So-net無料ブログ作成

「セシルのもくろみ」 第5話 ネタバレ 感想~来週、最終回でも大丈夫 [気になるドラマ-2017夏]

<木曜劇場>「セシルのもくろみ」 第5話 【女の友情、永遠に…別れの時が来た】
卒業決定で最後の企画に突入した専業主婦の読者モデルと独身のライター、幸せの物差しも生き方も違う二人の女が出す答えとは?さよならの夕陽

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

広告





[あらすじ]
奈央(真木よう子)は、2016年11月号をもって『ヴァニティ』を卒業することになった。読者モデル担当の洵子(板谷由夏)は、葵(佐藤江梨子)と萌子(藤澤恵麻)の間で起きたトラブルの責任を鑑み、読者モデルの企画自体を考え直すことになった、と卒業の経緯を奈央と江里(伊藤歩)に説明する。それを受けて江里は「きちんと奈央を卒業させてやりたい」と『ミヤジ改造計画』最終回の企画書を洵子に提出する。
 企画の練り直しを経て洵子がOKを出したのは、奈央の1日寺修行。しかも、あくまでも仕上がり次第という条件付きだ。江里は、さっそく奈央とカメラマンの山上(金子ノブアキ)を連れてとある寺を訪れる。
 同じころ、晴海書房のスタジオでは、由華子(吉瀬美智子)が撮影のスタンバイをしていた。そこで由華子は、雅美(小野ゆり子)から、新たに専属モデルとなったレイナ(芦名星)を紹介される。レイナは由華子の大ファンなのだという。レイナが去った後、由華子は、読者モデルの企画をやめるのは本当なのかと洵子に尋ねた。洵子は、それを認め「ヴァニティも変わっていかなければいけない」と答える。
 奈央は、江里とともに山登りや寺での作務、写仏など、ひとつひとつに集中して取り組む。そんな奈央の姿を見ていた江里は…。
[HPから引用]

原作はコチラ

唯川恵『セシルのもくろみ』
mainvisual.jpg


真木よう子が体内年齢47歳は有り得ない。

ワタシだって、体内年齢は30代だぞ(爆)
中原丈雄住職、ええ事言っていたけど、出番が少なかったなぁ。
これで終わり??

相変わらず画面ユラユラに酔いそうで。
で、やっぱり真木よう子は「ヴァニティ」を卒業して。
でも、伊藤歩はなんとかヴァニティに残れそう。

新しいモデル・芦屋星は
「中学生の頃から憧れてました!」
って、吉瀬美智子にご挨拶。
吉瀬美智子の後釜を狙ってるよねぇ。


と思っていたら


5ヶ月後

いきなり、5ヶ月???

と思ったら

ハマユカ離婚

小説家の夫はアル中で、10年も書けていなかったのに、あんな豪邸に住んでいたんだ・・・。
今までどんだけ印税があったんだろ・・・。


で、大騒ぎのマスコミ。

今時、モデルの離婚であれだけマスコミが騒ぐ?
ってか、わざわざ小説家先生が離婚で記者会見開く??

なぜか知らないが、ハセキョーにまでコメントを取りに行くマスコミ。
ハセキョーは好感度を上げるため笑顔で対応w

ってか・・・。


ハセキョー、また顔が変わった。

どうしたんだよ、唇。

そして、真木よう子の前に伊藤歩が現れる。





真木よう子は夫の給料が下がるのでバイトを増やしたい。
んなとこへ、伊藤歩。
今度は読者モデルではなく、専属モデルだろうか・・・。
ってか、まだ現れただけだけど、真木よう子がモデルではなくなるとドラマじゃなくなるもんね。

新しい雑誌の創刊しかないよねぇ。
板谷由香は編集長か副編集長?
伊藤歩とタッグを組んで、ハマユカも移籍かしら?

いつ最終回でもオッケー!

なんなら今日、「専属モデルになりました!」で、最終回でも良かったかもね(苦笑)

主人公に魅力がないからさ。
少なくとも、主人公の良さがわからん。

それより真木よう子の胸の位置が気になる。
トップスをわざわざインしているのも気になる。

画面もユラユラ、胸もユラユラ・・・。

酔いそうです。


広告





主題歌はコチラ


夜の本気ダンス『TAKE MY HAND』

感想はコチラ
「セシルのもくろみ」 第1話 ネタバレ 感想~真木よう子の激やせとカラコンが気になり過ぎた件
「セシルのもくろみ」 第2話 ネタバレ 感想~吉瀬美智子の家はいつも豪邸
「セシルのもくろみ」 第3話 ネタバレ 感想~純粋ぶりっ子ヤンキー 
「セシルのもくろみ」 第4話 ネタバレ 感想~吉瀬美智子の背中はニベア?
「セシルのもくろみ」 第6話 ネタバレ 感想~トントン拍子なのは打ち切りだから? 
「セシルのもくろみ」 第7話 ネタバレ 感想~で、セシルって誰やねん。
「セシルのもくろみ」 第8話 ネタバレ 感想~真木よう子が空気の晩餐会
「セシルのもくろみ」 第9話(最終話) ネタバレ 感想~ネットと数字は信じないでという真木よう子からのメッセージ!! 
キャスト
宮地奈央 …真木よう子
浜口由華子…吉瀬美智子
沖田江里 …伊藤歩
山上航平 …金子ノブアキ
小池雅美 …小野ゆり子
石田信也 …眞島秀和
平井早紀 …石橋けい
登坂千絵 …伊藤修子

坂下葵  …佐藤江梨子
小田萌子 …藤澤恵麻

安永舞子 …長谷川京子

安原トモ …徳井義実

宮地伸行 …宇野祥平
宮地宏樹 …佐藤瑠生亮
森 泰生  …加藤雅人

黒沢洵子 …板谷由夏
南城彰  …リリー・フランキー ほか

広告






にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村



コメント(2) 
共通テーマ:テレビ

コメント 2

古畑

だらだら修行シーンを流したのは叩き上げである真木さんのキャラに合うとでも思ったのでしょうか。無名塾時代には早朝から持久走などの厳しい指導があったそうですし、研究生は掃除などの雑用も言いつけられるそうです。その厳しさに退塾者も多いとのこと。あの強面の遠藤憲一さんの早々に逃げ出したみたいですし。
 まあ、それだけプロの役者修業はキツイということでしょうが、真木さんや役所広司さんらのような大物が世に出ました。本作においても、吉瀬さんや長谷川さんと違いモデル出身でない真木さんがプロのモデルになる姿をを演じるのは難しいはず。視聴率は急落してしまいましたが、私は彼女を評価しています。
by 古畑 (2017-08-12 19:19) 

tarotaro

古畑さん、書き込みありがとうございます。

修行シーンは単なる時間稼ぎでしょうね。
無名塾の修行と読モの雑誌企画をシンクロさせたところで、なんの効果もないと思います。
ワタシはこの役、真木よう子には合わないなと思っています。
上品なモデルになる前フリなのかもしれないですが、あそこまで下品にしなくても・・・。
ただ脚本もどうなのかなぁってとこで、打ち切り候補に入るのは仕方ないなぁと。
by tarotaro (2017-08-12 22:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ハンドルネームがないコメントは受け付けません。