So-net無料ブログ作成

「警視庁・捜査一課長」 最終回 ネタバレ 感想~田中圭が生き残った(驚) [気になるドラマ-2017春]

「警視庁・捜査一課長」 第10話 最終回2時間スペシャル 
衝撃の最終回!花嫁の死体が突然消えた!?アリバイに利用された大岩(内藤剛志)!?捜査一課長、最後の事件!!驚愕のクライマックス!!

広告






[あらすじ]
千住大橋でウエディングドレス姿の女性の刺殺体が見つかった。捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)が現場に急行するが、第一発見者が通報している間に遺体がこつ然と消えた!?程なく、板橋区内の神社で遺体が発見されたと連絡が入るが…なぜ遺体は移動したのか? 遺体のドレスから、30年前の雑誌『街道歴史の旅』の付録のしおりが見つかったことを聞いた大岩は、ある強盗殺人事件を思い返す。
 それはまだ大岩が今の刑部公平(田中圭)と同様の“運転担当刑事”だった30年前…歴史博物館の学芸員だった椎名幹也(竜雷太)の自宅から現金300万円が強奪されたというもので、当時高校生だった椎名の娘・亜希子(松下由樹)は難を逃れたものの、居合わせた椎名の妻は殺害され、椎名本人も瀕死の重傷を負ったという悲惨な事件だった。その現場に、『街道歴史の旅』が転がっていたのだ…。

 まもなく遺体の身元は、峰村雪乃(IZUMI)と判明。雪乃は流通大手“綾窪グループ”御曹司・綾窪英彦(一條俊)と婚約中で、自宅でウエディングドレスを試着していたときに何者かに刺殺されたようだとわかる。平井真琴(斉藤由貴)は、英彦の元交際相手で代議士令嬢の貝沼さやか(片岡明日香)を疑うが…執拗にさやかへの聞き込みをした結果、代議士からの激しいクレームにあい、真琴は謹慎処分に!?
 やがて、遺体発見現場の神社で髪留めが見つかる。その髪留めには、亜希子の指紋が多数付着していた。亜希子は雪乃の部屋に清掃に入ったことも判明。しかも、事件の日は遺体発見現場の板橋にいた…!?

 果たして、30年前の因縁の強盗殺人事件との関係とは…。
 大岩一課長、最後の事件!事件は衝撃のクライマックスへ―!!
[HPから引用]


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

main12.jpg


松下由樹の実父は鶴田忍だった。

48年前、逮捕された仲間と強盗をして逮捕されていた鶴田忍(箕輪)。
当時、鶴田忍の恋人は子供を身ごもっていた。
生まれたきた娘を犯罪者にしたくなかった鶴田忍は、親友のゴ竜雷太に
「おまえが(恋人)と結婚して、娘(松下由樹)の父親になってくれ。」

なんとかして二人の力になりたい。
そう思って、松下由樹を実の娘として育てた。

30年前、竜雷太は友人の保証人になり、借金を抱えていた。
このままでは一家心中する羽目になってしまう。
そんな時、事業が成功した鶴田忍は、娘を取り返したいと思うようになった。
借金を肩代わりするかわりに、娘(松下由樹)を返して欲しい。
一家心中するより、マシかと鶴田忍は、要求を飲む

しかし48年前、鶴田忍と一緒に強盗をした男(土平ドンペイ)が金のことを嗅ぎつけ、松下由樹の母親を殺害、そして竜雷太も刺される。
金を持って逃げる途中、土平ドンペイは死亡。

鶴田忍に蒸発してくれと言われた竜雷太は病院から逃走。

30年間、父親に捨てられたと思っていた松下由樹。
鶴田忍が実の父だと知ると

300万で売られた女じゃないですか。!

「私は30年前に家族を亡くしたんです。」

その後の捜査で殺された峰村雪乃(IZUMI)の父は、30年前、母親を殺した強盗犯だったことがわかる。
そして雪乃の婚約者・流通大手“綾窪グループ”御曹司・綾窪英彦(一條俊)は、三股をかけていた!

+++++

御曹司を調べようとしていた斉藤由貴が何ものかに襲われる。
刺される寸前・・・・

大福をかばって刺される田中圭!

瀕死の状態で犯人のキーをもぎ取る。
そこには殺された鶴田忍の血液が付着していた。
そしてそのキーホルダーは割れていた。
鶴田忍殺害現場から、その割れたキーホルダーが見つかれば!!



最終回は土砂降りローラー作戦

見つけた見つけた「東京湾第3倉庫」のキーホルダーだった。

東京湾第3倉庫には、御曹司が監禁されていた。


犯人は田山涼成。

田山涼成の娘は第3の女だった。
3股をかけられていた御曹司に捨てられ、雪乃には悪い噂を流され、追い詰められた娘は自殺した。
遺書には「雪乃が許せない」と書かれていた。
1ヶ月前、顧客名簿に雪乃の名前を見つけた。
娘の件を謝ってもらおう。
そう思って訪ねたら、ウエディングドレスを着た雪乃が玄関から出てきた。
それを見た瞬間、カッとなってしまう田山涼成。
娘はウエディングドレスを着ることなく死んでしまった。

田山涼成は最初から前科のある松下由樹に濡れ衣をを着せようと思っていた。
雪乃の遺体を松下由樹の仕事現場近くに運ぶが、シフトを変わっていたので、ほかの場所に移したり、松下由樹の私物を置いたり・・・。

板橋に遺体を捨て、戻ってきたときに鶴田忍がやってきた。
その後、松下由樹に話しかける鶴田忍を見つけ、完全に気づかれたと思った。

松下由樹と鶴田忍を尾行した。
二人はもみ合い、当然体のデカイ松下由樹が鶴田忍をなぎ倒してしまう。
しかしまだ鶴田忍は生きていた。

鶴田忍にトドメをさしたのも鶴田忍

もちろん田中圭を刺したのも田山涼成。



御曹司に復讐するまでは捕まるわけにはいかなかった。







たーさん、かなりクズよね。

最初に殺された女もクズ。

鶴田忍は自分勝手に、娘をゴリさんに託したのに、事業が成功したら娘を取り返そうとしたり。

犯人の田山涼成は娘の敵を討つのはわかるが、その罪を松下由樹に着せるなんて、クズ。
クズだけど、バカじゃない?
松下由樹に濡れ衣を着せたいからって、遺体を動かすなんて、リスクが高くない?
東京の地理はよくわからないけれど、自宅で殺した女を外に遺棄をして、松下由樹が通りかからないからって、事務所に電話して、居場所を聞き出して、またそこに遺体を動かす・・・。
ほかの誰かに見られる可能性が高すぎる!
で、結局「犯行を見られたかも?」と疑心暗鬼になって殺さないで良い人(鶴田忍)を殺してしまうなんてさ。
バカすぎる。

田中圭、死ななかった!

結婚式の直前に死ぬのが若手刑事よね!
ってジンクスを破ったな。

死ななかったけど、結婚式はできなかった(爆)
結婚式のカウントダウンから始まったので、これはやっぱり田中圭の殉職フラグかと思っていたんだけどね。
刺されたのは刺されたけど、死ななかった。

でもさ、大福先輩も警察官なんだし、相手が老人(田山涼成)なんだから、戦えばいいのに、逃げまくるってどうよ?
おかげで田中圭が生死をさまよったじゃ~~ん!!

私服も可愛い大福
このドラマのヒロインだから仕方ないけど、私的にはスーツのほうが可愛い。
やたら大福にスポットをあたっていたので、「遺留捜査」と同じく斉藤由貴が卒業するのかと思っちゃったわん。
(「遺留捜査」は治安の悪い京都に舞台を変えるそうで・・・・)
ま、田中圭が殉職したら、婚約者が大福に復讐するところだったから、死ななくて良かった!←勝手に想像。


大福の勘は「小さな巨人」の勘より当たるからな!!
そう言ってくれるのかと思ったけれど、大福の勘を信じる一課長の根拠・・・。
ふわっとしてたねw


今期は、いろんな番組で捜査一課長がいたねぇ。
同じテレ朝の「キントリ」の総裁一課長は影が薄かった。
「小さな巨人」の一課長はくどかった。
「クライシス」には一課長が出てきたっけ???
ま、この一課長が一番安定しているよね~。
真面目で熱くて妻には優しく、忖度しなさそう。
「ベリーグッドです」
って上司に言われただけで、満面の笑みだしね~。


しかしゴリさん、今期はよく出るねぇ。
病人の役も、悪い役も、善人も・・・・。
どんだけ元気なのよ。
このままお元気で出続けてくださ~~い!

「凄くないですか!?
 凄くないですか!? 」
繰り返すセリフの鈴木奈々。
演技酷くないですか?酷くないですか?
相手をした金田明夫さんが気の毒になってしまった(苦笑)


ほかに、光浦靖子・・・。
回想シーンには伊武雅刀。

ゲスト陣が豪華でした。

松下由樹、少し前にちょっと痩せた!って思っていたのに、また太っていたような気がする。
ま、フジパンのCMもちょっと・・・だったけどさ。
もう痩せないのかなぁ。
斉藤由貴みたいに痩せたらいいのに。
伊藤かずえも言っていたが、「太った役しか来なくなる」らしいんだけど・・・・。
それは勿体無いと思うんだよねぇ。
松下由樹のように演技力のある人が太った役しかできないなんて。


予告の『さらば、大岩一課長』ってのは、結局なんの回収もなかったね。
来年までバイバイ~って事なんだろうか?
来シーズンは田中圭の結婚式が延期になったり、婚約者が変わっていたりするんだろうか?
でも田中圭は異動になっている可能性もあるか。
だってさ、結婚式の前日に婚約者が刺されて生死をさまよっているのに、姿を見せない婚約者って、もう絶対何があっても出すつもりないよね~。
ってことは、来年、回想で「結婚しました」はがきで終わらすこともできる。
殺すのも結婚させるのも面倒だったんじゃないかw





広告




感想はコチラ
「警視庁・捜査一課長」 第1話 ネタバレ 感想~田中圭は殉職しそう。
「警視庁・捜査一課長」 第2話 ネタバレ 感想~田中圭は結婚式まで生きてられるのか?
「警視庁・捜査一課長」 第3話 ネタバレ 感想~庇い愛、初夏。
「警視庁・捜査一課長」 第4話 ネタバレ 感想~豪華犯人女優の共演!!
「警視庁・捜査一課長」 第5話 ネタバレ 感想~自分よりスペックが低い人が幸せになっていたら殺しますか?
「警視庁・捜査一課長」 第6話 ネタバレ 感想~偽装ワカ「パイは抜かりなく。
「警視庁・捜査一課長」 第7話 ネタバレ 感想~ニコタマバッグってダサくない?
「警視庁・捜査一課長」 第8話 ネタバレ 感想~被害者がクズ過ぎた 
「警視庁・捜査一課長」 第9話 ネタバレ 感想~野際さんの訃報で話が入ってこない。

主題歌はコチラ

GLIM SPANKY「美しい棘」
キャスト
大岩純一(おおいわ・じゅんいち)…… 内藤剛志
警視庁捜査一課長。400名以上の精鋭集団・捜査一課を束ねるリーダー。都内で起きたすべての凶悪事件の現場に臨場し、各捜査本部の指揮に当たる。“ヒラから成り上がった叩き上げの刑事”として捜査員たちからの信頼も厚いが、その業務は多忙を極める。ひとり娘を病で失った悲しい過去があり、月命日には娘の好物だったカレーとプリンを食べることに決めている。

刑部公平(ぎょうぶ・こうへい)……田中 圭
大岩一課長が乗り込む公用車の運転を担当する、若手刑事。大岩の側近として、一課長の苦悩や本音を唯一聞くことができる存在でもある。大岩からあだ名で「ケイブ」と呼ばれる。
流行りモノに関する知識に長けており、独自の目線で捜査に参加するが、勝手な捜査をするたびに小山田管理官から叱責されてしまう。

大岩小春(おおいわ・こはる)……床嶋佳子
大岩の妻。愛娘の死を乗り越え、多忙を極める夫・大岩をいつも笑顔で支えてきた。小春との何気ない日常会話から、大岩が事件解決のヒントを得ることも多い。

笹川健志(ささがわ・たけし)……本田博太郎
警視庁刑事部長、大岩の上司。捜査に行き詰った大岩を激励する。
捜査方針をめぐって重大なリスクが生じる場面でも、その責任を部下には決して背負わせず、自らがすべてを被ろうとする男気の強い人物。

武藤広樹(むとう・ひろき)……矢野浩二
警視庁捜査一課・鑑識課主任。犯罪を人一倍憎む鑑識官。検視官としての能力も高く、現場検証において瞬時に状況を見極め、臨場する大岩らに事件解決への端緒を与える。

天笠一馬(あまがさ・かずま)……鈴木裕樹
警視庁捜査一課刑事。遊軍刑事として、現場の最前線で事件捜査に当たる。事件発生時には管理官・小山田と共に行動することが多い。大岩が乗りこむ公用車の運転を担当していたことから、一課長からの信頼も厚い。

小山田大介(おやまだ・だいすけ)……金田明夫
警視庁捜査一課・庶務担当管理官。真琴と共に、大岩の右腕となって捜査を進めていく。
多数の捜査員を動員して行う“大捜索”で目標物を探し当てる能力が人一倍高いことから、“見つけのヤマさん”ともよばれている。恐妻家で、妻には弱い。

平井真琴(ひらい・まこと)……斉藤由貴
警視庁捜査一課・現場資料班主任。洞察力と直感力に優れた女性刑事。小山田管理官との凸凹コンビで、大岩一課長をサポートしている。
犯人逮捕に向けて、ゲン担ぎで大福をよく食べる(※大福は黒い餡=犯人を白い餅で包んでいることから警察にとっては縁起物の和菓子)ことから、大岩には“大福”というあだ名でよばれている。ユニークな言動で周囲から浮いてしまうことも多いが、大岩からは絶大な信頼を寄せられている。

ゲスト
松下由樹、田山涼成、光浦靖子、竜 雷太、伊武雅刀 ほか

広告





にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村



コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

コメント 6

saki

取り急ぎ、田中圭が死ななくてよかったw。

ゲストは豪華でしたねー。
松下由樹VSオアシズ。私にとっては嬉しい愛知県対決でした。
大久保さんの演技もいいけど、光浦さんもなかなかですね。

でもって立つとスリムだけど、座るとうん?な松下さん。
そうそう斉藤由貴も「吾輩」の時はムチムチだったけど、痩せた今の方が若く見えるもんね。
松下由樹さんは美人だけに、とても悔しいーー。
29歳(のクリスマス)の彩よカムバック!
笑ってはいけないになんて出ないでくれ(面白かったけど)。

このクール始まってから、内藤さんが電話出る時なんでいつも
「なにっ?」って言うのが気になって気になって。
昨日も何回も言ってましたね。ご本人も「もうええって」って思ってそう。

ドンペイ元気でよかったです。
あの人相だと、もう悪い役しかないのかしらん。
あと、金田さん、私も「仕事って大変だなー」って思いましたw。
手をくだした人は、犯人含めすべてクズでしたね。
「罪を憎んで人を憎まず」ってのは、平成では無理なのかしら。


by saki (2017-06-23 08:52) 

tarotaro

sakiさん、書き込みありがとうございます。

田中圭、死にませんでしたね~。
あんだけフラグ立っていたのに(苦笑)

最終回だからか、ゲストも豪華でしたね。
松下さん、愛知の方だったんですね。
ワタシ、大久保さんより光浦さんのお芝居が好きです。
てか、光浦さんの方が好きw
今回はあんまり重要な訳ではななかったけれど。

斉藤由貴はアイドル時代から、そんなに痩せていなかったですよね。
今が一番細いかも。
でも松下さんは、昔は痩せていたから余計に今の姿が・・・・。
しかも子供も生んでいないのに。

今回のオープニングは全て、内藤さんが電話に出ることから始まりましたよね。
ビビか奥さんのヒントタイム。
大福の勘は特別で、山さんは頭の片隅に置いておく・・・。
来年もこれで行くんですかね?

ドンペイの人相は、悪役がピッタリ過ぎますよね。
ずっと誰かに似ていると思っているんですが、誰かが思い出せないんですよねぇ。
金田明夫さん、半笑いだった気がしないでもないですが、鈴木奈々を出す意味はあったんでしょうか・・・・。
彼女のそんな集客力はないと思うんですけど。

今期は犯人はほとんどクズばかりでしたね。
「はぐれ刑事」みたいな話は受けないのかもしれないですね。


by tarotaro (2017-06-23 23:29) 

ぽんぬふ

tarotaroさん、こんにちは。
キントリが先週で終わったのでこちらは最終回だけ(笑)
出演陣豪華ですねー!
私は遺留捜査の斉藤由貴が大福を食べるキャラと思っていてごっちゃに。
そういえば斉藤由貴と松下由樹のWユキはキントリのシーズン1とシーズン2の間のスペシャルでも共演してましたが、二人とも演技が上手で引き込まれるので(体型関係なくw)好きな役者です。
光浦さんもイヤミなチーフ役がぴったり。でも松下由樹にネチっこくイヤミ言うなんて、それこそ張り倒されそうで恐れ多いw
鈴木奈々は演出としてはバラエティのテンション高めの感じを期待したのでしょうがまさかの棒読み…棒具合はダレノガレといい勝負?
セリフに付き合う金田さんかわいそう(^^;
これなら大久保さんの方が自然にしかも面白く演出してくれそうです。
登場人物は松下由樹以外酷すぎw
田山涼成は遺体を動かすのもリスキーすぎるし、前科者って理由で松下由樹に罪をかぶせようなんて無茶苦茶だし、鶴田忍には全然気づかれてもないだろって思うし、なのに綾窪だけは閉じ込めておいてなぜか時間稼ぎ。
鶴田忍は「話を聞いてくれ、話を」ってさっさと要点だけ言えばいいのにわざわざ松下由樹をタクシーで埠頭まで連れてきて結局話せず(笑)
十分話す時間はあったはずなのにタクシーでは何を話してたんでしょうか。
田中圭の結婚式カウントダウンには無駄に煽られましたが殉職しないで良かったです。ベテラン勢が多いのでバランス取るために若手刑事は必要かも。
内藤さんの刑事役では土門薫が一番好きなのですが、出演者が演技派なこともありこれはこれで別として見れて面白いかなって思いました。
テレ朝なので午後の再放送があれば視聴してみます(笑)
by ぽんぬふ (2017-06-26 05:35) 

tarotaro

ぽんぬふさん、書き込みありがとうございます。

捜査一課長も科捜研も初回と最終回スペシャルをみれば、大筋はわかりますよね~。

最終回は豪華でしたね。
斉藤由貴混同しますが、やっぱり内藤剛志はどの刑事か?ってのはワンシーンだけだとわからないですよね。

斉藤由貴と松下由樹。
二人共良い女優さんですよねぇ。
鶴田忍を突き飛ばせる松下由樹ですから、光浦さんに何を言われても大丈夫そうw
田山涼成は善人に見えて実はクズって役が多いので、最初から警戒していましたが、前科持ちの松下由樹を雇ったのは、こういうことに使えると思っていたのか・・・。
日曜の大塚寧々のドラマの犯人もなんですが、「復讐」するのは百歩譲って仕方ないとして、その罪を関係のない人に擦り付けるのはモヤモヤしてしまいますね。
この事件なら、御曹司に罪を擦り付けてもらえると、まだスッキリするんですが(苦笑)
んで、御曹司みたいなヤツが最後まで生き残るっていうのが・・・ねぇ?
松下由樹と鶴田忍がタクシーに乗車したのもよくわからなかったですね。

田中圭はこの手の連ドラにレギュラー出演するには、ちょっと売れっ子のような気がするので、来年には異動しているんじゃないか?
って気がしないでもないですが、とりあえず殉職しなくて良かったですw
それともずっと田中圭は結婚式の前に負傷し続けるのかなぁ。
ほかの刑事が高齢なこともあり、田中圭はそこそこの年齢ですよねぇ~。

鈴木奈々は棒ノガレとどっこいどっこいでしたが、まだワンシーンで救われた!
棒ノガレはしつこく出てきた上に、キスシーンまでしやがりましたから(爆)
by tarotaro (2017-06-26 09:11) 

なお

田中圭死にませんでしたね(^_^;)
次もあるのかな?次は刑事に生ってるのかな?
人のこと言えませんが中年になると皆さん一回りも二回りも大きくなりますね。
斉藤由貴はなんとかセーラのドラマの時劇肥りしていてびっくりしましたが、その後ダイエットして今もキープしてますね。
伊藤かずえもダイエットしてましたが
そこまでは痩せてませんね(^_^;)
松下由樹もナースのドラマで少し痩せたのに戻っちゃいました?

でも変に安心しちゃいます笑っ
by なお (2017-07-05 23:07) 

tarotaro

なおさん、書き込みありがとうございます。

田中圭、結婚式へのカウントダウンはなんだったのでしょう?
次のシリーズはあるのかないのか・・・・。
田中圭がレギュラーなのか・・・・。
読めないですね。

斉藤由貴は今より、スケバン刑事の時も太っていたけれど(アイドルとしては)、子供を産むたびに太っていきましたよねぇ。
今が一番痩せているかも。

伊藤かずえはもっと絞って欲しい。
でも、松下由樹こそ、痩せて欲しいです。
彼女は出産もしていないので、痩せられるんじゃないかと。
余計なお世話ですが(苦笑)
せっかく美人なのに勿体無いですよね。
by tarotaro (2017-07-06 23:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ハンドルネームがないコメントは受け付けません。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました