So-net無料ブログ作成

フィギュアスケート:ジャパンオープン2015 結果 感想~真央ちゃんお帰り!!昌磨、恐ろしい子・・・!!※追記あり [気になるスポーツ]

フィギュアスケート:ジャパンオープン2015

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
広告




日本2年ぶりの優勝
<最終結果>
1位 日本(村上、宇野、浅田、宮原) 607.62
2位 北米(チャン、アボット、ワグナー、ゴールド) 545.23
3位 欧州(フェルナンデス、ジュベール、ソトニコワ、トゥクタミシェワ) 528.90

総括
フィギュアスケートの日本、欧州、北米によるチーム対抗戦「ジャパンオープン2015」が3日、さいたまスーパーアリーナで行われ、男子の宇野昌磨(中京大中京高)、村上大介(陽進堂)、女子の浅田真央(中京大)、宮原知子(関西大中・高スケート部)の4人で臨んだ日本は総合607.62点で2大会ぶりに優勝した。
日本は、1年間の休養後初の試合となった浅田が、代名詞のトリプルアクセルを見事着氷させると、続く3回転フリップ+3回転ループのコンビネーションも決める。しっとりした曲調に合わせたなめらかな踊りを披露。後半のコンビネーションジャンプで2つ目が2回転になるミスはあったものの、ブランクを感じさせない演技に、スタンディングオベーションが起こった。2014年ソチ五輪でマークした自己ベスト(142.71点)に肉薄する141.70点をマークし、健在ぶりをアピールした。
また、宇野と宮原の17歳コンビもほぼノーミスの演技を披露。それぞれ185.48点、134.67点の高得点で、日本の2年ぶりの栄冠に大きく貢献した。
2位は北米(チャン=カナダ、アボット、ゴールド、ワグナー=いずれも米国)で545.23点、3位は欧州(フェルナンデス=スペイン、ジュベール=フランス、ソトニコワ、トゥクタミシェワ=ともにロシア)で528.90点だった。
同大会は、男女シングル各2人の合計4人が1チームとなって対戦する団体戦。各選手がフリー演技を行い、合計点で順位が争われた。
スポーツナビより引用

151003_fig_opening_jpn1630.jpg
日本の顔ぶれスゴイなぁ!!
ベテランから若手まで・・・。
あぁ!泣きそう。
本当は、真央ちゃん復帰には消極的だったの。
どうしても、五輪のことも言われるだろうし、3アクセルのことも言われるだろうし・・・。


▲やっぱりスケートが恋しくなった!蝶々さん素敵!!

「スケートが恋しい」

この言葉に尽きる。

普通のメンタルの普通のアスリートは、そう言えないと思うんだ。

そう言える領域に達した人がまだまだ上手になりたいなんて言えるんだな。
強いなぁ。

11052474_727303220735664_6665901656001108960_n.jpg
上村愛子さんとの対談も、真央ちゃんの素顔を垣間見られて、普通のインタビュアーより良かったなぁ!!
あとでもう1回観よう!!


リザルトはコチラ
http://www.jsfresults.com/InterNational/2015-2016/jo/index.htm


女子結果
1位 浅田真央 jpn日本 141.70
2位 宮原知子 jpn日本 134.67
3位 エリザベータ・トゥクタミシェワ rusロシア/欧州 128.34
4位 アデリナ・ソトニコワ rusロシア/欧州 118.81
5位 アシュリー・ワグナー usa米国/北米 117.84
6位 グレイシー・ゴールド usa米国/北米 114.53

151003_fig_asada7630.jpg

1位 浅田真央 141.70(技術点71.88点、演技構成点69.82点)
3A/3F+3Lo/3Lz/FCSp/ChSq/2A+3T/3S/3F+2Lo+2Lo/3Lo/LSp/StSq/

真央ちゃんの談話
「ただいまです!復帰初戦で緊張もあったんですけど、男子から良い演技が続いたので足を引っ張らないように。
初戦にしては今までで一番良いJAPANOpenだったかなと。無事に終われたこと、昨シーズンのワールドレベルで滑り終えたこと、自分でもありがとうという気持ちで滑りました。」



真央・・・・恐ろしい子・・・!!

ミスは、3-3が3-2になったのと、1ループ。
練習の3Lzでは、エッジエラーがないわ!
って思っていたのに、” !”で-0.1か。
シーズン中には、!も取れるかな?

矯正完了の日は近そう。


151003_fig_asada3630.jpg
蝶の飾りはちょっとチープかな?
でも何もないと寂しいか。
襟元ラインは微妙かな。
フィギュアの衣装だし、なんちゃって着物になるのはしょうがない
着物モチーフのフィギュア衣装の中では、うまく出来てる方だと思うな。 EXのリッツよりいい。
あのリッツの衣装・・・重そうでさ。
ピンクの分量も多くて、あんまり好きではないんだよねぇ。

コーセーがスポンサーなんだから、もうちょっとメイクを濃く指南してくれたらなぁ~。
82913.jpg
ここまで濃くても、リンクの上なら浮かない。
黒真央のメイクは蝶々さんっぽくないけどさ。

ハグにまだ慣れないしょうまも可愛かったなぁ。


2位 宮原知子 134.67 (技術点71.70点、演技構成点62.97点)
3Lz+3T/3Lo/StSq/3F/CCoSp/3Lz+2T+2Lo/2A+3T/FCSp/3S/2A/ChSq/LSp

自己ベスト(129.12点)を上回る高得点。
技術点は、日本女子のワンツーですな。
知子ちゃんの演技構成点は、トゥクタミより下ですか。
そうですか。
えっと3点近くも下ですけど、どういうことでしょうな?

151003_fig_miyahara1630.jpg
衣装のスカート部分が可愛かったな!!
特にバックのフリルがゴージャスで可愛かったッス。
で、知子ちゃんは背中も綺麗。
ジャンプは低空なんだけど、セカンドジャンプが高くなっていた。
そしていつも丁寧に表現して、丁寧にスケーティングし、丁寧につなぐ。
頭が下がる思いです。
特に今回のこの演技は素晴らしかったデス。
今シーズンも、試合後に恥ずかしそうに笑う知子ちゃんの演技が観たいな!
ここまで大崩れしない若手の選手も珍しいよね。

ジャンプはほぼ全て加点されているし、マイナスがないわ。
素晴らしい!!



3位 エリザベータ・トゥクタミシェワ 128.34(技術点64.61点、演技構成点65.73点、減点2.00点)
3A/3Lz+2T+2Lo/3F/FCSp/LSp/3T+3T/3Lz/StSq/3S+2A+SEQ/2A/ChSq/CoSp

コケた瞬間に拍手する観客いたわね。
ちょっとどうなの?

衣装はオーガンジーなかった。
襟元も凝っているようなのに、黒すぎて遠目にはわからない。
だいぶ絞ってたように見えたな。
腕も太ももも去年比で細く見えた。
去年、跳べてたんだから、タクタミは去年がベスト体重なんじゃないのか?
クビレが欲しかったのかな。



4位 アデリナ・ソトニコワ 118.81 (技術点52.70点、演技構成点66.11点)
3Lz/3F/3Lo/CCoSp/StSq/2A+3T/3T/3S+2T/LSp/ChSq/2A/FCSp

金メダリストですからね。
演技構成点高いなぁ・・・・。
しかしちょっとゴツくなったな、ソト子。
その分、ジャンプが決まれば迫力があるね。

やっぱり
「金メダルを取って引退するのは美しくない」
と言い切るだけあって、根性を感じた(苦笑)
フィギュアスケートで根性を感じるってあんまりないけどな。



5位 アシュリー・ワグナー  117.84 (技術点56.17点、演技構成点62.67点、減点1.00点)。
2A/3F+3T/2A+2T/FSSp/CCoSp/3Lo+1Lo+3S/3F/3Lo/StSq/3Lz/ChSq/FCCoSp.

最近流行りの、3連続ジャンプの真ん中をシングルにするコンボ。
好きではないんだよねぇ。
でも点数が取れるんだから仕方ないか・・・。
あれ、美しいと思わないのよね。

ジャンプは刺さりまくってますな。
GOEのマイナスが多い。
Lzも”!”がついております。


んで、ワグナーの髪の色はあれでOKなんだろうか。
ワグナーは相変わらず赤い衣装がゴージャスだな。
いつも同じようなイメージなんで、ちょっとコミカルな曲を選んでみても良いのでは?
想像がつかないけれど、新しい発見があるかも!←人ごとすぎる・・・!!


6位 グレイシー・ゴールド 114.53 (技術点51.57点、演技構成点64.96点、減点2.00点)。
3Lz+3T/3Lo/StSq/2A/FCSp/2A+3T+2T/3F+2T/3Lz/ChSq/3S/LSp/CCoSp

GGも衣装は赤。
見慣れた感じだするなぁ。
でも同じチーム同士、違うカラーにできないもんか・・・ってできないよね(苦笑)
ジャンプはまだまだこれからかな?
でも相変わらず豪快なスケーティング。
いつもより、少しスピードはなかったけれど、それもこれからだろうな。
顔に似合わず、いつもパワフル。


男子

1位 宇野昌磨 jpn日本 185.48
2位 ハビエル・フェルナンデス espスペイン/欧州 176.24
3位 パトリック・チャン canカナダ/北米 159.14
4位 ジェレミー・アボット usa米国/北米 153.72
5位 村上大介 jpn日本 145.77
6位 ブライアン・ジュベール fraフランス/欧州 105.51



1位 宇野昌磨 185.48 (技術点99.48点、演技構成点86.00点)
4T/3A/3A+3T/CSSp/StSq/FCSp/3Lo/3S/4T+2T/3Lz/2A+1Lo+3F/ChSq/CCoSp
後半4回転・・・すげぇ。
加点は前半の単独4Tより、ついてましたね。
体幹ができてきたのか、少年っぽくなくなった。


真央の弟
って可愛いシーンがありましたけど、”真央の弟”スゲェw

いやもう、初戦でこれなら、言うことないでしょう?
さすがにPちゃんのあとに観ると、スピードがないように見えたかもしれないけれど、スケーティングいいよねぇ。
ハビエルよりいいと思うんですけど、それは贔屓目がありすぎ??

技術点だけでみると2位のハビエルを10点以上引き離してます。
演技構成点だって、これから伸びると思う。
去年、クワドに3アクセルを装備したばかりなのに・・・。
伸び代、すごい!!
ジャンプの癖も治ってきているしね!!

ピーターパンみたい衣装でした。
トゥーランドットは、しょーまくんに合わないんじゃないかなって思ったんだけど、丁寧なスケーティングで、どんな曲でも捉えているかんじ?
しかも最後のガッツポーズ、点数をが出たときの驚き顔。
めっちゃ可愛いw
真央ちゃんがパディントンで顔を撫でてあげるところも、微笑ましい。
真央ちゃん、スカウトの才能もあるのかw

スタンディングオベーション


2位 ハビエル・フェルナンデス  176.24 (技術点86.60点、演技構成点90.64点、減点1.00点)
4T/4S+3T/3A/StSq/CSSp/4S/3F+1Lo+3S/3T/3Lz+2T/ChSq/3Lo/FCSp/CCoSp
クワド、素晴らしかったね。
ハビエルは明るい曲がよく似合う。
けど、いつもサスペンダーしているねw
その上、ボーカル入ったらエキシビジョン感半端ない。
シーズン序盤だからスタミナ面は仕方ないね。
しかし、本当にクワドジャンプは余裕がありすぎ。


3位 パトリック・チャン  159.14 (技術点69.56点、演技構成点89.58点)
4T+3T/3A/3Lz/StSq/CCSp/3Lz+2T/3F+2T+2Lo/3Lo/3S/FSSp/3F/ChSq/CCoSp

すごい疾走感だったなぁ。
リンクカバー率もすごいし、看板の流れるスピードが半端ない。
これでハビエルより演技構成点が下とは・・。
どういうことよ?
ハビエルって、そんなすごいことしていたっけ????

ステップでもつなぎでもスピードは落ちることなく、爆走。
仕上がってきたらめちゃくちゃ怖いプログラムだわ。
ジャンプ構成はともかく、ショパンとPちゃん、めっちゃ良いね。

やっぱりPちゃんは強敵になるわよ。
で、ワタシのケヴィンは今年帰ってくるのかしら?
カナダはPちゃんと、レイノルズ二人を観たいなぁ~。


4位 ジェレミー・アボット usa米国/北米 153.72 (技術点69.28点、演技構成点84.44点)
3F+3T/3Lz/FSSp/3A/3Lo/CoSp/3A+1Lo+3S/3F/StSq/2A+2T/3Lz/ChSq/CCoSp

アボットの演技構成点は、絶対あげないんだね、もう。。。
そうなってくると、4回転がないのでね・・・。
アボットのスケーティング、好きよ。
誰がなんと言おうと好きだわ。


5位 村上大介 jpn日本 145.77 (技術点68.63点、演技構成点77.14点)
4S/4S+2T/CSSp/3A+3T/FCSp/3A/3F/3Lz+2T+2Lo/3Lo/3S/StSq/ChSq/CCoSp

クワドのセカンド、やっぱり3Tは無理なのかなぁ。
あとアクセルだな。
苦手なのかなぁ。
曲と演技があってるな。
XJAPANはすきではないんだけど、この曲は美しいね。

後半、バテバテでしたね。
ダイスと無良くんはジャンプが決まらないと点数はあまり出ない選手なので・・・・。
スピンはレベル取れないからなぁ。



6位 ブライアン・ジュベール (技術点36.65点、演技構成点69.86点、減点1.00点)。
3A+1Lo+3S/3A/3Lz/3Lo/StSq/CCoSp/3Lz+2T/3F/2A+2T/3T/ChSq/CSSp/
プロとして出場ってことでOKなんでしょうか?
ロシア国籍でペアとしてやっていくんじゃなかったっけ?
今大会シングルで出場した男女合わせても最下位の結果となってしまいました。
ジャンプ構成も、これでは上位を狙えないは、本人もわかっていたと思う。






アナウンサー、ウザくなかったですか?
演技が始まってからも、ダラダラダラダラしゃべっているし、塩原アナ目指して練習中なのか。


こんな素晴らしい結果なのに、ジャパンオープンでここまで仕上げなくてもと、思ってしまうワタシは心配性。
シーズン通して、ずっと調子を保てるわけでもないと思うから、JOの演技は、ワールドにとっておきたかった(笑)

まだ完璧な演技ではないしね。
ジャッジもこのままでいるとは限らないしね。

今年は、ジュニアの女子も熱い!!
YouTubeを観て、リザルトみるとゾクゾクします。
ジュニア女子の軽やかなジャンプ。

今の日本ジュニア女子は、真央ちゃんを観てスケートを始めた子もいそう。
やっぱり、10年に一度は逸材ってのが出てくるのね・・・。

胸熱デス。

ゆらちゃんや、ゆうなちゃん・・・結構好きかも!!


広告



スケートリンク
GPSフィギュアスケート スケートアメリカ2015 シングル男子女子 結果 感想~ノーカンのジャンプがあるのに2位ってのは・・・・。
GPSフィギュアスケート スケートアメリカ 結果~PCSの謎~宮原さん3位、宇野君2位おめでとう!!
GPS フィギュアスケート:スケート カナダ 2015 SP 結果~大波乱!!でも結果的には収まるとこに収まりそう・・・。 
GPS フィギュアスケート:スケートアメリカ 結果~パトリック・チャンが帰ってきた! 
GPS フィギュアスケート 中国杯 シングル女子ショートプログラム結果と予想~真央ちゃんが”鬼構成”で帰ってきた!!
GPS フィギュアスケート:中国杯 2015 女子結果~3Aだけで10,36点!
GPS グランプリシリーズ エリック・ボンパール杯 SP 結果~リーザの衣装に度肝を抜かれ、FS開催の心配をする。
GPS グランプリシリーズ フィギュアスケート:ロシア杯 結果~ロシア女子強し! 
GPS  フィギュアスケート:NHK杯 男女シングル SP結果~女子に地元採点は存在しない。
GPS フィギュアスケート:NHK杯 2015 男女シングル結果~憂いの表情は蝶々夫人に合ったいたけれど・・・・。
ファイナル 男子SPと女子ジュニアSP結果~またでた世界新記録。
GPS フィギュアスケート グランプリファイナル 女子SP結果~女子のPCSが団子状態。シニアとジュニアの滑りの差はないのか?
GPS フィギュアスケート グランプリファイナル 男女シングル結果~GOEとPCSの高騰についていけない。
フィギュアスケート 全日本選手権 2015-2016 男子SP結果~リンクに花びらが落ちるなんてありえない。


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


コメント(2)  トラックバック(21) 
共通テーマ:スポーツ

コメント 2

YOYO

こんにちは。
スケートシーズン、
ただいまです? ←パクッた!


真央ちゃん初戦にしては
仕上がりが済んでいて
チカラを示せましたね!
この試合はチカラを示すことが大事でしたから、目標クリアでしょう!

私には真央ちゃんまだまだ
本調子とは差があるように見えました。滑りや流れ、もっともっと
美しくなるでしょうね。
楽しみが膨らんじゃいます。

だが衣装……?

私も地味だなあと気になります。かわいすぎるんです。妖精ならいいけど悲恋のヒロインですからね……
あの曲の格に合わない。
もうちょっと柄やグラデは大胆にすべきだし、口紅ももっとしっかり!
と思います。
帯もレースが余計だ。
近寄ると可愛いんですがね……
リンク映えはいまいち。

イヤ、エキシね。
エキシの衣装もあのシルクハットが
おっきすぎるしね。
浅草のマジシャン風に見えてしまう。

真央ちゃんご自分の趣味で
ああなったのかもですが……

あんな小粋サウンドにアレはない。

誰かこの子を浅草じゃなくてリッツに連れてってください!
って頼みたいところです……

イヤほんとに手直しまたは
作り直しを強く希望します。エキシは特に。

その点、知子ちゃんは
非常にハイセンスで洗練されてますね。衣装、音の解釈……
あの年齢で粋を消化して表現できるなんてやはり頭が良いんでしょう。
彼女がもしも身体的に恵まれていて
ジャンプ力もあったなら……
相当に真央ちゃんを追い詰める存在に
なり得ましたね。
彼女技術構成的には
完全に真央やリーザがミスしないと
勝てませんからね。
今後そのあたり何か対策をとるんでしょうかね。濱田先生は……

そして
しょーまくんの演技こそ
これを世界選手権でやっておくれ!
でしたねー。
素晴らしかった。

ダイスくんもカラダが柔らかくなって表現やスケートがよくなりましたし


なんだかみんな日本人が進化して
嬉しいです。

おっと、でも海外勢も
女子はみんな良かったですね!

ジャンプはまだ調整中だからアレですが
リーザは随分運動量が増えてリンクカバー率があがりましたし
アデリナちゃんはオトナになった滑りと元来の野性味が妖しくマッチして何とも味が増して魅力的になりました。

世界選手権の最終グループも
ほぼこの顔触れになるんでしょうか。


なんにしても、あのヒトがいない
フィギュア界は進歩し続けて
ようやく健全さを取り戻しつつあるような気がします。
長かったけど、アレも真央の第2章には必要だったんですかね……
























by YOYO (2015-10-06 00:06) 

tarotaro

YOYOさん!書き込みありがとうございます(*゚▽゚*)
おかえりなさいですw

いや~。
しびれましたね。
3F3Loが3F2Loになったとき、後半の3F2Lo2Lo!!って心配してしまった(苦笑)
ダブルジャンプの回数制限なんとかならないですかねぇ・・・。
昨シーズンは、ゴールドが3-1-1というへんてこコンボがあったし。
心臓に悪いデス。
エレガントな蝶々さんでしたね。
「鐘」のような鬼ステップで力強い蝶々さんも観たかったんですけど、ローリープロですから、あっさりめでした。
タラソワの蝶々さんも観たかったけれど、復帰後すぐだし、色々求められないか~(タラソワはロシア人以外には振り付けないのでしょうか?)

リッツの衣装を観て、心配していたんで、予想よりは良かったんですけど(苦笑)
リッツの衣装って、サイズが合っているんですかね?
せっかくスタイルがいいのに、全部隠しちゃうのも勿体ないし、おっしゃる通り軽快さがないんですよねぇ。
しかし蝶々さんは軽快すぎやしませんか(爆)
軽そうなのはいいんだけど、ラベンダー色も似合うんだけど、もうちょっと違う色も観たいんですよね。
メイクもアイラインをきっちりひいて、強い女性の雰囲気を出してほしいかなぁって思います。
真央ちゃん、うまくいったときは衣装をそのまま使うことを多いし、あんまりたくさん作るタイプではないので、微調整くらいしかないんではなかろうかと・・・。
せめて袖口は指に引っ掛けると綺麗かな・・・と思うんですが、どうでしょう?
でも蝶々夫人はこれからもっと良くなると思うから楽しみしかないですね~(≧౪≦)

知子ちゃんは、すごかったです。
ジャンプにマイナスがないっていうのは、もう伸び代がないということになるんじゃないかと心配です。
PCSは伸び代があると思うんですが、なんで伸びないんだろ・・・。
でも聡明な17歳ですね。
品もあるし。
あの素晴らしい筋肉を見ていると、身長はもう伸びないのかなぁ。
「ミスサイゴン」が大好きだったので、今回のこのフリーのプログラムはちょっと地味かなぁって思ったんですけど、きっと彼女のことだから完成度の高いプロになりますね。
こちらもこれからが楽しみですッ!!

しょーまくんは、さすがに最後のスピンがトラベリングでしたけど、体力はどんどんつくだろうし、とてつもなくすごいことをしましたよね~。
Pちゃんも驚いてましたね。
そして、真央ちゃんは
「お母さんの気分です。最近敬語で話しかけてくるし、淋しいです。」
ってインタビューに答えていたのが、可愛かったですw

女子は本当にすごかったです。
真央ちゃんの演技でかなちゃんがやる気を無くさないか心配です。

ロシアも。
ゴールドメダリストとはいえソトニコアもうかうかしてらんないですけど、可愛いのに、根性があるところが好きですw
でもラジオノワにリプニツカヤにポリーナに、ジュニアからもあがってくるだろうし、こちらも熾烈な争いになりそうですね。

真央、第二章、めっちゃ楽しみになってきました!!
今シーズンもよろしくお願いしますッm(_ _)m

by tarotaro (2015-10-06 17:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ハンドルネームがないコメントは受け付けません。

トラックバック 21

トラックバックの受付は締め切りました