So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

「そして誰もいなくなった」 第二夜 ネタバレ 感想~渡瀬さんの遺言と昆布トリック。 [気になる2時間ドラマ/SPドラマ]

二夜連続ドラマスペシャル アガサ・クリスティ「そして誰もいなくなった」第二夜
アガサ・クリスティ不朽の名作、ついに完結…!
主演・仲間由紀恵&豪華俳優陣で日本初映像化!閉ざされた孤島のホテルで次々に殺される男女10人…犯人は誰?その目的とは!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


[あらすじ]
 八丈島沖に浮かぶ孤島・兵隊島。その孤島に立つ『自然の島ホテル』のオーナー・七尾審によって10人の男女が島に呼び寄せられる。
 七尾からの招待状を受け取りやってきたのは元水泳選手の白峰涼(仲間由紀恵)、元東京地裁裁判長・磐村兵庫(渡瀬恒彦)、元国会議員・門殿宣明(津川雅彦)、救急センター医師・神波江利香(余貴美子)、元傭兵・ケン石動(柳葉敏郎)、元女優・星空綾子(大地真央)、ミステリー作家・五明卓(向井理)、元刑事の久間部堅吉(國村隼)の8人。島に到着するも、ホテルの執事夫婦・翠川信夫(橋爪功)とつね美(藤真利子)からオーナーの七尾は不在であることを伝えられる。
 これから何が起こるのか、自分たちはなぜこの島に招待されたのか―期待と不安に包まれながら用意された夕食をとっていると、突如としてどこかから彼らの過去の罪を暴露する“謎の声”が聞こえてくる。
 それぞれの胸の内に去来する過去の出来事…。10人が互いの過去を探り合う中、突然招待客のひとりが目の前で殺害される! そしてそれをきっかけとするように、ひとり、またひとりと招待客が殺されていき…?
そして招待客たちが島に渡ってから数日後。事件の報を受けた警視庁捜査一課の警部・相国寺竜也(沢村一樹)と八丈島東署捜査課の警部補・多々良伴平(荒川良々)が兵隊島へと向かう。大きな“密室”となっていた兵隊島で発見された10体の他殺体――果たして犯人は誰なのか? そして10人は何のために集められ、殺されなくてはならなかったのか?
 かつてない大きな謎に、天才的な観察眼を持つ刑事が迫る…!!
[HPから引用]

広告






原作はコチラ

そして誰もいなくなった / アガサ・クリスティ

映画はコチラ

サボタージュ/アーノルド・シュワルツェネッガー主演

ドラマ化はコチラ



mv-pic.jpg


▼「そして誰もいなくなった」第一夜
「そして誰もいなくなった」第一夜 ネタバレ 感想~かなり原作に忠実。 
「兵隊の歌」のわらべ歌になぞらえた連続殺人が始まる。


わらべ歌と同じ方法で、島に招かれた人々が殺されていく。
残ったのは元水泳選手で家庭教師の仲間由紀恵、元傭兵の柳葉敏郎、元刑事の國村隼、医師の余貴美子の4人。
残された4人の精神状態は限界に近づく・・・・。


+++++++


♪魚釣り好きが海へ出て 波にどんぶら 3人になった ♪

七人目は余貴美子

余貴美子が行方不明になる。
残された3人は一層不安になる。

→お酒に酔っていた余貴美子。
なのにメスを握ってしまった。
「でもわかるはずがない。
 私が酔っていたことは誰も知らない。
 あれから酒を辞めたあの時のことは後悔している。」

國村隼が死んだあと、海で溺死しているのを仲間由紀恵と柳葉敏郎が発見。

余さんめっちゃ寒い死に方。
まさかの冬の海。
すごい女優魂!!



八人目は國村隼

♪力自慢はっけよい クマさんに負けて 2人になった ♪

まさかクマの置物で殴打されるとは!

→DVされていた女性のDV夫に殺人の罪を擦り付け、裁判で不利な証言をした。



九人目は柳葉敏郎

♪いたずら坊主が焚火して 火種がはぜて 1人になった ♪

仲間由紀恵に拳銃で撃たれた。
仲間由紀恵の女の武器にやられて拳銃を奪われるとは、傭兵にクセに間抜けだぞ、ギバちゃん。

→銃撃戦の最中、現地妻との間にできた娘た車に乗ってギバちゃんを助けにくる(なんで??)、ギバちゃんは娘の車に乗り込み、仲間を見殺しにした。
これ・・・罪かね?
戦争中だし、そうしないと娘が死んでたしなぁ。
原作だとアフリカで現地の人の食料を奪って殺したんだよねぇ。
これは悪だと思うんだけど・・・。

さて9人目にしてはじめて殺人シーン。
仲間由紀恵は精神的におかしくなって、殺られるなら殺ろうってとこか・・・。
しかし一人になっても怖い・・・。


十人目は仲間由紀恵

♪さいごの1人が首つって とうとうお山は だあれもいない♪

仲間由紀恵、自殺。
精神的に追い詰められて歌通りに首吊り。

→教え子の草太くんは資産家の孫。
同じ祖母を持つ男と付き合っていた仲間由紀恵。
しかし男は金のない絵かき。
草太が生まれるまでは祖母は遺産をくれると言っていたが、草太が産まれてからは、長男の息子である草太に遺産を全額遺すと言っていた。
男の母は祖母と反りが合わなかったので、男には遺産が入らない。

あの子さえ生まれて来なければ

「お前の給料じゃ暮らせない」「結婚したら専業主婦にしなって欲しい。」
この男の心理的誘導で、結婚したい仲間由紀恵は草太くんを見殺しにしていた。

原作は恋人と戯れていて子供を見ていなかったんだっけ?
なんかもっと複雑だったかなぁ。
ただ子供が亡くなったのは海だった気がするんだよなぁ。
プールでは中々死なないと思うんだけど・・・。
しかも普通にとなりで子供が泳いでたし、コーチらしき人もいたぞ。

+++++++++


開始40分ほどで、「誰もいなくなった」


ここから沢村一樹ら経緯の推理が始まる。
忘れていたけれど、現代設定なので、科学捜査も行われそう?

まず兵隊さんの置物は電子式だった(苦笑)
かなり単純なトリック。

10人が死んだ順番。

渡瀬さんのご遺体の腐敗が1番進んでるから、一番最初に殺されたのでは?
と言う見解に疑問を持つ沢村一樹。

そして62台のカメラが見つかる。


+++++


最後まで生きていたのは渡瀬恒彦。

渡瀬恒彦の部屋には、1/19の新聞があった。
これは渡瀬恒彦からのヒント。
日付は最後に殺されたと思われる仲間由紀恵の死んだ翌日。

渡瀬恒彦は部屋にあった暖炉をもやし続けて自分の遺体の腐敗の進行を早くさせた。
そして殺されたのではなく、自殺。

++判事が自殺であるという実証。++

シーツを二箇所、天井にロウで貼り付け、おもしをつけた紐を窓の下に垂らしその先に拳銃を付ける。
ピストルから、手を離すと拳銃は窓の下に落ちる。
紐は普通のロープではなく、昆布だったのではないか。
昆布ならねずみが食って、自然が処理してくれる。←え!!!昆布!?
おもしは窓の下に大量にあったレンガを使う。
大量のレンガの中から、粘土のようなものを貼り付けたレンガが見つかる、
粘土を外すとメモリーカードが出てくる。

メモリーカードにはそれぞれが死んだ瞬間が映されていた。

渡瀬恒彦は自作自演だった。

ドクターが共犯

仲間に引き入れたのは途中からだった。

その後、渡瀬恒彦の部屋の天井裏からカメラを発見。
渡瀬恒彦が自殺する前にカメラに語りかける。
新聞のきれはじをおき。

「この映像を見つけた君は私が仕掛けたナゾを全て解いてくれたはずだ。

 9人の被告を裁いたのは私だ。
 そして私も裁かれる。

 ここに拳銃がある。
 紐は昆布で作ってある。
 そのトリックを解いたからこの映像を見てくれている。

私は末期の肺がんだ。
余命幾ばくもない。
医者に宣告をされている。

だから私を含む10人の罪深き者たちに天罰を下したかった

私が仕掛けたナゾを解いてくれてありがとう。
まだ見ぬ君へ、多大の賛辞と感謝を送ります。

ありがとう。

そしてさよなら。」


早送りするとまだ映像があった。
そこは渡瀬恒彦の自宅。
ホテルにあった兵隊の置物と同じものがあった。

「私は子供の頃から、自分の中に矛盾する性格があった。
 1つはいたずら好きで正義感の強い性格。
 1つは小動物などが死んでいくのを見るのが楽しいと言う性格。
 
 しかし正義感の方が強かった
 正義は常に一番でならなければいけない。

 裁判官の職業を選んだ。
 この仕事は私のいろんな欲望を満たしてくれた。

 犯罪と刑罰に魅了された。
 推理小説を読み、それらの中の殺害方法より巧妙な殺害方法を見つけたら嬉しい。
 
 判事として人を裁くようになり、本能が浮かび上がってきた。
 被告席に座る犯罪者がジリジリ追い詰めら、苦しみ悶える姿を見るのが楽しくなってきた。

 死刑が好きな裁判官ではない、 私は極刑に値する犯罪者に死刑を宣告するのが好きな裁判官だ。

 自分をコントロールする力が弱くなり、裁判ではなく自分が行動したくなった。

 正直に言う。正直に言う。

私は私の手で人を殺してみたかった。

 だから、今まで誰もやったことのない、どんな作家も思いつかない素晴らしい殺害方法で人を殺す。

 私が裁くのは明らかに人を殺めたことのある人間だ。
 だが法の下では裁かれなかった。
 死刑を執行する9人をどうやって選んだか、それは長くなるので割愛する、←え!!!!

 私が裁くのは9人の犯罪者と私自身。

 私には協力者が必要だった。
 前科三犯の男を”いいべんご”にした。
 彼はその雑務を完璧にこなした。
 そして今スコップの下。←死んでいる・・・ってことだろうな。

 私は6番目に死ぬつもりだ。
 共犯者にドクター(余貴美子)を選んだ。
 彼女は、私の名声を知っていて、信じてくれる。
 
 柳葉敏郎が怪しいので、罠を仕掛け、やつのしっぽをつかもう。と持ちかけた。
 私が殺されたら、必ず柳葉敏郎のしっぽをつかめる。
 
 死体になり、みんなが寝静まったとき、自由に行動。

 数え歌にならってひとりひとり殺す。

 最大のイベント

 前例がない。
 どんな作家もかいたことのない

 素晴らしい殺し。
 これは芸術だ。


手始めに向井理、青酸カリを飲ませて殺して、

藤真利子は薬をスリ替え青酸カリを飲ませた。

津川雅彦を撲殺

橋爪功を斧で殺す

大地真央を殺して

6番目は死んだふりをする渡瀬恒彦

余貴美子を溺死させる

國村隼を殺す。

柳葉敏郎を殺し。

仲間由紀恵がロープに首を突っ込んだとき、部屋に入り、椅子を蹴飛ばした。」



殺人は芸術じゃない・・・。

とつぶやき島を去る沢村一樹。





開始40分で誰もいなくなり、沢村一樹の捜査・・・。

ぶっちゃけ、沢村さんはコメディ演技だったような(苦笑)
動きがコミカルで、笑いそうになってしまった。

仲間由紀恵が「誰もいなくなった」と呟きながら、ロープに首を吊ろうとした瞬間に何者か(渡瀬さん)が椅子を蹴って殺したところまでは、素晴らしかった。

しかし・・・。

昆布からおかしくなった(爆)

こ・・・・昆布・・・・。

レンガを二つ吊るす昆布って、ある程度分厚いよねぇ(苦笑)
何匹のねずみで喰ったんだろう・・・。
ねずみが昆布を食べる保証なんてないけれどもw
昆布を残らずを食べるほど食欲旺盛なねずみなら、10体の遺体ももっとかじられるんじゃなかろうか。


刑事が現れて、謎解きをしてからコントみたいじゃないか!
やっぱりアガサ・クリスティと脚本家の差が出たか!
後半の軽さはなんだよ!
沢村一樹以外の刑事も変なキャラがいっぱいで残念

と思っていたら・・・


渡瀬さんからのビデオレター(号泣)


渡瀬さんの渾身の演技あるだなんて思ってもいなかったよ・・・。
これは誰がどうみても仲間由紀恵主演ではなく、渡瀬恒彦主演だった・・!!

これだけカメラを仕掛けて、昆布も仕掛けて、渡瀬さんのキャラが恥ずかしくなる!って思ったけど、自宅からのビデオレターから雰囲気が変わった。
渡瀬さん。。。もっと見たかったよ。

いつも犯人を追い詰めて、正義を貫いた渡瀬さんの最後の犯人役。
しかも「末期ガン」。
役者の業。

まるで渡瀬さんの最期の作品のために、集まった豪華キャストのような気がした。
自己顕示欲が強い犯人。
渡瀬さんの遺作が犯罪者。
そして演説。
弱っていらっしゃったかもしれない。
それでも目力は「皇帝のいない八月」と変わりなく、異常者の目になっていた。
さすが渡瀬恒彦!

普通であれば、こんな種明かし、原作レイプ!って思っていたかも。
でもこの作品は結果、これで良かったな。

「最後まで役者として真っ当出来て感謝しています」
というご遺族のコメントはそのとおりだなぁと思いました。

最後のビデオレターは渡瀬恒彦さんの遺言
そう思えてならなかった。



原作では刑事が種明かしすることもなく、カメラもドローンもない時代の物語であるからして。。。、
海に浮かぶボトルに真犯人が書き残したメモが見つかったんだと思う。
あのラストはかなり秀逸。
だから今回もそっちのほうが。。。と思うんだけど、昆布ではなくゴムひもで良かったんじゃないかとも思うんだけど。。。渡瀬さんがすべて解決してくれた。
あぁ、やっぱりもっと見ていたい俳優さんだ・・・。

ところで、仲間由紀恵さんのお腹が出ているのが気になったけど・・・。
プールに飛び込んだり、ゴツゴツした岩場を歩いたりしているから、ただの自腹なのかしら?


広告









出演
白峰 涼(しらみね・りょう)………仲間由紀恵
元水泳選手。10年前の世界水泳で100m、200m自由形の2種目で金メダルを獲得するほどの実力だったが現在は引退し、家庭教師をしている。
謎の声によると「5年前に教え子をプールで溺死させた」とされている。

五明 卓(ごみょう・たく)………向井 理
人気新進ミステリー作家。5年前まではアマチュアボクサーだった。謎の声によると「5年前にサラリーマンを殺した」とされている。

ケン石動(けん・いしるぎ)………柳葉敏郎
軍事評論家で元傭兵。兵隊島には拳銃を携帯してくる。謎の声によると「13年前、とある戦地で兵士5名を殺した」とされている。

星空綾子(ほしぞら・あやこ)………大地真央
元銀幕の大スター。芸能界を引退していたが、夫に先立たれ復帰を。謎の声によると「8年前、お手伝いの女性を殺した」とされている。

久間部堅吉(くまべ・けんきち)………國村 隼
元刑事で現在は探偵業を営んでいる。橋元陽二と名乗り、建築関係のサラリーマンを装い兵隊島にやってくる。謎の声によると「11年前、強盗殺人犯を殺した」とされている。

翠川つね美(みどりかわ・つねみ)………藤 真利子
『自然の島ホテル』の執事・翠川信夫の妻。謎の声によると「夫と共謀し、10年前に当時の雇い主を殺した」とされている。

神波江利香(こうなみ・えりか)………余 貴美子
東京中央救急センター・外科部長。釣りが趣味。謎の声によると「16年前、患者を殺した」とされている。

翠川信夫(みどりかわ・しのぶ)………橋爪 功
兵隊島にある『自然の島ホテル』の執事。ホテルのオーナーである“七尾 審”に雇われ、島にやってきた。謎の声によると「10年前、当時の雇い主を殺した」とされている。

門殿宣明(もんでん・せんめい)………津川雅彦
元国会議員。数々の政局に直面してきた政界の大物。謎の声によると「15年前に妻の愛人を殺した」とされている。

磐村兵庫(いわむら・ひょうご)………渡瀬恒彦
元東京地方裁判所裁判長。どんな裁判でも公正な裁きを下すと名声を馳せていた。
謎の声によると「7年前、担当裁判の被告人を殺した」とされている。

多々良伴平(たたら・ばんぺい)………荒川良々
事件現場となった兵隊島の管轄・八丈島東署の警部補。仕事は淡々とこなし、捜査能力にも長けているが、現場においては相国寺に振り回されてばかり。

相国寺竜也(しょうこくじ・りゅうや)………沢村一樹
警視庁捜査一課の警部。事件に関する下調べには余念がなく、現場においてはどんな些細な証拠も見逃さない鋭い観察眼を持つ。現場を再現して検証してみないと気が済まないというこだわりも。独特の空気感と特徴的な喋り方で、相棒となる所轄の刑事・多々良を翻弄する。






ダブル・ダブル / エラリー・クイーンなどがあります。





にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の1件 | -