So-net無料ブログ作成

ヤングサスペンス『殺人偏差値70』~殺人は起こっていないかったけど?ネタバレ・感想 [気になる2時間ドラマ/SPドラマ]

yjimage.jpg

広告






[あらすじ]
東大受験当日。
主人公、圭介(三浦春馬)は、寝坊してしまう。
どうしても東大を受験したかった圭介は、超えてはならない一線を越えた_____。
試験開始時間を遅らせるため、爆弾犯になりすまし、東大に爆破予告メールを送ったのだ。
圭介が試験会場に着くと、教室から外に出された受験生で騒然としていた。
思わず安どの笑みを浮かべる圭介、その様子を見つめる一人の男がいた。
試験は一時間遅れで再開され、動揺を抑え問題に取り組む圭介。
もう後戻りはできない。


3月
晴れて東大に合格した圭介。
喜びと開放感、一緒に喜ぶ恋人の理佳子(瀧本美織)。
大学生活を謳歌する理佳子と浪人しながら付き合うのは、 圭介にとってつらく、苦しい日々だった。
しかしこれで、やっと対等に、いや、優位に立てるかもしれない。
実家の父も圭介の東大合格に大喜びした。
圭介が小学生の時、父の経営する小さな工場が経営困難になった。
母はそんな父を見捨てて、男を作り、家を出ていってしまった。
その後、父は苦労して工場を立て直し、男手一つで圭介を育ててくれた。
圭介がここまで東大にこだわったのは、父を足蹴にした大企業や自分たちを見捨てた母や世間を見返すためでもあった。
そう、これから自分はエリートな人生を送るのだ


4月
迎えた入学式当日、圭介の前に一人の男が現れた。
「お前がしたことはすべてわかっている」
「あの日、遅刻した挙動不審の受験生がいた」
と警察に告げようか、と、宏志(城田優)は言った。 圭介はシラを切るが、動揺を隠せない。
俺はお前が許せない、宏志は、あの爆破予告に動揺し、東大を落ちていたのだ。 「この代償は、お前に払ってもらう」
不敵な笑みを残し、去る宏志に、 圭介は、言い知れぬ不安と恐怖を覚えた。

やがて圭介をつけ回すようになった宏志は圭介に、金を要求し始めた。
その金額は次第にエスカレートしていく。
やむなく、怪しげなバイトに手を染める圭介。
このままだと、這い上がるどころか転落してしまう・・・・・。

東大に入学すれば、バラ色の人生が待っている、そう信じていたのに。
望んでいる幸せに手を伸ばせは伸ばすほど、その姿は形を変えていってしまう。
このままではダメだ、もう一度この手で、ほしい人生をつかんで見せる。

圭介はある決断をした。
この恐怖から逃げるために・・・・。 そして誰も予測できない、衝撃の結末とは・・・・・?
HPより引用


原作はコチラ
<
西村京太郎『殺人偏差値70』(「受験地獄」)


1982年1月12日、『受験地獄・東大受験 その朝めざまし時計が鳴らなかった』のタイトルで『火曜サスペンス劇場』にて主演は太川陽介で放送された。
ネット投票で「もう一度見たい作品」で1位に選ばれ、”伝説のドラマ”とも言われたそうです。

もう一度見たい火サスの1位が「受験地獄」だったからって、それをリメークする意味が分からん

オリジナルを再放送すればいいのに。


・・・・・・

三浦春馬は、子役時代よく二時間ドラマに出ていました。

田中美佐子の息子役をやったり。
渡瀬恒彦の十津川警部シリーズで、寝台車の中をパシャパシャカメラで撮影し、犯人の手がかりを掴む男の子を演じたり。

主演で帰ってきましたね。

三浦春馬が20歳の役は良いとして、城田優。

デカすぎる上に、20歳には見えね~~。


桐山漣だって、ライダーだったころから結構年取ってるし。



ま、いいや。

で、「ヤングサスペンス」って言うと、作者がヤングなのかと思いきや、西村京太郎先生。

主演が春馬だから、ヤングサスペンスなのか~。


「ヒルナンデス」に瀧本美織がゲストに出て、このドラマの番宣をしていたけれど、その横になんとも言えない顔の安田美沙子。

ポスターには三浦春馬と城田優。

そりゃ、苦笑いするしかないか。


・・・・・・

まず爆破予告。


ネットカフェからの「爆破予告」でした。
防犯カメラに映っちゃう。
旅行会社の社員みたいだな。

いやその前に。

3回目の東大受験、普通寝坊しない。



・・・・・・


三浦春馬が時々神木隆之介に見える。

雰囲気似ているな、アミューズだからかな。



結末以外は、あらすじ通りです。

あらすじにほぼ全部、10時半くらいまでのは掲載されています(苦笑)

結末は三浦春馬自殺



三浦春馬は良心の呵責から妄想を見るようになっていたというオチ。


脱力ですよ。夢オチより悪い。


城田優は存在していたんです。

最初の1回だけ脅迫して50万円を振り込ませたのは、城田優。


しかし、そのあとの出来事はすべて妄想


2回目以降、三浦春馬が振り込んだお金は城田優からしてみれば、「勝手に」三浦春馬が振り込んだ。

そう、城田優に脅迫されている妄想を観ていただけ。

城田に騙されて始めた怪しげなバイト。

バイトはしていたのは事実だけど、バイト先で知り合った栗山千明は妄想。

栗山千明は、昔三浦春馬を捨てた母・・・の妄想。

最後、城田優をカッターナイフで刺そうとして、自分の腹を刺すまで、視聴者も妄想を見せられていたわけです。

カッターは刺すんじゃなく切らないと殺傷できないと思う。

まず、カッターが腹に刺さるわけない。

カッターという小道具を使いたかったのはわかる。

三浦少年が栗山母の育てたガーベラを切り刻んでいた過去があるから。

それなら、カッターで首筋でも切れば良かったのに。

なんなら、カッターで自分の腹を刺したのも妄想でよかったのに。

最後、城田優は実在するので、警察に連行されます。

「なんだよ~。50万とったのは事実だけど、そのあとはアイツが勝手に振り込んだだけだよ~」

って小物。


・・・・・

原作の結末では、主人公が精神的に追い詰められた挙げ句に脅迫者を殺す
しかし殺した後に、脅迫者が主人公に宛てて遺書を書いていたことを知る
脅迫者は主人公の秘密をネタに脅しながらも良心の呵責にさいなまれており
主人公宛てに謝罪をこめた遺書を投函した後、秘密を胸にしまって自殺する気だった
犯さなくても良かったはずの殺人を犯してしまった主人公の破滅を予感させて・・・完



太川陽介主演の火曜サスペンスは
相手が「何で俺が落ちてお前が受かるんだ」
主人公「俺だって一生懸命勉強したんだ」というやり取りの後、
相手が「東大に入れなくてすみません」という遺書を遺して自殺
主人公が「何でこんな事になったんだ?」と思い、退学して終わりだそうで・・・。

え?なんでNO1になったんだ・・・。




ゆとり教育の時代じゃねえ・・・・

受験生がみんなハチマキに必勝って書いて寝ずに勉強して受験ノイローゼや
大学落ちたショックで自殺する奴が何人もいたって時代じゃないと現代では無理なんだろう・・・。

でも、ならもう太川陽介の作品を再放送したらええのに。


リメーク版では公式サイトに「ファイトクラブ」の題名を挙げてるところを見ると、オリジナルの火サスドラマのような社会問題を反映した作品を作るのではなく
オリジナルとは目指しているところががまったく違うので比較してはいけないのだろうけど。



面白かった?

と聞かれたら、「時間泥棒!!」

と答えるしかないな。


瀧本美織は可愛いけれど、この作品ではイライラした。


お好み焼きを食べたくなるのよね、この子みると(笑)

資産家の娘にも見えなかったけど、主人公を脅迫し続ける城田優(妄想だけど・・・)より、イライラして一番嫌な人間に見えた。
ソニー損保のCMのままだし、なんだろう。
あんまり・・・上手にならないのね芝居も。
「てっぱん」から成長していない。



・・・



そして、結末は主人公が自殺したため、「殺人」なんて起こっていない。

じゃ、なんなの「殺人偏差値70」ってタイトルは!!


広告






出演
宮原圭介 - 三浦春馬
田中宏志 - 城田優
真山理佳子 - 滝本美織
西浦佐奈 - 栗山千明
楠見貴裕 - 桐山漣
宮原仙一 - 高橋克実

ほか





にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ハンドルネームがないコメントは受け付けません。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました