So-net無料ブログ作成
検索選択

「セシルのもくろみ」 第2話 ネタバレ 感想~吉瀬美智子の家はいつも豪邸 [気になるドラマ-2017夏]

<木曜劇場>セシルのもくろみ 第2話 【誰にも言えない…トップモデルの裏の顔】
新人読者モデルとしてファッション誌の世界に足を踏み入れた専業主婦ー住む世界が違うトップモデルから突然の誘い…そして知る彼女の完璧さと、誰も知らない真実

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

広告





[あらすじ]
宮地奈央(真木よう子)は、フリーライターの沖田江里(伊藤歩)、カメラマンの山上航平(金子ノブアキ)、カリスマメイクの安原トモ(徳井義実)と組み、”チーム・ミヤジ“として雑誌『ヴァニティ』の人気読者モデルを目指すことになった。その矢先、奈央は、江里が勝手にSNSを立ち上げていたことに憤慨。一度は企画を拒絶するが、トモの説得もあり、自分のことを認めさせた上で這い上がってやる、と宣言する。

ある日、奈央は、『ヴァニティ』編集部がある晴海書房で“ハマユカ”こと人気モデルの浜口由華子(吉瀬美智子)に出会い、自宅に遊びにこないかと誘われる。さっそく葉山にある由華子の邸宅を訪れた奈央は、そのおしゃれな暮らしぶりに圧倒されるものの、息子同士が同じ学校で先輩後輩の間柄ということもあって彼女と意気投合。由華子から何着か服をもらった奈央は、彼女への憧れを強く抱き、「ハマユカになる」などと言い出して江里を呆れさせる。

そんな折、『ヴァニティ』の専属モデルふたりが撮影現場で殴り合い寸前のケンカをするというトラブルが起きる。編集デスクで読者モデルの担当でもある黒沢洵子(板谷由夏)は、問題を起こした専属モデルたちが解雇される可能性もあることを視野に入れ、読者モデルの中からひとり、専属モデルに推薦しようと考えている、と江里たちライターに伝える。江里は、すぐに奈央に連絡し、このチャンスをものにしようと張り切るが…。
[HPから引用]

原作はコチラ

唯川恵『セシルのもくろみ』
mainvisual.jpg


モデルの機転

10年もカバーモデルやっているモデルの機転にしては、しょぼかった(苦笑)

なんか裏があるのかなぁって思っていた吉瀬美智子。
だってさ、真木よう子みたいなガサツでヤンキーな女にも優しいって何か裏があるに決まっているよねぇ(爆)

真木よう子はどんどん吉瀬美智子に心酔。
撮影現場までついて行って、見学。
吉瀬美智子から盗めるものは盗むってさ。


で、吉瀬美智子の裏は・・・。

家庭不和

予告では旦那がDVっぽかったし、姑はモデルの仕事に理解を示していないしねぇ。
もしかして息子もなんかあんのかしらね~~?

しっかし、昼顔といい、コレといい・・・。

吉瀬美智子って、豪邸にしか住まないのね。


今回、特に話も進まなかったなぁ。
吉瀬美智子が結構良い人で、真木よう子は中学生の子供がいる母親なのに、子供っぽいという・・・。
無邪気っていうより、足りていない人にしか見えないのが問題。
ガニ股もわざとらしいんだよねぇ。

SPの時がピークだったよなぁ。
あのミステリアスな感じが良かったのにねぇ。

エンディングが一番良い。

本編よりカッコ良いんだよ。コレが。
ただ、初回よりは期待が持てそうだよね。
何がメインかわからないドラマではあるけどさ!←それでええんかい?



広告





主題歌はコチラ


夜の本気ダンス『TAKE MY HAND』

感想はコチラ 
「セシルのもくろみ」 第1話 ネタバレ 感想~真木よう子の激やせとカラコンが気になり過ぎた件
「セシルのもくろみ」 第3話 ネタバレ 感想~純粋ぶりっ子ヤンキー 
「セシルのもくろみ」 第4話 ネタバレ 感想~吉瀬美智子の背中はニベア?
「セシルのもくろみ」 第5話 ネタバレ 感想~来週、最終回でも大丈夫
「セシルのもくろみ」 第6話 ネタバレ 感想~トントン拍子なのは打ち切りだから? 
キャスト
宮地奈央 …真木よう子
浜口由華子…吉瀬美智子
沖田江里 …伊藤歩
山上航平 …金子ノブアキ
小池雅美 …小野ゆり子
石田信也 …眞島秀和
平井早紀 …石橋けい
登坂千絵 …伊藤修子

坂下葵  …佐藤江梨子
小田萌子 …藤澤恵麻

安永舞子 …長谷川京子

安原トモ …徳井義実

宮地伸行 …宇野祥平
宮地宏樹 …佐藤瑠生亮
森 泰生  …加藤雅人

黒沢洵子 …板谷由夏
南城彰  …リリー・フランキー ほか

広告




にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村



コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

コメント 2

古畑

ほんとに真木さんのキャラが似合っていない。この木曜枠もヒット作の出ない魔の枠になりつつあります。個人的には真木さんの離婚がマイナスになった気がします。専業主夫に支えなれながらも、奔放な面を生かして仕事にがんばっているというのはこのドラマに生かせていたかもしれません。ヒモと言われていましたが、身の回りを担っていてのですから、子供のことも考え、せめて子供の成人までは籍を抜かないでいた方がよかったのでは。あの後、ホストクラブでの豪遊が取り上げられるなど、マイナスイメージも強くなりました。

 彼女の場合、離婚は避けてほうがよかったと思います。
by 古畑 (2017-07-23 17:16) 

tarotaro


古畑さん、書き込みありがとうございます。

木曜枠どころか、フジのドラマにヒットはないですね。

離婚経験のある女優さんは多いですし、船越英一郎さんとこみたいな状態であれば船越さんの味方をしたくなりますが、離婚理由なんて夫婦にしかわからないので、無理してまで夫婦関係を継続する必要はないと思います。
真木さんくらいの経済力があれば子育ても外注できますし。
ホストクラブで豪遊の話は知りませんでした。
でも真木よう子に清純派ではないので、マイナスイメージはないかも。
少なくともワタシは、なんとも思わないです(笑)
by tarotaro (2017-07-23 19:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ハンドルネームがないコメントは受け付けません。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました