So-net無料ブログ作成

刑事7人 第1話 ネタバレ 感想~面白いような面白くないような・・・・。まだ判断ができません。 [気になるドラマ-2015夏]

刑事7人 第1話 最後の時効…刑事ドラマの新しい挑戦が今始まる!!
「クルーザー爆破」「連続放火」 「謎の女性失踪事件」「女児誘拐」バラバラに起きた事件-
そこから重要な事実が見えてくる。
天樹(東山紀之)がこだわる、ある『時間』の謎。
さらに、法医学教授・堂本(北大路欣也)の助言もあり、 事件は意外な展開を迎えることに…。
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村





[あらすじ]
マリーナでクルーザーが爆発する事件が発生し、元大蔵大臣の息子・江尻孝之(川口力哉)の遺体が見つかった。沙村康介(髙嶋政宏)ら「警視庁捜査一課12係」の面々はその一報を受け、現場へと駆り出される。と、そこへ見慣れない男が現れた。爆発が起こったのはまさに日の出を迎えようとする時刻。クルーザーは太陽の方向へとまっすぐ進んでいたにもかかわらず、現場にサングラスがないのは不思議だ、と主張するその男。彼こそは天樹悠(東山紀之)――捜査能力は高いが性格に少々難あり…という個性派刑事がそろう12係に着任したばかりの刑事だった!
 法医学教授・堂本俊太郎(北大路欣也)が司法解剖を行った結果、江尻は爆発事件の前夜に絞殺されていたことが判明。そんな中、江尻の部屋を訪れた天樹はどういうわけか、そこで見つけた宅配便の不在票に引っ掛かる。そこから巡り巡って、事件をひも解くための重要な事実が見えてくるのだが…。
 捜査が新展開を迎えた矢先、刑事部長の命令で12係はなぜか、この事件から手を引かされ、連続放火事件と女性従業員失踪事件を捜査することに。連続放火事件を追うことになった天樹は、被害に遭った法務大臣・高田浩一郎(浜田晃)の家で運転手をしている安倍俊也(浜田学)、自転車を燃やされた工場作業員・金子正信(前田吟)から話を聞く。一方、沙村とともに失踪事件を追う水田環(倉科カナ)は、なぜか偽名を使って働いていた失踪女性の正体が安藤紗季(朝加真由美)という人物だと突き止める。その矢先のことだ。小学校に爆破予告の電話が入り、そこに通う法務大臣の娘・高田真奈美(錦辺莉沙)が誘拐された! 捜査の結果、当初は無関係だと思われていた「クルーザー爆破殺人事件」と「連続放火事件」、「女性従業員失踪事件」、「爆破予告事件」の中に“あるつながり”を見出す天樹と12係の面々。そんな中、事件は誰もが予想しなかった、とんでもない方向へと発展し…!
 一連の事件のタイムラインは、20年前に起きた誘拐殺人事件から続いているのではないか――。そう直感し、事件を洗い直す天樹。やがて彼はすべての事件の引き金となった“やるせない想い”にたどり着く…。
[HPから引用]
刑事7人.jpg

刑事7人と言いつつ、北大路欣也は刑事ではなく、法医学教授。
倉科カナ以外、初老ばかり。
いや、北大路欣也は老人か。
実年齢に基づいて、役の年齢は決められている模様だけど、東山紀之より片岡愛之助の方がおっさんに見えるな。
これは仕方ないけどね。
しかもこの刑事たち、走れそうなのも東山しかいないっていう。
東山の若さを生かすために、脇役のキャスティングをくんだのか。

けどね。
吉田鋼太郎が出るのよ!!
東山が主演だけど、こういう刑事ものって脇の刑事の主役回が絶対あると信じつつ、視聴。


++++

この間、マッチと一緒に「徹子の取調室」に出ていたヒガシ。
マッチと徹子に押されて話すスキがなかったが、昨日も取り調べられていた。
今度は、むかーし合宿所にいたとき、
「僕(植草)がシャワーを浴びていたのに、腹を立てて、お風呂場のドアをガムテープで貼り付けるイタズラをされた。」と
20年前の植草かっちゃんにバラされていたが、今になって「あの犯人はトシちゃんです。」と言い出すヒガシ。
20年ぶりの告白に思わず笑ってしまった。
でもそこには「トシちゃんがやった」と言えずにかばったスマートなヒガシがいた。
ヒガシが犯人だと思って、怒り狂ったであろうカッチャンがかわいそうだな。
ヒガシ 当時から、大人だな。




「徹子の部屋」では気にならなかったけれど、ヒガシなんでそんなにモジャモジャ頭なのか?

ラブリンはラブリンにしか見えない。何やっても熊切とノリカがちらつく。
しかし舌を出しておどけた顔したときには、殺意を覚えた。

ま、ヒガシだって、何やってもヒガシだけど。

高嶋政宏と政伸・・・似てきたな。

吉田鋼太郎、今日歯「リスクの神様」と30分かぶっている。

鈴木浩介、「アイムホーム」からの居残り組。

倉科カナ、可愛くて、スタイルもよく、彼氏は竹野内豊。
無双やな。

北大路欣也の出番がすくない。
北大路欣也と片岡愛之助を”7人”に入れてしまうのか。


犯人は前田吟。

20年前、殺された女の子の母親が朝加真由美。
朝加真由美は未婚の母だった。
父親が前田吟。
当時前田吟は会社が倒産して大変だった。
なので、結婚できなかった。

クルーザーで殺された男は、前田吟・娘をいたずら目的で拉致した。
そこから逃げ出そうとした少女が謝って転落死したのだ。

警察は、元大蔵大臣の息子・江尻孝之にたどり着いたが、父親が大物だった。
当時の警視総監に相談し、息子の事件は握りつぶした。

20年前の事件は時効になった。
亡き娘の復讐のために前田吟と朝加真由美が手を組んだ。

元SPの男は・・・前田吟が殺したのかなぁ。
はっきり描写がなかった。

で、大臣も逮捕された。
って、大臣なのに、そんなに早く逮捕できるのか?




「遺留捜査」と「9係」を足したようなドラマだった。
ヒガシの”カン”が良すぎて、面白くない部分もあったが。
まぁ、初回だし。

20年前に娘が殺された設定でも、前田吟と朝加真由美は年を取りすぎているような気がしないでもない。
ま、それは主人公たちも年を取っているので、仕方ないか。

前田吟が出てきたときから、犯人だと思ったので、あまりビックリしなかった。

ヒガシと北大路欣也も同じシーンで、ただならぬ雰囲気だったので、義理の親子だっていうのもビックリしなかった。
ヒガシの嫁(北大路欣也の娘)はもうなくなっている様子。

北大路欣也の飼い犬が白い柴犬でないことくらいが、驚くところか?
出演者が豪華だし、テレ朝だし、評判良かったらシリーズ化するつもりなのかな?





第2話の感想はコチラ
刑事7人 第2話 ネタバレ 感想~初回の設定も覆す?
第3話の感想はコチラ
刑事7人 第3話 ネタバレ 感想~ハッタリをかまして自白を引き出す。
第4話の感想はコチラ
刑事7人 第4話 ネタバレ 感想~大塚千弘が美人だ!!
第5話の感想はコチラ
「刑事7人」 第5話 ネタバレ 感想~中丸雄一が間抜けすぎる。黒田福美が可哀想すぎる。
第6話の感想はコチラ
刑事7人 第6話 ネタバレ 感想~7人の中で仕事していない人が何人かいま~~~すw
第6話の感想はコチラ
刑事7人 第7話 ネタバレ 感想~どうしても”でんでん”が凶悪犯に見える
第8話の感想はコチラ
刑事7人 第8話 ネタバレ 感想~意外な死因
最終話の感想はコチラ
刑事7人 最終話 ネタバレ 感想~あっさりした最終回。続編もないかもなぁ~。 
キャスト
天樹 悠(46) - 東山紀之
沙村 康介(49) - 髙嶋政宏
山下 巧(42) - 片岡愛之助
永沢 圭太(38) - 鈴木浩介
水田 環(28) - 倉科カナ
片桐 正敏(55) - 吉田鋼太郎
堂本 俊太郎(65) - 北大路欣也
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


コメント(2)  トラックバック(13) 
共通テーマ:テレビ

コメント 2

あおい

ネタバレ、ありがとうございました。
実は第一話、いろいろ録画がかぶって10時から10時9分までが録画されておらず、結末がわからずもやもやしていたんです!

ってか、秘書も殺されちゃってのですか?
残り9分にいろいろ詰め込まれてたのですね!

前田吟さんがあんなちょい役なわけないと思ったけど、やっぱりそうでしたか。
朝加真由美さんは秘書に殺されたのでしょうか?
by あおい (2015-07-25 03:23) 

tarotaro

あおいさん、書き込みありがとうございます。

秘書は殺されたのか自殺か描写がなかったんですが、朝加真由美さんを殺したあとに、証拠隠蔽のための自殺かな?と思います。

時間枠を拡大したわりには、後半が駆け足で残念でした。
もう少し時間があったと思うんですけどね~。
でもシリーズ化されるかもしれませんね。
by tarotaro (2015-07-25 11:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ハンドルネームがないコメントは受け付けません。

トラックバック 13

トラックバックの受付は締め切りました