偵の大博打!探せ徳川埋蔵金3千億!!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村



広告





[あらすじ]
家賃滞納により、ついに裁判所から退去命令が下された「あかつか探偵事務所」。それを受けて、今まで気丈に振舞っていた所長のかほる(山口智子)も、事務所をたたむ決心をする。そんなとき、権田辰夫(柄本時生)という男が群馬県から事務所を訪ねてきて、権田家の敷地内のどこかに埋まっているはずの徳川埋蔵金を発掘してほしいという依頼する。他界した祖父の遺言を権田が説明するも、にわかに信じられないゴロー(瑛太)たち事務所の面々だったが、3000億ともいわれる埋蔵金の価値を知ると、一か八かこの依頼に賭ける決心を固める。
ほどなく、ゴローとグレ(森田剛)、蘭子(深田恭子)、かほると総動員で群馬県の権田家へと向かうのだが……。
[HPから引用]

原作はコチラ


『ハロー張りネズミ』弘兼憲史

news_thumb_hellowharinezumi_1.jpg

埋蔵金、埋蔵金、埋蔵金。

しりとり暗号はトラップ。
ジジイたちがトラップにひっかかり、病院送り。

んでもって、あの暗号を英語にすると本当の埋蔵金のありかがわかった!

埋蔵金を見つけたとたんに地震が起きた。
埋蔵金はまた埋まってしまったが、ありかはわかったので掘り返そう!とはならず、柄本時生はあのままにしておくと言う。
それがじいちゃんの遺志なのだと思う。

うっかりエロスちゃんにいきなりのプロポーズをしていた時生だけど、うっかりエロスちゃんと瑛太ちゃんが付き合っていることを大地震の中知ってしまったので
「うっかりエロスちゃんを幸せにしてあげてください」
なんて言っちゃう時生。
良いやつだったのね。時生。
時生って、芸能人の息子なのに田舎っぽい役が似合うよねぇ。
二世っぽさもないなぁ~。

+++++

埋蔵金が手に入らなかったので、探偵事務所は解散か?と思いきや、瑛太と剛が大判小判をくすねていた。
これで、解散しなくてもすむ!
これで、旅行も行っちゃえる?

そこへ野田洋次郎が登場。

エンディング!!!

このエンディング、カッコ良いわ~。

このエンディング、好きやわ~。

このドラマ、一言で言うなら

シャレオツ←死語w

ダサいという人もいるかもしれないけど、おばさんのワタシはオシャレだなぁって思っちゃったわ。
なんつーか、ホント、瑛太がカッコ良かったんだよねぇ。
地震に驚いて抱き合っている瑛太と深キョンもお似合いで、キュンキュンしたわ~w
タバコの匂いは嫌いだけど、瑛太が吸ってたらカッコ良いよねぇ。
ドラマの小道具としてのタバコは好き~。

で、山口智子と森田剛のカップル(!)も楽しかった~。
山口智子の演技がバブリーなのは置いといてw
ってか、懐かしかった~。


今日は、終始ニコニコできたわ~。
最終回としても楽しい。
だから・・・やっぱり・・・序盤が残念だったかなぁ~。
最初が蒼井優の除霊話なら掴みはOKだったような気がする。
そして、終始漂う深夜ドラマ感w

今期のドラマは残念なのが多かったけれど、テーマ曲は好きなものが多かった。
けど、コレが一番好きかな~。

SPか続編があればいいのになぁ~。




広告




主題歌はコチラ


SOIL&”PIMP”SESSIONS feat.Yojiro Noda「ユメマカセ」

感想はコチラ
「ハロー張りネズミ」 第1話 ネタバレ 感想~同情するなら米をくれ!米なき子も楽しみ。
「ハロー張りネズミ」 第2話 ネタバレ 感想~リリーが爆撃される
「ハロー張りネズミ」 第3話ネタバレ 感想~うっかりエロスちゃんがうっかりすぎる!
「ハロー張りネズミ」 第5話 ネタバレ 感想~お盆にピッタリの爆笑ホラー!
「ハロー張りネズミ」 第6話 ネタバレ 感想~ゲス政治家・ムロツヨシに執念の復讐 
「ハロー張りネズミ」 第7話 ネタバレ 感想~ネギ坊主にグーパンチ!瑛太と深キョンの恋の行方
「ハロー張りネズミ」 第8話 ネタバレ 感想~國村隼が渋すぎて惚れる。
「ハロー張りネズミ」 第9話 ネタバレ 感想~レッドマン・カモフラージュが新鮮!! 
キャスト
七瀬五郎 - 瑛太
四俵蘭子 - 深田恭子
小暮久作 - 森田剛(V6)
風かほる - 山口智子
スナック「輝(キララ)」のマスター - 中岡創一(ロッチ)
萌美(スナック『輝(キララ)』のアルバイト店員) - 片山萌美
河合節子(霊媒師) - 蒼井優
南 (『サンライズ出版』社長) - リリー・フランキー
川田(『川田運送』社長) - 伊藤淳史
仲井(『サンダー貿易』元秘書課長) - 吹越満
伊佐川良二(県議会議員候補) - ムロツヨシ
栗田精二(中華料理店の調理人) - 國村隼





にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村





コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~ シーズン2」 第8話(最終回) ネタバレ 感想~啖呵をきっても上品な孝太郎。 [気になるドラマ-2017夏]

「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~ シーズン2」 第8話(最終回) 「遂に最終章…ゼロ係VS闇に潜む巨悪」
変人のキャリア警視・小早川冬彦(小泉孝太郎)と男勝りで口の悪いベテラン刑事・寺田寅三(松下由樹)の迷コンビが帰ってきた!何もかも違う2人が新たな難事件に挑む!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


広告






[あらすじ]
10年前の「沢村総理暗殺未遂事件」の真相を追うゼロ係だったが、桜庭勇作(木下隆行)と亀山良夫(大杉漣)が何者かに襲われ、極秘捜査は中止、ゼロ係は解散に追い込まれる。だが、小早川冬彦(小泉孝太郎)と寺田寅三(松下由樹)は、ある手がかりを掴み…。果たして、事件の真犯人とは?そして、ゼロ係の運命は!?それぞれの想いが交差する中、衝撃の真実が明かされる!
[HPから引用]
原作はコチラ


富樫倫太郎「生活安全課0係」シリーズ(祥伝社)

高橋光臣と南野陽子が付き合っていただと?
エライ年の差カップルだなぁ。
んでもって、交際を反対されたからって、南野陽子の父親を狙撃??
そんなアホな理由で、高橋光臣が10年前の狙撃事件の犯人なのか?
自衛隊から元総理の秘書への転身ってありか~??
謎が残りつつも、高橋光臣を追い詰めるは察。
とうとう高橋光臣は警察に包囲され、逃げきれないと思ったのか、銃口を自身のこめかみにつきつけ・・・自殺。

なんで阻止しない!!

あれだけの人数の警察官に包囲されてたのに、自殺くらい阻止しろよ。


秘密裏に重大事件の捜査をしていたこと。
被疑者を死なせてしまったことで、なんでも相談室は解散に追い込まれる。


++++++

ところがどっこい。
孝太郎はしつこいの。
調べて調べて調べたら・・・・。


黒幕は小林稔侍


10年前、小林稔侍を守った若村麻由美。
当時総理大臣だった稔侍は国民から同情される。
そして女性(若村麻由美)と戦う総理としてアピール。
内閣支持率はアップ。
収賄疑惑に揺れる政権は維持された。

しかし殺されたナンノ父・長田幹事長は、娘・南野陽子へビデオレターを残していた。

小林稔侍の収賄容疑の罪をすべてかぶれと言われたナンノ・父。

「地検には話を通した。
 不起訴にさせる。」

と言われたが納得いかない。
誰のおかげで幹事長になったんだ?などと上から目線の稔侍。←ま、総理だからね。

しっかし、ナンノ・父だって、爆弾を持っていた。
1964年、当時21歳の二人・・・・。

小林稔侍は民自党の大物政治家・大友の息子を殺害していた。

しっかりそのシーンを目撃していたナンノ・父。←そのときに通報しなさい!!
時効になっているとはいえ、バラされたら大打撃の稔侍。


殺された大友勝信は、戦争で両親を亡くし、大物政治家・大友に育てられた。
大友勝信がいれば、大友の地盤は勝信のモノ。
稔侍は大友の地盤狙いで、勝信を殺害。

オリンピック用地から見つかった白骨死体は53年前に殺された大友の骨だった。
ナンノ・父は稔侍が凶器を捨てた場所も覚えていた。←だったら通報しろよ!!

埋めたのは勝信の父の土地。
死体が埋まっているとばれたくない稔侍が土地を買い取った。
しかしオリンピック用地になってしまう。
ずっとオリンピック推進運動をしていた稔侍は、手放さざるをえなかった。

空き地には稔侍の名前が入っていた万年筆のペン先が落ちていた。
大友政治塾出た人間だけに与えられるものだった。

そして高橋光臣が自殺の際コインを見て笑ったのは・・・。

高橋光臣は両親に捨てられ、稔侍に育てられた。
20歳になった時、稔侍からコインを受け取る。
そのコインに刻まれたいた「1987/3/4」が自分の本当の誕生日だと言っていた高橋光臣。
稔侍こそ、自分の父であり、母だと。
それなのに、高橋光臣に多くの罪を犯させて、死なせた。


この国のためだ。
国民の未来のため


「高橋光臣は、そんな私のために働いた。
 それだけのことだよ。」

と稔侍がのたまう。

「おじいちゃんとは友達になれると思っていたのに。
 タメ口いいですか?」

このあと、素直に謝れ!と孝太郎が稔侍に言うが・・・・。
いかんせん、育ちが良すぎる孝太郎。

「オタンコナス野郎」

って言っても上品なのよね。


53年前の殺人事件は時効、しかし10年前の殺人教唆だけは立件したいと、プンスカしている鶴瓶の息子。
鶴瓶の息子が稔侍を任意同行!





稔侍、クズやな。

てかさ、ナンノ父も稔侍の弱味を握っているなら、幹事長ではなく総理大臣になれたんじゃね?
そんな野心はなかったのか?
であれば53年前に警察にチクってやれば良かったのに。

ナンノは急に老け込んだように見える。
少し前までもっと若々しかったのに!
高橋光臣は、ナンノのことを騙していたのかなぁ~?
ナンノと付き合ったのも稔侍の命令だったのかしら?

でも、ま、最終回はうまくまとまって、「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室」は再結成。
屋上はスイカからいちご栽培へ。
もしまた放送があるなら、若村さんもレギュラーかな~。

事件はそこまで面白いとは思わなかったけど、キャラクターは面白い。
啖呵をきるシーンでは「品」が邪魔してしまったけど、孝太郎のキャラはいい。
でも鶴瓶の息子とTKOの木下はいらんかも(爆)
黒幕が鶴瓶の息子ならと何回も思ったんですけどねぇ。
稔侍か~。

稔侍と孝太郎が揃うと、「炎の警備隊長・五十嵐杜夫」を思い出しちゃうよね~。
もうあれ、やんないのかしら?

んでもって、大好きな高橋光臣は死んじゃったのでもう出ないよねぇ。
「梅ちゃん先生」でブレイクした!と思ったんだけど、イマイチパッとしない・・。

ともあれ、視聴率も右肩上がりだったし、シーズン3もあるだろうと、期待しております。


広告








感想はコチラ
「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~ シーズン2」 第3話 ネタバレ 感想~松下由樹に着ぐるみが似合いすぎている件 
「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~ シーズン2」 第4話 ネタバレ 感想~河相我聞はこうじゃないとね! 
「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~ シーズン2」 第5話 ネタバレ 感想~ゲスノートに書き込んだら死んじゃった。
「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~ シーズン2」 第6話 ネタバレ 感想~松下由樹に説教されたい!
「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~ シーズン2」 第7話 ネタバレ 感想~裏切り者はいても殉職者は出ないだろうと思う

主題歌はこちら

スキマスイッチ「リチェルカ」
キャスト
小早川冬彦  小泉孝太郎
杉並中央署 生活安全課 なんでも相談室
警視

寺田寅三   松下由樹
杉並中央署 生活安全課 なんでも相談室
巡査長

本条靖子   安達祐実
杉並中央署 生活安全課 なんでも相談室事務職

桜庭勇作   木下隆行
杉並中央署 生活安全課 なんでも相談室

太田文平   戸塚純貴
杉並中央署 生活安全課 なんでも相談室

青山 進    六角慎司
杉並中央署 鑑識課
主任

鮫島弥生   岸明日香
杉並中央署 地域課

伊達春馬   駿河太郎
警視庁捜査一課 警視

氷川小百合  若村麻由美
杉並中央署
警視正 新副署長

谷本敬三  石丸謙二郎
杉並中央署
警視 課長

国仲春吉  加藤茶
居酒屋 春吉
店主

沢村和男  小林稔侍
元総理大臣

亀山良夫  大杉漣
杉並中央署 生活安全課 なんでも相談室
警部補 係長


ゲスト出演者
長田瞳…南野陽子
今川仁志…中田敦夫
室井宏明…斎藤歩
長田正彦…浜田晃


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

「黒革の手帖」 第8話(最終話) ネタバレ 感想~高嶋政伸が全部もっていった。 [気になるドラマ-2017夏]

「黒革の手帖」第8話(最終話)
「殺したんだろ?君が…」松本清張史上・最強悪女の華麗なる戦い、遂に完結!!
銀座に舞い戻った女王(武井咲)は、とうとう頂点へ上り詰める!?激動の最終話!.

広告






[あらすじ]
 安島富夫(江口洋介)から渡された封筒を手に、もう一度長谷川庄治(伊東四朗)に会う約束を取り付けた原口元子(武井咲)。何度どん底に突き落とされても諦めず『カルネ』の権利を返すよう迫る元子に、長谷川は「ゆとり世代は何を考えているのかわからんと聞いていたが、君の度胸には感服だ」と、ついに要求を受け入れる。
 観念した長谷川が覚書にサインをしたそのとき、思いがけない事態が起こり…!?

 混乱の中、とうとう『カルネ』を取り戻した元子は、その足で銀座へ。ママとして店に居座っていた山田波子(仲里依紗)に「さっさと出ていきなさい」と言い渡す。直前に支配人の村井亨(滝藤賢一)と衝突していた波子は元子に再び敵対心を露わにする。

 一方その頃、楢林謙治(奥田瑛二)と中岡市子(高畑淳子)のもとに国税局査察部が。脱税の疑いで『楢林クリニック』に強制捜査が入ったことで、市子はその事実に取り乱す!

 さらに元子は橋田常雄(高嶋政伸)や岩村叡子(真矢ミキ)にも連絡をとり、ママとして再出発することを報告。すると橋田から衝撃的な事実を明かされる!

 こうして銀座に舞い戻った元子。これまで通りの日々が続いていくかのように見えたある日…?
[HPから引用]


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村



松本清張『黒革の手帖』(新潮文庫刊)


米倉涼子版

3ce9315216c5a735b1d3c6741c369426_10543.jpg


伊東四朗、死亡。

急に咳き込んで死亡ってどういう病気だ?

目の前で伊東四朗が亡くなってしまった武井咲は江口洋介を呼び出す。
江口洋介はトラブル処理のプロだからと任せて欲しいと武井咲を帰す。

++++

滝藤VS仲里依紗

仲間割れの二人の罵り合い。
どっちもどっちだw

「ママの器ではない」
と言われた仲里依紗。
滝藤さんの言うとおりにすればいいものを、結局武井咲に店を取られてやんの。

「天罰が下る!」

なんて負け犬の遠吠え。
仲里依紗は、だめんずで金に困っていたときに、助けてもらったくせにねぇ。
銀行員時代は地味で可愛かったのに。


++++++

今日のメインイベントは


高嶋政伸のコント!!


「んーハウマッチ?」

「お勉強させていただきます~」

「だーけどだけどだけどだけどだけど!!!」

「君が殺したんだろ?」

「真実の愛を!!」

「愛の偏差値」

「入学式 」

「合格させてくれよ!」

「裏口でもいいから!」

「心はいない。」

「悪い子!悪い子!悪い子!」

まさか、また高嶋政伸から税金分を脅し取ろうとしていたなんてさ。
同じ手ばっかり使うよね。
高嶋政伸から2億をもらうなら、1回くらい許してやれよ!って思うけど、生理的に無理なんだろうな。
だって変態だもの。

「姉さん事件です!」

なんて言っていたのに、いつの間にこんな役ばかりするようになったのよ、高嶋政伸。

+++++

武井咲は警察に話を聞かれることになるが、伊東四朗とは男女の関係だった。
江口洋介しかそのことを知らなかったからと供述し、事なきを得る。


でもでもでも、いろんなところから恨みを買っている武井咲のもとに高畑淳子がやってきた。
高畑淳子を刺客として送り込んだのは仲里依紗。
人の良い武井咲は高畑淳子を家にあげ、黒革の手帳も伊東四朗の領収書も盗まれてしまう。


「ルダン」オープン&江口洋介結婚式。

伊東四朗の贈収賄の証拠の領収書は警察にわたり、江口洋介が任意同行。


武井咲も逮捕?





ま、しゃーないよね。
原作では江口洋介が裏切るんだけど、江口洋介も捕まっちゃったねぇ。


バカは身を滅ぼす。

すべて恐喝でのし上がったら、崩れるのも早いよねぇ。
黒革の手帖も領収書の管理もずさんすぎる。
一度盗まれているんだから、銀行の貸金庫にでも預ければいいのに。
このあたりが・・・・ゆとり世代ってこと?

あっけない終わり方だったなぁ。
それとも続編ありきの終わり方だったんだろうか。
でも武井咲ちゃんは妊娠中。
ってことは続編も立ち消えるかもしれないから・・・・変な終わり方だな(苦笑)

デキ婚はだらしないイメージですが、若い子にはバンバン子供を産んで欲しいから、ま、いいか。
しかも財力もありそうだから、どんどん産んで欲しいわ~。

数年先まで仕事が入っていたということで、武井さんがプロとしてどうかなどと言われているけれど、そこそこ若いお嬢さんのスケジュールを何年も先まで抑えている事務所に問題があるよね。
男と違って、女性は出産前後はどうしても休まないといけないんだから。


なんだかんだで、松本清張作品はこねくり回さないのが一番面白いと思うんだよね。
序盤、切れ者の元子が、命より大切な手帖の管理をあんなふうにするわけがないじゃない?
天罰が下るのは原作通りだし、それはそれでいいんだけど、きっかけが「ずさんな管理」だとしたら、がっかりよ。
なんとかできなかったんだろうか。
それとも好評だと聞いていたこのドラマ「打ち切り」だったんだろうか?
ってくらいヒドイ最終回だったなぁ~。

1億円の領収書なんて見たことないけど、収入印紙も貼ってないのね。
しかも百均に売られているような領収書・・・・・。
なんかチープだったなぁ。


武井咲が綺麗なだけのドラマ

だと思っていたんだけど、

高嶋政伸が変態なだけのドラマ

に最終回で塗替えられたw
変な高嶋政伸が見られて良かったわ。

広告






主題歌はコチラ

福山雅治『聖域』(アミューズ/ユニバーサルJ)

感想はコチラ
「黒革の手帖」第1話 ネタバレ 感想~オスカーは派遣好き! 
「黒革の手帖」第2話 ネタバレ 感想~水商売と銀座で女が豹変する。
「黒革の手帖」第3話 ネタバレ 感想~滝藤さんの逆恨みと尽くす女高畑さん 
「黒革の手帖」第4話 ネタバレ 感想~元子ママは生娘か?
「黒革の手帖」第5話 ネタバレ 感想~来週は被害者全員大集合!!
「黒革の手帖」第6話 ネタバレ 感想~全く色気のないキスシーン
「遺留捜査」 第4シリーズ 第7話 ネタバレ 感想~万年筆と不倫と盗作 
「黒革の手帖」第7話 ネタバレ 感想~スタントでも階段落ちで流産するのはいろいろ気になる。

キャスト
原口元子 …… 武井 咲
父の死後に母が背負った借金を相続。東林銀行世田谷北支店で派遣社員として真面目に働いているが、莫大な金を預けにくる顧客や違法な“借名口座”に金を預ける預金者たちと自分の人生を比較し、そのあまりの違いに現実を痛感する日々。借金返済のため、銀座のクラブ『燭台』でホステスとしても働いている。
ふたつの派遣業務をこなしながら、ついに親の借金を完済。そんな折、銀行でのある事件が発生し、それを契機に、これまで秘密裏に進めていた“ある計画”を実行に移すことを決意。そして銀座の一等地にクラブ『カルネ』をオープンさせる。 .

安島富夫 …… 江口洋介
衆議院議員秘書。政治家になるという夢を実現させるため、国有地払い下げの窓口、進学・就職の斡旋、愛人との密会の手配、スキャンダルのもみ消しなどの“汚れ仕事”にも懸命に奔走し、現在の立場を築いた。女は利用するもの、と割り切っていたが元子との出会いでその価値観が崩れ始める。 .

山田波子 …… 仲里依紗
元子とともに東林銀行世田谷北支店で派遣社員として勤務。派遣の仕事を失い、元子に誘われホステスになると、男を手玉に取って儲ける術を覚え、豹変。一気に人気ホステスへと成長し、やがて元子のライバルとなっていく。 .

村井 亨 …… 滝藤賢一
元子が働く東林銀行世田谷北支店の次長。 .

牧野 …… 和田正人
元子が通う銀座の美容室の“オネエ”店長。 .

島崎すみ江 …… 内藤理沙
料亭『梅村』の仲居。のちにホステスになる。 .

橋田常雄 …… 高嶋政伸
大手予備校『上星ゼミナール』の理事長。子息を医者にしたい親と大学病院の間で暗躍し、裏口入学で得た巨額の利益を借名口座に預金している。 .
岩村叡子 …… 真矢ミキ
元子が最初に夜の世界に足を踏み入れ、働いたクラブ『燭台』のママ。銀座のルールとモラルを守る古き良き昭和のホステス。 .

中岡市子 …… 高畑淳子
楢林クリニックの看護師長で院長である楢林の愛人。クリニックがまだ下町のイチ皮膚科だったときから楢林を支え、今の地位まで押し上げた影の立役者。院長を愛し、病院を愛し、ひたすら尽くしてきたが、ある時思いもかけぬ裏切りに遭い…? .

楢林謙治 …… 奥田瑛二
楢林クリニック院長。コツコツ勉強して医者になり、コツコツ裏金を貯めて成り上がった。小さな皮膚科から市子と二人三脚で病院を大きくし、念願の新病院建設まであと一歩というところで転落が始まる。 .

長谷川庄治 …… 伊東四朗
政財界のフィクサー。安島の父親代わりの後援者。楢林の新病院建設予定地の口利き役でもある。


広告











にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




コメント(2) 
共通テーマ:テレビ

「遺留捜査」 第4シリーズ 第9話(最終回) ネタバレ 感想~窃盗を隠すために殺人を犯す [気になるドラマ-2017夏]

木曜ミステリー「遺留捜査」 第4シリーズ 第9話(最終回)
特対を襲う最大の難事件!糸村、最後の3分へ…衝撃の最終回!
祝儀泥棒の前科を持つ女性が結婚式場で殺害された。不可解な状況、過去の事件…謎のタグが導いた真相とは!?

広告






[あらすじ]
 結婚式場のトイレで、黒留袖を着た中年女性の絞殺死体が発見された。しかし、その日の結婚式の参列者ではないとわかる。  指紋から、遺体の身元は6年前、“ご祝儀泥棒”として逮捕された坂口真代(かとうかず子)と判明。式場の貸衣装室では“石井望美”と偽名を名乗り、保険証まで提示して黒留袖を借りていた。またもや、式場で窃盗を働こうとしていたのだろうか…!?
 だが、糸村聡(上川隆也)は真代が所持していたポーチの中から、衣類から切りとったらしい、素材表示のタグを発見。真代の服はSサイズだが、そのタグにはLサイズと表記されていたのが気にかかる。また、遺体の口元に付着していた糸くずから、薬物の成分が検出され、真代は薬物をかがされて意識を失ったところ、首を絞められて殺害されたことが明らかになった。
 そんな中、真代が貸衣装店で提示した保険証は、彼女がパートとして働いていたクリーニング工場経営者・石井望美(岡まゆみ)のものとわかる。望美によると、真代は従業員のロッカーから度々、貴重品を盗んでいたらしく、自分の保険証も真代に盗まれたに違いないと訴える。また、真代の娘・海老名史香(大路恵美)も母を嫌悪している様子で、真代の逮捕により、夫の海老名光輝(浜田学)と離婚の危機にあるようだったが…!?
[HPから引用]



にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


DEDKVKwUAAEqRcW.jpg

更衣室で泥棒していたのは、かとうかず子ではなく、岡まゆみだった。
岡まゆみは金に困っていなかったが、ストレスが溜まると盗みを働く癖がある。
かとうかず子に盗み癖を知られてしまい、50万円の口止め料を渡すから、会社を辞めて欲しいという。
その際、保険証も貸して欲しいと頼まれ、不安になるが貸してしまった。


+++++


犯人は結婚式場のカメラマン・坂口

坂口は女ったらしで、かとうかず子とも付き合っていた。
6年前、結婚式場でアルバイトをしていた。
仕事の途中で、ご祝儀泥棒を働いていた。
そしてその運び屋をかとうかず子にやらせていた。


かとうかず子があの結婚式場にいたのは、貸衣装(留袖)を借りると写真撮影のサービスが付くと知ったからだった。
保険証を借りたのは偽名で貸衣装を借りるため。

式場には坂口がいることを知っていて、坂口に会うために出向いたのだ。
6年前、坂口のご祝儀泥棒を手伝ったのは、「別れた妻の子供の病気を治すため」だった。
その言葉を信じていたので、逮捕されても主犯の坂口の名前は出さなかった。
でもでも、娘婿には本当のことを話して欲しいという。
警察には話さないから、娘婿にだけは本当のことを話して欲しい。

しかし坂口のとっては恐怖でしかないかとうかず子の存在。

「この女を生かしておくと危ない。」


上川隆也がこだわった遺留品は、坂口の帽子についていたタグだtt。
最初からかとうかず子を共犯にしようと近づいた坂口は、自分の証拠を残しておかなかった。
あのタグは坂口と過ごした時間を思いだせるものだった。

「お前のために刑務所にまで入った女を無残にも殺した。
お前こそクズだ。


と坂口に吠える段田安則室長。


++++++


かとうかず子は孫娘と時々会っていた。
自分のせいで、娘夫婦が別居していることを知った。

スーパーのレシートを集めていたのは、10枚ためてハワイ旅行に行こうキャンペーンに応募するためだった。
娘家族にハワイ旅行をプレゼントしたかった。
家族の絆を取り戻すために家族旅行が良いきっかけになるのではと考えたのだ。←ちょっと違うんじゃない・・・・?

しかし事件の前日、50万円も手に入れてしまう。
キャンペーンに応募しなくてもハワイ旅行をプレゼントできる。

これで、6年前の事件の主犯の男(坂口)に会い、ご祝儀泥棒は人助けのつもりだったと証言してもらえれば・・・。
そのためたに行動して殺されてしまった。
娘を困らせていることはわかっていたのだ・・・・。





6年前の窃盗がバレるかもしれないから殺人を犯す。

そんなリスクの高いことをするのかしら(爆)
この犯人、バカすぎる。
そして、こんな男の言うことを信じるかとうかず子もバカすぎる。
これがハタチそこそこの女の子なら騙されるのもわかるけど、還暦に近い女が騙されたらそれはもう人が良いとかではなく、単なるバカじゃん。

そしてワタシの姑がこんな人なら、やっぱり許せない。
人助けのつもりのご祝儀泥棒
って何の言い訳にも、何の罪滅ぼしにもならないと思うけどねぇ。

万引き癖のある岡まゆみの闇が怖いよね。
そう言えば、昨日の「過保護のカホコ」のたまきちゃんの万引きグセも治ったんだか治ってないんだかわかんないままで終わったなぁと今更気づくw

今日は普通に最終回を迎えましたね。
しかも先週と同じく被害者が良い人エンド。
これはこれで無理がある。
しっかし、最終回っぽくない最終回でした。
また来年も糸村さんにお会いできるのかしら?

なぜ京都に異動したの?
って思ったけど、結果オーライかも?
斉藤由貴がレギュラーから外れたことにより、来年もシリーズは安泰かもしれない。

捜査一課長なんて、大福の役をどうするのか、ちょっと頭が痛いんじゃないかと思うんだよねぇ。
来年になったら、斉藤由貴も復帰できているかもしれないけどね。
事務所も東宝芸能だしさ。
しれ~~っと(苦笑)
大福は斉藤由貴が良いと思うんだけどね。

広告





主題歌はコチラ


感想はコチラ
「遺留捜査」 第4シリーズ 第1話 ネタバレ 感想~緊急事態に備え「手旗信号」を覚えよう。
「遺留捜査」 第4シリーズ 第2話 ネタバレ 感想~パイロマニア心くん 
「遺留捜査」 第4シリーズ 第3話 ネタバレ 感想~潜入捜査員に見えなかったなぁw
「遺留捜査」 第4シリーズ 第4話 ネタバレ 感想~40年越しの復讐
「遺留捜査」 第4シリーズ 第5話 ネタバレ 感想~【悲報】多岐川裕美が老けていた。
「遺留捜査」 第4シリーズ 第6話 ネタバレ 感想~冤罪は辛い。筋ジストロフィーも辛い。
「遺留捜査」 第4シリーズ 第7話 ネタバレ 感想~万年筆と不倫と盗作 
「遺留捜査」 第4シリーズ 第8話 ネタバレ 感想~死んだら良い人ってのも無理がある。

「遺留捜査」SPドラマの感想はコチラ
ドラマスペシャル「遺留捜査」ネタバレ感想~ラストが少し弱い。後半尻すぼみの印象
ドラマスペシャル「遺留捜査」 ネタバレ 感想 ~結局犯人は逮捕されたのか?

キャスト
糸村 聡......上川隆也
鋭い鑑識眼と偏執的ともいえるこだわりを持ち、事件現場に残された“遺留品”や被害者が残した“被害品”をもとに事件を徹底的に追い詰める刑事。“モノ”に対する思い入れが強すぎて上司の命令を無視して単独行動を取ることも多く、周囲から煙たがられてきた。
空気を読まない、マイペースな性格。感情を表に出すことは滅多になく、何を考えているのかわからない。事件解決後、事件関係者に「3分だけ時間を下さい」と頼み、現場に残された遺留品を元に汲み取った、容疑者が犯行に至った細かな動機や被害者の最期の想いを伝える。
本シリーズで、警視庁月島中央署から京都府警捜査一課特別捜査対策室に異動してくる。

神崎莉緒(かんざき・りお)......栗山千明
京都府警捜査一課特別捜査対策室刑事。警察という男社会の中で戦いながら凶悪犯罪と向き合い、天性の鋭い勘を捜査に反映させて多くの事件を解決してきた。しかし曲がったことが大嫌いな性格から上司や同僚とたびたび衝突している。
モデル並みのスタイルの持ち主だが、大食い。幼い頃より転校を繰り返してきた過去から、仲良くなればなるほど別れが辛くなることが身に染みており、人と深く関わることを避けてきたところがある。
糸村とバディを組むこととなり、そのマイペースぶりにうんざりしながらも、遺留品にこだわる信念を徐々に認めるようになって…!?

佐倉路花(さくら・みちか)......戸田恵子
京都府警捜査一課特別捜査対策室刑事。京都生まれの京都育ち。父は太秦で有名な大部屋俳優で、幼い頃から大人たちにかわいがられてきた。その影響か、人の懐にスッと入り込む術を持ち、処世術や人間観察力に長けている。
子ども時代から金銭的に苦労してきたため、安定した仕事を求めて女性警察官になった。刑事になるつもりはなかったが、持ち前の人間観察力が話題となり、刑事課に引っ張られる。未だ独身ではあるが、結婚はあきらめておらず、密かに婚活続行中。糸村と莉緒のコンビを楽しそうに見守っている。

雨宮 宏(あまみや・ひろし)......永井 大
京都府警捜査一課特別捜査対策室刑事。明朗快活で人当たりがよい上、極めて高い身体能力と捜査情報を論理的に整理する構成力を備えており、刑事として優れた資質を持っている。その能力を桧山に買われ、捜査一課からチームに引き抜かれた。
一歩引いた距離感で糸村を観察するが、その空気を読まないマイペースぶりにいつのまにか巻き込まれることも。

高瀬信彦(たかせ・のぶひこ)......和泉崇司
京都府警捜査一課特別捜査対策室刑事。前職は、府警の広報センター。子どもたちに“親しみやすい警察”をPRしていたが、引っ込み思案な性格のため仕事になじむことができなかった。だが、府警のHPをイチから作り直したことで、情報解析のスキルが極めて高いことが発覚。チームに抜擢される。

滝沢綾子(たきざわ・あやこ)......宮﨑香蓮
京都府警の科捜研研究員。人材交流で派遣されてきた村木の科学捜査の手際に感心し、尊敬の念を抱きはじめていたが、糸村に振り回される姿を見て、それが疑念に変わっていく。

村木 繁(むらき・しげる)......甲本雅裕
糸村と腐れ縁の警視庁科学捜査研究所係官。どんなに仕事が立て込んでいても平然と別の鑑定を依頼してくる糸村にあきれながらも応じてしまう。
奇しくも、糸村と同時期に京都府警の科捜研に人材交流で派遣される。

桧山 亘(ひやま・わたる)......段田安則
京都府警捜査一課特別捜査対策室室長。京都出身。
常に冷静沈着で人心掌握術に長け、頑固な古参刑事からゆとり世代の若い刑事まで見事に使いこなしてきた。その実力とリーダーシップを認められ、特別捜査対策室室長に抜擢される。だが、新たに配属された糸村のマイペースぶりに翻弄され、思わず感情を爆発させることも…!?

ゲスト
かとうかず子、岡まゆみ、大路恵美、浜田学、若杉宏二、たかはしあいこ、椎平瑠月、角田貴志 ほか








広告





にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村



コメント(4) 
共通テーマ:テレビ
前の5件 | 次の5件 気になるドラマ-2017夏 ブログトップ