So-net無料ブログ作成
検索選択
気になるドラマ-2016秋 ブログトップ
前の5件 | -

「相棒 season 15」 最終回2時間スペシャル 第18話 ネタバレ 感想~自作自演に2時間・・・。 [気になるドラマ-2016秋]

「相棒 season 15」 最終回2時間スペシャル 第18話 『悪魔の証明』
ひた隠しにしていた美彌子の秘密を亘がリーク!?
暴露記事をきっかけに直接対峙する右京と美彌子
警視庁を揺るがす究極の頭脳戦が始まる!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

[あらすじ]
サイバーセキュリティ対策本部の特別捜査官である青木(浅利陽介)が、自身のスキルを悪用し、広報課長・社美彌子(仲間由紀恵)の私物のパソコンに進入。美彌子の娘と思しき少女が映った写真や動画を密かにのぞき見た。異変を察した美彌子が、青木とは別の捜査官に調査を依頼した結果、侵入の痕跡が発見され、首席監察官の大河内(神保悟志)が調査に乗り出す事態となる。その後、真っ先に疑いを掛けられたのは、亘(反町隆史)だった。どうやら美彌子が、ハッキングを許した理由を、亘から届いた怪しげなメールにしか心当たりがないと申告したらしい。亘は、そんなメールなど送っていないというが、亘のパソコンから美彌子にメールした痕跡ばかりか、パソコンに侵入した痕跡まで発見されてしまう。

そんな中、美彌子に風間楓子(芦名星)と名乗る週刊誌の記者から取材依頼がある。パソコンから流出したと思われる少女の写真を入手した彼女は、そのネタを記事にするつもりらしい。美彌子は、取り乱した様子もなく冷静に取材を拒むが、実際にその後、『警視庁美人広報課長は国際派シングルマザーだった!?』という下世話な記事を書かれてしまう。結果、亘は不正侵入のほか、個人情報漏洩の疑いまで掛けられ憤慨する。それまで、事の成り行きを静観していた右京(水谷豊)だったが、雑誌に掲載された少女の写真の背景が気になっている様子。それは、ロシア独自の風習を捉えたものらしく…!?

独自の調査に乗り出した右京は、なぜか東京拘置所に拘禁されている元内閣情報調査室の室長・天野(羽場裕一)のもとを訪れる。少女の父親は、アメリカに亡命したロシアの元スパイ・ヤロポロクの可能性がある、と天野に自身の推理をぶつける右京。背景には、2年半前に天野が起こした連続殺人事件の真相が知りたいという意図があった。それは、右京と美彌子が初めて直接接点を持った事件。ヤロポロクの亡命が発端となり、天野が国を裏切ってロシアに情報を流していた4名の日本人に私刑を下した事件だった。警視庁としては、その事件自体は“過去のもの”だったが、将来を嘱望されたキャリアと、ロシアの元スパイが通じていたとなれば大問題になる。副総監の衣笠(大杉漣)をはじめ上層部の人間は、美彌子を追求するが、彼女は一向にひるむ様子がなく…!?

疑惑の渦中に巻き込まれた亘と、独自の捜査を始めた右京
美彌子とスパイ、そして殺人を犯した元上司の関係は!?
右京、亘、美彌子。それぞれの思惑が複雑に絡み合い、スキャンダラスな騒動は、衝撃のラストへと繋がる!
[HPから引用]

広告





01.jpg

羽場さんが殺人を犯した理由は仲間由紀恵を庇うためだっけ?
羽場さんがヤロポロク(ロシアのスパイでアメリカに亡命)と仲間由紀恵の関係を知ってかばっていたのか?
ってのは謎のまんま

相棒 season13 初回2時間スペシャル 第1話「ファントム・アサシン」」 ネタバレ 感想~仲間由紀恵はレギュラーか、準レギュラーになるの???

もうさ・・・。時々ヤロポロクすんのやめてくんないかな~。
記憶を手繰り寄せいのが困難なんで(苦笑)


リーク写真が仕掛けられたナゾ。
そのナゾは右京さんに向かっていた。
誰が一体そんな真似をするんでしょうね。

「仕掛けたのは社さん(仲間由紀恵)だと思います。
 仲間由紀恵が自分で売り込んだ。
 売ったのは君(反町隆史)ではないと言う心証。」


写真をリークしたのは仲間由紀恵

自作自演ってやつね。

東大時代の元カレを使い娘の写真を、芦名星の週刊誌に持ち込んだ。

たまたまパソコンに侵入されたのを理由に秘密を公にしてしまおうと思ったのではないか。
これを機に、秘密の解消を図った。

記事にはリトマス試験紙の役割もあり、誰が味方で敵かと見定めることもできる。
このままではいつまでたっても父親は誰かと噂される。

であれば選んだ写真にも意味がある。
手がかりのある写真を選んだはず。

幹部の質問に仲間由紀恵が自作自演を認める。
そして

娘の父親はヤロポロクです。

と告白。


「”ヤロポロクと深い関係にあったから、国を裏切ったに違いない。”
 と思われているようですか、襲われたんです。
 乱暴されたんです、
 それでできた子供です。

 証言をしてくださる方ならいます。」


甲斐峯秋の証言。

「とにかく被害届を出すのを進めた。」

「騒げば帰国してしまう。
 同時に構築した関係も壊れてしまう。

 被害届は踏みとどまった。

宿った子に罪はありませんから。」

「キャリアをそれを持って侵害するのは厳に慎むべき」
と甲斐は進言。


私は国を裏切ってなどいません。

結局この件に関しては箝口令が下る。


+++++

羽場さんと面会する仲間由紀恵

「国は裏切っていないな」

と確認。

どんな弱味を握られているのか、仲間由紀恵は「あの方に嘘は付けません。」と羽場さんのことを言う。


そして羽場さんは右京さんの顔を見るのも嫌だからと

「下山殺しの真相を話します。」

って言ったけど・・・・視聴者には話してくれない。


右京さんと仲間由紀恵

「あなたには脱帽です。」By 社(仲間由紀恵)

「心にもないことを」By 右京


ドラマの中盤での相棒同士の会話


「黙っていろ!」By 右京

「何様だ!」By 冠城





仲間由紀恵関連のストーリー、面白いですか?
ワタシ、面倒です。
ワタシ、面白くないんですよねぇ。


右京さん出版社に父親情報リーク

冠城がつきとめる

想像できないなら黙っていろ

何様だ。

社の自作自演

娘の父はロシア人スパイ

強姦された。


2時間、長かったわ~。

今の相棒・・・・も信頼関係がないのか?

久々に見たカイトくん。
やっぱりカッコ良いんだよなぁ、成宮くん。
賛否はあったものの、成宮くんが好きだったからねぇ。
受け入れられた。
しかしダークナイトだったからさ。
右京さんを欺いていたしねぇ。
成宮くんの映像普通に使えるんだねぇ。
権利関係はどうなってんだろ?


「食えねぇ女」を連発する冠城も「食えねぇ男」だったりして。
でも、青木(浅利陽介)を完全に信頼している冠城・・・バカなのかなぁ?


パソコンをハッキングされたのは予想外だったのかねぇ、仲間由紀恵。
プライベートのパソコンを職場に持ち込むなんて、脇が甘い。

で、娘ちゃん。
ロシア系というより、中近東?イスラム系っぽかったし、日本語が話せないのか、結構酷いアフレコだったなぁ。


ま、なんだかんだ言って、真相はわからないしさ。
中途半端で半年待つ身にもなってよ。
記憶できないんだから(苦笑)

国を裏切る話より痴情のもつれの方が気楽。

すんません、下世話で。


3秒ルールを提唱していた片桐竜次さん。
水谷さんとも仲良し見たいだけど、渡瀬恒彦さんの家族葬に参列されたんですね。
ピラニア軍団・・・・。


広告





感想はコチラ
「相棒 season 15 」第1話 ネタバレ 感想~呪いと暗示の復讐殺人
「相棒 season 15」第2話 ネタバレ 感想~人探しからタバコの配合まで。
「相棒 season 15」第3話 ネタバレ 感想~好きなことやったら余命が伸びる? 
「相棒 season 15」第4話 ネタバレ 感想~風間杜夫と内田慈で一時間持つんだねぇ。
「相棒 season 15」第5話 ネタバレ 感想~森尾由美と堀内正美が不倫!? 
「相棒 season 15」第6話 ネタバレ 感想~老人より足の襲い反町隆史
「相棒 season 15」第7話 ネタバレ 感想~安達祐実は今日も不幸です。
「相棒 season 15」第8話 ネタバレ 感想~鶴田真由に厳しすぎる。
「相棒 season 15」第9話 ネタバレ 感想~あとぴんの印象は強いが眠っているだけだった。
「相棒 season 15」第10話元日スペシャル~ネタバレ 感想~警視総監まで殺さなくても・・・。
「相棒 season 15」第11話 ネタバレ 感想~タスポがなくても中学生がタバコを買えるのかい。
「相棒 season 15」第12話 ネタバレ 感想~来週はお休みですが、再来週は神戸&米沢が帰ってくる!
「相棒 season 15」第13話 ネタバレ 感想~鑑識が米沢さんの安定感
「相棒 season 15」第14話 ネタバレ 感想~神戸くんの出演シーンが少ない! 
「相棒 season 15」第15話 ネタバレ 感想~CIEL BLEWの香水を水に変える必要性
「相棒 season 15」第16話 ネタバレ 感想~陣川ロンドンで何を学ぶ? 
「相棒 season 15」第17話 ネタバレ 感想~とうとう「花の里」までやってきた青木。

出演者
杉下右京(水谷豊)
冠城亘 (反町隆史)
月本幸子(鈴木杏樹)
伊丹憲一(川原和久)
芹沢慶二(山中崇史)
角田六郎(山西惇)
青木年男(浅利陽介)
大河内春樹(神保悟志)
内村完爾(片桐竜次)
中園照生(小野了)
衣笠藤治(大杉漣)
甲斐峯秋(石坂浩二)

【ゲスト】
芦名星、羽場裕一







にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

コメント(12)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

「科捜研の女」第16シリーズ 最終話(第18話) ネタバレ 感想~とうとう自分で愛されキャラと言い出したロタくん。 [気になるドラマ-2016秋]

「科捜研の女」第16シリーズ 最終話(第18話) 『 完璧防犯システムの家 』
マリコvs最強の防犯システム!?万全のセキュリティ下の豪邸で、殺人事件が発生!邸内にいた後妻に疑惑がかかる中、防犯システムの裏を探るマリコの身に魔の手が迫って…!?

広告





[あらすじ]
 早朝、高齢の資産家・小田山航志郎(平岡秀幸)が自宅の洗面所で頭頂部を殴打されて殺害された。小田山は壁に設置された警備会社への通報ボタンを押しており、警備員が駆け付けたとき、半年前に結婚したばかりの年下の妻・浩乃(佐藤仁美)は就寝中で、夫が家の中で殺されたことに気が付いていなかった。しかも、出入り口の鍵はすべて内側から施錠されていた。

 小田山邸を担当するホームセキュリティー会社の防犯コンサルタント・秋月裕作(石橋保)は、駆け付けた榊マリコ(沢口靖子)らに、この家には何者かが侵入すればセンサーが感知する、完璧な防犯システムを導入していると説明。小田山邸に外部から第三者が入り込むことなど、絶対に不可能だと断言する。
 その言葉どおり、秋月の会社から提出された防犯カメラ映像を確認した結果、小田山邸に出入りする人間はまったく映っていなかった。しかも、凶器の置物からは妻・浩乃の指紋しか検出されなかった。

 そんなとき、浩乃の前夫が小田山同様、30歳以上も年上の資産家で、やはり彼女が就寝中に浴室で事故死していたことが判明。土門刑事(内藤剛志)は、遺産目当ての浩乃の犯行を疑いはじめる。
 しかし、マリコは浩乃の身長が低く、長身の小田山の頭頂部まで凶器が届かないことを疑問視。本当に完璧な防犯システムなのか、独自の検証をはじめたマリコのもとに魔の手が忍び寄って…!?
[HPから引用]


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

main.jpg


犯人は大寶智子

1年前、小田山家に泥棒が入ったのは鍵を締め忘れたせいだと責められクビ。
20年も家政婦と勤めていた大寶智子。
その間、小田山航志郎(平岡秀幸)内縁関係だった時期があり、息子を生んだ。
認知はしてくれたが、結婚はしてくれなかった。


保の娘と大寶智子息子は友人??だった。
一番守りたい娘のため大寶智子に協力してしまった。

小田山家には隠し部屋があった。
石橋保が持ってきたダンボールの中に大寶智子が入り、緊急ルーム(隠し部屋)に篭る。
緊急ルームには数日分の食料があった。

月曜日から小田山家に入り、生活サイクルを確認して、水曜日の朝、小田山を殺害。


「私と結婚してくれなかったのに、ほかの女と結婚した!」

そしてその妻(佐藤仁美)に罪を着せれば、認知した息子が遺産を相続できる。

マリコを監禁し、科捜研のジャンパーを着て、マリコのスマホを持って家を出る大寶智子。
迎えに来ていた石橋保の車に乗る。


家出ごっこは終わり、娘ちゃんは人質だった。

大寶智子の息子もかなりのクズで、ずっと石橋保の娘と一緒にいた。
石橋保は親子ゲンカしてくれたおかげで、娘ちゃんは息子のもとにきた。

開放してくれるかと思いきや、ナイフを取り出し娘につきつける大寶智子息子。

しかし警察とマリコが投稿。

石橋保が、マリコのスマホにGPがS入っていることを知っていたので、電源をオンにしたのだ。

防犯会社の社長なのに犯罪に手を貸してしまった。

「あなたのしたことは許されないことです。
 でもあなたは守ったんです。
 一番守りたいものを。」





母親の命令とはいえ、ナイフを取り出して娘ちゃんを襲うなんて、ひでー息子だな。
この息子、刑務所から出てきたら、またなにかやらかすに違いない。

大寶智子さん。
さすがに老けたねぇ。
昨今、小さい役が多かったので、今回は大きい役で良かった。
相変わらずの眉毛の存在感。
それも良かったw


佐藤仁美は遺産目当てで結婚したけれど、殺しまではしていなかった。
後妻業の女ではなかったってことかな。
前の夫も結婚半年で亡くしているが、心筋梗塞で間違いがないらしい。

でも・・・佐藤仁美がボロ儲けよねぇ。
ただの眠りが深いタイプだった。

殺されたジジィはスケベのケチだと思うんだけど、子供を産ませた女と結婚せずに、遺産目当ての女にひっかかるところがバカだねぇ。
ま、今となっては大寶智子もクズなんだけどさ。
ジジィは自業自得だと思うよ。
でも大寶智子も愛する息子を事件に巻き込み、犯罪者にしたことは罪深い。


いつも巻き込まれるマリコさん。

マリコ、不注意がすぎるんじゃ~。
一晩監禁されていたのに、すぐに捜査を始めるマリコ、タフネス!!!



守り守られ助け合う。

確かに科捜研は良いチーム。

相馬くんOUTのロタくんINの16シーズン。
んーーーーどうでしょーーーー?←なぜ長嶋。

視聴者はロタを受け入れたのかなぁ?
とうとうロタ自身が「愛されキャラ」と言い出しちゃったよん。
全然、愛されキャラだと思えないのは、脚本のせいか中の人のせいか?



普通な終わりだったもんで、来週もあるんじゃないかと思っちゃった!
春のスペシャル予告はなかったねぇ。

次は内藤剛志さんと金田明夫さんの上下関係が逆転。
そしてワタシのw田中圭が出演!!
死なないでしょうね、田中圭。
田中圭はこういうドラマだとすぐ死んじゃうからさ~。

広告




感想はコチラ
「科捜研の女」第16シリーズ 第1話 ネタバレ 感想~完結してくれよ~w
「科捜研の女」第16シリーズ 第2話 ネタバレ 感想~尾美としのりさんごめんなさい。
「科捜研の女」第16シリーズ 第3話 ネタバレ 感想~川俣しのぶは期待を裏切らない。
「科捜研の女」第16シリーズ 第4話 ネタバレ 感想~猫のおかげではなく猫は不死身。
「科捜研の女」第16シリーズ 第5話 ネタバレ 感想~ダンカンこの野郎、バカやろう。 
「科捜研の女」第16シリーズ 第6話 ネタバレ 感想~シェフなら大根おろしで血痕を消せよ!
「科捜研の女」第16シリーズ 第7話 ネタバレ 感想~次回に続く!相馬くんは死なない・・・はず。
「科捜研の女」第16シリーズ 第8話 ネタバレ 感想~相馬くん、あっさり卒業。余韻なしw
ドラマスペシャル「科捜研の女」正月スペシャル ネタバレ 感想~ロタウィルス登場!?
「科捜研の女」第16シリーズ 第9話 ネタバレ 感想~マリコ姫が京都府の解剖率を上げているw 
「科捜研の女」第16シリーズ 第10話 ネタバレ 感想~マリコ姫と村の青年の恋
「科捜研の女」第16シリーズ 第11話 ネタバレ 感想~食事代は割り勘かおごりか。 
「科捜研の女」第16シリーズ 第12話 ネタバレ 感想~「美しいハゲ」と自虐する西田健が愛おしい。
「科捜研の女」第16シリーズ 第13話 ネタバレ 感想~似顔絵は人を不幸にしない。
「科捜研の女」第16シリーズ 第14話 ネタバレ感想~おっちょこちょいな冨家規政
「科捜研の女」第16シリーズ 第15話 ネタバレ 感想~女に弱いマリコさん
「科捜研の女」第16シリーズ 第16話 ネタバレ 感想~足長おばさんはストーカー

キャスト
榊マリコ  ……沢口靖子
土門 薫  ……内藤剛志
風丘早月  ……若村麻由美
宇佐見裕也 ……風間トオル
藤倉甚一  ……金田明夫
日野和正  ……斉藤 暁
相馬 涼  ……長田成哉
涌田亜美  ……山本ひかる
佐伯志信  ……西田 健
蒲原勇樹  ……石井一彰


ゲスト
佐藤仁美 、石橋保、大寶智子、土屋シオン、平山咲彩、平岡秀幸 ほか

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「科捜研の女」第16シリーズ 第16話 ネタバレ 感想~足長おばさんはストーカー [気になるドラマ-2016秋]

「科捜研の女」第16シリーズ 第16話 『地獄のバスツアー』
マリコが乗ったバスがジャックされた!だが犯人の要求はどれも奇妙で…!?やがて捜査中の殺人犯がバスにいることが分かりマリコは車内の“100均グッズ”で鑑定を始めるが!?


広告





[あらすじ]
早朝、京都市内の河原でデザイナーの深瀬麻未(篠原真衣)の絞殺死体が発見された。麻未は元モデルで、人気ミステリー作家・公彦(井之上チャル)を夫に持つ有名人だった。
 検視に当たった榊マリコ(沢口靖子)は、解剖医・風丘早月(若村麻由美)の待つ洛北医大に遺体を搬送。解剖に立ち会うため路線バスに乗ったところ、なんと猟銃を持った男に乗っ取られてしまう。マリコを含めた乗客の男女5人と運転手、あわせて6人が人質になってしまった。
 だが、バスジャック犯が携帯電話を没収するため乗客の所持品をあさった際、荷物の間からひと粒の黒真珠が転がってきたため、マリコは驚愕する。実は、麻未の殺害現場にはちぎれた黒真珠のネックレスが落ちていたのだ。この黒真珠が意味するのは、バスの中に麻未を殺害した犯人がいるという事実にほかならない…。
 そんなとき、マリコはバスジャック犯の着衣に、殺害現場の河原に生えていた雑草の種子が付着していることに気づく。このバスジャック犯こそが、麻未を殺した人物なのか…!? マリコは揺れでバランスが崩れたふりをして、バスジャック犯に接近するが…!?

 一方、マリコの身を案じる土門刑事(内藤剛志)と科捜研のメンバーは、必死にバスの行方を捜索していた。バスジャック犯から何の要求もないことも、また不気味さを増していた。一方で、車内では乗客に対し、バスジャック犯が奇妙な質問を始める…。バスはいったいどこに行こうとしているのか、犯人の目的は何なのか…!? すべてがわからず、残されたメンバーは焦るが…!? はたしてマリコは無事、助かるのか…!? そして、殺人犯は誰なのか…!?
[HPから引用]


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

main.jpg


バスジャック犯は林泰文

殺されたデザイナー・深瀬麻未のことが好きだった。
彼女は小説家の夫のモラハラにあっていたが、デザイナーとしての仕事に情熱があった。

殺される前の日、デザイナーの深瀬麻未から電話があった。
「ストーカーに追われている。殺される。毎朝バスで私を見かけているって・・・・」
深瀬麻未は亡くなった。

林泰文は父の猟銃を持ち出し、毎朝深瀬麻未が乗車するバスに乗った。

昨晩、深瀬麻未が入店したレストランは肉は一切食べない、。
林泰文は肉を食べなかった人間が犯人かもと肉入りカレーを人質に食べさせたが、みんな完食(苦笑)

マリコは医務室へ救急箱を取りに行かされた。
電話線は切られていたが、復旧するマリコ。
マリコがバスに帰ってこないので犯人がやってきた。

「あなたは犯人を探しているんでしょう?
 私なら確実に犯人を探せる。」

犯人ではない人間から逃がすと実験を行ったが、犯人をバスから下ろしたマリコ。

あ・・・実験内容は被害者の首を絞めた凶器のストールが染めに石灰が使われていて、ブルーベリーとなんとかかんとかで、アルカリ性に反応・・・・
一晩立っていたけど、犯人は手を洗わなかったのかしら?と疑問に思うけど・・・・。


犯人は小川菜摘

モデル時代から深瀬麻未が好きだった小川菜摘。

ファンレターも書き、アドバイスや叱咤激励をしていた自称・陰ながら応援する足長おばさん。
そのうち、同じバスに乗るようになった二人。
昨晩、深瀬麻未を追って同じレストランに入った。
深瀬麻未デザインのストールをしていたため、声をかけられた小川菜摘

「ファッションチェックしてーな!!」

「このストールなら、もう少しシックな色のほうが・・・」

「なんやて!!!」

怒り出す小川菜摘。

毎日毎日、掃除してやっと買ったストールやったのに!!

「わたしは足長おばさんやで!!!毎日毎日バスでも会っているのに!!」


逃げ出す深瀬麻未を追いかけて殺害。


「あのバスに科捜研の女が乗ってなかったら、見つかれへんかったな~。」

とあっけらかん。
人を殺害した次の日に普通にバスに乗っているし、初めて会うマリコに気安く声をかけるし、狂っている設定だったんだろうか。
警察を前にしてもビビらないメンタルが怖い。




バスジャックをされなくても、科捜研の女と一緒のバスに乗っていなくても、日本の警察が無能でも、すぐに逮捕されてたよ。

被害者の足取りを追ったら、殺される前にレストランであんなにもめていたらねぇ。
その上、二人共無銭飲食やろ?
店の人も覚えているでしょ。

被害者もなんでレストランから人気のないところに逃げ出してん。
レストランにとどまって置けば殺されはしなかったのに。




バスの中に犯人がいる!

ってことで、オリエント急行のバス版ですけど、まさに地獄のバスツアー。

犯人の動機もクズ過ぎて、女子大生を34ヵ所刺した男と同じメンタル。
殺したあとも反省していない様子も一緒で、胸糞悪いな。

「ストーカー」でバスに乗っているってことで、結構早い段階で、女なんじゃねーか?
と思っちゃったw
てか、小川菜摘やなって思っていたので(苦笑)
小川菜摘のふてぶてしさとウザさって演技じゃなくてもできそうなんだけど、夫が関西出身者だからって、関西弁がうまいわけじゃないんだよなぁ。
ほんでまた・・・・京都弁はちと違うし。

いきなりバスジャックしたり、カレーのルーだけ食べさせたり、林泰文は頭の悪い子やったなぁ。
いくら林泰文が若く見えるからって、あそこまでバカって(苦笑)
だけど、目だし帽して表情がわからないのに、目に涙が光って悲しいんだなぁって思えたから、林泰文でいいんだ。
目出し帽で悲しい演技がちゃんと出来るってさすがベテランだよ!


マリコ、巻き込まれる。

こんな感じ巻き込まれるのは何回目だろう?

薬を取りに行くのはいいけど、時間使いすぎだよ。
林泰文はバカ設定だったんだから、電話線つないだままでよかったのに。
あんなに時間がかかって、人質が殺されたらどうするつもりなのよ、

でも、閃光弾用意して、ペットボトル発射も面白かったしなぁ。
ちゃんと暗号を解いてくれる科捜研メンバーも。

バスは車載カメラがあるのに、GPSはついてなかったのかなぁ?
路線バスが路線を外れていたら・・・京都なら大騒ぎじゃない?
ツイッターで話題になっていそう。


そうそうマリコは
「科学捜査研究所」
って紹介したのに、林泰文も小川菜摘も「科捜研」って呼んでいたので笑っちゃった。
短縮するのね。
やっぱり京都では「科捜研」って浸透しているのね(爆)




広告




感想はコチラ
「科捜研の女」第16シリーズ 第1話 ネタバレ 感想~完結してくれよ~w
「科捜研の女」第16シリーズ 第2話 ネタバレ 感想~尾美としのりさんごめんなさい。
「科捜研の女」第16シリーズ 第3話 ネタバレ 感想~川俣しのぶは期待を裏切らない。
「科捜研の女」第16シリーズ 第4話 ネタバレ 感想~猫のおかげではなく猫は不死身。
「科捜研の女」第16シリーズ 第5話 ネタバレ 感想~ダンカンこの野郎、バカやろう。 
「科捜研の女」第16シリーズ 第6話 ネタバレ 感想~シェフなら大根おろしで血痕を消せよ!
「科捜研の女」第16シリーズ 第7話 ネタバレ 感想~次回に続く!相馬くんは死なない・・・はず。
「科捜研の女」第16シリーズ 第8話 ネタバレ 感想~相馬くん、あっさり卒業。余韻なしw
ドラマスペシャル「科捜研の女」正月スペシャル ネタバレ 感想~ロタウィルス登場!?
「科捜研の女」第16シリーズ 第9話 ネタバレ 感想~マリコ姫が京都府の解剖率を上げているw 
「科捜研の女」第16シリーズ 第10話 ネタバレ 感想~マリコ姫と村の青年の恋
「科捜研の女」第16シリーズ 第11話 ネタバレ 感想~食事代は割り勘かおごりか。 
「科捜研の女」第16シリーズ 第12話 ネタバレ 感想~「美しいハゲ」と自虐する西田健が愛おしい。
「科捜研の女」第16シリーズ 第13話 ネタバレ 感想~似顔絵は人を不幸にしない。
「科捜研の女」第16シリーズ 第14話 ネタバレ感想~おっちょこちょいな冨家規政
「科捜研の女」第16シリーズ 第15話 ネタバレ 感想~女に弱いマリコさん
「科捜研の女」第16シリーズ 第16話 ネタバレ 感想~足長おばさんはストーカー
「科捜研の女」第16シリーズ 最終話(第18話) ネタバレ 感想~とうとう自分で愛されキャラと言い出したロタくん。
キャスト
榊マリコ  ……沢口靖子
土門 薫  ……内藤剛志
風丘早月  ……若村麻由美
宇佐見裕也 ……風間トオル
藤倉甚一  ……金田明夫
日野和正  ……斉藤 暁
相馬 涼  ……長田成哉
涌田亜美  ……山本ひかる
佐伯志信  ……西田 健
蒲原勇樹  ……石井一彰


ゲスト
林泰文、小川菜摘、少路勇介、鈴木貴之、矢野優花、甲斐将馬、篠原真衣、井之上チャル ほか

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「相棒 season 15」 第17話 ネタバレ 感想~とうとう「花の里」までやってきた青木。 [気になるドラマ-2016秋]

「相棒 season 15」 第17話 『ラストワーク』
殺人を予告する動画が警察組織を翻弄!?それはリアルか、フィクションか…。特命係が、ネット社会に潜んだ悪意を追跡する!!.


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

[あらすじ]
“スガチー1888”と名乗る若い男が、数日前に投稿した「ラストワーク」という動画がネットで話題を呼んでいた。動画には、拳銃を持った謎の人物に脅され、恐怖におびえながらステーキを食べる初老の男性(渡辺哲)が映っており、フィクションかリアルな犯罪動画か物議を醸しているのだ。警察としては、放置してしまうと後で責任を問われかねず、かといってこの段階で“捜査”を始めると「表現の自由の侵害だ」と批判されかねないため、捜査権のない特命係に“調査”の指令を下す。それを受け、さっそく動画の投稿者について調べ始めた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、青木(浅利陽介)からスガチー1888が中鴨(尾上寛之)という若い動画クリエイターであるという情報を得る。青木によると、中鴨は事故や事件の現場に赴き、その映像に自作のラップや音楽などを付けてネタにするという不謹慎な動画で話題を呼んでいる人物だという。まずは本人から事情を聞こうと、中鴨の行方を捜し始めた右京と亘だったが、自宅マンションは家賃滞納で引き払っており、行きつけの動画スタジオにも最近は来ていないらしい。そんな中、中鴨が「ラストワーク」の第2弾動画を投稿。そこには、クロロホルムをかがされて昏倒する初老の男性が映っていた。いよいよ、リアルな犯罪動画の可能性が高まる中、右京と亘は背景などから動画が投稿された場所を特定。手分けして“調査”を進めると、初老の男性の意外な過去が明らかになっていき…!?

世間を騒がし始める、殺人予告とも取れる凶悪な投稿動画!!
動画投稿者の目的は?そして初老の男性の運命は!?
ネット動画を追跡する特命係を待ち受けるのは、喜劇か、悲劇か?
[HPから引用]

広告





01.jpg



渡辺哲は自殺、自演自作


動画配信予定の日、動画と同じ食事を取り、自らクロロホルムをかぎ、山梨の湖で自殺した。
末期ガンだった。




渡辺哲は映画監督志望だった。
しかし時代の最先端(?)を行き過ぎていて、監督として成功しなかった。
それどころか借金ができ、家族とは別れた。

ホームレスになり、スガチー1888(尾上寛之)と出会い、自分の命を題材にした途方もないフェイクドキュメンタリを作ろうと思いつく。
渡辺哲最後の作品「ラストワーク」。


動画の撮影順はライブ配信の順番と逆だった。

渡辺哲が昔自主映画をクランクインした場所で、スガチーを発見する右京たち。

右京らが自作自演に気がついたのはステーキソースのシミだった。
ラストワークがリアルな動画なら、ステーキソースのシミは最後まであってしかるべき。
しかし第三弾の、第四弾の動画からは消えた。

撮影順は反対だったからだ。

これは渡辺哲がスガチーに協力していなければできない動画だった。
あの動画は完全にフィクション。
しかし溺死体で発見された。
動画と同じ食事を取り、自らクロロホルムを自ら嗅いでかぎ、山梨の湖で自殺した。
そしてスガチーが逮捕されないように、彼にはアリバイ動画も撮らせていた。

+++++

撮影前の二人の会話も動画に残されていた。
渡辺哲はずっと娘の初めての散髪のときの髪の毛をお守りにして持っていた。
娘が結婚して、子供がいることも知っていた。
アップした動画が当たって金が入れば、娘に渡して欲しいと伝えていた。

お守りの髪の毛は娘の手にかえってきた。
涙ぐむ娘。

お父さん・・・・。





娘、お父さんを許せたのか?

ワタシならどうだろう?
許せるか許せないかは別にして、5歳で生き別れた父親の溺死死体を見て

父です。

と証言できないわ~、
5歳の記憶なんて曖昧で、29年前なら、父親の容姿も変わっているだろうし。
現実なら・・・DNA鑑定で証明するのかな?


完全なユーチューバーな話だったけれど、ご年配には理解できる話だったのだろうか?
動画サイトは、「犯罪動画には報酬を払わない」って規約はあるよね?
ユーチューバーは・・・・苦手(苦笑)

ま、渡辺哲が自殺であることは早い段階でわかった。
でも渡辺哲とスガチーの関係が良かった。
なんか馴染んでたよねぇ。
渡辺哲、「相棒」で3回くらい死んでいるような気がするけど(苦笑)

ま、先週よりは良かったw

しかし青木!!!
女将にイヤミを言ったな!!!
バチ当たれ~!!!


広告





感想はコチラ
「相棒 season 15 」第1話 ネタバレ 感想~呪いと暗示の復讐殺人
「相棒 season 15」第2話 ネタバレ 感想~人探しからタバコの配合まで。
「相棒 season 15」第3話 ネタバレ 感想~好きなことやったら余命が伸びる? 
「相棒 season 15」第4話 ネタバレ 感想~風間杜夫と内田慈で一時間持つんだねぇ。
「相棒 season 15」第5話 ネタバレ 感想~森尾由美と堀内正美が不倫!? 
「相棒 season 15」第6話 ネタバレ 感想~老人より足の襲い反町隆史
「相棒 season 15」第7話 ネタバレ 感想~安達祐実は今日も不幸です。
「相棒 season 15」第8話 ネタバレ 感想~鶴田真由に厳しすぎる。
「相棒 season 15」第9話 ネタバレ 感想~あとぴんの印象は強いが眠っているだけだった。
「相棒 season 15」第10話元日スペシャル~ネタバレ 感想~警視総監まで殺さなくても・・・。
「相棒 season 15」第11話 ネタバレ 感想~タスポがなくても中学生がタバコを買えるのかい。
「相棒 season 15」第12話 ネタバレ 感想~来週はお休みですが、再来週は神戸&米沢が帰ってくる!
「相棒 season 15」第13話 ネタバレ 感想~鑑識が米沢さんの安定感
「相棒 season 15」第14話 ネタバレ 感想~神戸くんの出演シーンが少ない! 
「相棒 season 15」第15話 ネタバレ 感想~CIEL BLEWの香水を水に変える必要性
「相棒 season 15」第16話 ネタバレ 感想~陣川ロンドンで何を学ぶ? 
「相棒 season 15」第17話 ネタバレ 感想~とうとう「花の里」までやってきた青木。
「相棒 season 15」最終回2時間スペシャル 第18話 ネタバレ 感想~自作自演に2時間・・・。

出演者
杉下右京(水谷豊)
冠城亘 (反町隆史)
月本幸子(鈴木杏樹)
伊丹憲一(川原和久)
芹沢慶二(山中崇史)
角田六郎(山西惇)
青木年男(浅利陽介)
大河内春樹(神保悟志)
内村完爾(片桐竜次)
中園照生(小野了)
衣笠藤治(大杉漣)
甲斐峯秋(石坂浩二)

【ゲスト】
渡辺哲 西山繭子 尾上寛之







にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「科捜研の女」 第16シリーズ 第15話 ネタバレ 感想~女に弱いマリコさん [気になるドラマ-2016秋]

「科捜研の女」  第16シリーズ 第15話 『7枚の迷宮』
サバイバルゲーム中の男女が、山中で本当に銃撃される事件が発生!逃走犯の手掛かりは、現場に残された『7枚の写真』…その写真が導く“物語”にマリコは疑問を抱いて…!?

広告





[あらすじ]
 登山道で、左腕を撃たれた若い女性が保護された。その女性は結婚式場で働く野宮枝織(小松彩夏)で、彼女は同じ職場の萩野優介(大迫一平)、同級生のモデル・山崎紗代子(内田慈)と共に山へキャンプに行ったようだが、榊マリコ(沢口靖子)たちは所持品から見つかった不可解な2枚の写真に驚愕する…! それはインスタントカメラで撮影されたもので、1枚には車から荷物を降ろす笑顔の萩野の姿が、もう1枚には萩野、紗代子のほかに迷彩服を身に着け、銃を手にした謎の男2人が写っていたのだ。
 この男たちが、彼女を撃ったのか…!? だとすれば、銃を所持する2人の身柄をすぐに拘束しなければ…。マリコたちは写真から、彼らが潜伏するコテージを特定。蒲原刑事(石井一彰)らが踏み込んだところ、男たちの姿はなく、かわりに胸を撃たれた萩野の遺体と5枚の写真が見つかった。その5枚の中には、銃を見つけて戸惑う萩野の姿や、男2人に縛り上げられた萩野と枝織、萩野の遺体などが写っていた…。
 そんな中、鎮静剤で眠っていた枝織が目を覚ます。事情を聴くため、すぐに病室を訪ねるマリコと土門刑事(内藤剛志)。衰弱激しい枝織の口から語られたのは、衝撃の真実だった。枝織たちは紗代子の知人である男2人とサバイバルゲームに興じるはずが、彼らが企んでいたのは実際の人間を標的にした“マンハント”だったというのだ。
 だが、写真の詳細分析をはじめたマリコは、次第に違和感を抱きはじめて…!?
[HPから引用]


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

main.jpg


犯人は小松彩夏

7枚の写真は小松彩夏の誘導だった。

萩野優介(大迫一平)の遺体の写真を撮ったのは小松彩夏だった。
科学捜査で160cmの人間が撮ったと証明。


違法に威力を高めてた銃を持ってきていたサバゲー男(木村&八代)らは、小松彩夏カップルを追いかけた。
それはマンハントではなく、おもちゃの銃を使ったタチの悪い悪ふざけだった。

罰ゲームで拘束された写真を撮る。←恥ずかしい写真が罰ゲームだって言うけれど、別に恥ずかしくもなんともないけど?

その後、改めて記念撮影。

萩野は小松彩夏のバッグから改造拳銃を見つける。
その写真を撮ったのも小松彩夏。
萩野をスタンガンで気絶させコテージに隠した。

山崎紗代子(内田慈)とサバゲー男たちに、萩野が車の鍵を落とし探しに行ったまま行方不明だと言う。

洞窟付近を探しに行ったサバゲー男らを洞窟の中のあなぼこ(!)に落としたあと、萩野を射殺。
そこへ紗代子がやってきた。
殺害現場を見られた小松彩夏は、紗代子も脅しまたもや撮影。
紗代子のピンクのダウンジャケットが白のダウンジャケットに見えたため、これは自分が襲われていると騙せると考える。←科学捜査をナメたな!

小松彩夏は自分のプロットに必要な写真だけ選び、自分のリュックに2枚、コテージに5枚置いた。
気がついた紗代子を脅して洞窟に連れて行き、サバゲー男のいるあなぼこに突き落とした。

次の日、自分の腕を撃ち、助けを求める。

あなぼこに落ちた3人はそのうち死ぬだろう・・・・


殺害同期は


萩野と紗代子がデキていたから。

小松彩夏と付き合うずっと前から二人はできていた。
萩野は紗代子に借金があるといい、小松彩夏から金を巻き上げていた。
恋人と信じていた男に金づる扱いされていたのだ。

サバゲーに誘われていると紗代子に聞き、その裏サイトまで教えてくれた。
紗代子を誘った二人は利用できると確信。
裏サイトで改造拳銃を購入・・・・・。


裏サイトってそんなに簡単に見つけられるのか!!






ポラロイドカメラで上手に撮るのって難しいよねぇ。
遺体写真とか記念写真とかならともかく、紗代子が逃げているところを銃を持ちながら撮影ってワンチャンスしかないのに、片手撮影とは思えないほどブレてないけど・・・。

殺された男も友達の女もクズって言えばクズだけど、弁護士に相談したらお金も返してもらえそうだし、社会的地位も奪えそう。
男はクビになるだろうし、女もタレントやモデルとしての活動もできなくなると思うんだけど。
裏サイト見つけて殺人計画を練るよりずっと賢いけどなぁ。
今回、謎解き部分はテンポもあって楽しめたけれど、動機がなぁ。
最近、相棒も科捜研も動機がイマイチ弱いなぁと感じるのでございます。

紗代子役の内田慈さんは、「相棒」で風間杜夫と美人局やってたり、柴咲コウ主演の二時間ドラマ「氷の轍」 のストリッパー役もお上手でした。
でもこの役は小松彩夏の友達にしては、年食ってんなぁって思っちゃったw

小松彩夏は最初から怪しかったし、薄幸そうに見えてゲスイ役が多いので、案の定・・・ってとこかなぁ。
サバゲーヲタの二人を犯人に仕立てようとしても、二人が生きていいたら成立しないよねぇ。
確実に殺さなかったのは詰めが甘いなぁ。

しかしすごく都合の良い洞窟のあなぼこでしたね。
縄梯子がないと助け出せないくらい深かった。
前もって見つけていたわけではないんだろうねぇ。
都合が良いねぇ。


マリコは女性に甘い。

最後、土門さんが慰めていたけれど、マリコ、甘いんだよなぁ!女には。
ま、気持ちはわかるけどさ。

Kは看護師役で出ていたのね。
あまりにも長く写ったので共犯?
って思っちゃったけど、主題歌を歌っているから出て来ただけなのね。


昨日の相棒に引き続きスタンガン
「彼女はこっち側ですね」
と野間口徹の声が聴こえてきそうだw

来週はバス?
マリコはバスに巻き込まれがち。

広告




感想はコチラ
「科捜研の女」第16シリーズ 第1話 ネタバレ 感想~完結してくれよ~w
「科捜研の女」第16シリーズ 第2話 ネタバレ 感想~尾美としのりさんごめんなさい。
「科捜研の女」第16シリーズ 第3話 ネタバレ 感想~川俣しのぶは期待を裏切らない。
「科捜研の女」第16シリーズ 第4話 ネタバレ 感想~猫のおかげではなく猫は不死身。
「科捜研の女」第16シリーズ 第5話 ネタバレ 感想~ダンカンこの野郎、バカやろう。 
「科捜研の女」第16シリーズ 第6話 ネタバレ 感想~シェフなら大根おろしで血痕を消せよ!
「科捜研の女」第16シリーズ 第7話 ネタバレ 感想~次回に続く!相馬くんは死なない・・・はず。
「科捜研の女」第16シリーズ 第8話 ネタバレ 感想~相馬くん、あっさり卒業。余韻なしw
ドラマスペシャル「科捜研の女」正月スペシャル ネタバレ 感想~ロタウィルス登場!?
「科捜研の女」第16シリーズ 第9話 ネタバレ 感想~マリコ姫が京都府の解剖率を上げているw 
「科捜研の女」第16シリーズ 第10話 ネタバレ 感想~マリコ姫と村の青年の恋
「科捜研の女」第16シリーズ 第11話 ネタバレ 感想~食事代は割り勘かおごりか。 
「科捜研の女」第16シリーズ 第12話 ネタバレ 感想~「美しいハゲ」と自虐する西田健が愛おしい。
「科捜研の女」第16シリーズ 第13話 ネタバレ 感想~似顔絵は人を不幸にしない。
「科捜研の女」第16シリーズ 第14話 ネタバレ感想~おっちょこちょいな冨家規政
「科捜研の女」第16シリーズ 第15話 ネタバレ 感想~女に弱いマリコさん
「科捜研の女」第16シリーズ 第16話 ネタバレ 感想~足長おばさんはストーカー
「科捜研の女」第16シリーズ 最終話(第18話) ネタバレ 感想~とうとう自分で愛されキャラと言い出したロタくん。
キャスト
榊マリコ  ……沢口靖子
土門 薫  ……内藤剛志
風丘早月  ……若村麻由美
宇佐見裕也 ……風間トオル
藤倉甚一  ……金田明夫
日野和正  ……斉藤 暁
相馬 涼  ……長田成哉
涌田亜美  ……山本ひかる
佐伯志信  ……西田 健
蒲原勇樹  ……石井一彰


ゲスト
小松彩夏、内田 慈、加治将樹、安村典久、大迫一平、K  ほか

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の5件 | - 気になるドラマ-2016秋 ブログトップ