So-net無料ブログ作成
検索選択
気になる2時間ドラマ/SPドラマ ブログトップ
前の5件 | -

月曜名作劇場「はぐれ署長の殺人急行2~秩父SL迷宮ダイヤ~」 ネタバレ 感想~単純な鉄道トリック。 [気になる2時間ドラマ/SPドラマ]

月曜名作劇場「はぐれ署長の殺人急行2~秩父SL迷宮ダイヤ~」
熊谷駅10時12分発!パレオエクスプレス号に消えた3人の殺人者!暴走SL号に隠された22分間の鉄壁アリバイ!監禁少女の命を救え!
殺人事件と子どもの失踪に秘められた真相・・・
鉄道オタクの“はぐれ署長”が暴く時刻表トリック!!
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

[あらすじ]
秩父東署の署長に赴任した北斗鉄太郎(恵俊彰)は、警察庁の超エリートでありながら地方の警察署長を転々とする“はぐれ署長”。秩父東署の刑事・市毛明日香(中山忍)は、左遷されても気にする様子もなく秩父鉄道を見て喜ぶ鉄太郎の姿にあきれる毎日だ。

ある日、公園で男性の刺殺体が発見された。殺されたのは不動産会社を経営する早海義男(児玉貴志)。刺されたとみられる後に早海の携帯電話から119番通報があったが無言、駆け付けた救急隊員によって発見されたという。捜査指揮を執る埼玉県警の管理官・霧島勇作(原田龍二)は本人からの通報だと断定しようとするが、秩父東署の刑事・大和公三(勝村政信)は異を唱える。鉄太郎も霧島の説には疑問を呈し丁寧に捜査することを提案。しかし捜査方針を決めるのは自分だと霧島は自説を押し通そうとし、大和と対立する。間もなく、現場には弁護士バッジが落ちており、持ち主は真壁武史(瀧川英次)という弁護士であると判明。刑事に憧れて警察官になった鉄太郎は「捜査は捜査員に任せること」と霧島に釘を刺されつつ、聞き込みに向かう。真壁は、早海が殺害された時刻は秩父鉄道のSLパレオエクスプレスに乗っていたとアリバイを主張する。捜査を進めると殺された早海は詐欺行為を働いていたことがわかり、早海の会社に何度も抗議の電話をかけていたという石倉加奈子(大路恵美)が容疑者として浮かび上がる。

一方、小学生の娘・茜(遠藤璃菜)が行方不明になったと結城静香(中村綾)が署に駆け込んでくる。茜は亡くなった大和の後輩刑事の娘で、早海が殺された公園で行方不明になったという。大和が公園を捜索すると、血痕が付いた茜のキーホルダーが見つかる。二つの事件は関係があるのではと考える鉄太郎と大和だったが、霧島は取り合わない・・・。
[HPから引用]


広告




原作はコチラ

吉村達也/ 「修善寺温泉殺人事件」(講談社刊)


犯人は大路恵美

殺された男は詐欺師で、大路恵美の夫は投資詐欺にあい亡くなってしまった。

しかも働いていたホームの老人も同じ男に騙されていた。

協力者は真壁武史(瀧川英次)

真壁は大路恵美の夫の兄だった。

二人のアリバイはごく簡単で、乗車していたというSL列車はスピードも遅く、駅での乗車時間も長い。
あとから出発した各駅停車がSLを途中で追い抜くのだ。
秩父駅には各駅列車が先につき、22分後にSLが到着。

22分の間に早海義男(児玉貴志)を殺害。

事件を目撃した茜ちゃんを拉致。
捜査の目が真壁にむくように弁護士バッジを現場に落とした。

そしてその罪を早海と同じく詐欺師の大高洋夫に着せ、自殺に見せかけて殺したのだった。




大路恵美は度胸があるわね。
自分が担当しているご老人が詐欺にあい、直談判に詐欺師たちのアジトに行き抗議する。
その男たちが、夫を騙した詐欺師だった。
スゴイ偶然。
「復讐する運命」だったのね。


詐欺師も詐欺師で、ボロクソに大路恵美に文句言われているのに、たいして反論もせず、痛めつけもせず、ちょっと突き飛ばしただけで、許してくれるなんて。
しかもそんな女の呼び出されてのこのこ公園にまで行くなんて、詐欺師の割に人を信じるのね!


なんのひねりもない鉄道トリック!

もうね、鉄道トリックは無理なんだよねぇ。
最初から「出来すぎたアリバイだ!」なんて疑っていたわりには、アリバイの裏をとっていないんだもんな~。
普通列車に乗車していたことなんて分かりそうだ。
鉄オタなら、SL列車の速度なんてわかっているはずなのに。


犯人じゃない中山忍

裏でおねえちゃんも頑張ってメイドをしていたよ!
この二人、結構番組が重なるよねぇ。

中山忍の刑事役って、「はみだし刑事情熱系」くらいしか思い出せない。
珍しいよね。
前にも原田龍二と元夫婦を演じていた気がする。


「はぐれ署長にはぐれ刑事ね!」
と藤真利子のセリフに笑い。


藤井聡太四段ニュース速報が出ているときに、羽生行きの電車の映像
が流れていた偶然に驚きました。

そうじゃった、そうじゃった。
はぐれ署長は最初に怪しい!って思った人間が犯人になり、しょーもないトリックの殺人が起きるんだった。
で、人情系なのよね。
やっぱり「はぐれ」だからかしらw


広告






感想はコチラ
月曜名作劇場「はぐれ署長の殺人急行 九十九里浜迷宮ダイヤ」 ネタバレ 感想~ホワイトボードで!『ひるおび!』の番宣 
月曜名作劇場「はぐれ署長の殺人急行2~秩父SL迷宮ダイヤ~」 ネタバレ 感想~単純な鉄道トリック。
キャスト
北斗鉄太郎:恵 俊彰

市毛明日香:中山 忍
石倉加奈子:大路恵美
真壁武史 :瀧川英次
黒部満彦 :五代高之
結城静香 :中村 綾

霧島勇作 :原田龍二

赤城あずさ:藤真利子

大和公三 :勝村政信

広告






にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

日曜ワイド「人類学者・岬久美子の殺人鑑定7」 ネタバレ 感想~【悲報】渡辺いっけいの出番が減った!! [気になる2時間ドラマ/SPドラマ]

日曜ワイド「人類学者・岬久美子の殺人鑑定7」
大塚寧々主演の人気シリーズ最新作!
殺人事件の被疑者が、白骨死体となって見つかった。彼は自殺なのか、他殺なのか。人類学者・岬久美子が、衝撃の真相を暴く!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


[あらすじ]
 長らく放置されていた廃倉庫から白骨死体が見つかった。倉庫の支柱には輪になったロープがかけられており、一見して首つり自殺をはかった人物のものと思われた。
 警視庁捜査一課の班長に就任した加治川法雄(渡辺いっけい)の指示で、人類学者・岬久美子(大塚寧々)が鑑定を行うこととなり、捜査一課刑事の二階堂達也(戸次重幸)が研究室まで骨を届けにやって来た。
 久美子の鑑定の結果、遺体の身元は1年前から失踪していたガラス工房経営者・高倉徹郎(寺泉憲)と判明するが、舌骨が折れていただけでなく頭蓋骨に陥没骨折があり、窒息死のほかに、頭部を殴られて死亡した可能性も浮上。結果を聞いた二階堂は「骨鑑定の第一人者なのに、死因も特定できないのか!」と悪態をついて去っていった。そんな二階堂に、なんだか見覚えがあると感じる久美子…。

 まもなく久美子は、高倉が1年前、取引先の“ロゼッタ硝子”社長・龍野祥一(団時朗)を殺害した事件の被疑者として追われていたことを知る。高倉は事件直前、龍野から契約打ち切りを宣告されており、それを恨んでの犯行と思われたようだ。しかも高倉は龍野の妹でガラス工芸作家の彩乃(毬谷友子)に「私なきあと、工場と職人たちをよろしく」という遺書めいた手紙を送っており、二階堂らは、高倉が龍野を殺害した後、自殺をはかったものとして事件の処理を進めようとしていた。
 しかし、高倉の首の骨が変形していることから、久美子は彼が生前、“頸椎症”を患っていたことを見抜き、高倉には首を絞めて龍野を殺害するほどの力は出せないはずだと主張。久美子の聞き込みにより、妻の豊美子(市毛良枝)らも高倉が死の1年ほど前からしびれに悩んでいたことを証言。高倉は龍野殺害に関与していないことがハッキリする。さらに、なんと彩乃と高倉はかつて恋人同士だったという衝撃の事実も判明する。

 そんな中、二階堂がなんと久美子の幼なじみだったことが発覚! 小学生時代、子分のように久美子の後をついてまわっていた二階堂は、ひそかに久美子に対抗意識を燃やし、反発していたのだ…。その後、高倉の頭がい骨のある“異変”に気づいた久美子は、それを手掛かりに二階堂と共に事件を調べることに…! さらなる殺人も起き、事件はますます混迷の度合いを深めていくが、はたして久美子たちがたどり着いた衝撃の真相とは…!? 
[HPから引用]

広告




高倉徹郎(寺泉憲)はアモーレで殺された。

凶器・アモーレが入っていた袋の中には、眼鏡のガラスが付着していた。
社長・龍野祥一(団時朗)と親子関係にある人物と判明。
しかもそれは息子ではなく、娘だった。


犯人は毬谷友子のお手伝い浜野千絵子

千絵子の母は40年前、ロゼッタで働いていた。
そこで団時朗と男女の関係になり、会社を辞め娘を産んだ。

母親の昔の日記でそれを知った千絵子は、父親がどんな人か知りたくなり、毬谷友子の家の家政婦になった。

しかし、団時朗の嫌な部分ばかりを知る。
息子にも妹にも優しくなかった。
その上、40年前の母親と同じように部下に手をつけて妊娠させた挙句

「金目当てだろう!!」

と金を投げつけ中絶をせまり、高笑い。

母親が父親の名前教えかったのは、「産むな」と言われたからだ。

刺し違えるのは簡単だが、あんな男のために刑務所に入るのは嫌だった。


高倉ガラス工房に呼び出し、団時朗を絞殺。

「なぜ、お前が・・・!」
娘だとは思っていない団時朗が言う。

「血が繋がっていると思うだけでぞっとするんだよ。」

その現場に寺泉憲がやってきた。
バッチリ殺害最中を見られた寺泉憲。

アモーレで撲殺。

警察の目を寺泉憲に向けるために殺害現場を選んだのに、見られてしまった。←バカ
寺泉憲のポケットには毬谷友子への手紙があり、一枚だけは遺書に読めることに気づく。
団時朗の遺体だけを現場に残し、凶器をバッグに入れ、人目の触れない場所まで運んだ。

全てがういまくいったのに、アモーレを探し始めた警察。

「早く処分しなければ!」

アモーレをハンマーで粉々にして、川に捨てようと思った。
そこを毬谷友子に見られ、騒がれたので・・・・。

毬谷友子をハンマーで撲殺

そこへやってきた市毛良枝が毬谷友子の遺体を見つけてしまう。




++++


犯人は、寺泉が毬谷友子に送るつもりだった手紙の残りを持っていた。

作品を完成させたら、ガラス職人をやめてイタリアに行きます。
妻・市毛良枝と二人で。
生きる望みを失った私が今日までやってこれたのは妻のおかげです。
妻の笑顔が私は好きです。
もうすぐガラス職人を引退しなければならない。
引退して一番やりたいのは旅行につれっていってやることだ。


夫は別の人生なんて望んでいなかった。








毬谷友子の殺害の仕方が雑なんですけど!!!

ハンマーでボコ!
家政婦がアサシン・・・・。

ジジィとはいえ、団時朗はガタイもデカイし、力も強そうなのに、背後から絞殺。
相当体力を使って疲れているはずなのに、しゃがんでいたとはいえ、これまたそこそこ大きい(推定身長177cm)の男をアモーレで撲殺。
その上、人目のつかない場所まで一人で遺体を持って行って遺棄。

そんなアサシンには、毬谷友子なんて、こめかみを一撃で、即死させる威力があったってことかしらねぇ。
平均的な40歳女性だったら、ちょっと無理だとは思うわ。
あの家政婦は以前になんの仕事をしていたんだろう・・・。

どう考えてもプロの殺し屋じゃねーか!

そりゃ、父親が憎いのはわかるが、憎い父親よりもひどいことをしているよねぇ。
しかも刑務所に入りたくないって身勝手な理由で、よその工房で父親と目撃者を殺害。

工房のセキュリティが完璧だったら・・・!!!

んでもって、アモーレを粉々にするのを急ぐがあまり、真昼間から人に見られそうなところで、ハンマーでバンバン!
おかげでもう一人殺す羽目に・・・。

身勝手で鬼畜のような女なのに、なぜか寺泉憲の手紙だけは残しているなんて、どういう神経しているんでしょう。
中の人の岩橋道子って48歳だそうですが、若く見えました。
この名前、覚えておこうっと。



+++++



戸次重幸が生意気で腹たったわ~~!!

幼馴染とはいえ、大塚寧々の方が年上なのにさ。
「オマエ」呼ばわり。
しかもすごく上からで、すごく嫌味。
だから妻に逃げられるねん!!!
その上、トツギーノの出番が増えたら、いっけいの出番が減ったのも残念。
ワタシの中の戸次重幸の好感度もだだ落ち(爆)←混同しすぎ。



広告








人類学者・岬久美子シリーズ
土曜ワイド劇場「人類学者・岬久美子の殺人鑑定6」 ネタバレ 感想~キャベツ畑の告白。まさかの単独犯。 
日曜ワイド「人類学者・岬久美子の殺人鑑定7」 ネタバレ 感想~【悲報】渡辺いっけいの出番が減った!!


出演
岬久美子 大塚寧々
加治川法雄 渡辺いっけい
二階堂達也 戸次重幸
守屋直樹 渋江譲二
高倉豊美子 市毛良枝
龍野彩乃 毬谷友子
龍野祥一 団 時朗
織田泰恵 峯村リエ
高倉徹郎 寺泉 憲
ほか


広告





にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

月曜名作劇場「追悼 野際陽子さんを偲ぶ 弁護士二重丸承子」 ネタバレ 感想~変わらず美しい野際さんを堪能 [気になる2時間ドラマ/SPドラマ]

月曜名作劇場「追悼 野際陽子さんを偲ぶ 弁護士二重丸承子」
『この役を演りたい」。野際陽子さんが生涯で一度だけ演じた主演サスペンスドラマ「弁護士二重丸承子」を緊急放送。当初の放送予定を変更して放送します。.
承子への復讐なのか?それとも・・・?殺人容疑者のアリバイは別の人間を殺していたことだった!
2005年11月14日の「月曜ミステリー劇場」で放送した作品です。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


[あらすじ]
二重丸承子(野際陽子)は弁護士。といっても、今は引退を決め込み、娘の玲子(森口博子)とその夫・俊樹(沢村一樹)に弁護士事務所を継がせて、自分は教習所に通っている。ペーパードライバーを返上し、亡き夫・孝之(竜雷太)のキャンピングカーで日本全国を回るのが夢なのだ。

 承子が教習所で態度の悪い教官とバトルを繰り広げた直後、玲子から電話が入った。殺人事件の容疑者である水村早苗(原沙知絵)という娘が承子に弁護を依頼してきたというのだ。承子はその名を聞いて愕然とした。15年前のことだが、承子には決して忘れられない事件だった。承子は力を尽くしてある殺人容疑者の無罪を勝ち取った。ところがその男が別の殺人の現行犯で逮捕されたのだ。早苗は殺された女性の娘だった。

早苗は、不動産会社社長・大谷卓治(不破万作)殺しの容疑をかけられていた。長嶋幾(石井トミコ)という女性が事件の後に公園で手や服に付いた血を洗い落としている早苗を目撃していたと証言した。しかも早苗の出したゴミ袋の中から犯行に使われたナイフが発見されたのだ。  

接見に赴いた承子に、早苗は挑戦的な態度をとる。大谷が殺された時刻のアリバイはあるが言いたくない。だが15年前に殺人犯を無罪にした承子なら、アリバイを言わなくても自分を無罪にできるだろうというのだ。承子は早苗の無実は信じるが、自分を信頼してアリバイを話してもらえないなら弁護はできないと告げた。押し黙る早苗。承子があきらめて帰ろうとした時、早苗の唇が動いた。その言葉を聞いて承子は慄然と立ちすくんだ。早苗は犯行時刻に、被害者とは別の人間を殺していたという…。



広告







不動産会社社長・大谷卓治(不破万作)殺害の犯人は宮川一朗太

不破万作は養父だった。
血の繋がらない宮川一朗太は、会社や遺産を全て実の息子である弟に奪われるのかと思い殺害したのだった。
アリバイのトリックは一緒に飲んでいた男を泥酔させ、同じような部屋を作り上げたのだ。



竹内殺害の犯人は前田耕陽

原沙知絵が看護師をやめることになった医療過誤。
点滴を間違えて患者が死亡したのは、原沙知絵のミスではなく、前田耕陽の指示ミスだった。
そのミスを隠すためにカルテを改ざん。
一方で、裁判では原沙知絵を庇う。
執行猶予になった原沙知絵はますます前田耕陽を慕う。

しかしあの日、竹内にカルテを改ざんしているところを見られてから、ずっと恐喝されていたのだった。
外国に留学しても、帰国しても恐喝され、とうとう殺害したのだった。
前田耕陽が竹内を殺害したところを目撃した原沙知絵は、「自分のために殺してくれたのかも・・・」と思い遺体を遺棄。





懐かしいドラマ。
12年前ってことは、野際さん69歳。
少しふっくらされているようですが、やっぱり変わらないですよねぇ。

何回かこのドラマは見ていますが、エロ男爵も若いw
で、森口博子が出てんのも珍しい。
で、安定の火野正平w
カッコ良いわ~。

記憶の中では、エロ男爵が野際さんの息子だっけ?と思っていたんですが、姑と婿の関係でしたね。
浅見光彦役の沢村一樹。
違う局で浅見光彦の母を演じている野際さんの親子役がややこしいって思っていたんだったw


野際さんはこの作品が月曜ミステリーの初主演だったそうです。
野際さんって、本当にたくさんのドラマにご出演されていましたが、主演は珍しいのかもしれないですね。
光彦の母とか、温泉の社長とか。
主要キャストなんだけど、主演ではない。
日曜ワイド枠では、2時間ドラマは放送しなかったのかもね。

まだまだ信じられない野際さんの死。
徹子のお手紙には泣いてしまった・・・。

渡瀬さん同様、最後まで現役だったのがとてもカッコ良いです。
その上、美しい。

心からお悔やみ申し上げます。


しかし・・・来週は松下由樹さんの犯罪博物館ではないのね。
そう言えば「おとり捜査官」も渡瀬さんの追悼ドラマで延期のまま・・・。
松下由樹さん、気の毒です。


広告







キャスト
二重丸承子:野際 陽子
烏丸俊樹 :沢村 一樹
烏丸玲子 :森口博子
水村早苗 :原沙知絵
大谷卓治 :不破 万作
大谷文彦 :宮川 一朗太
大谷卓巳 :斉藤陽一郎
高梨みず江:松金 よね子
高倉 :モロ師岡
福田 亮 :前田 耕陽

(友情出演)
二重丸孝之:竜 雷太
門前大五郎:火野正平


広告




にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村



月曜名作劇場「温泉殺人事件シリーズ(3)修善寺温泉殺人事件」 ネタバレ 感想~鶴太郎の入浴シーンはサービスのつもり? [気になる2時間ドラマ/SPドラマ]

月曜名作劇場「温泉殺人事件シリーズ(3)修善寺温泉殺人事件」
片岡鶴太郎主演の人気シリーズ3弾!
老舗花屋で起こる狂気と情愛に導かれた謎の連続殺人事件! 修善寺に隠された怨念とは…?! 温泉マニアの刑事が謎に挑む!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
[あらすじ]
志垣良雄(片岡鶴太郎)と素子(あめくみちこ)夫妻は、娘の直子(尾藤亜衣)とその恋人・谷本卓也(パーマ大佐)の四人で修善寺温泉に家族旅行に出かける。結婚を認めたわけではないのに、あつかましく自分を父と呼ぶ谷本を苦々しく思いながらも、志垣は楽しい時間を過ごしていた。今回の旅の目的のひとつは、夫婦の恩人である医師の辻堂一之(西郷輝彦)を訪ねることだ。25年前、夫婦で修善寺を旅行中に素子が産気づき、直子を取り上げてくれたのが辻堂だったのだ。久しぶりの再会を夫婦は楽しみにしていた。
その頃、都内では殺人事件が発生し、和久井一郎(浅利陽介)たち捜査一課の刑事が捜査に乗り出した。被害者の渡瀬里佳子(太田唯)は大手花屋チェーン渡瀬花苑の社長・渡瀬春奈(池上季実子)の娘で、自宅で絞殺された。里佳子の顔がひどくただれていたことが気になる和久井。鑑識の結果、里佳子が使用していた洗顔料に漆が含まれていたことが分かった。
和久井は春奈とその秘書・原沙織(NANA)や副社長の大野木絋一郎(西村和彦)に事情を聞く。里佳子は春奈の後継者と目されていたが、母子仲は良くなかった。渡瀬花苑の本店が修善寺にあることが判明し、和久井は修善寺に向かう。和久井はここで志垣と合流して捜査を手伝ってもらう魂胆だが、志垣はその気はないと突っぱねる。だが、辻堂と春奈が親しい間柄だったことが分かり、志垣も次第に事件に関わることに。
志垣と和久井は辻堂とその娘の看護師・小夜子(菅野莉央)から渡瀬家の複雑な事情を聞く。春奈と春奈の母親で先代の都(長谷川稀世)は疎遠になっていた。さらに春奈の後継をめぐっても二人はもめていたという。
やがて春奈も修善寺を訪れる。すると、第二の殺人事件が起こる…。
[HPから引用]


広告




原作はコチラ

吉村達也/ 「修善寺温泉殺人事件」(講談社刊)


犯人は西村和彦

アリバイは崩れた。
社長と朝まで一緒だったと言うが、秘書のNANAが池上季実子を訪ねてきた間、席を外していた西村和彦。
その間、池上季実子の自宅に向かっていた。

自分の実家も花屋だったが、この会社のせいで廃業した。
能力のあるものだけが生き残るのは当然だから、それはいい。
でも池上季実子の娘・里佳子(太田唯)は、なんの能力もないのに、社長の娘というだけで、跡を継げる。
その娘に、秘書のNANAとの関係、自分が「渡瀬花苑」を乗っ取ろうとしていることを気づかれてしまった。

すると理由はわからないが急に娘は顔を抑えて苦しみだした!
これはチャンス!!!


池上季実子の娘・里佳子を殺害。


これで自分が社長に慣れるかも?と思っていた西村和彦だが。

殺された娘は本当の娘ではない。自分の娘は修善寺にいる。

と思いもよらぬことを告白されてしまう。

その上
「修善寺にいる本当の娘を跡継ぎにする。」
とまで言われてしまう。


その後、NANAに里佳子殺害を疑われる西村和彦。
「警察に行く」
「いつかわたしを捨てるつもりでしょ?」
なだめる西村和彦。

「わたしと一緒になってくれる?」

NANAを抱きしめる西村和彦・・・・

投げ捨てられる、MAX・NANA

コントみたいな投げ捨てられ方だったな。







なんで赤ん坊を取り替えたのか?

実の娘の体が弱かったからか???
だからって、実の娘を捨てて、赤の他人を引き取るなんて馬鹿げている。
その上、母親の言いなりになるのもよくわかんねーな。

よく娘が2人ともまともに育ったよ。
可哀想に。
血も繋がらないのに、「跡取り」と言われて育てられ、母親と分かり合うこともできない。
なのに
「母はきちんと愛された経験がない。
 だから相手の気持ちを見抜けない。
 母を傷つけないで。」
と西村和彦に訴える。
健気なリカコちゃん・・・。
殺されても、母親は悲しみもしなかったんだよ。
それどころか、コレ幸いに本当の娘を跡継ぎにしようなんて思うゲスっぷり。


先代も池上季実子もクズなんだよなぁ。
だから、腐った殺人犯の西村和彦にも

根が腐っている!

なんて言われんのよ。

目先に利益にとらわれて経営してたとか言われていたし、そのうち倒産すんのかも。
そんな憎まれ口を叩きながらも、池上季実子のことを美しい花なんておべんちゃらも忘れあない西村和彦。
やり手の性格が悪い女社長には持って来いの貫禄があったけどね。
今回ばかりは、太っていて良かったよ、池上季実子。



最後に、修善寺の娘小夜子ちゃんの謝っていたけれど、


「私は馬鹿な母親。
 あなたを苦しめるつもりはなかった、
 幸せにしたい 」

なんて全然反省していないなぁ。

みんなあなたのせいで苦しんだ

と言われても、まだまだ言い訳する池上季実子が情けない。

「ずっと後悔していた。

 母がなんというと守るべきだった

 片時も忘れなかった。」


しかし娘は

許すことができない

娘が感謝しているのは、「父の娘にしてくれた。」だけらしい。

ま、当然か。


スイトピーの花言葉は、「別れ」と「わたしを忘れないで」



このやりとりを聞いていた西村和彦の

「何なんだよ!お前たちは!」

って言い出したのは笑えたなぁ。
お前こそ2人も殺してなんなんだよ。

最初に殺された娘が可哀想すぎて、不憫だ。
若い娘さんが、顔が漆にかぶれて死んでしまうのも不幸だ。

そして池上季実子にもバツを!!
ちょっとひどすぎるよねぇ。


で、片岡鶴太郎の娘とデキ婚した義息子はレギュラーになるのかしら???
もう少し華のある娘と義息子にすれば良かったのに。

なんの裏もない浅利陽介にはホッとする。
さすが「からだ健やか茶 ダブル」やな。←古い





広告






感想はコチラ
月曜名作劇場「温泉殺人事件シリーズ(1) 有馬温泉殺人事件」 ネタバレ 感想~温泉を舞台にするなら主演は女優が良いなw
月曜名作劇場「温泉殺人事件シリーズ(2) 伊豆天城温泉殺人事件」 ネタバレ 感想~やっぱりラストは崖で!!
月曜名作劇場「温泉殺人事件シリーズ(3)修善寺温泉殺人事件」 ネタバレ 感想~鶴太郎の入浴シーンはサービスのつもり?

キャスト
志垣良雄:片岡鶴太郎

和久井一郎:浅利陽介

原沙織:NANA(MAX)
辻堂小夜子:菅野莉央

神崎洋一:飯田基祐
山田珠代:山下裕子
服部伸之:浦山可児
坂巻源太:植木祥平

渡瀬春奈:池上季実子

渡瀬都:長谷川稀世
岡本トミ子:茅島成美

渡瀬里佳子:太田 唯
志垣直子:尾藤亜衣
谷本卓也:パーマ大佐

志垣素子:あめくみちこ

大野木絋一郎:西村和彦

辻堂一之:西郷輝彦

広告












にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

日曜ワイド「西村京太郎サスペンス 鉄道捜査官17」 ネタバレ 感想~やっぱり土曜の夜に見たい。 [気になる2時間ドラマ/SPドラマ]

日曜ワイド「西村京太郎サスペンス 鉄道捜査官17」
沢口靖子主演、「西村京太郎サスペンス 鉄道捜査官」の最新作が「日曜ワイド」に登場!
長野を舞台に、豪華列車「ろくもん」から消えた美女の謎に迫る!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


[あらすじ]
 花村乃里子(沢口靖子)は、警視庁鉄道捜査隊東京駅分駐所に所属する鉄道捜査官。“東京駅を守る女性”として雑誌に写真入りで取り上げられたところ、乃里子宛てにファンレターが届くようになった。
 だが、そんなファンレターの中に、“犯行予告”とも思える不気味な手紙が紛れ込んでいた…!便箋にはたった1行、「祝日に殺人の列車が走る」とだけ記されており、差出人は不明。封筒の消印が“長野県・戸倉”、切手が長野・善光寺の御開帳記念のものであることから、祝日に長野県内を運行する列車で事件が起きるのではないかと思われた。乃里子は手紙を鑑識にまわすと共に、分駐所課長・野川一郎(筧利夫)に頼んで長野県警に報告を入れてもらう。
 だが、その予告どおり、3日後の祝日に事件が起きてしまう――。長野・上田駅構内のトイレで男性の刺殺体が発見されたのだ。遺体のポケットには、週末を中心に軽井沢-長野駅間を走る観光列車“ろくもん”のチケットがあったという。
 被害者は、貸しビル業を営む資産家・小堀忠夫(森次晃嗣)で、事件当日の朝、都内自宅から長野にやって来て、午後1時55分長野駅発の“ろくもん”に乗車、上田駅で途中下車したものと思われた。さらに、上田の手前の戸倉駅から、40代~50代の女性が乗り込んで合流したらしいことが判明する。犯人は、その女なのか…!?
 自分宛てに届いた手紙のとおり“祝日に走る列車”にからんだ殺人事件が起き、もっと警戒すべきだったと悔やむ乃里子は、すぐに長野へ。被害者の娘・明子(西原亜希)から、忠夫が長野県出身の元グラビアアイドル・岡部祐子(川村亜紀)とつきあっていたと聞く。だが、祐子は事件の日、偶然長野にいたと明かすが、そのアリバイは完璧だった。
 そんな中、忠夫の会社の顧問弁護士・浦本徹也(山中聡)が、遺族を集めて遺言書を公開すると宣言。明子から立ち会ってほしいと頼まれた乃里子は親族会議に出席するが、そこで明子の異母弟・功(渋江譲二)の実母・角田澄江(熊谷真実)が戸倉上山田温泉にある旅館の女将を務めていることを知る。澄江は、“ろくもん”で目撃された小堀の連れらしき女と年齢層が一致する…。乃里子は澄江の元を訪ねるが、彼女は先日、東京駅構内である事件が起きた際、犯人逮捕に協力してくれた女性だった…。
[HPから引用]

広告







熊谷真実は亡くなった小堀忠夫の愛人だった。
長男・功を生んだあと、産後の肥立ちが悪く、跡取りが欲しかった小堀忠夫に託すしかなかった。
二度と小堀家にも功にも近づかないと約束し、東京を離れ、20年前に長野に来た。

仲居として働き、先代の女将にかわいがられ、5目前、旅館を継いだ。

あの日、「ろくもん」に乗ったのは、半月前に小堀から手紙がきたからだった。

手紙には「もう一度だけ会いたい。」と書かれており、ろくもんのチケットも入ってあった。

戸倉駅からろくもんに乗車、指定された席に小堀忠夫はいなかった。
小堀忠夫はずっと現れず、終点の軽井沢駅で下車。
夜のニュースで小堀が亡くなったこと知る。

++++++

殺された小堀忠夫は「ろくもん」に乗車していなかった。
「ろくもん」に乗車していたのは、小堀忠夫に変装した人物で、その人物は上田駅のトイレで殺されていた小堀忠夫のポケットに「ろくもん」のチケットを入れていた。

元グラビアアイドル・岡部祐子(川村亜紀)のアリバイは自作自演。
落し物のネックレスは自分のものだった。

小堀忠夫と岡部祐子はしなの鉄道に乗って上田駅に着いた。

小堀忠夫を殺したのは岡部祐子

岡部祐子は5000万円とマンションの遺産に釣られ、小堀忠夫に妊娠したと嘘をつき、上田駅のトイレに誘う(つわりの振りをしていた)。
そこで小堀忠夫を殺害。
トイレを使用中止にして、新幹線を乗り継ぎ、小布施駅近くのホテルに行く。
そこで自分のネックレスをおとしものとして届けた。



口封じのために岡部祐子を殺害したのは顧問弁護士・浦本徹也(山中聡)

違法ギャンブルに手を出し、多額の借金があった。
そこで小堀の娘・明子(西原亜希)をたぶらかし、結婚の約束を取り付ける。
財産を独り占めするためには、愛人のグラビアアイドルも、小堀家長男の功も邪魔。

小堀忠夫を殺し、愛人も殺し、その罪を長男に擦り付ける計画だった。



+++++


“犯行予告”を送ったのは熊谷真実

熊谷真実と長男の功は15年間ずっと連絡を取り合っていた。
小堀忠夫から「ろくもん」のチケットをもらったことも功には報告していた。
功は、父がそんな手紙を送るわけがないと、その誘いに乗らないように忠告した。

「もしかしたら、殺されるかもしれない」

そこまで長男に言われたのに、その忠告に従わなかった熊谷真実。

「どんな手を使ってでも止める」

という長男の言葉に、息子が何か何かしてしまうのではないかと思って、沢口靖子に手紙を送ったという。

しかし冷静になったら、やっぱりなんとかあの手紙を取り返そうと思って東京駅に行き、ひったくり現場で沢口靖子に会ってしまった。


「この手紙があったことで事件を解決できた」
という沢口靖子。


功は姉と一緒に小堀家を守っていくという_____。







回りくどかったわね!

事件の真相も、熊谷真実親子も。

「祝日に殺人の列車が走る」。
冷静にならなくても、あんなもん出したらダメでしょう。
威力業務妨害になりかねないよ。

息子にあそこまで忠告されているのに、「ろくもん」に乗車する意味もわからない。
まずあんな犯行予告手紙を出す前に、熊谷真実が「ろくもん」にさえ乗らなければ、誰も死ななかった。
豪華列車「ろくもん」のチケットを無駄にするのが嫌だったのかしら??

長男・功だけがただただ可哀想だったわ。
愛人の子供として認知されたものの、本妻から迫害されて、姉は男を見る目もないくせに、弟を色眼鏡で見て。
それでも最後には、「姉を助ける」という弟。
出来すぎの弟だわ。

で、事件。

被害者が乗車した電車くらい裏取りしろよ!

被害者が「ろくもん」に乗っているかいないかは、防犯カメラで調べようよ~!!
目撃証言があったとしても裏取りすれば済む話ではないか。

あとサブタイトルの「「ろくもん」から消えた美女の謎に迫る!」ってのは熊谷真実のことだったんだろうか?
いつ美女が出てくるんだろうと思っていたんだけど・・・。←失敬


40代のグラドル好き・筧利夫
悪趣味だなぁ(爆)
来週も筧利夫の登場です。
濃いなぁw

もみたん、喫茶店を開業。
日曜の朝に合わせて喫茶店にしたのかしら?
可愛い和服だったけど、ヒントタイムとはいえ「喫茶店で栗おこわ」は無理があるのではないか(爆)
それならば以前の居酒屋?和食料理屋?のほうがしっくり行くよねぇ。


長野県警の刑事、カスだったなぁ。
熊谷真実を追い詰めて自供をさせて、ガッツポーズ!
驚いたわ。
あんな自供、裁判でひっくり返されるよねぇ。


日曜ワイド、初の新作。
おなじみ鉄道捜査官でしたが、やっぱり土曜の夜に見たいよねぇ(苦笑)
日曜の午前中だと、この程度の製作費しか出せませんよってことなんだろうか。
セットがしょぼかったなぁ・・・。

豪華列車「ろくもん」は素晴らしかった!!
いつか列車の旅をしてみたいなぁ。
こういう見慣れない列車を見られるのもこのシリーズのよいところ。
犯人役やミスリード役でおなじみの金子昇や長谷川朝晴が絶対に悪いことをしないのも見もの。

先日、関西では地井武男さんがご存命のときの作品が再放送されていたんだけど、鉄道マニアの野村さんはどうなったんだっけ?
今村恵子さんは結婚引退で、残念だなぁって思っていたんですが、大塚ちひろちゃんも頑張ってますからねぇ。
次回作にも期待です。

広告




鉄道捜査官シリーズ
土曜ワイド劇場「西村京太郎スペシャル 鉄道捜査官(15)」 ネタバレ 感想~靖子の超絶アクションシーンがなくてガッカリした件 
土曜ワイド劇場「西村京太郎サスペンス 鉄道捜査官 (16)」 ネタバレ 感想~ゴリさんは犯人ではございません。
日曜ワイド「西村京太郎サスペンス 鉄道捜査官17」 ネタバレ 感想~やっぱり土曜の夜に見たい。 

出演
花村乃里子 沢口靖子
野川一郎 筧 利夫
立花広太郎 金子 昇
内海早苗 大塚千弘
望月春樹 長谷川朝晴
手塚真理絵 山村紅葉
角田澄江 熊谷真実
小堀忠夫 森次晃嗣
小堀明子 西原亜希
小堀 功 渋江譲二
浦本徹也 山中 聡
岡部祐子 川村亜紀
 ほか






ダブル・ダブル / エラリー・クイーンなどがあります。





にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

前の5件 | - 気になる2時間ドラマ/SPドラマ ブログトップ