So-net無料ブログ作成

「刑事7人」第3シリーズ 第9話 ネタバレ 感想~拉致られた割には太っていた愛之助を救出。 [気になるドラマ-2017夏]

「刑事7人」第3シリーズ 第9話
ついに最終章ー仲間が殺された…!12係の仇討ちが始まる!
連れ去られた山下(片岡愛之助)を捜し、ついに最後の敵に立ち向かう天樹(東山紀之)。しかし、仲間を殺した死刑囚が脱走!さらに沙村(高嶋政宏)までも罠にはめられて…
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

[あらすじ]
 「第11方面本部準備室」のメンバー・山下巧(片岡愛之助)が拉致され、行方不明となって数週間――。室長・片桐正敏(吉田鋼太郎)の独断による指揮のもと、天樹悠(東山紀之)ら「第11方面本部」の面々は、管轄する臨海エリアの薬物カルテルを摘発。臨海エリアを裏で牛耳り、山下の拉致にも関与していると思われる大地主・馬久根恒義(山本學)を倒すべく、大きく動き出した! しかし、この動きを察知した警視庁内部監察官・島村唄子(久世星佳)は、以前こっそり偵察を命じておいた刑事・水田環(倉科カナ)に再び接触。片桐の不透明な動きを暴こうと暗躍する。

 一方、天樹はホームレスを通し、「M」と名乗る人物からの書簡を受け取る。そこには、謎のURLとログインパスワードが記されていた! いったい「M」とは何者なのか…。天樹は訝しがるが、片腕がない男ということ以外、「M」に関する情報は得られない。そんな中、刑事・青山新(塚本高史)は薬物カルテル摘発の裏情報源として協力してくれた、昔のワル仲間・久喜鉄平(米村亮太朗)から大きな情報を得る。それは、馬久根の利権を狙っている「御厨」という男の情報で…!?

 その矢先、馬久根が恐ろしい報復に出始める。手下の事件師・ロク(川口力哉)を使って、久喜と身重の妻を惨殺したのだ! しかし、馬久根が絡んだ証拠はひとつも残されておらず…。

 さらに、不測の緊急事態が発生する。天樹らの仲間だった刑事・永沢圭太(鈴木浩介)を殺した死刑囚・丸藤遼平(音尾琢真)が、東京拘置所から脱走。その直後、刑事・沙村康介(髙嶋政宏)がほのかに好意を寄せるジムのスタッフ・宮本あかり(ハマカワフミエ)が失踪し…!
[HPから引用]

広告





第1シリーズ


第2シリーズ


xkeiji7nin_jpg_pagespeed_ic_oNwXKX66dq.jpg


死刑囚・丸藤遼平(音尾琢真)の脱走。

高嶋政宏がほのかに好意を寄せるジムのスタッフ・宮本あかり(ハマカワフミエ)を拉致して、高嶋政宏を呼び出す。
場所は鈴木浩介が殉職した場所。

高嶋政宏を呼び出した理由は

タイマンしたいから

( ゚Д゚)ハァ?

で、タイマンが始まり、高嶋政宏がピンチのところを、椅子に縛られていたはずの宮本あかりが鉄パイプで丸藤を殴る。
高嶋政宏が反撃し、なんとか確保。

不審に思った東山、宮本あかりは帰宅したところを拉致されたわりに、玄関は荒らされていないし、部屋の電気はついていたし、靴は履いていたし・・・。
事情聴取を行ったところ、宮本あかりは事件師・ロク(川口力哉)に金で雇われていた。

なんとかロク(川口力哉)にたどり着いた東山ら。
任意同行をかけると、ロクは

かしこまり

と言った。
塚本高史が殴っちゃうんだけど、その後すぐに毒を飲んで死ぬ。
塚本高史の親友は見せしめ的に苦しめて殺したくせに、ロクは苦しまずに死んだ。

しかしロクのパソコンから愛之助の拉致に関する情報を掴む。

愛之助、結構簡単に救出。


ロクは久喜と身重の妻を惨殺。
死刑囚・丸藤遼平の脱走を幇助した主犯だと思われるが、証拠はない。

しかしまたもホームレスからUSBをもらう東山。
その中にはバクネの脱税の証拠が入っていて・・・。

任意同行を求める東山ら。
しかしそこへ、銃を持った男が現れ、バクネを撃つ。

なんやねん、いきなり!!
目が覚めたわ!!←え?






相変わらずBGMだけは大層だな~。

で、来週は最終回です。

今日はいつもと違う感じでしたね。

死刑囚の脱走は何の意味があったのか?

ただ単に、ロクを殺したかっただけじゃないのかね?
なんかよくわからんわ~。
で、なんでロクは死んだの?
バクネへの忠誠心?
ウケ狙いの変な死に方してたよねぇ。


拉致られたわりには太っていた愛之助
怪しいわねぇ。
普通、拉致られたら無精ひげがあったり、げっそりしたりしない?
ぽっちゃりしすぎやろ。
メイクでもいいからもうちょっとそれらしくすればいいのに。



バクネのメイドが怪しい。
なんだろうあのお手伝いさん、
怪しいねぇ。


刑事7人の中には(7人もいないけど)、裏切り者はいないと思いたいんだけどどうなんですかね?
予告のつくりでいくと、吉田鋼太郎は怪しく見せるようにしていましたけど。

馬久根が何者かに殺される!

来週の予告文に書いてあったので、死ぬみたいですわ。

このドラマ、第3シリーズまで引っ張る必要があったんですかね?
第1シリーズも「こりゃ、シリーズ化はナシでしょ?」って思っていたんだけど、まさかここまでくるとは。
でもレギュラー陣のスケジュールも抑えられないんだから、このシリーズで終わらせるべきかなと思うのですが。

そう。

やめる勇気!!!

コレ、必要。



▽音尾琢真が関与した事件。第2シリーズ。
「刑事7人」第4話 ネタバレ 感想~鈴木浩介殉職!!刑事6人に!?
「刑事7人」 第5話 ネタバレ 感想~違法捜査ばかりで起訴できるのか不安。


広告






音楽はこちら




感想はコチラ
「刑事7人」第3シリーズ 第1話 ネタバレ 感想~刑事4人!黒幕は最初からわかっている! 
「刑事7人」第3シリーズ 第2話 ネタバレ 感想~そのうち刑事1人になるのでは?
「刑事7人」第3シリーズ 第3話 ネタバレ 感想~鋼太郎と愛之介がいなくても事件は解決するのだ!
「刑事7人」第3シリーズ 第4話 ネタバレ 感想~シリアルキラーな尾美としのりは素敵!
「刑事7人」第3シリーズ 第5話 ネタバレ 感想~仲間から心配されない愛之助 
「刑事7人」第3シリーズ 第6話 ネタバレ 感想~妻の腹の子は誰の子? 
「刑事7人」第3シリーズ 第7話 ネタバレ 感想~北見敏之の独白オーディション 
「刑事7人」第3シリーズ 第8話 ネタバレ 感想~犯人女優の仲間入りをした矢田ちゃん
「刑事7人」第3シリーズ 第10話(最終話) ネタバレ 感想~やっぱり、刑事1人になっちゃった!

第1シリーズ 第1話の感想はコチラ
刑事7人 第1話 ネタバレ 感想~面白いような面白くないような・・・・。まだ判断ができません。

第2シリーズ 第1話の感想はコチラ
「刑事7人」 第1話 ネタバレ 感想~刑事は約7人。

出演者
天樹悠……東山紀之
「警視庁遺失物センター」「警視庁捜査一課12係」を経て、「警視庁機動捜査隊」に配属。このたび「第11方面本部準備室」のメンバーに選ばれる。一見朗らかだが、ふと人を食ったような態度を見せる男。捜査能力は非常に高い。ひたすら証拠を積み上げ、真実が分かる瞬間までは、物事を決めつけないのが天樹流。普段は覆面パトカーで街を走り続け、誰よりも早く事件現場に駆けつけては、的確な初動捜査を指示し、最後まで鋭く被疑者を追い詰める。12年前に妻・清と娘・聖が事故死しており、心に深い傷を負っている。今シーズンはその事故現場がある臨海エリアを捜査。運命に導かれるように過去と向き合い、妻子の死の真相と直面。その奥にある“闇の存在”と対決することになる。

沙村康介……髙嶋政宏
「警視庁捜査一課12係」の長として、「第11方面本部準備室」の捜査を指揮する。「第11方面本部準備室」の面々が各々の正義を暴走させる中、その狭間で葛藤しながらも、強力なリーダーシップを発揮していく。健全な正義感の持ち主だが、仲間を信頼し、その気持ちを尊重することから、ギリギリの捜査にも力を貸す。その裏には「最終的には自分が全責任を取る」という責任感がある。そんな中、任務に疲れた彼は、淡い恋に癒しを求めていくが…。

山下巧……片岡愛之助
「第11方面本部準備室」のメンバー。サイバーセキュリティー対策に関して警視庁内随一の能力を持ちながら、天才ゆえの傲慢、社会性の低さゆえに、「未来犯罪予測センター」という窓際部署に左遷されている。いつもひとりで警視庁のシステムの脆弱性と向き合っている。天樹悠たちにとってその能力は大きな武器だが、山下は単なる変人の枠に収まらない危うさの持ち主。己の不遇を嘆くことで、根底にある強い正義感が人知れず、暴走していく――。

水田環……倉科カナ
「警視庁捜査一課12係」の刑事で、「第11方面本部準備室」のメンバー。帰国子女。捜査官としては、天樹悠とはまた違うタイプの洞察力・推理力を持つ。その言動は感情を敢えて抑制し、冷静そのもの。臨海エリアに巣食う巨悪の登場で、天樹悠らの捜査が一線を超え始める中、潔癖な正義感をもつ環は仲間たちと対立していくことになる。そんな中、ある人物から、“スパイ”として仲間たちの動向を内偵し、報告するよう要請され…!?

青山新……塚本高史
「警視庁捜査一課12係」の刑事で、「第11方面本部準備室」のメンバー。警察官にならなければ、犯罪者になっていたかもしれない男。臨海エリアでは、ワル時代に親交があった仲間たちが一定の力を持っており、青山にとっては貴重な情報源となる。一見ダーティーに見える捜査スタイルだが、彼なりの信念、法に縛られない正義がある。それが、天樹悠や片桐正敏が巨悪と戦う際に必要な“毒”となる。青山自身もそれを自任し、一線を超えていくが…!?

片桐正敏……吉田鋼太郎
「第11方面本部準備室」の室長。「刑事総務課」の課長から一転、臨海エリアの捜査に特化した「第11方面本部」の設立を推進。自らその準備室長となり、指揮を執ることに。「警視庁捜査一課12係」時代の部下である天樹悠らを集め、“最強の別動隊”を結成する。その目的は、臨海エリアに戦後期から根を張り、政財界にも影響を及ぼす馬久根恒義と対峙すること。ある理由から宿敵とみなす馬久根を倒すため、警察内部での権力闘争、犯罪者との司法取引など、逸脱した正義を執行する。

堂本俊太郎……北大路欣也
「東都大学医学部」の法医学教室教授で、「第11方面本部準備室」のメンバー。生涯現役を誓い、世界的権威として法医学界を牽引する。12年前に事故死した天樹の妻・清の父で、我が娘の司法解剖も担当した。だが、その遺体には天樹にはずっと言えずにいた、漆黒の闇につながる“ある秘密”が残っていて…!? 「捜査の領域には決して踏み込まない」という強い矜持がありつつも、娘の死の真相が明らかになっていくにつれ、自らも捜査の領域に足を踏み入れていく。


ゲスト

   
広告








にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

コメント(6) 
共通テーマ:テレビ

コメント 6

saki

もはやどうしたいのかようわからず、
今、開始10分だけど、こちら見ちゃいました。

もうこうなりゃ、若手の脚本家に任せちゃうとかね。
どっちにしろハチャメチャなんだから。

怪しい雰囲気出してるけど、
音楽と映像に騙されてるだけでね。
ストーリーめちゃめちゃなのを、
凶暴なシーンで誤魔化すのやめてー。

遺留捜査もだけど、無理矢理変えることでおかしくなってる。
もうね、はぐれ刑事とかみたいに、マンネリで充分なのよ。
by saki (2017-09-07 23:26) 

tarotaro

sakiさん、書き込みありがとうございます。

びっくりするほど、めちゃくちゃな展開ですよね。
音楽と映像と内容が合ってません。
誰ひとり、まともな警察官はいないし。
だいたい、キソウなのに東山。
なんで12係に?
ジムのスタッフの女の子も裏切った事で、バクネからの報復はなかったのでしょうか。
>マンネリで充分なのよ
ホントそうです、
遺留捜査は設定上、亡くなった人を美化しないといけないのはわかるけど、アレを美化するのは無理があります。

秋はドクターX、相棒、科捜研。
コチラはマンネリでお願いしたいですが、相棒はそろそろ終わりも考えないといけないのではないかと思います(苦笑)

by tarotaro (2017-09-08 08:25) 

でんすけ

tarotaroさん、こんにちは。
今シーズンは特に面白くないです。
あと、この時間帯のドラマにしては暴力的で、見ていて辛くて。
すごい豪華キャスト!!って期待して見てガッカリした最初のシリーズ。今度こそ!と期待してはコケるの繰り返し。
万が一、次のシリーズがあってももう見ないと思います。

全然ストーリーと関係ないんですが、ロクがネイサン・チェン選手に見えてしょうがなかったです。
by でんすけ (2017-09-08 22:46) 

ふみっこ

tarotaroさんこんにちは。
刑事7人、もはや第1シリーズと完全に別物ですね。1の頃の雰囲気のが好きだったな。2からメイン?な脚本家さんは相棒でも見かける方だけど、この方の書く話が苦手です。残酷さばかり目立ってて。
ヒガシの奥さん子どもの件も馬久根絡みにしちゃったのがなあ…
第3シリーズは、馬久根が絡んでない、尾美としのりの話が一番面白かったです。
by ふみっこ (2017-09-09 08:21) 

tarotaro

でんすけさん、書き込みありがとうございます。

今シーズンも面白くないですねぇ。
もう少しゆったり見られるといいのに。
暴力シーンも多いですね。

豪華キャストなのに、コンスタントに出ているのは3人だけですしねぇ・・・。
シリーズファイナルだと思っているんですが、どうでしょう。

ロクがネイサン・チェンに似ています?
目から下が少しにているかな(笑)
by tarotaro (2017-09-09 08:57) 

tarotaro

ふみっこさん、書き込みありがとうございます。

第1シリーズから完全に別物ですが、それなら違うドラマを作れば良かったのにって思います。
1もそこまで面白い!と思わなかったのに、リニューアル後の方が面白くないっていう・・・。
ずっと重苦しくて、ずっと不幸な感じですよね。
尾美としのりさんはよかったです。
話に整合性がなくても、役者の演技力でねじ伏せられたような気がします。
そう思うと・・・・ゲストも小粒ですよね。

by tarotaro (2017-09-09 09:04) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ハンドルネームがないコメントは受け付けません。