So-net無料ブログ作成
検索選択

「フランケンシュタインの恋」 第9話 ネタバレ 感想~恋から生まれたフランケンシュタイン [気になるドラマ-2017春]

日曜ドラマ「フランケンシュタインの恋」第9話
自分が怪物になる前の記憶を取り戻した深志研(綾野剛)。
彼は、ラジオの生放送で自分の過去を語り始める。
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

広告



[あらすじ]
120年前、貧しい農家に生まれた山部呼六(綾野・二役)という男がいた。呼六は、深志研が怪物になる前の姿だった。彼は医師になることを夢見て、独学で医師の資格を取得。医師の仕事をするうちに病気の根源を断つための細菌学を学びたいと思うようになった呼六は、富嶽伝染病研究所で細菌の研究を続ける医学博士・深志研太郎(斎藤工)に弟子入りを志願する。研太郎は、人と接するのが苦手な気難しい性格だった。彼は呼六を受け入れ、研究所に入院している患者の世話をさせることに。

患者に新鮮な野菜を食べさせたいと考えた呼六は、研究所の周りにある農地を借りて野菜を作ることを思いつく。彼は農地の持ち主である地主を訪ね、地主の娘・サキ(二階堂ふみ)と出会う。彼女は、津軽(二階堂・二役)の先祖。呼六から農地を借りたいと言われたサキは、サキの父が伝染病研究所の建設を反対していたので貸してくれないだろうと告げる。しかし、呼六の熱意に打たれたサキは、一緒に父親を説得。呼六は、畑を借りる許可をもらう。サキは農作業をする呼六を手伝うようになり、二人は次第に心を通わせていく。

一方、研太郎は森の奥で密かに、世界中の菌類を集めて培養し交配させて新しい菌を生み出そうとしていた。それは不老不死の研究であり、彼は人間の細胞を永遠に生かし続ける菌が存在すると信じていた。
人嫌いで陰鬱な研太郎を心配したサキは、彼に近付く。研太郎はサキの優しさに触れ、彼女に心を開くようになるが…。深志研誕生の秘密がついに明かされる!
[HPから引用]

7vMdHPgEqxR29Ge.jpg



山部呼六(綾野・二役)・地主の娘・サキ(二階堂ふみ)・深志研太郎(斎藤工)三角関係


山部呼六(綾野・二役)は伝染病で死ぬ。
後を追って自殺未遂をするサキ。
サキにもう一度会わせたいと、山部呼六を蘇らせた。
そこには、山部呼六への嫉妬もなかった。
ただ山部呼六を救いたい一心だった。

しかし山部呼六は怪物に変貌していた。
そしてサキと再会したとき、菌を発射!
サキは死んでしまった。

ラジオで告白する研さん

僕は先生の恋から生まれてきた。
先生の恋する気持ちから産まれて来た。
野心や欲望からではなく、恋から生まれた

だから僕も人間に恋することができたのだと思います。

僕の体には人間を殺す菌もあります
だけど僕は誰も傷つけたくない。
誰も殺したくない。
できることなら誰かの役に立ちたい。
人間の役に立ちたい。
先生の分まで。
それが僕の真実です。



++++++


研さんの山の家で深志研太郎(斎藤工)の日記を見つけた稲庭先輩(柳楽優弥)

研さんから出る赤いキノコは毒性がない。

しかも赤いキノコは、人を再生できる。
赤井きののこときは人に触っても大丈夫だ。


そんな都合がいいことってあるんだね。←ファンタジーです!



赤いキノコの胞子で、津軽さん目覚める。





120年前は、確かにラブストーリーだったね。

コロクとサキの恋は楽しかったし、微笑ましかった。
斎藤工がサキに恋するのもワクワクしたわ。

なのに・・・・。

120年前、胞子でサキを殺し、現代、胞子で津軽を救う。

津軽さんは、サキのお姉さんの子孫ってことだったのね。

フランケンシュタインは恋の産物だった。
野心や欲望ではなく恋のね。
でも野心や欲望って恋とも通じるっていう・・・・。
斎藤工先生の恋は野心と欲望の裏返しだった。


赤いキノコが病気を治せるなら、研さんに気に入られた人間はみんな不老不死に慣れるのね。

あ~、だけど、ラジオで告白しなくてもねぇ。
来週、逮捕されかけてたじゃ~~~ん。
あのラジオ設定は、山内圭哉を改心させるためだけにあるかと思っていたのに、逮捕か~。


「先生(斎藤工)は女性より、キノコがお好きなんでしょ?」

とか

「キノコを出したい時に津軽さんに触れれば助かる!」

とか

なんか、ちょっと卑猥に思ってしまったわ・・・。

で、来週ですが、もう120年前のシーンはないのかな?
120年前のほうが楽しかったなぁ。

キノコがメインだしね。
「お前は植物だ、植物の様に生きろ」
ってことだから・・・・。

フランケンシュタインは木になる

と予想w

ま、木にならなくても良いけどw
ハッピーエンドが待っているのかしらね・・・。



広告




主題歌はコチラ

「棒人間」RADWIMPS(ユニバーサルミュージック EMI Records)

感想はコチラ
「フランケンシュタインの恋」第1話 ネタバレ 感想~キノコが生えて、胞子をばらまく綾野剛
「フランケンシュタインの恋」第2話 ネタバレ 感想~斎藤工が綾野剛の父親かい! 
「フランケンシュタインの恋」第3話 ネタバレ 感想~天草に聞きたい!!
「フランケンシュタインの恋」第4話 ネタバレ 感想~ヒロインの早死アピールがすごい。
「フランケンシュタインの恋」第5話 ネタバレ 感想~馬に乗って旅をしないか?ってどこへ?
「フランケンシュタインの恋」第6話 ネタバレ 感想~もや夫が晒し者に・・・。
「フランケンシュタインの恋」第7話 ネタバレ 感想~人間は傲慢です。 「フランケンシュタインの恋」第8話 ネタバレ 感想~コレラ菌で死に、キノコ菌で蘇る。 「フランケンシュタインの恋」 最終回 ネタバレ 感想~数十年後のエピローグ キャスト 怪物:綾野剛 100年前、ある事件をきっかけに生み出された怪物。 津軽継実:二階堂ふみ 大学で農学部に通い、「菌」を研究する理系女子。 稲庭聖哉:柳楽優弥 津軽継実と同じ研究室に通う大学院生。 室園美琴:川栄李奈 稲庭聖哉に心惹かれる不器用な少女。元ヤンキー。 天草純平:新井浩文 ラジオ番組のレポーター。 稲庭恵治郎:光石研 稲庭聖哉の父。工務店の社長を務める。 鶴丸十四文:柄本明 津軽継実と稲庭聖哉が通う大学の担当教授。 宍喰 丈  :篠原 篤 飯塚光毅 :葉山奨之 日立叶枝 :木野 花 牛久輝成 : 森岡 龍 大宮リリエ:水沢エレナ 玉名瑠以 :大西礼芳 津軽晴果 :田島ゆみか 子秋良  :中村無何有 十勝みのる:山内圭哉 にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ハンドルネームがないコメントは受け付けません。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました