So-net無料ブログ作成

「警視庁捜査一課9係」 最終話(第9話) ネタバレ 感想~来年に続くのね。 [気になるドラマ-2017春]

「警視庁捜査一課9係」 最終話(第9話) 「殺人カーテン」
刺殺放火事件に隠された真実とは!?救済施設で働く女性に秘められた過去!心の再生か?究極の復讐か?個性的な刑事が難事件に挑む!群像刑事ドラマのシーズン12、最終回!.

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

[あらすじ]
 スナック経営者・長峰(稲荷卓央)の刺殺体が店内で見つかった。犯人は遺体を燃やそうとしたのか、被害者のズボンには焼け焦げた痕がある。ビルの所有者・正川(不破万作)によると、長峰は最近店を開けることもなく、妻の乃梨子(藤田瞳子)をキャバクラで働かせていたという。

 真澄(原沙知絵)の司法解剖で刺し傷が8箇所もあることがわかった。犯人は被害者に対して強い憎しみを抱いていたのか、もしくは仕返しを恐れて息の根を止めようとしたのか?青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)の調べによると、妻の乃梨子はキャバクラ勤めを強制されただけでなく、暴力までふるわれていたという。そんな生活に耐えかね、夫のもとから逃亡。救済施設に逃げ込んだらしい。

 男子禁制の施設を調べるため、志保(羽田美智子)は嫌がる村瀬(津田寛治)に顔を殴ってもらいDV被害者を装って潜入。乃梨子に近づくが、施設を管理するアイリスと名乗る女性(七瀬なつみ)に怪しまれる。志保が身分を明らかにすると、アイリスは事件当夜、隣のベッドで寝ていたと乃梨子のアリバイを主張する。

 長峰の奇妙な刺青を調べていた直樹(井ノ原快彦)は、長峰が20年前に強盗殺人事件の犯人である可能性を見出した。事件で犯人は夫を殺害、妻に重傷を負わせて逃亡、現在も未解決のままになっている。その被害者の妻の名前・綾芽の英語名はアイリス!被害者の妻がアイリスであることがわかる。綾芽=アイリスが夫を殺害した長峰を見つけ出し復讐したのか?志保と村瀬はアイリスから20年前の事件について話を聞くのだが…。
[HPから引用]

広告





main.jpg

殺された長峰(稲荷卓央)は20年前強盗殺人を犯していた。
殺したのは七瀬なつみの夫で、七瀬なつみも重傷を負った。
七瀬なつみは犯人の腕に刺青があることしか覚えていなかった。


犯人は不破万作

ビルを売却したかったが、長峰が居座った。
ダンボールにガソリンをまき、火を点け、スプリンクラーが作動させ、部屋の中が水浸しになれば、長峰は出て行く。
そう思っていたが、長峰に見つかり、ボッコボッコにされる。

しかし反撃!!

長峰を殺害する不破万作。


長峰の妻を慰めていた七瀬なつみ。
妻の待ち受けは長峰だった。
そのとき、急に犯人の顔がフラッシュバック。

長峰があの時の犯人かを確かめよう。
裏口から部屋に入ると、すでに長峰は殺されていた。

自分では立ち直ったつもりでいたが、長峰に殺意を抱いてしまった。

死んでからもなお苦しめ!


遺体に火をつけたのは七瀬なつみ

スプリンクラーのことは知らなかった。


+++++

寂しかったぜ!By里見浩太朗警視総監

最終回だし、9係解散するのかと思いきや、今のメンバーで続けるらしい・・・。
係長不在でもよくやったと労っただけだったのね。



ってか、係長からの電話かと思ったら、事件だし。

って思ったら、また電話がなって、イノッチは笑顔だし・・・。

イノッチ、結婚しないし!!






最終回っぽくなかったよねぇ。
なんつーか、地味でした。
コレ、また来年あるってことよね??
このシーズンで終わらせた方が良かったと思う。





田口浩正の女装
汚い足だったんだけど、意外に足は細かった(爆)
形の良い足に見えたんだけど、ま、汚いのは汚いなw
でも・・・こんなおばちゃんいるよね。

で、七瀬なつみが出ていたから、20年前の事件はおみやさんが担当していれば!なんて思っちゃった。
久しぶりに七瀬なつみを見たわ~。
あまり印象も変わらず、老けないね。

不破万作さん。
いくら立ち退きを聞き入れてくれないからって、あんなことしなくても。
しかるべき機関に相談すれば済む話なのに・・・。


竹中直人は一体何だったのか?

最終回にも出てこず、その存在の回収もなし。
思わせぶりに出てきた割には、昔好きだった女を庇っただけで終わった。
本当に界的に有名な法医学者だったのか?



渡瀬さんの訃報から早3ヶ月・・・。
ご病気のことは報道されていたけれど、9係が始まると知り、復帰されるとばかり思っていました。
本当に。本当に残念です。
ご本人が一番残念に思われているのでしょうが。
やはり穴は大きかった。

2話までは仕方ないとして、そこから脚本はいくらか書き換えられたと思うのに、残念な話が多かったなぁ。
時間がなくて、どうするのか決めかねてのことでしょうか。

そして早めの最終回。
最終回くらい、渡瀬さんの映像をもう少し使っていただけなかったのか?
回想でもいいからさ、渡瀬さんのあの笑顔が見たかったなぁ。
お声も聴きたかったよ?
なんで用意してくれなかったのかしら・・・。

来シーズンがあるとしたら、係長は殉職したことにするのかなぁ。
みちこちゃんのウエディングドレス姿で遺影を持ったり・・・で最終回にするのかしらね。
それとももう一層のこと、渡哲也に頼んじゃう??

にしてもやっぱり・・・。

渡瀬恒彦の穴は大きかった!

重要なことなので、何回でも言います。

改めて、ご冥福をお祈りしております。


広告






主題歌はコチラ

V6『COLORS』(avex trax)

感想はコチラ 「警視庁捜査一課9係」 第1話 ネタバレ 感想~渡瀬サンドでも寂しい。

「警視庁捜査一課9係」 第2話 ネタバレ 感想~森のアイスクリーム・アテモヤにモヤモヤ
「警視庁捜査一課9係」 第3話 ネタバレ 感想~係長が代わっても9係は存続するのか。 
「警視庁捜査一課9係」 第4話 ネタバレ 感想~竹中直人の立ち位置がわからない。
「警視庁捜査一課9係」 第5話 ネタバレ 感想~野際さんが弱々しく感じた
「警視庁捜査一課9係」 第6話 ネタバレ 感想~スーツケースから飛び出す遺体に驚く。
「警視庁捜査一課9係」 第7話 ネタバレ 感想~健棒より、最終回へのカウントダウンが始まった?
「警視庁捜査一課9係」 第8話 ネタバレ 感想~15年前にちゃんと捜査しておけば!

出演者
加納倫太郎(かのう・りんたろう)…… 渡瀬恒彦
警視庁捜査一課9係係長。階級警部。
部下達からは「昼行灯」とか「神出鬼没の狸オヤジ」と呼ばれている。
捜査の指揮を執る係長の身でありながら、どこかをほっつき歩くため『捜査をしない指揮官』と周囲から見られている変わり者だ。
何を考えているのか分からない言動が多いが、それにはすべて『彼なりの理由』があることに後になってから周囲の人々や視聴者にはわかる。
上司の娘と結婚し、一子を儲けるが、捜査に没頭するあまり離婚。
その後元妻は他界し、娘・石川倫子(みちこ)からは長らく敵視されていたが、最近やっと和解した。とはいえ相変わらず距離を置かれている。
最近は、警視総監から内閣テロ対策室改造のためのアドバイザー役を命じられ、その仕事に追われている。

浅輪直樹(あさわ・なおき)…… 井ノ原快彦
警視庁捜査一課9係刑事。階級巡査部長。
倫太郎とコンビを組んできた事により、観察力、洞察力が身についてきた。
正義感が人一倍強く、曲がった事が大嫌い。頭の良さや運動能力に関しては二十代で捜査一課に抜擢されただけのことはある。
倫太郎の娘・石川倫子とつきあっており、パティシエールの倫子が、パリの世界菓子コンクールから帰国後は倫子と同居。しかし、互いの結婚観の違いから軋轢が生じ…!?

小宮山志保(こみやま・しほ)…… 羽田美智子
警視庁捜査一課9係刑事。階級警部補。
9係の紅一点。だが、そういう扱いを最も嫌う女性。
男性社会で男に負けじと肩肘張って生きてたところがある。
立ち止まると自分の人生を振り返り、『私は何をしているのだろう?』と後悔をしてしまうので、ひたすら走り続ける。
いくつもの恋に破れ、結婚に関しては現在あきらめの境地に。どうやら仕事に生きる女として覚悟を決めたようでもある。主任として9係の“猛獣たち”をまとめざるを得ないため、最近では風格が漂ってきた。

村瀬健吾(むらせ・けんご)…… 津田寛治
警視庁捜査一課9係刑事。階級警部補。
大学卒業後、ノンキャリアとして警視庁に入るが、自分の能力はキャリア以上と信じて疑わない自信過剰の男。
実際、頭の回転はよく、品行方正で、何をやってもそつのないエリート刑事である。
出世の事しか頭にないようだが、実は熱い刑事魂を内に秘めている。
出世の足がかりにと警察官僚の娘・安西つかさと婚約したが、彼女のほうが仕事に目覚めてしまい婚約解消。それ以降、性格が歪んできたと言われている。
警視庁捜査一課14係係長の経験はあるが、部下の刑事の不祥事により辞職を決意。しかし、倫太郎に9係に必要だと説得され、9係に再び配属された過去を持つ。主任になったことで志保を見る目が変わり、最近熱い視線を送っている。

青柳靖(あおやぎ・やすし)…… 吹越満
警視庁捜査一課9係刑事。階級警部補。
かつて9係の主任を務めていた。
反骨精神の塊のような男で、金持ちと上流階級が大嫌いな皮肉屋。
完璧主義者と自分のことを思っているが、コンプレックスを常に抱えた生き方はかなり不器用。『俺はこんな位置でくすぶっている器ではない』と思い込んでいる。
同居している恋人の垣内妙子は、かつてヤクザに覚醒剤漬けにされていたところを青柳が救出した。それゆえ麻薬関係の事件には過剰に反応する。妙子との関係をよく思わない警察組織のなかで、刑事という職業を巡り葛藤することも。

矢沢英明(やざわ・ひであき)…… 田口浩正
警視庁捜査一課9係刑事。階級巡査部長。
持ち前の大らかな心で、コンビを組む変人青柳を受け止めて、聞き役やサンドバッグに徹することも出来れば、時には厳しく叱ることもできる。
妻の矢沢早苗は売れっ子の漫画家。休暇は妻のアシスタントを務め、捜査の似顔絵などでもプロ級の腕前を発揮するなど多才。

早瀬川真澄(はやせがわ・ますみ)…… 原沙知絵
東京都監察医務院に勤務する監察医。
事件遺体に関する臨床例を求めて大学の法医学研究室から転職した法医学者。その動機はどうやら近親者の不審死らしいが、詳細は明かされていない。
遺体に関する徹底的なプロフェッショナル。度が過ぎて生身の人間より遺体とのコミュニケーションを大切にする変わり者。
女同士、そして友達がいないもの同士、志保とは仲が良い。

石川倫子(いしかわ・みちこ)…… 中越典子
パティシエール。加納倫太郎の実の娘。
直樹と出会い、好感を持つが、亡き母を苦しめた父・倫太郎を恨むが故、警察官が大嫌い。母の旧姓を名乗っているのもそれが理由。父と和解したとはいえ、距離を置いている。直樹とは互いの仕事を尊重するあまり、なかなか結婚まで行き着かない。パリの世界菓子職人コンクールで優勝を目指すものの2位に。失意の帰国後は直樹と同居し、菓子作りの役に立つと信じて主婦業に励む。しかし、菓子作りへの新たな思いがわいてきたようで…。

園田俊介(そのだ・しゅんすけ)…… 中村俊介
倫子がパリ留学中のルームメイトだった画家。
倫子と“同居”していたことで直樹に関係を疑われるが、本人は“誤解”と一笑。直樹とは親友だと思い込んでいる。
絵を描き始めると寝食を忘れて打ち込み、栄養失調になることもしばしば。
3年前にニューヨークで知り合った静香を頼り帰国。静香と同居することに。

黛優之介(まゆずみ・ゆうのすけ)…… 竹中直人
真澄の大学時代の恩師で、現在は世界的に有名な法医学者。
海外で活動していたが最近になって日本に帰国した。
若いころは関東学生チャンピオンになったほどの空手の使い手らしいが…?
「監察医たるもの、真っ先に現場に駆けつけてご遺体と対面しろ」が教え。
沈着冷静な検視で9係の事件解決に貢献する。

早乙女静香(さおとめ・しずか)…… 野際陽子
倫太郎の亡き前妻の従姉。
長く海外での生活を続けていたが、最近になって帰国。
倫子同様、倫太郎を良く思っていなかった。また、なかなか進展しない直樹と倫子の関係を気にかけている。
現在居住する団地の自治会長。花壇で花を育てることを趣味としている。



ゲスト
久宝綾芽 … 七瀬なつみ
長峰乃梨子… 藤田瞳子
長峰全次 … 稲荷卓央
正川洋平 … 不破万作





にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

コメント 6

ふみっこ

tarotaroさん、こんにちは。
ずいぶん早く今シーズンは終わってしまいましたね。七瀬なつみに不破万作って、おみやさんじゃん、と思いながら見てました。渡瀬さんが七瀬なつみを取り調べたらすぐにしゃべってくれそう。
竹中直人は渡瀬さんがいらっしゃらない今、ストーリーにかなり関わるのかと思ってたら最初の2話くらいに出てただけ?よくわからないです。つくづく渡瀬さん不在がさびしい…

by ふみっこ (2017-06-08 16:15) 

古畑

 竹中さんは早々に降板されていたのですか。全く知りませんでした。もう何年もこの番組は見ていなかったのですが、渡瀬さんが逝去されたので、今シーズン1話のみ視聴しただけでした。もうこの番組、新作が出るまでの穴埋め的にしか思えなくなっていましたし。今回視聴したのも締めくくりが見たかったからです。里見さんや清水さんらが上層部役で出演されていましたが、皆さん、年齢的に合わないような。特に清水さん、去年あたりから痩せ細ってきているので、病気ではと心配しています。
 渡瀬さんのみならずここ10数年、官僚役、実業家役など、彼と共に作品に厚みを加えられる役を担えた名優たちがすっかり鬼籍に入ってしまいました。渡瀬さんのように当人の死で、人気シリーズを畳まざる得なかったものもあります。2時間ドラマは土曜ワイドや水曜ミステリーの終焉もあり、すっかり少なくなりましたが、いまだに顔は橋爪功さん、沢口靖子さん、中村梅雀さんら限定的、新しい人材をを探す気構えが感じられません。数は減っているのだから、いろいろと脇役、チョイ役らをもっと押し上げたり、落ちぶれアイドルらも積極的に起用したりと、当時の世代の取り組みも考え、動かないのでしょうか。
 
 昭和期のようなドラマの高視聴率は無理な時代と言われていますが、それはやはり制作側の取り組みがちゃんとしていないとしか思えません。でなければ、2013年の「半沢直樹」があれだけの高視聴率を叩き出せるはずありません。みんなすっかりバラエティーという単純かつ安価なものに甘えて、職人技を磨かなくなっていったツケが回ってきたと思います。もうチンピラタレントや素人タレントを養うだけのバラエティーよりもドラマ制作に精を出してほしい。もしドラマが当たれば、映画化も可能。フジでは「踊る大捜査線」、テレ朝では「相棒」。そうなれば、1本の映画で莫大な収益が見込めます。スポンサーの顔色を無理して伺わなくても、ある程度の凌ぎを上げられます。そういうところも考え、頑張ってほしいです。
by 古畑 (2017-06-08 20:35) 

なお

竹中直人忘れてました笑
なんだったんでしょうね(^_^;)

今回でシリーズ終わるのかと思ってましたがなんとなく続くような感じですね…
本当に渡瀬さんの存在は大きかったように思えます。

私は七瀬なつみ最初気付かなくて
声であれ?と思い、年取ったなーと思ってました(^_^;)
おみやさんの再放送見てるから余計かも知れませんが(^_^;)

女装の田口さん私も足細って思いました。
このメンバーは好きなのでなくなるのは淋しいですが9係として続くのも
なんだかなーと言う気持ちです。
by なお (2017-06-08 22:52) 

tarotaro

ふみっこさん、書き込みありがとうございます。

七瀬なつみに不破万作。
先週は中西良太。
渡瀬さんを偲んでのキャスティングなのか、最初から決まっていたのか・・・。

竹中直人はなんだったんでしょうね。
キャラもブレブレだし、特にプールでの殺人事件はひどかった。
やっぱり不在は辛いですね。

by tarotaro (2017-06-08 23:40) 

tarotaro

竹中さんは降板かどうかはわからないです。
HPには名前も残っていましたし。

渡瀬さんが主役なので、里見さんや清水さんくらいの年齢の方が上層部役になるのは仕方ないと思います。
俳優の年齢でキャスティングするとなると、お仕事ドラマは難しいですね。
2時間ドラマが少なくなっている昨今、製作費を抑えるならビッグネームを使わないほうがいいんでしょうけどねぇ。
新たな俳優発掘はして欲しいですが。
 
「半沢直樹」と同じことをしてももう視聴率は取れないでしょうしねぇ。
全レコや配信で見る人も多いし、ほかに娯楽もありますからね。
ドラマでもバラエティでも視聴率が取れないのなら、製作費の安いバラエティに流れるのではないでしょうか。
by tarotaro (2017-06-09 22:25) 

tarotaro

なおさん、書き込みありがとうございます。

先週のコメントの感想も遅くなってすみません。
竹中直人、なんだったんでしょうか?
渡瀬さんと絡むはずだったから、うやむやで終わってしまったんでしょうか。

来年もシリーズは続きそうですが、新キャスト加入はあるのでしょうか。
野際さんも心配なのに・・・。

七瀬なつみ、ちょっと怖かったですね。
妙に明るい声が(苦笑)
女装の田口さんみたいなおばちゃんいますよねぇ。
キャストは好きですけど、もったいぶって結婚しなかったせいで、渡瀬さんが亡くなってしまったのは残念です。
by tarotaro (2017-06-09 23:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ハンドルネームがないコメントは受け付けません。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました