So-net無料ブログ作成

良いお年をお迎え下さい。 [気になるいろいろ]


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

広告




この記事が今年最後の更新になります。

このブログを読んでくださっている皆さん、いつもありがとうございます。

こんな場末のブログを続けられたのも皆さんのおかげです。

年の瀬は今までにないくらい震えながらフィギュアスケートを見たり、今までにないくらい日用品の福袋を購入(笑)
福袋の記事は書けたけど、フィギュアスケートの記事は書けず。
いつか気持ちが落ち着いたら書きたいと思います。

来年もまた散文ブログにお付き合いいただけたら幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
来年も皆様にとって素晴らしい年になる事を心よりお祈りいたします。

広告



にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「ダメ父ちゃん、ヒーローになる!崖っぷち人情広告マン奮闘記」 ネタバレ 感想~ちょっとレンタル救世主っぽい(笑) [気になる2時間ドラマ/SPドラマ]

「ダメ父ちゃん、ヒーローになる!崖っぷち人情広告マン奮闘記」
直木賞作家・荻原浩原作、岡田惠和脚本、沢村一樹主演で贈るヒューマンドラマ!
仕事も家庭も崖っぷちの中年広告マン杉山利史(沢村一樹)が人生の再起を懸けて立ち上がる!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


広告




[あらすじ]
杉山利史(沢村一樹)は、倒産寸前の弱小広告会社「ユニバーサル広告社」に勤めている。かつては大手広告代理店で活躍し、数々の広告賞を受賞した杉山。だが家庭を顧みなかったため、妻の幸子(広末涼子)は幼い娘を連れて出て行ってしまった。それから8年、情熱も野心もなくした杉山は、どこにでもいるくたびれた中年になっていた。
ある日、「ユニバーサル広告社」社長の石井(小堺一機)が仕事を取ってくるが、なぜか冴えない表情。そんな石井に、杉山は「会社の経営は破綻寸前、仕事を選り好みしている場合じゃない」とハッパを掛ける。
そこへ小学生の愛娘・早苗(鈴木梨央)が訪ねてきた。「元父(もとちち)」の会社を見に来たという早苗は差し入れを持参しており、年齢に似合わぬ大人びた態度で同僚たちに挨拶をする。早苗は、しばらく杉山の家にいると言い出す。いつもは一晩だけで帰っていくのに、家で何かあったのだろうか…?

翌日、杉山と石井はクライアントのもとへ出向く。なんとそこは暴力団の事務所だった!仕事は断るべきだと言う杉山に、石井は「費用は前金でもらい、すでに使ってしまった」と白状。組長の小鳩源六(伊武雅刀)に「一度受けた仕事は命懸けでまっとうしろ」と凄まれ、引くに引けなくなる。小鳩組からの依頼は、“暴力団のイメージアップ戦略を考えろ”というとんでもないものだった。杉山らが逃げ出さないよう、会社には見張り役として組員の河田薫(杉本哲太)が常駐することになる。
やむを得ず引き受けた仕事だったが、杉山は図らずも忘れていた広告への情熱を取り戻していく。自信作が出来上がり、意気揚々とプレゼンに臨むが…。


広告マンとして、父親として、起死回生を懸けた杉山の熱い闘いが始まる!
[HPより引用]

原作はコチラ

荻原浩 「なかよし小鳩組」

杉やんにカワケツ


沢村一樹と杉本哲太は幼馴染だったのね。

わかった途端、立場が逆転かな(笑)

幼少時代、お漏らしして川でケツを洗ったからカワケツ。
た〜んじゅん!←マッチのマーチの言い方で(苦笑)

小学生男子の脳みそだからそんなもん。

お互い大統領にもオリンピック選手にもなれなかったけど、幼い日のことを思い出しやる気が出ない毎日から脱却。

広告の仕事が楽しくなってきた沢村一樹。

出来上がったプレゼン資料を持って伊武雅刀組長を訪ねるが、却下される。

あくまでもテレビCMが目標の暴力団。

それが出来ないなら支払った一時金に利息をつけ返却、ユニバーサル広告の名義を小鳩組にしてほしいと脅される。


落ち込むユニバーサル広告の社長と社員。


ーーーーー


沢村一樹は娘の小鳩組をイメージしたイラストを見つける。

そして自分の故郷高崎市のマラソンにデンババと言う有名選手がエントリーするとニュースを見る。

ランナーの応募はまだ受け付けており、2名分エントリーした。
沢村一樹と杉本哲太は陸上部だったのだ。
ゼッケンに小鳩組のイラストと社名?をつけ、とにかく「デンババの近くを走ろう作戦」を思いつく。


一生懸命練習する2人は楽しそう。
しかし杉本哲太はマラソン大会に出場しないと言う。
「ヤクザがテレビにでてはいけない。
しかし、絶対組長らにテレビを見せる。
だから30秒は映って欲しい。」

杉本哲太の舎弟からの伝言に燃える沢村一樹。

マラソン大会が始まる。


杉本哲太は伊武雅刀組長にはむかう!
ダイナマイトを巻き付けて
「(ユニバーサル広告との)契約書を寄越せ」
と言う。

組員たちとなぐり合い袋叩きに合う杉本哲太。

沢村一樹は他のランナーと接触し、負傷してしまう。


倒れ込む沢村一樹だが、ヒーローになるため立ち上がる!

世界記録ペースのデンババに追いつく沢村一樹。
なんとか30秒間、テレビに映り込むの沢村一樹!


杉本哲太は破門

しかし、ユニバーサル広告との契約も白紙になる。


杉本哲太は小鳩組を破門になるが、ユニバーサル広告に入社!


社員は増えたが仕事のないユニバーサル広告。






沢村一樹はこういう役ばっかりやってんなぁ。
刑事モノにしてもこの間の連ドラにしても、彼は「娘」がいる父親が多いねぇ。
「息子」ではなく娘が。
なんでだろう?
しかし、レンタル救世主より過去は仕事人間のクズだったなー。

でも、「誰なのために」「愛する人のために」頑張る。
娘のヒーローになる。
…やっぱりレンタル救世主っぽい(笑)

娘(鈴木梨央)が夏休みの間父と過ごしたのは、母・広末涼子が再婚するから。
元父は本当に今日は元父になった。
新しいお父さんに気を遣って「もう逢いに来ない」と言う健気な娘ちゃん。
「とか言いながらまたすぐに逢いに来ちゃうかも。子供の言うのとなんてあてになんないからね。」
ってほんま大人で可愛いよ。
父との別れで号泣する鈴木梨央ちゃん、上手だったわ。
思わずホロッときちゃったよ。



+++++++


杉本哲太はワタシの中で背の高い人というイメージだったけど、沢村一樹と並ぶとかなり小さくて驚いた。
ふたりの掛け合いも楽しかったし、ふたりが並んでいると刑事に見えたりした(笑)


実は今日、疲れていて、途中で寝たいと思ったんだけど、面白くて最後まで見ました。
岡田惠和さんの脚本は割と好きなんで。
最初は「んー寝ようかな」と思うんだけど、途中から面白くなっていくんだよねー。
なんてことはない話だったけど、楽しめましました。

強いて言うならなぜ夏休みのお話を年末の寒い時期に放送したのか?

出来れば夏に見たかったかも(笑)


広告



連続ドラマの感想はコチラ
「ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~」 第1話 ネタバレ 感想~ビバ!「ひよっこ」
(キャスト)
杉山利史 …沢村一樹  
石原幸子 …広末涼子  
石原早苗 …鈴木梨央  
猪熊エリカ…臼田あさ美  
村崎 …柄本時生  
西脇勝也 …上杉柊平  
河田薫 …杉本哲太  
小鳩源六 …伊武雅刀  
石井 …小堺一機

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村





コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

シリーズ江戸川乱歩短編集II 妖しい愛の物語 第3回「人間椅子」 ネタバレ 感想~とにかくエロかった! [気になる2時間ドラマ/SPドラマ]

シリーズ江戸川乱歩短編集II 妖しい愛の物語 第3回「人間椅子」
満島ひかりが名探偵・明智小五郎を演じて話題となったシリーズ第2弾。
人の入れる肘掛け椅子を作り、椅子の中から肉体の感触を楽しむ男。女流作家(満島ひかり)に男から手紙が届く。
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
広告




[あらすじ]
江戸川乱歩の短編小説を気鋭のクリエーターたちが映像化する。演出は渋江修平。人気女流作家・佳子(満島ひかり)のもとに「奥様…」と語りかける奇怪な原稿が届く。そこには、人が入れる肘掛け椅子を作り、座る人の肉体を椅子の中から感じて楽しむ男の告白が書かれていた。その椅子はホテルで使われていたが、今はある洋館の書斎で使われているという。肘掛け椅子を前に身震いが止まない佳子に、もう一通封書が届く…。
[HPから引用]

原作はコチラ

江戸川乱歩 「人間椅子」
映画はコチラ

1997年版 主演・清水美砂

2007年版 主演・宮地真緒



テレビドラマでも映像化されてますよねぇ。
美女シリーズはもちろん「乱歩R」も。

このドラマで藤井隆と乙葉は結婚しましたよね。
人間椅子だったと思うんだけど、武田鉄矢が出ていて違和感があった記憶。




「人間椅子」はメジャーなので、ネタバレしなくても知っている人が多いですよねぇ。

以下ウィキペディアより引用
外交官を夫に持つ閨秀作家(女性作家のこと)の佳子は、毎朝夫の登庁を見送った後、書斎に籠もり、ファンレターに目を通してから創作にとりかかることが日課だった。ある日、「私」から1通の手紙が届く。それは「私」の犯した罪悪の告白だった。
椅子専門の家具職人である「私」は、容貌が醜いため周囲の人間から蔑まされ、貧しいためにその悔しさを紛らわす術も持たなかった。しかし、私は職人としての腕はそれなりに評価されており、度々凝った椅子の注文が舞い込んだ。
ある日、外国人専門のホテルに納品される椅子を製作していた私は出来心から、椅子の中に人間が一人入り込める空洞を作り、水と食料と共にその中に入り込んだ。自分が椅子の中に入り込んだ時に、その椅子はホテルに納品されてしまう。それ以来、私は昼は椅子の中にこもり、夜になると椅子から這い出て、盗みを働くようになった。盗みで一財産出来たころ、私は外国人の少女が自分の上に座る感触を革ごしに感じることに喜びを感じた。それ以来、私は女性の感触を革ごしに感じることに夢中になった。やがて、私は言葉がわからない外国人ではなく日本人の女性の感触を感じたいと願うようになった。
私がそんな願いを持つようになったころ、ホテルの持ち主が変わり、私が潜んでいた椅子は古道具屋に売られてしまう。古道具屋で私の椅子を買い求めていたのは日本人の官吏だった。私は念願の日本人の女性の感触を得られると胸を躍らせるが…。
引用終わり。
WS000297.jpg

椅子の中を人型に抜き取り、その中に入る。

って設定だけでもエロいんだけど、今回、出演者は満島ひかりだけだったのになんかエロかったわ。

椅子を通して感じる、憧れの人のやわらかさと温かみに、男は陶然。
レースのおパンツとかでてくるんだけど、満島ひかりが履いているわけでもない。

なのに!!!

エロい!


なーんでか!?



ただこの手紙の結末はこうだった。
「・・・というようなアイディアを考えたんですが、小説に使えますか?」

てことで、ラストは読者、視聴者に投げかけられるんですよね。

告白の後、また手紙が届き「前のは創作です。いかがでしたか?」
という手紙が届く。


素直に「創作だったんだ。安心」って思えない表情をしてたな、満島ひかりは。


人間椅子の男性は、拒絶されるのが怖くて創作ですと、書いたのかもな。

と、いつも思っています。

で、最後に満島ひかりが明智小五郎に変身するのかと思ったけど作家のままでした。
って当然か。
セリフと言うセリフもなかったけど、場持ちがするのは満島ひかりちゃんが綺麗で怯える表情も良かったからだな。

シリーズの中ではこれが1番面白かったな。
やっぱり女性役が良いのよ。



広告



シリーズ江戸川乱歩短編集II 妖しい愛の物語 第1回「何者」 ネタバレ 感想~「何者」が誰か視聴者にはすぐわかる。
シリーズ江戸川乱歩短編集II 妖しい愛の物語 第2回「黒手組」 ネタバレ 感想~どうして色物ばかりをキャスティングするのか? 
キャスト
明智小五郎:満島ひかり
朗読
中村靖日

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




年末ドラマスペシャル 「刑事 吉永誠一 ファイナル」ネタバレ 感想〜刑務教官として新シリーズが始まるとか? [気になる2時間ドラマ/SPドラマ]

年末ドラマスペシャル 「刑事 吉永誠一 ファイナル」
神奈川県警の刑事・吉永誠一(船越英一郎)の人気シリーズ完結編。連続殺人の容疑者は刑事へと導いてくれた恩師だった…?!吉永は刑事人生の全てをかけ真相解明に挑む。
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


広告





にほんブログ村 広告


[あらすじ]
 神奈川県警の刑事・吉永誠一(船越英一郎)は高校の同窓会に数十年ぶりに参加。初恋の人・酒井直子(手塚理美)や恩師の津村健三(里見浩太朗)らと再会し楽しく過ごした。
その翌日に殺人事件が発生。鑑貴一(小泉孝太郎)ら吉永班の刑事全員が招集された。被害者は横浜理科大薬学部の准教授・長谷部修(成島敏晴)で、死因は心臓を刺されたことによる失血死だった。
 続いて長谷部が所属する研究室の高柳啓吾教授(並木史朗)も刺殺体で見つかった。2人の被害者は「急性白血球症」という難病の特効薬を開発。ノーベル賞級の功労者とも讃えられていた。
2つの事件の状況証拠から浮かんだ容疑者は吉永の同級生で直子の元夫、水口邦夫(伊藤正之)だった。教授は死の直前、水口から不審なメールを受け取っていた。
「7年前のことで話がある。真実を公表されたくなかったら地下資料室に来い」…。
 長く会うこともなく、水口と直子が結婚したことも離婚したことも知らなかった吉永。2人の息子は小児ガンで亡くなったという。
 行方をくらました水口が水死体で見つかる。靴がきちんと揃えられており、自殺とみられた。だが現場近くに乗り捨てられた車の持ち主が恩師の津村と分かり、吉永は驚きを隠せない。
 津村は「空き巣に入られ、スペアキーを盗まれた」と説明するのだが、なぜか吉永とは目を合わせようとはしなかった。
 押収した津村の車を調べた吉永は、水口が自ら運転していたとすると辻褄が合わない点に気付く。
 かつて吉永を刑事へと導いてくれたのは、ほかならぬ津村だった。その恩師が事件の容疑者として浮かびあがってくる。吉永は刑事人生の全てをかけ、事件の真相解明に挑む。
[HPから引用]


スマホ更新なんで、サクッとネタバレで、すんまへん。
_______
手塚理美の息子は小児ガンを患ったのは、夫が勤めていたリサイクル工場が汚染されていたからではないかと思われ、会社相手に裁判をおこす。
しかしリサイクル工場の汚染データ調査は改ざんされ、手塚理美は裁判に負けた。

########

手塚理美の夫は偽装自殺ではないかと疑いが出てきた矢先、里見浩太朗がリサイクル工場の親会社の社長・仲本工事を人質に立てこもった。

社長室に乗り込む船越英一郎にテレビ中継を要求するヨボヨボの里見浩太朗だが、ヨボヨボの仲本工事に突き飛ばされる。
追いかける里見浩太朗を止めに入る船越英一郎を過って刺してしまう。
ヨボヨボしてるからやん(苦笑)

########

7年前、リサイクル工場の汚染データに改ざんがあったのは、神林議員の圧力だった。

神林議員はリサイクル工場から闇献金を受け取っていた。
そしてデータ改ざんをした研究室にも研究費を用立てていた。

神林議員…どこかで見たことがあるんだけど写真出演だけでさほど重要な役ではなかった。



4年前、データ改ざんに気づいた里見浩太朗は並樹史朗に詰め寄る。 並樹史朗はすべてを認め、急性白血球症の新薬を開発する使命がある。 それは自分にしか出来ない仕事だと言う。



並樹史朗は里見浩太朗の、娘が急性白血球症だと知り新薬を開発しようと決意したと、恩着せがましいことを言い出す。

新薬があれば娘は助かる。
里見浩太朗はまんま見てみぬふりをしてしまった。 しかし、娘も名付け親にまでなった手塚理美の息子も死んでしまった。

犯人は福原孝治(NPO法人事務長)大西武志

手塚理美の同僚だ。
怪しかったよね。最初から。

福原は並樹史朗の研究室いたが、研究費を横領し追放されていた。

並樹史朗を殺した現場の地下実験室の廊下には福原の、耳型が残っていた。 予め防犯カメラの位置を操作し死角を作った。

その死角を利用し実験室に向かうとき、廊下に耳型を残していたのだ。

福原は、はじめから並樹史朗らを殺すつもりで、免許証を偽装し、手塚理美に近づいた。

しかし手塚理美に罪を着せるより、元夫・水口に罪を着せる方がベストだと思った。

7年前の汚染データ改ざんを水口に詳しく話し復讐心をかりたてさせた。

里見浩太朗の家には水口と一緒に空き巣に入り、車のキーを盗み出した。

追い詰められた犯人は

ピンポーン!
ピンポンピンポンピンポンピンポン


狂いだした(苦笑)

2人を殺した理由は、新薬を開発して世間にチヤホヤそれたから!
あの新薬は自分が発見したも同然なのに!!!

で…。 仲本工事も闇献金で捕まりそう。

で…。 船越英一郎、刑事を辞めるってよ。

里見浩太朗みたいに先生になるんだって。
警察官を育てたいらしい。

希望したら簡単に警察学校の先生になれるのかなー?

刑事教官…。

刑事教官・吉永として新シリーズが始まりそう!?

レギュラーは家族以外入れ替えで。 白い中山忍を見られるのはこのシリーズだけなので、続けられるなら続けてほしいな。






年末スペシャルだからか、ファイナルだからか序盤どんどん死人が出た!

終わってみれば3人しか殺されなかった。

里見浩太朗と手塚理美の子供がそれぞれ亡くなってしまったけど。

流石の帝王も高校生は再現出来ませんでしたね。
まさかの「昔悪かってん」タイプ。 てか、船越英一郎と中山忍の年の差はナンボなん?
高校時代から付き合っていた設定みたいだけど、そんなん犯罪よねー。



水ミスでの帝王のレギュラーはなくなるのかな?
それとも新シリーズが用意されているのか?
思えば、連ドラになる前、林泰文とのコンビは良かったんだけどなぁ。
もちろん孝太郎はいいんだけど、連ドラになると林泰文では足りないと思ったのか鑑識に飛ばされたのが悲しかった(苦笑)



にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村 広告 広告

水曜ミステリー9「刑事吉永誠一(13)湖で拾った女」ネタバレ 感想~そろそろ小泉孝太郎が主演でもいいのでは? 

キャスト ◆吉永誠一 …船越英一郎
神奈川県警捜査一課 吉永班班長。
些細な手がかりから、推理を積み上げ事件解決へと導く粘り強い刑事。 家庭ではよき夫であり・よきパパ
◆吉永照子 …中山 忍
吉永の妻。専業主婦にして良妻賢母。子育てに関しては夫よりも厳しいこともある。 
◆鑑 貴一 …小泉孝太郎
神奈川県警捜査一課。
吉永が信頼を置いている相棒の様な存在。
製薬会社の営業マンの経歴を活かし、話を巧みに聞き出すことに秀でている。 

酒井直子…手塚理美
NPO法人代表。吉永の初恋の相手で、高校時代の同級生。
  小沢慎一  (神奈川県警鑑識課) …林 泰文
玉田隆一  (神奈川県警捜査一課) …山田純大
木島拓也  (神奈川県警捜査一課) …松尾 諭
牧村 仁  (神奈川県警捜査一課) …河西健司
水口邦男  (吉永の同級生) …伊藤正之
福原孝治  (NPO法人事務長) …大西武志
高柳啓吾  (横浜理科大薬学部教授) …並樹史朗
長谷部修  (横浜理科大薬学部准教授) …成島敏晴
矢島    (横浜理科大高柳研究室助手)…脊山麻理子
吉永菜摘  (吉永家の長女) …須藤菜々子
辺見慎介  (リサイクル企業社長) …仲本工事
神山隆治  (神奈川県警本部長) …大石吾朗 

津村健三 …里見浩太朗(特別出演)
元教師。吉永が刑事になるきっかけを作った高校時代の恩師。
  ◆
片山桐子 …眞野あずさ
神奈川県警本部管理官。かつては吉永が所属していた片山班の班長。

にほんブログ村


コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

キャンメイク ラッキーバッグ 2017年 福袋 700円 ネタバレ ~可愛いよねぇ。 [気になる福袋]

キャンメイク ラッキーバッグ 福袋 700円

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

広告




今年は買えないかと思っていたキャンメイク。
ラスト2つありました(笑)
お年玉とともに渡そう!
写真送ったらこの色が良いというので、見本品を購入。
黄色系のネイルがツボだそうです。


▼写真撮影に失敗し、もうワタシの手元にはないので見にくくてすみません・・・。
m_14830157381612.jpg

m_14830158777393.jpg


クリームチーク


モイストスフレシャドウ
廃番?

カラフルネイル



ジューシーピュアアイズ




広告




福袋リンク→


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ