So-net無料ブログ作成
気になるスポーツ ブログトップ
前の5件 | -

フィギュアスケート:ジャパンオープン 2017 結果と感想~オスカーゴリ押しプロジェクト [気になるスポーツ]

フィギュアスケート:ジャパンオープン 2017

少女にトゥーランドットは踊れない。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

広告









適当に見ました「ジャパンオープン」お祭りで、点数は甘めに出るこの大会。

1.Evgenia MEDVEDEVA(ロシア)152.08点(PCS:75.05点)
2.Mai MIHARA(日本)147.83点(PCS:70.58点)
3.Alina ZAGITOVA(ロシア)145.28点(PCS:66.07点)
4.Mirai NAGASU(アメリカ)134.69点(PCS:62.12点)
5.Marin HONDA(日本)133.41点(PCS:64.21点)
6.Karen CHEN(アメリカ)116.32点(PCS:62.10点)

PCSが高いですねぇ。
今年からルールが変わったのかしら?

思えばソチシーズンのリプニツカヤ、ソトニコワのPCSも五輪に向かってどんどん上がっていったわけです。
ソトニコワは才能あるスケーターだと思うけれど、まさか彼女がゴールドメダリストになるとは思わなかったです。
メドベあたりは五輪のときに、PCSが80を超えるんじゃないですかね?

1.Evgenia MEDVEDEVA(ロシア)152.08点(PCS:75.05点)
メドベージェワ
もう別次元。
うまいし、強い。
すごいすごいすごい。
ベタだけど、すごいすごい。
全く心に響く「何か」がないけれど、(点数は)すごいすごい!


2.Mai MIHARA(日本)147.83点(PCS:70.58点)
三原舞衣ちゃんのPCSも70を超えました。
シニアに上がってすぐのシーズンは良い成績を収めることが多いと思う。
織田信成殿や村上佳菜子ちゃんのワールドの成績は1年前が最高位だったはず←調べろよ。

舞衣ちゃんも去年は快進撃だったわけですが、2年目のシーズンもジャパンオープンを見る限り、良い滑り出しですな。
彼女はスケートがよく伸びて、なめらかな滑りです。
ジャンプも安定していたし、怪我明けの宮原知子ちゃんが日本の一番手だとは思っていますが、PCSの差は無くなるのではないでしょうか?
そうなると、回転ミスをあまり取られそうにない、舞衣ちゃんの方が有利になるかもしれない。
彼女は大きな爆発力があるわけではないが、全て穴がない。


3.Alina ZAGITOVA(ロシア)145.28点(PCS:66.07点)
アリーナ・ザギトワ
パワフルなイメージがありましたが、やっぱりロシアン。
スピンが綺麗。
スタイルはメドベ超え。
今シーズン、怪我がなければシニアデビューのメドベ、ラジ子、リプ・・・・ザキトワ旋風が吹き荒れるかも。
ロシアは3枠あっても足りないな。

4.Mirai NAGASU(アメリカ)134.69点(PCS:62.12点)
長洲未来ちゃん。
バンクーバーの時に10代だった彼女も、24歳。
全米で3位だったにも関わらず、ソチには出場できなかった未来ちゃん。
24才で3Aをプログラムに入れてくるとことが素晴らしい。
クリーンに決まる瞬間が見たい!
全米女王になって、文句なしに代表に選ばれるよう、応援しています。

5.Marin HONDA(日本)133.41点(PCS:64.21点)
何かとゴリ押しの本田真凛ちゃん。
トゥーランドットを演じるのは10年早い。
シニアの試合であんなに薄っぺらいトゥーランドットは初めて見た。
ハマコーはなぜ16歳の表現力しかない選手にあの曲を躍らせたのか。
止めるべきだったのではないか。
ジャンプミスがあり、ステップではレベル2でこれだけの点数が出るんだから、止められないか。

彼女はスタイルが良い。
手足も長い。
でも「表現の練習してませーん」と笑いながら言っていたのをきっちりと覚えているワタシ。
シニアデビューのフレッシュさに乗っかった演技しかできねーんだね。
という感想しかない。
トゥーランドットのストーリーを知っているのか?
オペラを見たのか?
今までその曲や内容を勉強したことがあるのか?
それで、あの演技なら、振り付け師もコーチも何やってんの?

それでもYahoo!のトップページには彼女の名前と写真が並ぶ。
マスコミのその取材をただただ茶化して楽しんでいるように見えるってことは強心臓なんだろうよ。
ピカチュウやらキャビンアテンダントやらのコスプレやる前にもっと勉強したほうがいいんじゃないの?

おばさんが小さい子相手にすんません。

でもこの彼女の押されっぷりは悪影響だと思うよ。


さて、男子。
今回、男子は特に目を見張るものがなかった(苦笑)
引退している選手も多いですからね。
全員現役の女子の方が気になります。

昌磨もネイサンも、本調子ではなく・・・。
この時代、4回転ジャンプが決まらなかったら、演技はまとまらない。
プログラムの完成度では4回転の回数を絞ったフェルナンデスが手堅く1位。
4回転を4本も5本も入れる変態プログラムですからねぇ・・・・(苦笑)
まだシーズン序盤ですが、怪我だけには気をつけて欲しい。





広告




その他のスケートの記事はコチラ→


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

コメント(2) 
共通テーマ:テレビ

浅田真央引退会見~一つの時代が終わってしまった。 [気になるスポーツ]

浅田真央引退会見

なんとか。
なんとか見終わりました。
涙腺崩壊。

真央ちゃんが我慢していたというのにワタシは崩壊w


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

広告






何度も何度も壁にぶつかり、何度も何度も悲運に襲われた真央ちゃん。

諦めてもおかしくない状況でも、必ず復活してくれた。
見ているのが辛かった時期もありました。

だから、真央ちゃんの最後の舞台は五輪だと思っていました。

「気力が無くなった。」

と実際に真央ちゃんの口から聞くと、悲しい。
周りがなんと言おうと、自分の可能性信じ続けてきた真央ちゃんだから、きっと今回の試練も・・・。
なんて勝手なことを思ってしまった。

真央ちゃんがスケートが大好きなのが本当に伝わってきた会見。
だから目標も気力も無くした真央ちゃんを誰も引き止めることはできない。

浅田真央はなぜ金メダルを取ることができなかったのか。
彼女のスケートを見ていると幸せにな気分になり、きっと彼女は金メダルを取るんだと思っていました。
真央ちゃんもファンもオリンピックの金メダルを切望していたと思います。

バンクーバーの悔しい銀メダル。
ソチのフリーの涙。

「スケート人生に悔いなし。」

だからの引退。

でも、もし、あの時。

タラレバを思うのはやはりファンとマスコミだけ。

「もし過去に戻れるならどんな言葉をかけるか」

なんて、浅田真央には不毛な質問なのです。

「過去には戻れることはないから。」

可愛い笑顔で、可愛い声で、スパッと答える。

試練を与えられても、理不尽なことにぶつかっても、彼女はただただ美しかった。

伊藤みどりの言葉、真央ちゃんの会見で涙ぐんでいた信夫先生。
真央ちゃんにはたくさんの味方もいた。
大ちゃんもたかちゃんも殿も・・・・。

ただただ泣いていたんですが、関西ローカルでの織田信成の言葉を聞いて大笑いしてしまったので、ご紹介(苦笑))

アスリートの引退って時間がかかるでしょうね。
という質問に織田信成公は

「あ、僕は5分です。
ソチに行かれへんってなって、うわーん、もうスケート辞める!ってオカンに言ったら”まぁ、それしかないやろな!”って言われて決めました。」

って、憲子先生・・・案外息子に厳しいw


+++++++

国民栄誉賞がどうとか、CMのギャラとか、キャスター争奪戦とか、そんなことで騒ぐな。
真央ちゃんが望んでもいない国民栄誉賞に勝手に担ぎ出されて、勝手に落選したみたいになるのは許せん。


ワタシとしてはこれからどんなプログラムを滑りたいか聞いて欲しかった。
世界一綺麗なスパイラルが見られるうちはショパンのイメージが強いけれど、オトナの真央ちゃんのカルメンだって見たいし、タラソワのプロも見たいし、映画音楽もジャズも。
スケートができる限りはショーでその姿を見せて欲しいです。

真央ちゃん、ありがとう。

広告








にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

浅田真央が現役引退を表明~ずっと泣いています。 [気になるスポーツ]

浅田真央引退

とうとう。
とうとうです・・・・。

シーズンが終わるのを待っての発表ですが、突然のようでもうずっと前に決断していたのかもしれない。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

広告





と書き始めたものの、なにから書いていいのやら・・・・。
言葉も浮かびません。

ノービスから彼女は注目されていて、12歳の時に特例で出場した全日本の可愛いこと。
シニアデビューのフランス杯とグランプリファイナルで優勝した時の天真爛漫な笑顔。
初のワールド優勝。
バンクーバーとソチ、五輪涙。

順風満帆ではなかったスケート人生。
彼女は努力の天才です。

10代でのふわりと跳ぶ妖精のようなジャンプから、今の渾身のジャンプ。
勝っても負けても話題になり、期待され、日の丸を背負う。
無邪気な笑顔が見られない時期もありました。

ジャンプに注目される彼女ですが、ステップも最高。
軸はブレない、エッジをあれだけ踏み、タラソワの鬼のようなステップを表現できるのは彼女だけ。
最後にまたタラソワ振り付けの演技も見たかったなぁ。

彼女はあの可憐な雰囲気では考えられなくらいたくさんのモノと戦っていたと思う。
スケート連盟、ジャッジ。
大変だったなぁ・・・・。

でもいろいろなことを乗り越えて、素敵な女性になりました。

胸が苦しくなる試合が続いた現役晩年。
こんなワタシも身を削りながら試合を見ておりました。
それでも見守りたい、それでも応援したいと思う選手はもう現れない。
悲哀があり爆発的な喜びがあった。

悔いがないと言ってくれてよかった。

ただただ幸せになってほしい。

ホントはもっと書きたいことがあるけれど・・・・それを言いだしたら荒れるのでこのへんでw

アイスショーで笑顔の真央ちゃんが見られるよね。

広告








にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

フィギュアスケート スケートフランス 男女SP結果~タラソワ愛と「真央に勝ちたい」心理。 [気になるスポーツ]

フィギュアスケート:スケートフランス・女子SP 男子SP
フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦となるフランス杯の女子ショートプログラムが日本時間12日に行われ、浅田真央(中京大)は8位スタートとなった。この日がGPシリーズのデビュー戦だった15歳の樋口新葉(日本橋女学館高)は5位、永井優香(駒場学園高)は12位。78.52点をマークした世界女王エフゲーニャ・メドベージェワ(ロシア)がトップに立った。
4番滑走で登場した浅田は、負傷の影響からか演技にキレがなく、技術点は29.12点と全体9位に留まる。演技構成点も32.17点と伸びず、精彩を欠いた内容になった。一方、最終滑走で登場した樋口は、ジャンプにミスは出たものの、持ち味のスピードある演技を披露。5位スタートとまずまずの結果を残した。
女子フリースケーティングは日本時間13日4時30分から行われる。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村



広告






女子SPプロトコル↓ ↓ ↓  
http://www.isuresults.com/results/season1617/gpfra2016/gpfra2016_Ladies_SP_Scores.pdf

SP結果
1位 エフゲーニャ・メドベージェワ rusロシア 78.52
2位 ガブリエル・デールマン canカナダ 72.70
3位 マリア・ソツコワ rusロシア 68.71
4位 ロリーヌ・ルカヴァリエ fraフランス 66.61
5位 樋口新葉 jpn日本 65.02
6位 パク・ソヨン kor韓国 64.89
7位 アリーナ・レオノワ rusロシア 63.87
8位 浅田真央 jpn日本 61.29
9位 アナスタシヤ・ガルスチャン armアルメニア 56.92
10位 グレイシー・ゴールド usa米国 54.87
11位 マエ・ベレニス・メイテ fraフランス 52.78
12位 永井優香 jpn日本 52.41



真央のタラソワ解説
私も(このプロが)とても好き。昨日彼女と会いました。
最初はアクセルから…彼女が今シーズン中に、(トリプル)アクセルに打ち勝ってくれることを願う。
真央は今年は早くない。まだ滑り込んでいるところ。
とても良かった。もちろん、彼女のことを愛してる。ずっと一緒に、5年も、練習してたし、ワールドも・・・。
ママがまだ生きていた頃、
彼女のママからお手紙も貰ったけど、世界で誰も書けないようなお手紙を書いてくれた。
私はいつか本を出すけど、そこでこの本のことを書くつもり。私の人生で、彼女以外誰もこんな手紙を書いてくれたことはなかった。
真央は復帰した、少しずつ復帰しつつあるけど、身体は変わっている。成長しているというわけではないけど、体型は変わった。余計な重さはある。
筋トレしてるかどうかは訊かなかったからわからないけど、彼女は筋トレする必要がある。
彼女は偉大なスケーターで、練習好き。でも…。

(グリシン:彼女はショートの世界記録を保持していますね)

その時は(トリプル)アクセルがあったから。コンビネーションでも跳んでたし。
彼女のことが心配。ジャンプへの入りを少し変えてる。前はこの位置でジャンプを跳んでなかったと思う。真央は変化はあまり好きじゃないから…。
彼女は(トリプル)アクセルを跳ぶ準備ができてないと言っていた。でも大会で(ダブル)アクセルを跳んでるし、高くて自信のあるダブルがあるから、ジャンプの出で腕を上げるとか、脚を曲げるとかしてプラスを取っていけばいい。
フリップは良くなかった。すごく良いフリップのときもあるのに。彼女は楽しんで滑ってた。
もちろん、真央にとっては点数が少ないけど、それは今日の滑りに等しい点数。コンビネーションが、ね。
こういうプロなら、体力があるうちに、最初にコンビネーション跳ぶのが良い」

某所からの拾い読みを引用しました。

161112_fig_asada03.jpg


真央ちゃんの調子が悪そうで悪そうで。
本当なら休んで欲しい。
エキシビションにでなくても良い順位でもスケアメではEXに選ばれてしまうし。

フリップにUR、スピン、ステップの取りこぼしが重なって伸びなかった。
ループの入りにチョクトーを追加?
この出来でGOEプラス。クリーンならかなり評価してもらえる入りの跳び方なのかも。
良かった点はこのくらい。
ステップはスピードを抑えて丁寧に滑ることにしたらしいけれど、勢いがなくて・・・・結局レベル3。
スケアメの時と違い、レベル4を取れている選手が多かったので・・・。
スピンもかなり遅かった。
ジャンプがダメならスピンとステップでと思うんだけど・・・。
とくにステップのレベルが取れないのは、モチベーションが下がるんじゃないかと心配。
去年の中国杯のルッツのエラーのように・・・。
真央ちゃんは、真面目すぎるからなぁ。
考え込まず・・・。
しかし、膝の状態は陸練もできなほど悪いんだろうか・・・。
で、ポニーテールがちょっと。
どうしてまとめなかったのかなぁ。
メンタル面も気になる。



樋口さんは後半コンボへのスピードをタラソワも褒めていた。
確かに彼女のスピードは凄いね。
フリップ抜けて65点だから、フリップがあれば70点超えていたのよね。
「優勝したい」ではなく「真央に勝ちたい」って言うのはちょっと気になったけど(苦笑)
優勝は無理だけど、真央には勝てるってことなのか?
どうせならメドベに勝って優勝したいくらい言ってほしい。


そしてGGも深刻だねぇ。
目の下のクマもひどかったし・・。

メドベのPCS36を見て愕然。
真央ちゃんの歴代1位のSPの点数を僅かに下回ったけれど、この点数は4回転を跳んだのかと思うほどの点数じゃん(苦笑)
ま、失敗しそうにないし、安定感も抜群だわね。

カナダ女子の調子が上がっている。
デールマンも調子が良さそう。





1位 ハビエル・フェルナンデス espスペイン 96.57
2位 ネイサン・チェン  usa米国 92.85
3位 デニス・テン kazカザフスタン 89.21
4位 アダム・リッポン  usa米国 85.25
5位 ヨリック・ヘンドリックス belベルギー 80.34
6位 無良崇人  jpn日本 78.38
7位 シャフィク・ベセギエ fraフランス 77.00
8位 ミーシャ・ジー  uzbウズベキスタン 72.49
9位 ブレンダン・ケリー ausオーストラリア 70.67
10位 イヴァン・リギーニ itaイタリア 68.42
11位 アルトゥール・ドミトリエフ rusロシア 64.48



男子SPプロトコル↓ ↓ ↓  
http://www.isuresults.com/results/season1617/gpfra2016/gpfra2016_Men_SP_Scores.pdf


ネイサン、すごかった!!
調子悪そうに見えたのに、ルッツとフリップのクワドを跳んだよ。
しかもルッツはボーヤン並にキレイだったなぁ。

無良くんは・・・・。
彼もジャンプの調子が悪いなぁ。
ダイスは故障してしまったし、草太くんも故障中なので、3番手はむらくんになりそうなんだけど・・・。


広告




その他のスケートの記事はコチラ→
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

グランプリシリーズ スケートカナダ 女子男子結果~北米ジャッジはえげつない。 [気になるスポーツ]

フィギュアスケート グランプリシリーズ スケートカナダ
週末、忙しくてやっと見ることができました。
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村



広告










女子SPプロトコル↓ ↓ ↓  
http://www.isuresults.com/results/season1617/gpcan2016/gpcan2016_Ladies_SP_Scores.pdf

女子FSプロトコル↓ ↓ ↓  
http://www.isuresults.com/results/season1617/gpcan2016/gpcan2016_Ladies_FS_Scores.pdf


1位 エフゲーニャ・メドベージェワ rusロシア 220.65
2位 ケイトリン・オズモンド canカナダ 206.45
3位 宮原知子 jpn日本 192.08
4位 エリザベータ・トゥクタミシェワ rusロシア 187.99
5位 アレイン・チャートランド canカナダ 185.56
6位 本郷理華 jpn日本 171.19
7位 チェ・ダビン kor韓国 165.78
8位 キム・ナヒョン kor韓国 164.48
9位 長洲未来 usaアメリカ 151.42
10位 ヨシ・ヘルゲソン sweスウェーデン 149.77
11位 永井優香 jpn日本 147.56



1位 エフゲーニャ・メドベージェワ rusロシア 220.65
良くも悪くも去年と同じ演技で同じ内容かなぁ。
スケーティングは去年より良くなっていると思うし、伸び盛りだと思うけれど、なんともまぁ、システマチック。
完全優勝でしたけど、新鮮味はない。
エモーションもない。
これがあのコーチの好みなのかなぁ。
リプニツカヤの時から変わらない。


2位 ケイトリン・オズモンド canカナダ 206.45
カナダはやっぱり彼女がイチオシなんでしょうね。
体操的でオトコマエの選手が多い中、彼女は艶やかで可愛らしいもの。
SPでうまくいっても、FSで失敗することが多いオズモンドだけど、今回はパーソナルベスト!
ジャンプはランディングも流れも良かった。
これは完全復活と言っても良いんではなかろうか。
スピンも良かったし、これはメダル候補ですね。


3位 宮原知子 jpn日本 192.08
mずらしくミスが多かった今大会。
SPはかなりジャンプが低かったし、プレロテだったし、これは致し方ない。
フリーではジャンプは修正できたけれど、スピンステップがノーカン。
確かにリンクカバー率は問題だったけれど、今季点数がもらえていたのはかなりグレーだったんだろうか?
いきなり点が出なくなるのは混乱するわね。
さっとんのジャンプがジャッジ次第になった今、世界ランキング1位の余裕はない。
ただ、PCSは充分評価されてるから、そこは良かったが、技術点もPCSもメドベを上回ることはできないのでないか?←二人共ノーミスだった場合。



4位 エリザベータ・トゥクタミシェワ rusロシア 187.99
FSでジャンプを刺されていないのは彼女だけ。
ジャンプは、徐々に上がってきていますね。
シーズン後半には3Aも入るかもしれません。
しかし・・・スケーティングとリンクカバーは相変わらず。


6位 本郷理華 jpn日本 171.19
FSは刺されまくったなぁ。
SPは良かったの・・・。
衣装にまで文句付けられちゃったねぇ。
スカートのスリットがダメなのか?
襦袢があるけど、肌を見せ過ぎているから?
それなら去年のタクタミの衣装の方が半裸に見えたけど。
減点されたわけではないので、ま、衣装はなんとか出来るでしょ。

しかしFSの回転不足のほうは深刻。
その上、FSのプログラムに全く魅力を感じられない。
去年のFSに戻したほうが良いと思う。
鈴木明子振り付けからは逃れられんのかしら?
普通、ノービスやジュニアの選手から振り付けるんじゃなかろうか。
去年のキダムにも魅力は感じなかったんだけど、今年のFSはもっとひどくて。
印象に残る動きもないし・・・・。
そもそもアラビアのロレンスのプログラムであの衣装なのもナゾ。
女子は珍しいプログラムと鈴木明子さんは言っていましたが、そりゃそうでしょ。
女性がそんなに出てくるイメージがないもん。



11位 永井優香 jpn日本 147.56
SPは残念な結果でしたけど、FSでは本郷さんより上でした。
最下位になってしまったけれど、ジャンプを修正中なら仕方ない。
ジャンプ修正は若ければ若いほど良いと思う。
そしてとても綺麗になったよね。
体型も女らしくなって。
だからジャンプが苦しいんだね。
そして彼女は誰かと必ずプロフラムがかぶっちゃうね・・・・。


++++++

それにしてもカナダとロシアのホームは昔からえげつない。
まだ五輪の黒歴史を忘れたわけではありませんのよ。





男子SPプロトコル↓ ↓ ↓  
http://www.isuresults.com/results/season1617/gpcan2016/gpcan2016_Men_SP_Scores.pdf

男子FSプロトコル↓ ↓ ↓
http://www.isuresults.com/results/season1617/gpcan2016/gpcan2016_Men_FS_Scores.pdf

  
1位 パトリック・チャン canカナダ 266.95
2位 羽生結弦 jpn日本 263.06
3位 ケビン・レイノルズ canカナダ 245.06
4位 ミハル・ブレジナ czeチェコ 227.42
5位 ダニエル・サモヒン isrイスラエル 226.53
6位 ミーシャ・ジー uzbウズベキスタン 226.07
7位 アレクサンドル・ペトロフ rusロシア 224.39
8位 無良崇人 jpn日本 222.13
9位 リアム・フィルス canカナダ 210.89
10位 閻涵 chn中国 209.11
11位 グラント・ホッホスタイン usaアメリカ 204.69
12位 ロス・マイナー usaアメリカ 196.53



1位 パトリック・チャン canカナダ 266.95

スケーティングの上手さは別格。
何気な~~~~~く滑っているように見えるのに、チェンジエッジは深いし、氷に吸い付くってのはこういうことなんだろな。
ショートプログラムの「ビートルズメドレー」はそこまで良いとは思わないけど、Pちゃんが滑ると別なんだねぇ。
アクセルの転倒はあったものの、すぐにプログラムに戻って、なかったように思える。
フリーではミスも出ましたが、カナダ大会二連覇。
立派だ。


2位 羽生結弦 jpn日本 263.06
SPは4回転ジャンプが二つとも失敗。
SPのプリンスは衣装も振り付けもイマイチだと思うんだけど・・・・。

FSも4Loは失敗。
しかし3種類の4回転を4回、2回のトリプルアクセルを跳ぶこの構成。
そこまでしなくても勝てるんだからって思ってしまいます。
この構成は間違いなく、リスキーで怪我にもつながるような構成。
彼は平昌五輪で引退するのかね?
それまでと思っているからこその構成かな?
その次を考えているならこれはできないと思う。

五輪以降、ピーキングがファイナルに合っていて、テレ朝的にはとても嬉しいんでしょうけど、やっぱりワールドに合わせないとねぇ。
ハビエルがきちっとワールドに合わせてるんだから、そこらへんがねぇ・・・。


3位 ケビン・レイノルズ canカナダ 245.06
今回はなんといっても、ケビンの復活。
グランプリシリーズはカナダ大会しかエントリーしていないんだけど、26歳だって。
相変わらず天使!←なんつー贔屓。
ソチ以降度重なるケガでなんと4シーズンぶりのグランプリシリーズ。
4回転の本数も多いのでケガには気をつけて、ナショナルで代表をもぎ取って欲しい。


8位 無良崇人 jpn日本 222.13
SPのフラメンコはよかったですが、FSは・・・。
捻挫をしたらしいので、着氷が狂ってしまったのでしょうか。
彼もSPとFSを揃えられることができない。
勿体無いなぁ・・・。

それとハンヤンも・・・。
どうしたことでしょう。
あんな綺麗な3Aを跳ぶ選手がアクセルでも失敗していましたから・・・。

練習でしてきたことを出すってのは、本当に難しい競技なんだねぇ。

広告




スケートリンク
フィギュアスケート Japan Open 2016 結果~五輪プレシーズンが始まった。 
フィンランディア杯 2016 女子結果~マオペースで初戦は2位。ジャッジ6の目は節穴?

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ
前の5件 | - 気になるスポーツ ブログトップ